• 低反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 低反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 低反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 低反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 低反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

低反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選

テンピュールやトゥルースリーパーに代表される「低反発マットレス」。寝心地がいい・朝起きたとき体が楽などの口コミや評判から、一時は大人気商品となりました。最近では、腰痛にいいとされる高反発タイプのマットレスが主力となりつつありますが、寝心地のいい低反発マットレスもいまだに高い支持を受けています。しかし、その違いは何なのか?どちらを選べばいいのか?など、わかりにくい部分も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、低反発マットレスについて徹底調査!10製品を厳選してランキング形式でご紹介していきます。特徴・性能・保証期間など、気になるあの商品の長所や短所もチェック!低反発マットレスが気になっている方は必見ですよ。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 40,759  views
目次

低反発マットレスの基礎知識

かつて高級寝具として一世を風靡した低反発マットレス。相変わらずの人気を誇ってはいるものの、なんだか最近は高反発マットレスに押され気味!? 果たして低反発マットレスを選ぶメリットはあるのでしょうか?低反発マットレスの長所と短所をまとめてみました。

低反発マットレスの長所=柔らかくて気持ちいい!

低反発マットレスは、反発力の低いウレタン素材でできています。反発力が低いため、身体の形に合わせてマットレスが沈み込み、まるでマットレスに包まれて眠っているかのような、柔らかな心地よさを感じることができるのが特徴です。

また、その特徴から、不必要な寝返りを抑制するという効果があります。寝返りが頻回でよく眠れないという方には、低反発マットレスが適しています。

反発力の低さから、沈み込みが心配だという方もいらっしゃるかもしれませんが、品質の良い低反発マットレスの場合は、体圧分散効果を計算して作られているため、一部分のみに体圧がかかるのを防いでくれ、身体への負担を和らげてくれるという報告があります。

低反発マットレスの短所=姿勢が悪い人には不向き

低反発マットレスの短所=姿勢が悪い人には不向き

出典:jp.tempur.com

低反発マットレスで気を付けないといけないのは、腰痛を悪化させる例もあるということです。例えば、スポーツ選手などのようにもともと姿勢が良い人には、低反発タイプのマットレスでも十分腰痛改善の効果はありますが、そうではなく、もともと普段の姿勢が悪く、そのことが原因で腰痛を発症してしまっている方には、低反発タイプのマットレスは不向きなんです。

低反発マットレスは、「その人に合わせた寝姿勢を維持」してしまうという特徴があるため、悪い姿勢の方の場合、それを睡眠中ずっと維持してしまう可能性があります。「姿勢が悪い」という指摘を受けたことがある人は、高反発タイプのマットレスがおすすめです。

また、低反発マットレスの中には通気性・耐久性が悪い商品も多々ありますので、注意が必要です。

低反発マットレスの選び方

柔らかく快適な寝心地を求めて低反発マットレスを選びたい!という場合、どのような商品を選べばいいのでしょうか。低反発マットレスの選び方のポイントをまとめました。

しっかり低反発感が得られる商品を選ぶには?

「低反発マットレス」と謳っている商品の中にも、まれに「完全に不良品?」と思われるものがあります。低反発とは、押した部分がゆっくりと変形し、ゆっくりと戻ってくる状態を指しますが、中にはすぐに戻ってきたり、逆に全く戻ってこなかったり…という場合も。

つまり、低反発マットレスといいながら、実は低反発ではなく、高反発状態や無反発状態になっているマットレスが存在するということです。無反発状態になるマットレスで就寝すると、身体が休まることはなく、痛みが発症してしまうことも多いため、おすすめできません。また、高反発のものは、低反発を求めている人からみれば「硬い」と感じるでしょう。

低反発マットレスを選ぶ場合には、必ずマットレスを押したときの戻り方を確認したいもの。面倒でも、ショールームや店頭などで、実際に寝返りの感じを試してみるのがおすすめです。ネット上の口コミやレビューだけを鵜呑みにせず、気になる商品はどんどん自分で実際に体験して、納得してから購入することが良いマットレスに出会うコツですよ!

耐久性が高い商品を選ぶポイントは?

耐久性が高い商品を選ぶポイントは?

出典:amazon.co.jp

低反発マットレスは、その性格上、低反発力が長続きしにくく、あっという間に寿命を迎えてしまう商品があります。しかし、企業努力を重ねて、どうにか長寿命にしている低反発マットレスもいくつか存在します。

その見分け方は、保証期間です。長期保証がついている低反発マットレスなら、その年数分は安心だと思って大丈夫。ただし、当然ながら、保証期間が長くなればなるほど高額になります。低反発マットレスは洗えないものも多いため、安いもので定期的に買い替えるというのも一つの手かもしれません。

低反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、低反発マットレスとして売り出されている中から、10商品を厳選してご紹介していきます。「選び方」でご紹介したポイントをおさえたものを上位にランクインさせています。
10位

FISLAND低反発お昼寝マット

7777-610

12,960円

厚さ4㎝保証なし
9位

マックスシェアマットレス シングル 低反発マットレス

a06907

4,968円

厚さ8㎝保証1年
8位

スリープル低反発マットレス

9,960円 (税込)

厚さ8㎝保証なし
7位

ライジングベッド国産ハイグレード低反発マットレス

20,970円 (税込)

厚さ5㎝保証なし
6位

家具のインテリアオフィスワン高密度交互配列ポケットコイルマットレス

18800151

32,184円

厚さ21㎝保証なし
5位

羽毛ファクトリーすやすや低反発マットレス

17,172円

厚さ6㎝保証なし
4位

ヴィーナスリープ シングル

19,800円 (税込)

厚さ10㎝保証3ヵ月
3位

低反発マットレス プレミアード

7777-7102

31,290円 (税込)

厚さ7㎝保証なし

スペックはテンピュールを超える!

上のスペック情報をご覧ください(見にくい方はクリックしてリンク先のページで)。この製品で使われている低反発素材「プレミア―ド」は、なんと低反発マットレスの代名詞でもあるあの「テンピュール」のスペックを軽々と超えています。

つまり、データから見る限りでは、テンピュールよりも3倍長持ちし、通気性も抜群。そして、テンピュールと同等の快適な低反発力を誇るということ。これはちょっとすごいですね。

極上低反発素材「プレミア―ド」とは?

この製品の表層部に使われているのは、ウレタンフォームの中で最高級ランクに位置づけられているプレミア―ドという素材。2層目・3層目は、良質の軟質ウレタンフォームで構成されており、まるで雲の上で寝ているような快適な寝心地を届けてくれます。

これだけ素晴らしい商品ではありますが、知名度はまだまだ。楽天でのレビュー件数もまだかなり少ないのが現状ですが、購入者のほとんどが満足しており、2017年1月現在では低評価をつけているレビューは見当たりません。

ただし、「やや硬めのマットレスがお好みの方に最適」と紹介されているように、どんな商品でも最終的には個人の好みによるところが大きいもの。その意味で、保証期間もなく、返品も不可という点だけは納得してから購入してくださいね。
2位

トゥルースリーパーエクセレント

27,486円 (税込)

厚さ5.5㎝保証60日間返金保証・1年間交換保証

体圧分散性に優れた低反発マットレス

NASAで開発された低反発素材「ウルトラ ヴィスコエラスティック」を採用し、理想的な低反発力が得られるのがトゥルースリーパーの最大の魅力。「まるでオーダーメイドのように体にピタッとフィットする」というのが売りで、体圧を分散させて体を優しく包み込みます。

トゥルースリーパーには保証期間があり、返品は60日以内。交換なら1年まで受け付けてくれます。送料などは実費負担となりますが、60日あれば自分の体に合うのか合わないのか分かるはず!十分な保証期間と考えられます。

柔らかすぎる低反発マットレスが合わなかった人におすすめ

トゥルースリーパーも様々なマットレスを販売していますが、ここでおすすめしている「エクセレント」は、売れに売れた「プレミアム」に追随する形で登場した商品で、2層構造になっており、プレミアムよりもやや沈み込みが浅いタイプになります。

通常の低反発マットレスよりも楽に寝返りが打てる仕組みになっているので、柔らかすぎる低反発マットレスを使用して腰が痛くなったという方でも再チャレンジする価値ありの商品です。通気性も改善されているため、夏の暑さにも対応可能。手持ちの寝具の上に敷くだけで、簡単に低反発の寝心地の良さを手に入れられる手軽さも、おすすめです。
1位

テンピュールトッパー デラックス

48,600円 (税込)

厚さ3.5㎝保証3年保証

NASA公式認定の夢の素材「テンピュール」

NASA公式認定の夢の素材「テンピュール」

出典:jp.tempur.com

テンピュールの原型となった素材は、ロケット打ち上げ時にかかる強烈なGを緩和させるためにNASAの研究センターが開発したものです。その体圧分散効果は素晴らしく、ゆっくりと沈み込んで体を支え、体圧を体の一点のみに集中させない作りになっています。

テンピュールは低反発マットレスの火付け役で、かつては「本物の低反発マットレスはテンピュールの商品のみ」と言われたほど。長期の保証がついているところからも、商品の品質に絶対の自信があることがうかがえます。

布団の上に重ねて使えるタイプ!あこがれのテンピュールを手軽に…

この商品は厚さが3.5㎝しかなく、単体での使用はできず、布団に重ねて使うタイプの商品になっています。

テンピュールのマットレスは、単体使用できるものになると保証期間も15年と長期になりますが、価格も数十万円かかってしまいます。その点、この商品なら、比較的低価格で3年という長期の保証がついており、テンピュールの寝心地をそのまま体感することができるんです!

他の低反発マットレスとは一線を画すると言われているテンピュールの低反発マットレスに興味がある方に、ぜひおすすめしたい商品です。

おすすめ人気 低反発マットレスの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格厚さ保証商品リンク
1
トッパー デラックス

テンピュール

トッパー デラックス

48,600円(税込)3.5㎝3年保証詳細を見る
2
エクセレント

トゥルースリーパー

エクセレント

27,486円(税込)5.5㎝60日間返金保証・1年間交換保証詳細を見る
3
低反発マットレス プレミアード

低反発マットレス プレミアード

31,290円(税込)7㎝なし詳細を見る
4
ヴィーナスリープ シングル

ヴィーナスリープ シングル

厚さ10㎝!最高級低反発セブンスターオープンセルフォー...19,800円(税込)10㎝3ヵ月詳細を見る
5
低反発マットレス

羽毛ファクトリーすやすや

低反発マットレス

プロファイル面+竹炭練り込み面の2面使用可17,172円6㎝なし詳細を見る
6
高密度交互配列ポケットコイルマットレス

家具のインテリアオフィスワン

高密度交互配列ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの上に低反発ウレタンを敷き体圧分散!32,184円21㎝なし詳細を見る
7
国産ハイグレード低反発マットレス

ライジングベッド

国産ハイグレード低反発マットレス

東洋ゴムのLRB75使用!通気性アップ&低温でも変質しない!20,970円(税込)5㎝なし詳細を見る
8
低反発マットレス

スリープル

低反発マットレス

介護福祉施設も採用を決めた低反発マットレス9,960円(税込)8㎝なし詳細を見る
9
マットレス シングル 低反発マットレス

マックスシェア

マットレス シングル 低反発マットレス

この金額で1年保証はスゴイ!4,968円8㎝1年詳細を見る
10
低反発お昼寝マット

FISLAND

低反発お昼寝マット

使わないときはくるくる巻いて収納!快適なお昼寝タイムを12,960円4㎝なし詳細を見る

低反発マットレスを長く使うコツ

低反発力が長続きせず、どうしても寿命が短くなりがちな低反発マットレスですが、使い方によっては寿命を延ばすことができるんです。せっかく買った低反発マットレスをできるだけ長く使うにはどうすればいいのか、そのコツをお伝えします。

カバーをかけて汚れを防止!

低反発マットレスの多くは、洗濯不可となっています。なるべく清潔に使用することで、マットレス自体の品質を保つことができます。そのためには、マットレスに専用のカバーをかけて、人体から出る汗や油からマットレス本体を守ることが大切です。カバーは定期的に洗濯して清潔に保ちましょう。

定期的にマットレスの上下を入れ替え

就寝時、頭・胸・腰・臀部・脚の5つの部分でマットレスにかかる荷重はそれぞれ異なると言われています。マットレスを年中同じ方向で使用していると、どうしても荷重のかかる臀部がへこみがちに。定期的にマットレスの上下を入れ替えることで、特定部分のへたりを防止し、マットレスの寿命を延ばすことができます。

陰干しして湿気を防止!

低反発マットレスの多くは、水や日光に弱く、洗えない上に天日干しも不可能です。湿気を放出しやすく作っている商品もありますが、何もしなければやはり湿気はたまりがちになります。そこで、湿気対策に有効なのは、陰干しです。風通しのよい日陰でマットレスを干すことで、湿気を飛ばしてあげましょう。

まとめ

柔らかくて快適。まるで雲の上で寝ているような心地よさ、などと表現されることもあるのが低反発マットレス。しかし、魅力も大きい反面、耐久性に不安があったり、腰痛の方にはあまり適さない場合もあるなど、選び方や使い方、保管の仕方などでは、やや気を遣う必要のある商品でもあります。

この記事が、納得のいく低反発マットレスと出会うための一助として、お役に立てばうれしいです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

mybest公式ムック本販売開始!