1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. ヒーター・ストーブ
  6. >
  7. 【徹底比較】オイルヒーターのおすすめ人気ランキング11選
【徹底比較】オイルヒーターのおすすめ人気ランキング11選

【徹底比較】オイルヒーターのおすすめ人気ランキング11選

ふく射熱で身体の芯から暖まれるオイルヒーター。静音性に優れ空気を汚さないため、寝室や子供部屋で活躍します。しかし、デロンギやアイリスオーヤマなどから多くのモデルが発売されており、機能もさまざま。どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のオイルヒーター11商品を比較して、最もおすすめのオイルヒーターを決定したいと思います。


比較検証は以下の4点について行いました。

  1. 暖房能力
  2. 消費電力
  3. 安全性への配慮
  4. 機能性

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?オイルヒーターの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年10月21日更新
  • 292,699 views

検証のポイント

売れ筋のオイルヒーター11商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 暖房能力

    検証① 暖房能力

    オイルヒーターを使用するうえで一番気になるのは暖房能力。なるべく早く部屋全体を暖めたいですよね。そこで実際に、室温20℃の6畳の部屋でオイルファンヒーターを1時間運転させ、室温の変化を計測。また、4か所の壁温度と体感の暖かさも加味し、総合的な暖房能力を評価しました。

  • 消費電力

    検証② 消費電力

    暖房能力の高さも重要ですが、できるだけ電気代がかからないものを選びたいですよね。そこで、メイン暖房として使用することを想定し、室温20℃・湿度45%の6畳の部屋で設定温度25℃で3時間運転。その運転中にワットチェッカーを使用して積算電気料金を計測し評価しました。

  • 安全性への配慮

    検証③ 安全性への配慮

    続いてオイルヒーターの安全性への配慮に対する評価を行います。実際の使用中の本体温度と、公式HP・取扱説明書の製品情報から、安全性に関わる以下4項目をそれぞれ評価した後、すべての評価を合算して最終評価としました。使用中の本体温度(操作スイッチ周り)転倒オフ機能サーモスタット機能(過熱防止装置)チャイルドロック機能

  • 機能性

    検証④ 機能性

    最後に、オイルヒーターの機能性を評価します。実際の使用感や、公式HP・取扱説明書の製品情報から、以下4項目をそれぞれ評価した後、すべての評価を合算して最終評価としました。省エネ機能の有無温度調節機能タイマー機能リモコン有無

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    オイルヒーターとは

    オイルヒーターとは

    オイルヒーターとは、本体のパネル内にあるオイルを電気で加熱して、パネルから放熱されるふく射熱で部屋全体を暖める暖房器具です。


    ふく射熱はモノからモノに伝わる熱で、パネルから放出されたふく射熱は壁や床を暖めることによって部屋全体を暖めます。そのため、部屋全体が暖まるまでには時間がかかりますが、太陽のようなポカポカとした暖かさで身体の芯から暖まることができます


    また、ファンやモーターを使わないため、運転音が静かで空気が汚れにくいというメリットがあります。風が起きず埃や花粉を巻き上げることもないので、乾燥が苦手な人やアレルギー持ちの人にも最適な暖房器具といえるでしょう。

    オイルヒーターの選び方

    オイルヒーターの選び方

    オイルヒーターを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。今回は、家電コンサルタントの大岩俊之さんにオイルヒーターの選び方について取材しました。


    <家電コンサルタント 大岩俊之さん>
    理系出身の元営業マン。電子部品メーカー、半導体商社、パソコンメーカーなどで、自動車、AV情報機器、生活家電、家電量販店向けに法人営業を経験。その後、セミナー講師、研修講師として活動する傍ら、家電の裏事情が分かる家電コンサルタントとして活動開始。東海地区のテレビ番組に、「家電の達人」として毎年出演。現在は、家電製品アドバイザー資格試験の講師も務める。


    ※なお、ランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキング付けしたものです。

    ① 「対応畳数」は使用する場所より広いもの選ぼう

    「対応畳数」は使用する場所より広いもの選ぼう

    オイルヒーターには対応畳数があり、「木造◯畳・コンクリート◯畳」のように表記されます。


    ふく射熱を利用するオイルヒーターは、部屋が暖まるまでに時間がかかるため、使用する部屋よりも広い対応畳数の商品を選ぶようにしましょう。対応畳数が広いと暖房出力も大きくなるので、より早く暖かさを感じることができますよ。

    一方で、オイルヒーターの対応畳数よりも広い部屋で使用すると、暖房出力が足りず、なかなか暖かさを感じることができません。電気代も余分にかかってしまうので、ランニングコストを抑えたい場合は注意が必要です。

    大岩俊之
    家電コンサルタント
    大岩俊之さんのコメント

    オイルヒーターのフィンから放出されるふく射熱は、フィンや本体の表面積が大きくなれば放出量も増え、より暖まりやすいといえます。そのため、同じ対応畳数の商品のなかで迷ったら、フィンの枚数や本体サイズの大きさを目安に選んでみるのも一手でしょう。

    ② タイマー機能は2種類。ライフスタイルに合わせて選ぼう

    タイマー機能は2種類。ライフスタイルに合わせて選ぼう

    オイルヒーターは暖まるのに時間がかかり、速暖性はありません。ただし、タイマー機能があれば、冷え込む起床や帰宅の1時間前などから運転を始めることができ、必要とするタイミングに合わせて部屋を暖めることができますよ。


    タイマー機能には、設定した時間が経過したときにオンまたはオフにできる「デジタル式タイマー」と、1日の決まった時間にオン・オフにできる「24時間タイマー」の2種類があります。


    どちらもタイマー機能として不便なく使用することができますが、仕事などである程度生活リズムが決まっている人は「24時間タイマー」がおすすめ。一度オン・オフの時刻を設定をしておけば、毎日そのとおりに作動してくれるので、忙しい人には嬉しい機能です。

    ③ 安全性に関わる「本体の表面温度」と「チャイルドロック」に注目

    安全性に関わる「本体の表面温度」と「チャイルドロック」に注目

    オイルヒーターは、温められたオイルの入っているフィンからふく射熱が放出されます。そのため運転中の本体は非常に高温になります。いたずらや事故で触れてしまうとやけどの危険性があるので、小さなお子さんがいる場合には注意が必要です。


    一方で、「本体の表面温度」が60℃程度の商品を選べば、少し触れるだけならやけどの心配は少ないといえるでしょう。また、「チャイルドロック機能」があれば、運転中のいたずらや誤操作を防止できます。お子さんのいる部屋で使用する場合には安全性への配慮もチェックしてみましょう。


    ただし、安全機能が備わっていても、事故を防ぐために細心の注意を払って使用してくださいね。

    大岩俊之
    家電コンサルタント
    大岩俊之さんのコメント
    ヒーターの説明書や注意書きにも記載がありますが、消費電力の大きいオイルヒーターは延長コードの使用やタコ足配線は厳禁です。発熱し火事などの大事故につながる危険性があります。また、2口あるコンセントの場合でも1つのみで使用するようにしましょう。

    ④ 主要なメーカーごとの特徴に注目するのも一手

    メーカーごとに、使いやすさや暖まりやすさに関わる工夫や、特許技術の搭載がされています。各メーカーの特徴もチェックしてみましょう。

    デロンギ:イタリアの家電ブランドで幅広いラインナップ

    デロンギ:イタリアの家電ブランドで幅広いラインナップ

    イタリアの家電ブランド・デロンギのオイルヒーターは世界70か国以上で使用されており、日本でも30年以上販売されています


    コンパクトなモデルから付加機能に優れるモデルなど、幅広いラインナップから選ぶことができます。また、グッドデザイン賞の獲得経験もあり、デザインも魅力のひとつといえるでしょう。

    ユーレックス:国内唯一のオイルヒーター専門メーカー

    ユーレックス:国内唯一のオイルヒーター専門メーカー

    オイルヒーターの専門メーカー・ユーレックスはすべて国内で生産を行っており、日本人の生活に合ったオイルヒーターの開発を目指しています。


    商品は、地震の多い日本で倒れにくいように、あえて前輪をなくし安定感を高めています。また、日本語による「音声ガイダンス」など、日本人向けの付加機能が魅力のひとつといえるでしょう。

    アイリスオーヤマ:生活用品ブランドで安価に購入できる

    アイリスオーヤマ:生活用品ブランドで安価に購入できる

    生活用品ブランドで、さまざまな生活家電の販売も行っているアイリスオーヤマ。独自のウェーブ型のフィンを採用しており、暖まりやすさの工夫がされています。


    また、付加機能の少ないシンプルなモデルも販売されており、ほかの主要メーカーと比べて安価に購入できるのが魅力のひとつといえるでしょう。

    売れ筋の人気オイルヒーター全11商品を徹底比較!

    オイルヒーターの検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング・価格.comなどで売れ筋上位のオイルヒーター11商品を実際に比較して、どれが最も優れたオイルヒーターなのかを検証していきたいと思います。


    検証項目は以下の4項目としました。

    検証①:暖房能力

    検証②:消費電力

    検証③:安全性への配慮

    検証④:機能性


    ※ランキング作成日:2020年9月30日

    今回検証した商品

    1. TEKNOS|TOH-D1101
    2. アイリスオーヤマ|IWH2-1208D-W
    3. イトウ|HC-A31A
    4. エスケイジャパンセールス|SKJ-SE120ROT
    5. スリーアップ|OHT-1556WH
    6. ダイアモンドヘッド|RM-94H
    7. デロンギ・ジャパン|アミカルド オイルヒーター
    8. モダンデコ|SUNRIZE オイルヒーター PULITO
    9. ユーレックス|KKE9CVH-S
    10. 山善|YAB-H1200TIM
    11. 山善|DO-TL125

    検証① 暖房能力

    暖房能力

    オイルヒーターを使用するうえで一番気になるのは暖房能力。なるべく早く部屋全体を暖めたいですよね。


    そこで実際に、室温20℃の6畳の部屋でオイルファンヒーターを1時間運転させ、室温の変化を計測。また、4か所の壁温度と体感の暖かさも加味し、総合的な暖房能力を評価しました。

    【検証結果ハイライト】全商品で室温の数値は大きく上がらなかったが、体感では暖かさを感じることができた

    【検証結果ハイライト】全商品で室温の数値は大きく上がらなかったが、体感では暖かさを感じることができた

    今回の検証では、全商品で1時間運転を行っても室温の変化は3℃程度。大きい室温の変化は記録できませんでした。


    ふく射熱は、モノからモノに伝わり壁や身体を暖めます。そのため、室温は大きく上昇しませんでしたが、壁の温度は天井付近で最大6℃も上昇しており、体感では暖かさをしっかりと感じることができました。


    オイルヒーターは、ふく射熱によって部屋全体の体感温度を上げることができます。室温が同じ23℃でも、それ以上に感じることができ、太陽の下にいるようなポカポカとした暖かさを得ることができるでしょう。

    検証② 消費電力

    消費電力

    暖房能力の高さも重要ですが、できるだけ電気代がかからないものを選びたいですよね。


    そこで、メイン暖房として使用することを想定し、室温20℃・湿度45%の6畳の部屋で設定温度25℃で3時間運転。その運転中にワットチェッカーを使用して積算電気料金を計測し評価しました。

    【検証結果ハイライト】電気代はワット数に依存する。トータルの電気代を抑えるなら「エコモード」の有無がポイント

    【検証結果ハイライト】電気代はワット数に依存する。トータルの電気代を抑えるなら「エコモード」の有無がポイント

    ワット数が高いと電気代も高くなるため、細かい温度調節ができると、暖め過ぎなどの電力のムダ使いを避けて消費電力を抑えることができます。

    今回の検証では、それぞれの機種の最低出力で省エネ運転をすると1時間あたりの電気代は高いものだと約25円ほど。エアコンの電気代は、設定温度28℃で1時間あたり約20円といわれているため、それ以上の電気代になってしまいます。


    とはいえ、オイルヒーターには空気を乾燥させたり汚したりしにくいというメリットがあり、エアコンが苦手な人にも重宝される暖房器具です。「エコモード」などの省エネ機能があれば、室温にあわせ消費電力を抑えることができるので、省エネするためにも上手に活用しましょう。

    検証③ 安全性への配慮

    安全性への配慮
    続いてオイルヒーターの安全性への配慮に対する評価を行います。

    実際の使用中の本体温度と、公式HP・取扱説明書の製品情報から、安全性に関わる以下4項目をそれぞれ評価した後、すべての評価を合算して最終評価としました。

    1. 使用中の本体温度(操作スイッチ周り)
    2. 転倒オフ機能
    3. サーモスタット機能(過熱防止装置)
    4. チャイルドロック機能

    【検証結果ハイライト】最低限の安全機能は全商品に備わっている。本体温度が低いものを選べばやけどの心配は少ない

    【検証結果ハイライト】最低限の安全機能は全商品に備わっている。本体温度が低いものを選べばやけどの心配は少ない

    「転倒オフ機能」や「過熱防止装置」などの安全機能はすべての商品に備わっており、最低限の安全機能といえます。一方、「チャイルドロック機能」は備わっていない商品もあるため、小さなお子さんがいる場合にはチェックしましょう。


    また、運転中の本体温度は高温で、100℃近くに達する商品もありました。触れてしまうとやけどの危険性があるので、電源を切ったあとも十分冷めるまで移動や片づけは避けるようにしましょう。


    なかには本体温度が60℃程度の商品もあり、少し触れるだけなら熱さは感じましたがやけどするほどではありません。お子さんやペットのいる家庭では本体温度の低い商品を選べば、やけどの心配は少なくなるでしょう。

    検証④ 機能性

    機能性

    最後に、オイルヒーターの機能性を評価します。


    実際の使用感や、公式HP・取扱説明書の製品情報から、以下4項目をそれぞれ評価した後、すべての評価を合算して最終評価としました。


    1. 省エネ機能の有無
    2. 温度調節機能
    3. タイマー機能
    4. リモコン有無

    【検証結果ハイライト】4機能備わっていたのは2商品だけ。シンプルな商品も多く、使用場所に合ったデザインで選ぶのも一手

    【検証結果ハイライト】4機能備わっていたのは2商品だけ。シンプルな商品も多く、使用場所に合ったデザインで選ぶのも一手

    今回の検証では、4機能すべて備わっていたのはモダンデコとスリーアップの2商品だけでした。


    また、温度設定の方法は18℃~30℃のようにデジタル式で細かく調整できるものと、弱~強のダイヤル式の2種類がありました。細かいデジタル操作ができると室温の調整がしやすく、暖め過ぎなどの電力のムダ使いを避けることができますよ。


    オイルヒーターは、機能を絞ったシンプルな設計の商品もあります。機能の豊富さにこだわらないなら、デザインの好みで選んでみるのも一手でしょう。

    PR

    SUNRIZEオイルヒーター PULITO

    9,980円(税込)

    多機能なのに安全性も高い!室内の空気を汚すことなく部屋全体をしっかりと暖めてくれるオイルヒーター♪

    陽光のような優しいぬくもりが特徴的なオイルヒーター。「赤ちゃんがいても使えるような安全なものがほしい」「いろいろな使い方ができる機能が欲しい」といった方におすすめなのが、火傷や火災リスクが低く、運転切替機能やタイマー機能などを搭載したSUNRIZEのオイルヒーター「PULITO」です。


    輻射熱を利用した暖房器具で、ファンヒーターやハロゲンヒーターと比べて事故の危険性が低く、赤ちゃんが過ごすお部屋でも安心して使用できます。

    また、3段階の運転切替機能があり、設定温度に合わせて強弱を切り替えるエコモードも搭載されているので、常に室内温度に最適な使い方ができるオイルヒーターです♪さらに、タイマー機能で起床や帰宅に合わせて起動できるのも嬉しいですね!

    温風等を出すような暖房器具ではないので空気を汚さず乾燥もさせません。お手入れも不要で気軽に使えますし、静音性も高いので普段の生活の邪魔になりませんよ。

    適応床面積6~8畳
    タイマーの有無あり
    本体重量約13.5Kg
    その他リモコン付き・転倒時自動電源遮断装置
    フィン8枚
    サイズ幅476×奥行262×高さ668㎜
    出力強1200W/中700W/弱500W

    1年保証付きのお手頃価格♪

    オイルヒーター PULITO
    SUNRIZEのオイルヒーター「PULITO」は5色のカラー展開でお部屋に雰囲気に合わせたものを選べます。
    ホワイト、ブラックは税込9,980円、ダークウッド、ナチュラルは税込10,980円と機能性を考えるとお手頃価格で、さらに1年保証もついてきます!

    送料も一部地域を除いて無料なのでコスパの高い暖房器具としておすすめです♪
    No.1

    デロンギ・ジャパンアミカルド オイルヒーター

    RHJ35M0812DG

    29,870円(税込)

    総合評価

    4.16
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 4.5
    • 安全性への配慮: 4.6
    • 機能性: 4.2

    暖房性能が極めて高い。省エネや機能性にも優れるベストバイ

    イタリアの家電ブランド・デロンギの「アミカルド オイルヒーター」。消費電力は室温に合わせて自動で切り替えができ、eco運転も搭載しているので省エネに期待できます。8枚のL字型フィンと見やすいディスプレイを搭載し、2018年度グッドデザイン賞を受賞したオイルヒーターです。

    今回の検証では、1時間後の室温は24.2℃で壁温度は約27℃と高評価。部屋中に広がるじんわりとした暖かさを感じることができました。また、消費電力も1時間あたりの電気代は約20円と優秀な結果。省エネ機能やタイマー機能など、付加機能にも優れています。

    転倒オフ機能などの安全機能もしっかりと備わっており、運転中の表面温度は低めの68.3℃と、安全性への配慮でも良好な結果となりました。シンプルなディスプレイノブで、操作性・機能性にも優れるベストバイオイルヒーターです。
    サイズ650×260×430mm
    本体重量12.5kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造6畳、コンクリート8畳
    電源コードの長さ2.3m
    表面温度約70℃
    温度調整デジタル操作可能(10℃~28℃)
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能デジタルタイマー(24時間ONまたはOFF)
    省エネ機能ECO運転
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.2

    スリーアップOHT-1556WH

    OHT-1556WH

    12,879円(税込)

    総合評価

    3.98
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 4.5
    • 安全性への配慮: 3.5
    • 機能性: 4.4

    室温以上のやわらかい暖かさを実感。付加機能にも優れる

    デザイン性の高い家電を製造販売しているスリーアップの「OHT-1556WH」。3段階の出力切り替えに加え、16℃~28℃で室温設定もでき省エネ性能にも期待ができます。8枚の大型フィンで、陽だまりにいるような暖かさを感じることができるでしょう。

    今回の検証では、1時間あたりの電気代は約20円と安価で優秀な結果です。また、1時間後の室温は24℃・最大の壁温度は26℃と良好な結果で、実際に暖房能力も問題はなく、ふく射熱による室温以上の暖かさを感じることができました。

    安全機能はしっかり備わっていますが、本体の表面温度は90℃近くなるので注意しましょう。一方、温度調節やタイマーなどの付加機能に優れ、リモコンによる遠隔操作も可能。機能性にこだわる人は一考の余地があるでしょう。
    サイズ650×250×390mm
    本体重量10kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造3畳、コンクリート8畳
    電源コードの長さ2.0m
    表面温度約90℃
    温度調整ボタン式(弱~強)
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能オンタイマー(1〜23時間)、オフタイマー(1〜23時間)24時間自動オフタイマー
    省エネ機能エコ運転モード
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.3

    TEKNOSTOH-D1101

    TOH-D1101

    14,080円(税込)

    総合評価

    3.91
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 4.0
    • 安全性への配慮: 4.1
    • 機能性: 4.2

    操作性も良く省エネ運転には期待。大きさがありリビングに最適

    千住の家電ブランドTEKNOSの「TOH-D1101」。大型のデジタル液晶で温度調節は10℃~28℃の間で細かく設定でき、自動室温調整機能で省エネに期待ができます。表面積を大きくしたS字フィンを11枚搭載し、幅が60cmほどある比較的大きめのオイルヒーターです。

    今回の検証では、1時間あたりの電気代は約22円と良好です。安全機能は当然備わっており、本体の表面温度は76.3℃と良好な結果となりました。また、省エネ機能やタイマー機能も備わっており、機能性にも問題はありません

    1時間後の室温は24℃・最大壁温度は26℃と良好な結果。室温の変化は少ないですが、暖かさをじわじわと感じることができました。比較的大きい本体は、リビングでの利用に最適なオイルヒーターといえるでしょう。
    サイズ640×250×560mm
    本体重量13.2kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造8畳、コンクリート10畳
    電源コードの長さ1.8m
    表面温度約80℃
    温度調整デジタル操作可能(10℃~28℃)
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能24時間デジタルタイマー/ON/OFF対応
    省エネ機能エコモード
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.4

    ユーレックスKKE9CVH-S

    KKE9CVH-S

    23,910円(税込)

    総合評価

    3.89
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 4.0
    • 安全性への配慮: 4.0
    • 機能性: 4.2

    国内唯一の専門メーカーで、安全機能と付加機能に優れる

    国内唯一のオイルヒーター専門メーカー・ユーレックスの「KKE9CVH-S」。14℃~26℃で室温の設定ができる9枚フィンのオイルヒーターです。日本語の音声ガイダンスや目覚まし機能など、一風変わった便利機能を搭載しています。

    今回の検証では、1時間後の室温は24℃・壁温度は26℃と良好で、体感でもふく射熱によるじわじわとした暖かさを感じることができました。一方、電気代は1時間あたり24円とほかと比べると伸び悩む結果となりました。

    しかし、安全機能は当然備わっており本体温度も75℃と良好です。省エネ機能やタイマー機能も搭載されており、機能性にも問題はありません。便利機能など、付加機能に優れるオイルヒーターといえるでしょう。
    サイズ630×200×510mm
    本体重量16kg
    消費電力1300W/800W/500W
    対応畳数木造6畳、コンクリート9畳
    電源コードの長さ1.8m
    表面温度約80℃
    温度調整デジタル操作可能(14‐26℃)
    1時間あたりの電気代約15円~約35円
    タイマー機能24時間入/切タイマー、マイタイマー
    省エネ機能エコモード
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.5

    モダンデコSUNRIZE オイルヒーター PULITO

    SUNRIZE オイルヒーター PULITO

    総合評価

    3.83
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 3.6
    • 安全性への配慮: 4.0
    • 機能性: 4.5

    電気代で評価は伸び悩むが、安全性の配慮では優秀な結果に

    デザイン家電の販売を行っているモダンデコの「SUNRIZE オイルヒーター PULITO」。デジタルタッチパネルで操作しやすく、弱~強の3段階で出力切り替えが可能です。5色のカラーバリエーションがあり、部屋の雰囲気に合ったデザインを選ぶことができます。

    今回の検証では、1時間あたりの電気代は約24円と消費電力の評価は伸び悩む結果となりました。しかし、1時間後の室温は23℃で壁温度は25℃。数値の変化は少ないですが、体感ではそれ以上にじんわりとくる暖かさを感じることができました。

    最低限の安全機能はしっかり備わっており、表面温度は約70℃と安全性への配慮は優秀な結果です。また、省エネ機能やタイマー機能のほかに、リモコン操作も可能で機能性で高い評価となりました。
    サイズ668×262×476mm
    本体重量13.5kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造6畳、コンクリート8畳
    電源コードの長さ約1.85m
    表面温度約70℃
    温度調整デジタル式
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能24時間入/切タイマー
    省エネ機能エコモード
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.6

    山善DO-TL125

    DO-TL125

    12,402円(税込)

    総合評価

    3.82
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 4.5
    • 安全性への配慮: 3.6
    • 機能性: 3.5

    表面温度が高いため取り扱いに注意。電気代はひかえめで高評価

    大阪に本社を置き家具家電の販売を行っている山善の「DO-TL125」は、10枚フィンのオイルヒーターです。弱・中・強の3段階で出力の切り替えができ、最大1200Wの出力で部屋をパワフルに暖めることができるでしょう。

    実際に今回の検証では、1時間後の室温は24℃・最大壁温度は26℃と良好な結果。体感でもしっかりと暖かさを感じることができました。しかし、本体の表面温度は100℃近い高温を記録。やけどの危険性もあるので、取り扱いには十分気を付けましょう。


    また、タイマー機能は備わっていますが、省エネ機能がなく機能性の評価は伸び悩みました。一方で、消費電力の評価では1時間あたり約20円と優秀で高い評価となりました。
    サイズ616×242×533mm
    本体重量11.6kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造6畳、コンクリート8畳
    電源コードの長さ1.8m
    表面温度約90℃
    温度調整ダイヤル式(弱~強で微調整可能)
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能24時間入/切タイマー
    省エネ機能
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.7

    イトウHC-A31A

    HC-A31A

    11,800円(税込)

    総合評価

    3.73
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 3.6
    • 安全性への配慮: 4.0
    • 機能性: 4.0

    機能性には問題ないが、消費電力の評価は伸び悩む結果に

    オリジナル商品の企画や販売を行っているヒロ・コーポレーションの「HC-A31A」。大型の液晶が搭載されており、温度調節は3段階で可能。1時間毎のオンオフタイマーを設定でき、真っ黒なデザインも特徴的な7枚フィンのオイルヒーターです。

    今回の検証では、運転中の本体温度は約80℃と高めですが、最低限の安全機能のほかにもチャイルドロック機能も備わっており、安全性の配慮ではまずまずの結果となりました。省エネ機能やタイマー機能も備わっており、機能性の評価も問題ありません

    また、1時間後の室温は24℃・最大壁温度は26℃と良好な結果。体感でもしっかりと暖かさを感じることができました。しかし、1時間当たりの電気代は約24円とほかと比べると高く、評価は伸び悩む結果となりました。
    サイズ665×250×370mm
    本体重量9.0kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造6畳、コンクリート8畳
    電源コードの長さ約1.9m
    表面温度約80℃
    温度調整デジタル式
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能1時間~9時間(1時間単位)
    省エネ機能エコモード
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.8

    アイリスオーヤマIWH2-1208D-W

    IWH2-1208D-W

    8,362円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 3.9
    • 安全性への配慮: 3.4
    • 機能性: 3.5

    しっかりと暖かさを感じられたが、機能性で評価を下げた

    生活用品や家電の販売を行っているアイリスオーヤマの「IWH2-1208D-W」は、弱・中・強の3段階で温度調節ができます。8枚のウェーブ型フィンを採用しており、熱効率の上昇に期待でき見た目もおしゃれなオイルヒーターです。

    今回の検証では、1時間あたりの電気代は23円と良好。1時間後の室温は23℃で壁温度は26℃とまずまずの結果ですが、体感では室温以上のじわじわとした暖かさをしっかりと感じることができました。

    一方で、最低限の安全機能は備わっていますが、チャイルドロック機能がなく本体の表面温度は約80℃と高温で評価は伸び悩む結果に。省エネ機能とタイマー機能もなく、機能性の評価を下げる結果となりました。
    サイズ635×256×495mm
    本体重量10.9kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造6畳、コンクリート8畳
    電源コードの長さ1.6m
    表面温度約80℃
    温度調整ダイヤル式(弱~強で微調整可能)
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能-
    省エネ機能
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.9

    山善YAB-H1200TIM

    YAB-H1200TIM

    23,924円(税込)

    総合評価

    3.56
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 3.5
    • 安全性への配慮: 3.8
    • 機能性: 3.5

    本体温度は低く優秀だが、電気代の高さが足を引っ張った

    山善が代理店として販売を行っている、ノルウェー生まれのブランドmillの「YAB-H1200TIM」。フィンをおおうようにカバーがあり、フラットな側面が特徴的なオイルヒーターです。5~35℃間の設定温度に合わせた自動運転ができ、省エネに期待ができます。

    1時間後の室温は23℃で壁温度は25℃と、数値の変化は少ないですが、体感ではやわらかい暖かさを感じることができました。また、安全機能もしっかり備わっており、本体温度は60℃程度と安全性への配慮は優秀な結果。少し触れるだけならやけどの心配は少ないでしょう。

    一方で、今回の検証では1時間あたりの電気代は約25円とほかと比べると高く、消費電力の評価は伸び悩みました。また、リモコンがない点で機能性の評価を下げる結果に。キャスターがないため、頻繁に移動させるのにもあまり向かないでしょう。
    サイズ660×265×355mm
    本体重量10.3kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造6畳、コンクリート8畳
    電源コードの長さ1.8 m
    表面温度約60℃
    温度調整デジタル式
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能おやすみタイマー、24hオン/オフタイマー
    省エネ機能
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.10

    エスケイジャパンセールスSKJ-SE120ROT

    SKJ-SE120ROT

    6,980円(税込)

    総合評価

    3.54
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 3.9
    • 安全性への配慮: 3.1
    • 機能性: 3.5

    機能性の評価も伸び悩み、本体温度が高くやけどの心配も

    家庭用電化製品の販売を行っているエスケイジャパンの「SKJ-SE120ROT」は、3段階の温度調節が可能な10枚フィンのオイルヒーターです。24時間タイマーが備わっており、ライフスタイルに合わせてオン・オフ設定をすることができます。

    今回の検証では、1時間後の室温は23℃で壁温度は25℃。数値の変化は少ないですが、室温以上の暖かさを感じることができました。また、省エネ機能とリモコンが無いため機能性の評価は伸び悩む結果となりました。

    電気代は1時間あたり23円とまずまずの評価です。安全機能は備わっていますが、フィンは100℃を超える部分もあり、大きく評価を下げる結果となりました。電源を切った後も十分冷めるまで、移動や片付けは避けるようにしましょう。
    サイズ640×250×530mm
    本体重量12kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数コンクリート8畳
    電源コードの長さ1.6m
    表面温度約90℃
    温度調整ダイヤル式(弱~強で微調整可能)
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能24時間入/切タイマー
    省エネ機能
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属
    No.11

    ダイアモンドヘッドRM-94H

    RM-94H

    6,233円(税込)

    総合評価

    3.38
    • 暖房能力: 3.5
    • 消費電力: 3.5
    • 安全性への配慮: 3.4
    • 機能性: 3.0

    消費電力はほかと比べ高め。機能性の評価も足を引っ張る結果に

    ECシステムの開発・提供をおもな事業とするダイアモンドヘッドの家電ブランドから販売されている「RM-94H」。3段階の温度調整が可能な7枚フィンのオイルヒーターです。奥行き12cmとスリムな本体は置き場所を選ばないでしょう。

    1時間後の室温は23℃で壁温度は25℃と変化は少ないですが、本体からの暖かさをしっかりと感じることができました。一方で、電気代は1時間あたり約26円とほかと比べて高く、省エネ機能やタイマー機能がなく機能性の評価も下げる結果となりました。

    また、最低限の安全機能は備わっていますが、チャイルドロック機能はありません。さらに、運転中の本体温度は80℃近い高温になるので、お子さんがいる家庭で利用する場合には十分気をつけましょう。
    サイズ575×120×310mm
    本体重量6.6kg
    消費電力1200W/700W/500W
    対応畳数木造6畳、コンクリート8畳
    電源コードの長さ約1.9 m
    表面温度約80℃
    温度調整ダイヤル式(弱~強で微調整可能)
    1時間あたりの電気代約15円~約33円
    タイマー機能
    省エネ機能
    転倒時オフ機能
    チャイルドロック機能
    スマホ連携不可
    リモコン付属

    人気オイルヒーターの検証結果比較表

    速暖性を求めるなら「オイルレスヒーター」もチェック

    速暖性を求めるなら「オイルレスヒーター」もチェック

    オイルレスヒーターとは、空気を汚さない・乾燥しにくい・静かというオイルヒーターのメリットをそのままに、オイルを使わないことで軽量化と速暖性の向上がされた暖房器具です。近年では、デロンギやディンプレックスなどから販売されています。


    オイルヒーターと比べて高価になり、蓄熱性が低く余熱運転ができないといったデメリットもありますが、付加機能や操作性に優れたモデルも販売されています。オイルヒーターよりも速暖性や機能性を求める人はチェックしてみましょう。

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す