• 592980ec22f42b356a18aca2d122e99f582e9ce1
  • Fd722ad32962e2f3bc7bcb5ba21471dfa74899f5
  • Bb81fbd438cd79d2d1ed40d822f537b3dad17df6

【寝心地最高!】ベッドマットレスの最強おすすめ人気ランキング3選

人生の3分の1は睡眠時間。良質な睡眠をとるためには「マットレス」にぜひこだわってください!しかし一口にマットレスと言っても、高反発・低反発・ポケットコイルなど種類は様々で、選ぶ際には注意が必要です。今回はマットレスの選び方について解説し、人気メーカーや売れ筋商品の中から、私がおすすめするマットレスをランキング形式でご紹介します。

最終更新日:2017年08月25日 | 238,930views

マットレスのおすすめランキング!

売れ筋のマットレスの中から機能性やコスパなど総合的にふまえて、私がおすすめするマットレスをランキング形式で紹介したいと思います!

【PR】世界累計400万枚の販売実績!体が包み込まれるような抜群の寝心地を実現してくれる「オクタスプリング」

オクタスプリング トッパー シングルカバーセット
19,800円(税別)

※価格はキャンペーン価格です

「寝付きが悪い」「寝て起きても疲れがとれない」そんなお悩みはありませんか?マットレスを買い換えても効果なし。きっと年齢のせいだから仕方がない。などと諦めがちなあなたにおすすめしたいのが、世界累計販売枚数400万枚の実績を誇る高品質マットレス「オクタスプリング」です。

なんとイタリアの5つ星ホテルでも採用されているほど、その品質が認められているマットレスなんです!通気性・弾力性に優れた3Dウレタンスプリングを使用し、体圧を分散してくれる構造のため体に負担がかかりません。

さらに驚くべきなのは、快適な寝心地!体が包み込まれるような感覚に、今までの寝付きの悪さが嘘のようと感じる方も。今までどんなマットレスを試しても効果を感じられなかった方に、ぜひお試しいただきたい快眠マットレスです。

カバーとセットで最大69%OFF!ダブルサイズで3万円を切る圧倒的なコスパも魅力

高品質なマットレスというと、きっと高いんじゃ…と思ってしまいますよね。どんなに高品質といえども、価格が高すぎれば手を出しにくいものです。

「オクタスプリング」は、今ならカバーとセットでシングルサイズで65%オフの19,800円、ダブルサイズで69%オフの29,800円で超お得に買えちゃうんです!耐久性も抜群なので、コスパの良さは言うまでもありません。

ぜひ、この機会にお試しください♪詳細は下記リンクからご確認くださいね。

1位 タンスのゲン 高密度ポケットコイルマットレス

タンスのゲン ポケットコイルマットレス
7,380円(税込)

サイズ:約97×195×17cm
重量:約16kg
表面:ポリエステル100%
裏面:不織布
内部:ポケットコイルスプリング / コイル数:465個

圧倒的コスパNo.1!

タンスのゲンの「高密度ポケットコイルマットレス」は通常のマットレスよりも多い465個のコイルが使用されており、より体にフィットした自然な寝姿を実現できます。反発力が強く耐久性に優れた「SWRH72B C種」というコイルを使用しています。形成時には焼き入れを行い、さらに強度を高めたへたりにくいコイルとなっています。

ポケットコイルの課題であった通気性は、配列を並列にすることで解消しました。スムーズな空気の流れを作り、夏場でも蒸れません。低価格でありながら長く使用できるので、コストパフォーマンスも非常に優れたいちおしマットレスです!

タンスのゲン ポケットコイルマットレスの評判・口コミ

コスパ以上の満足度、凄いです。そもそも娘に別のポケットコイルマットレスを購入してからの、今回、2つ購入です。やわらか過ぎず、ニオイも全くなく、熟睡しております。普段は見えないですが黒いメッシュもかっこいいです。

出典:Amazonレビュー

早速手持ちのベッドパッドとマットレス用ボックスシーツを巻いて寝転がってみました。この値段で、ふんわり身体を支えて寝心地抜群で、とても満足しました。裸のマットレスを手で押してみた時は、少々コイルのごつごつ感が目立つように感じましたが、ふつうのベッドパッドとシーツをはさめば問題なくふんわりな感触になります。

出典:Amazonレビュー

2位 airweave エアウィーヴスマート035

airweave エアウィーヴスマート035
43,740円(税込)

サイズ:100×195×厚さ 4.5cm
重量:5.5kg

高反発マットレスの定番!著名人も実際に使っています。

エアウィーヴといえば、著名人が広告塔となっており、知名度は抜群ですね。高反発マットレスですがウレタン素材ではなく、繊維を三次元的に絡ませることでスプリングを生み出しています。

その特徴は大きく分けて、復元性、体圧分散性、通気性の3つです。復元性としては、体を押し戻す力が強く、寝返りを助けます。体圧分散性では、均等に体重を支え自然な寝姿を実現します。そして通気性により、湿気やカビなどにも強く、夏は涼しく冬は暖かい寝心地となっています。

さらにマットレスは丸洗いできるので、いつでも清潔に保てることもポイントです。

airweave エアウィーヴスマート035の評判・口コミ

布団からベッドに替えた時に、ウッドスプリングに柔らかめのマットレスで寝ていました。布団生活が長かったので、体が沈むようで寝返りが打ちにくかったです。買い替えるのももったいないと思い、今回マットレスの上に敷けるスマートを購入しました。買って良かったです。部分的に体が沈むこともなくなり、寝返りが打ちやすいです。下のマットレスに関係なく快適な寝床にしてくれるのでありがたいです。

出典:楽天市場レビュー

自分の感触では、硬すぎず柔らかすぎずという感じです。丁度良い硬さで寝心地もよいです。それほど期待していなかった、腰痛や肩こりも、ひどくなる回数が減った気がします。夏場でも蒸れることなく利用できる点など、これから長く利用していきたいです。

出典:楽天市場レビュー

3位 フランスベッド デュラテクノスプリング採用マットレス

フランスベッド スプリング デュラテクノ採用マットレス
24,980円(税込)

サイズ:約97×195×19cm
重量:約17㎏
側生地:ジャカード生地
内部:デュラテクノスプリング

老舗メーカーの大人気商品!

高密度スプリング(ハイカウント)の一種、デュラテクノスプリングのマットレスです。フランスベッドはマットレスメーカーの老舗ですが、この商品はフランスベッドのラインナップの中では比較的リーズナブルで、大変人気の高い商品です。

一番の特徴は、腰をしっかり支えてくれることです。フランスベッド独自の技術であるデュラテクノスプリングは、コイルではなく一本のスプリングを編み込んだ「高密度連続スプリング」を使用しています。編み込まれたスプリング全体で下からしっかり腰を支えるので、沈み込むことがなく、快適な寝心地を感じられます。

フランスベッド デュラテクノスプリング採用マットレスの評判・口コミ

程よい硬さでとてもよいです。
腰痛もちなので、やわらかすぎたり凹みが激しいものは無理なのですが、
これはとても快適です。

出典:Amazonレビュー

スプリングですが、やはりしっかりしたメーカーさん。まったく見劣りしません。むしろポケットコイルより寝心地いいかと。。少々の反発は欲しいので、この商品の硬さは快適に思っています。硬すぎず柔らかすぎずで良いと思いますー

出典:楽天市場レビュー

マットレス選びのポイント

体に合ったマットレス、使っていますか?マットレスで最も重要なのは寝心地です。個人差があるため、価格が高いから良いもの、安いから悪いものとは一概に言えません。

自分に合ったマットレスを使用しないと、体に負担がかかり健康に良くありません。自分に合うマットレスとは、仰向けになったときも立っているときと同じ状態でいられるマットレスだとされています。その状態が一番肩や腰に余計な負担を与えずに眠れるのです。実際に体に合ったマットレスを使用すると、他のマットレスでは眠れなくなるくらい快適で、疲れも十分に癒してくれます。そんな唯一無二のマットレスと出会いたいですよね!

マットレスを選ぶ上において重要なポイントについて解説していきます。

硬さ

硬い方が体を支えてくれるため、腰などに負担がかからないので良い、と言われますが、実際にはどうなのでしょうか。

人間は、立っているときには下方向に一定の重力がかかっています。しかし横になると、頭、肩〜胸、腰の3ヶ所に重力がかかるようになります。そのため、柔らかすぎるマットレスを使用すると、体が沈み過ぎてしまい、肩こりや腰痛の原因となるのです。

一般的に硬いマットレスがいいと言われているのは、柔らかいマットレスに比べ、頭、肩〜胸、腰の各部分の沈みが少ないためでしょう。しかし硬いマットレスの方が優れているという科学的根拠はなく、3ヶ所がバランスよく支えられた、自分の体に合ったマットレスであれば、硬さや柔らかさは関係ないということになります。

つまり個人差が大きく、一概にどちらが良い、悪いとは言えません。自分に合うかどうか試してみることが一番です。基本的には小柄な人は柔らかめ、大柄な人は硬めが良いようです。

耐久性

値段にかかわらず、マットレスを長期にわたり使用すると、へたりが出てきます。頭や肩〜胸、腰の圧力が一番かかる場所から、凹んで形状が変化してくるのです。

高品質のマットレスは、耐久性に優れ、10年20年と使い続けられます。しかし、品質の劣るマットレスでは、最悪の場合、1、2年でマットレスの効果がなくなってしまうこともあり得るのです。

どんなマットレスでも時間が経てば劣化します。高い買い物ですからなるべく長く使いたい思いはありますが、へたりを感じたら買い替えをおすすめします。形状の変化してしまったマットレスを使用していると、それが元々どんないいものであったとしても、体には悪影響となるからです。

長く使うために

月に一度はマットを上下入れ替えて、同じ箇所に圧力がかからないようにしましょう。湿気をこもらせないために陰干しすることなども大切です。

しかしそれでも防げないのが、マットレスの中心部、ちょうど腰の部分の劣化です。残念ながら耐久性に優れた高品質な商品を購入するしかない、というのが正直なところです。マットレスによっては内部で分割されており、定期的に場所を入れ替えられるものもありますので、検討してみても良いかもしれません。

通気性

日本は四季があり、特に梅雨の時期は高温多湿の気候となるため、どうしてもマットレスの劣化を早めます。そのため、通気性に優れたマットレスを選ぶほうが賢明です。

通気性は、使われている素材によっても異なります。厚みがないタイプで天日干しができるものや、マットレスのカバーを開いて中身が取り出せるものもあります。

マットレスの種類

どのマットレスでも、体重が一ヶ所に偏らず、分散されることが大切です。マットレスの種類は、大きくはコイル式とノンコイル式に分かれます。

一般的なマットレスはコイル式が多く、介護などの場ではノンコイル式が使用されていることが多いようです。同じコイル式でも人によって向き不向きがあり、体重が軽く小柄な人は線形が小さめのものが、逆に大柄な人は大きいものが合うと言われています。

現在主流となっているのはポケットコイルのマットレスですが、相性には個人差がありますので、自分の体で実際に試してみることをおすすめします。

マットレスの種類を細かくご紹介します。

【コイル式】ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスは、コイルを上下左右に連結した構造で、力が加わると全体が沈み込むようになっています。コイルの太さによってマットレスの硬さが変わり、価格は安価で、寝心地は布団に近いといわれています。

しかしながら体を面で支えるという特性から、どうしても寝姿をまっすぐ維持することができません。そのため体を適正に保とうと常に緊張した状態にあり、リラックスできず疲れが取れにくいと感じる人が多いようです。また複数人で使用する場合は適しません。

【コイル式】高密度スプリング(ハイカウント)

ボンネルコイルマットレスを高密度にしたもので、コイルはボンネルコイルマットレスの約1.5倍使用されています。そのため寝心地は硬めで沈み込みも少ないため、体重が重い、筋肉質など体格の大きい人には好まれています。

以前は全く沈み込まない、硬いイメージが強かった高密度マットレスですが、現在はクッション性のよいものもあるようです。ボンネルコイルマットレス同様、比較的安価で耐久性にも優れているという利点を活かし、不特定多数の人が使用する寮やビジネスホテルでよく使用されています。

【コイル式】ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは、ボンネルコイルマットレスと比べて体を点で支えるという特徴があります。コイルは一つ一つ不織布で包まれており、独立した状態で配列されています。コイルは連結されていないので、力がかかった場所だけ沈み込むのがポイントです。

体を包み込むような感覚でフィット感があり、寝姿をまっすぐ維持できるため、リラックスした自然な状態で就寝できることができます。また個々の独立したコイルのおかげで、振動などが伝わりにくく、複数人での使用も適しています。

半面、コイルを二重に包んだ複雑な構造のため、通気性では劣ります。また、ボンネルコイルマットレスと比べて高価です。

【ノンコイル式】低反発マットレス

出典:jp.tempur.com

低反発マットレスは、ウレタン素材のマットレスです。力をかけるとゆっくり沈み、ゆっくり戻り、体の形に自然とフィットします。

枕やクッションなどでも使用されているように、体圧分散性、耐衝撃性、エネルギー吸収性に優れ、お餅のようにもちっとした柔らかさと触感が特徴です。素材ゆえ通気性は劣り、冬は体温で温かいですが夏は暑いと感じる人もいるようです。

また一方で寝返りがしづらいという欠点もあります。

【ノンコイル式】高反発マットレス

出典:mtn-co.jp

高反発マットレスは低反発マットレス同様、優れた体圧分散性が特徴です。低反発マットレスに比べると硬く、医療機関などでも使用されていてニーズが高まっています。

繊維が絡み合ったような構造をしており、そのほとんどは空気で、通気性に優れ体温を逃しません。一般的に寝返りがしやすく、理想の睡眠姿勢を保てると言われており、高価ながら肩こりや腰痛の改善が期待できると好評です。

低反発および高反発のマットレスは、ニュートンという硬さの単位が用いられています。一般に60ニュートン未満が低反発、100ニュートン以上が高反発と呼ばれています。特に反発力がポイントとなる高反発マットレスは、その硬さ(ニュートン)がとても重要です。体重別の目安は以下の通りです。参考にしてみてください。

■50kg未満
100~150ニュートン

■50kg以上100kg未満
130~180ニュートン

■100kg以上
200ニュートン

腰まわりやお尻が重くなりがちな妊婦さんは、体重にかかわらず150ニュートンがおすすめです。本当は妊娠中はもう少し高くても良いのですが、産後まで使うとなるとこの程度にとどめておくのがベターです。

マットレスを試すときのチェックポイント

以上のポイントを踏まえた上で、マットレスが本当に自分の体に合っているか実際に試してみる必要があります。マットレスを購入する際は、とことん試して一番合ったものを選ぶことが重要です!

肩が痛い、腰が痛いなどの睡眠トラブルを持っている人は、まず仰向けの状態で寝たときに心地いいと感じるマットレスを選ぶことが一番です。

また睡眠トラブルをかかえる人に意外と多いのが、寝返りに関する悩みです。寝心地が悪いため何度も寝返りをうっている人は、横になっているだけで十分な休息が取れません。逆に全く寝返りがうてず朝まで同じ姿勢で寝ている人も、長時間にわたり同じ部位を圧迫し続けた緊張状態にあり、質の良い睡眠とは言えません。

仰向けでの状態もさることながら、自然に寝返りをうてることが、マットレス選びにおいては大変重要なのです。

仰向け

立っているときと同じように体のラインがS字を描いているか。

→腰が浮いていたり、必要以上にお尻が沈んでいる場合は、マットレスの硬さに問題があります。

横向き

寝返りのしやすさはどうか。肩、腰に圧迫感はないか。

→就寝中は知らず知らずのうちに動いているものです。動き辛さは睡眠の妨げとなります。

※マットレスと同様、枕も重要なアイテムです。あわせて確認しましょう!

まとめ

人生の3分の1は睡眠時間。ファッションや食べるものも大事ですが、睡眠も非常に大切です!

長い人生において重要な買い物なので、とことん調べ、試して、自分の体に合った最良のものを購入してくださいね♪

関連記事

人気の記事