1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. ヒーター・ストーブ
  6. >
  7. 窓用ヒーターのおすすめ人気ランキング10選【断熱・結露防止にも!】
  • 窓用ヒーターのおすすめ人気ランキング10選【断熱・結露防止にも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 窓用ヒーターのおすすめ人気ランキング10選【断熱・結露防止にも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 窓用ヒーターのおすすめ人気ランキング10選【断熱・結露防止にも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 窓用ヒーターのおすすめ人気ランキング10選【断熱・結露防止にも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 窓用ヒーターのおすすめ人気ランキング10選【断熱・結露防止にも!】のアイキャッチ画像5枚目

窓用ヒーターのおすすめ人気ランキング10選【断熱・結露防止にも!】

窓を専用に暖める家電製品、「窓用ヒーター」。外の冷気が入り込みにくく、ウィンドーラジエーターという名前でも知られています。結露防止・冷気対策として使う方も多いですが、どれを購入しようか迷ってしまうこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できる窓用ヒーターのおすすめ人気ランキングをご紹介します。窓用ヒーターを使うことのメリットや注意点も説明していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪
  • 最終更新日:2020年04月14日
  • 63,920  views
目次

窓用ヒーターのメリットとは?

窓からの冷気の侵入を防ぎ、熱が逃げるのを防いでくれる窓用ヒーター(ウィンドーラジエーター)には、次のようなメリットがあります。

結露でお部屋がジメジメしない

結露でお部屋がジメジメしない

冬に暖房している時期にお部屋がジメジメしてしまうのは、室内の暖かい空気が窓ガラスで冷えて、結露が起きているから。


結露はカビなどの温床となって、喘息やアレルギーを引き起こすリスクがあるのですが、窓用ヒーターを設置すると断熱効果で結露が起きなくなり、ジメジメもカビも防いでくれます。リビングや寝室だけでなく、子ども部屋に設置するのもおすすめですよ。

簡単に設置・取り外しができる

簡単に設置・取り外しができる
窓周りの断熱を良くしようとすると、ペアガラスの導入といった大規模な改修工事が必要になります。これだと費用も工事の手間も負担が大きいのですが、窓用ヒーターは置くだけ、とても簡単です。

窓周りを暖めるだけなのでコンパクトで目立たず、軽量なので女性でも簡単に設置ができますよ。夏になったらサッと取り外しができるので、邪魔になることもありません。

冬の光熱費の削減にも

冬の光熱費の削減にも

窓用ヒーターを導入すると窓から冷たい空気が入り込むのを防げるほか、室内の熱が外に逃げなくなり、暖房効率が良くなるというメリットもあります。


また、温める範囲が小さいために省電力で済むので、電気代も抑えられるのも魅力のひとつ。窓用ヒーターと他の暖房器具を併用して、効率よく部屋を温めましょう。

窓用ヒーターの選び方

窓用ヒーターの素晴らしさがわかったところで、失敗しない選び方をご紹介していきましょう。窓用ヒーターを作っているメーカーはいくつかありますので、使いやすさを考慮して選んで下さいね。

室内の構造を考えてタイプを選ぶ

家の窓は換気だけでなく、太陽の明るさを取り込み、室内と外界を繋ぐ大事な部分。家の雰囲気や住む人にあわせて、窓にもさまざまな大きさや、タイプがありますよね。窓用ヒーターにも次の2つのタイプがありますから、自分のお部屋の窓や予算にあわせて、使いやすいタイプを選びましょう。

伸縮タイプ:どんな窓にも対応できる

伸縮タイプ:どんな窓にも対応できる

伸縮タイプは本体をスライドさせることで、長さを変えることができ、窓の隅の方まで温めることができます。注文住宅などの特別注文の窓でもしっかり対応できますし、収納もしやすいんです。引越しなどで家が変わる可能性が高い場合には、こちらのタイプがおすすめですね。


ただし、ちょっと幅を取る構造のため、出窓などのスペースに収まりきらないケースもあります。最大・最小・幅としっかりサイズを確認してから、お部屋にあったものを選んでくださいね。

定尺タイプ:予算がちょっと抑えられる

定尺タイプ:予算がちょっと抑えられる

定尺タイプはその名のとおり、長さなどのサイズを変えることができないタイプです。定尺タイプは構造がシンプルな分、価格が控えめ。サイズさえあえばこちらを選んだほうがお得です。


コストを優先させて窓のサイズよりも小さめの窓用ヒーターを選ぶなら、カーテンなどでしっかり窓の断熱をしておきましょう。

目立たないほうがお部屋の雰囲気を壊さない

目立たないほうがお部屋の雰囲気を壊さない
窓用ヒーターは窓の下に設置をして使いますが、基本的にコンパクトで、それほど目立つものでは有りません。ですが、本体の色によっては存在感をアピールしてしまうので、カラーバリエーションがある場合には、できるだけ自宅の床やカーテンの雰囲気にあったものを選ぶ方が無難です。

窓用ヒーターにはファンなどがなく、音は比較的静かなのですが、夜中に寝室で使っていると、作動ランプが目について眠れないというトラブルもあります。作動音やランプの位置、ランプの明るさなども事前に確認しておくといいですね。

安全面にも配慮する

安全面にも配慮する
窓用ヒーターはある程度温度を自由に変えることができれば電気代の面で安心なのですが、カーテンの近くで使いますから、高い温度にまで設定できる商品は好ましくありません。火災などの事故を防ぐためにも、必ず表面温度が何℃になるか、安全面で問題がないのかを確認して選びましょう。

小さなお子さんがいる家庭では、火傷への配慮も必要です。表面温度が低くて触れるものであっても、長時間接触を続けることで低温火傷をするリスクもありますから、設置の方法についても充分検討してくださいね。

収納場所も考えよう

収納場所も考えよう
窓用ヒーターは基本的に冬だけ必要になるものなので、夏は家のどこかに収納しておかなくてはいけません。窓用ヒーターを選ぶ際は窓のサイズだけでなく、収納場所に空きがあるか、充分な余裕があるかも確認して選ぶと、失敗がありませんよ。

消費電力は少ない方が良い

消費電力は少ない方が良い

窓用ヒーターはストーブなどの暖房器具と違って低温で稼働し、ファンなどのモーターを必要としないので、基本的に消費電力が少ない家電製品です。


だたし、冷え込む夜間など、どうしても稼働時間が長くなりがちな家電なので、できるだけ消費電力が少ない商品を選ぶことをおすすめします。カタログなどに記載された定格消費電力か、年間消費電力のW数を比較するといいですね。

窓用ヒーターのおすすめ人気ランキング10選

それでは窓用ヒーターの、おすすめ商品を10個、人気ランキング形式でご紹介していきましょう。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月2日時点) をもとにして順位付けしています。

10位
タイプ定尺タイプ
サイズ高さ6.0×奥行4.8×長さ90.0cm
カラーブラウン
消費電力67W
9位
タイプ定尺タイプ
サイズ高さ44×奥行13×幅50cm
カラー白・茶
消費電力120・180W
8位

インターセントラルペリメーターヒーター

BH-250

52,000円 (税込)

タイプ定尺タイプ
サイズ高さ11.5×幅5×長さ74 cm
カラー-
消費電力250W
7位
タイプ伸縮タイプ
サイズ高さ5.9×奥行4.7×長さ90.0~130.0cm
カラー-
消費電力110W
6位

東栄コールドドラフト防止ヒーター

CDH064060-C

20,900円 (税込)

タイプ定尺タイプ
サイズ高さ10×奥行5×長さ67cm
カラー
消費電力60W
5位
タイプ定尺タイプ
サイズ高さ5.4×長さ87×奥行2.5cm
カラー-(アルミニウム)
消費電力60W
4位
タイプ定尺タイプ
サイズ高さ5.7×奥行3.6×長さ60.0cm
カラー
消費電力40W
3位
タイプ定尺タイプ
サイズ高さ5.6×奥行4.8×長さ150.0cm
カラーシルバー
消費電力125W
2位
タイプ定尺タイプ
サイズ高さ6.0×奥行4.8×長さ90cm
カラー-
消費電力67W
1位
タイプ伸縮タイプ
サイズ高さ4.7×奥行5.6×長さ120.0~190.0cm
カラーオリーブブラウン・ホワイト・ステンカラー・マルサラ
消費電力120W

人気窓用ヒーターの比較一覧表

商品画像
1
窓ヒーター 森永エンジニアリング ウインドーラジエーター 1枚目

森永エンジニアリング

2
窓ヒーター 北秋田WATOGA協同組合 窓下ヒーター 1枚目

北秋田WATOGA協同組合

3
窓ヒーター ブレイン マルチヒーター 1枚目

ブレイン

4
窓ヒーター 森永エンジニアリング ウインドーラジエーター 1枚目

森永エンジニアリング

5
窓ヒーター i-shop7  結露防止ヒーター 1枚目

i-shop7

6
窓ヒーター 東栄 コールドドラフト防止ヒーター 1枚目

東栄

7
窓ヒーター ビッグウエスト社 窓下ヒーター2 1枚目

ビッグウエスト社

8
窓ヒーター インターセントラル ペリメーターヒーター 1枚目

インターセントラル

9
窓ヒーター ナカガワ工業 アルミパネルヒーター 1枚目

ナカガワ工業

10
窓ヒーター ON−LIFE  窓用ヒーター 1枚目

ON−LIFE

商品名

ウインドーラジエーター

窓下ヒーター

マルチヒーター

ウインドーラジエーター

結露防止ヒーター

コールドドラフト防止ヒーター

窓下ヒーター2

ペリメーターヒーター

アルミパネルヒーター

窓用ヒーター

特徴カラーバリエーションが豊富で目立たない狭い場所にも起きやすい90cmタイプ寒い雪国の窓をしっかりガード長さが決まっているなら定尺がお得外気温に合わせてヒーターの表面温度が変動3段階の温度に設定可能!自動運転モード搭載切り忘れタイマー付きで経済的オフィス向けの強力な窓用ヒーター自然対流と輻射熱を利用したパネルヒーター最大12時間の7パターンタイマー付き
最安値
30,672
送料無料
詳細を見る
18,750
送料無料
詳細を見る
15,510
送料無料
詳細を見る
2,750
送料要確認
詳細を見る
20,900
送料無料
詳細を見る
52,000
送料要確認
詳細を見る
33,000
送料要確認
詳細を見る
タイプ伸縮タイプ定尺タイプ定尺タイプ定尺タイプ定尺タイプ定尺タイプ伸縮タイプ定尺タイプ定尺タイプ定尺タイプ
サイズ高さ4.7×奥行5.6×長さ120.0~190.0cm高さ6.0×奥行4.8×長さ90cm高さ5.6×奥行4.8×長さ150.0cm高さ5.7×奥行3.6×長さ60.0cm高さ5.4×長さ87×奥行2.5cm高さ10×奥行5×長さ67cm高さ5.9×奥行4.7×長さ90.0~130.0cm高さ11.5×幅5×長さ74 cm高さ44×奥行13×幅50cm高さ6.0×奥行4.8×長さ90.0cm
カラーオリーブブラウン・ホワイト・ステンカラー・マルサラ-シルバー-(アルミニウム)--白・茶ブラウン
消費電力120W67W125W40W60W60W110W250W120・180W67W
商品リンク

窓用ヒーターの使い方の注意点

便利な窓用ヒーターも、使い方を間違えると事故の原因となったり、電気代の増大を招いてしまいます。次の注意点をよく理解して、安全に利用していきましょう。

暖房器具として使わない

暖房器具として使わない
窓用ヒーターも熱源ではありますが、あくまでも目的は窓を暖めることにあります。暖房器具の代わりに使うと電気代がかかりますし、本体に負荷がかかって思わぬ事故を招くかも。窓用ヒーターはカーテンなどので窓をしっかり断熱したうえで、暖房器具の補助としてわきまえて使いましょう。

湿気の原因を作らない

湿気の原因を作らない
冬は湿度が高い方が暖房の暖かさを実感しやすいのですが、湿度が高すぎると結露がひどくなり、壁などにまでカビが生えて健康被害の原因となってしまいます。ストーブの上にヤカンをかけておいたり、洗濯物を室内にかけておくと湿度が上がり過ぎするので、適度に換気をして室内に空気を通して、窓用ヒーターの使いすぎを防いでくださいね。

室内をやさしく暖めるアイテムをみてみよう

窓用ヒーターとあわせて使いたい、室内をやさしく暖めるアイテムはたくさんの種類が販売されています。気になる方は、以下の記事も見てくださいね!

窓用ヒーターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、窓用ヒーターのAmazon、楽天、価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

冬の室内管理にとっても役立つ、窓用ヒーターのおすすめ商品をご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

窓際からの冷たい風を防ぐ役割だけでなく、結露防止グッズとしても役立つ窓用ヒーター。ぜひ本記事を参考にして、快適に過ごせるお部屋をつくりましょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す