• DIY用ヒートガンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • DIY用ヒートガンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • DIY用ヒートガンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • DIY用ヒートガンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • DIY用ヒートガンのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

DIY用ヒートガンのおすすめ人気ランキング10選

熱処理作業に欠かせない「ヒートガン」。熱収縮チューブを収縮させたり、はんだを溶かしたりといろいろな作業をするときに使うアイテムで、最近ではDIY用として購入を検討している方も多いアイテムです。しかし、白光や・イチネンミツトモ・BOSCH・パオックなどたくさんのメーカーから販売され、温度・風量・冷却機能付きなど違いもさまざまなので、どれを購入しようか迷うこともありますよね?

そこで今回は、通販で購入できるDIY用ヒートガンのおすすめ人気ランキングをご紹介します。今まで時間のかかっていた塗料の乾燥も短時間で終わるので、じょうずに使ってDIYに役立てましょう!
  • 最終更新日:2019年03月28日
  • 49,234  views
目次

ヒートガンの選び方

まずはじめは、選ぶためのポイントをまとめたので、選び方を参考にしてくださいね。

用途により適切な温度を確認

用途により適切な温度を確認

出典:amazon.co.jp

ヒートガンは機種によって、最高温度に違いがあります。温度が高ければ良いわけでなく、用途により適切な温度があるので、合っているアイテムを選びましょう。例えば熱収縮チューブなら100度以上の熱が必要で、厚みにより変化します。シュリンクフィルムでPVC製なら140~160度の熱が必要になります。

ただし、凍結した水道管の解凍や石材への色入れ乾燥などは、もっと高温が必要です。基本的に高価な機種は、温度を細かく変化できる機能付き。いろいろと幅広い作業を行いたいなら、そのような温度の調整機能付きを購入しましょう。

風量を調整できるタイプだと便利

風量を調整できるタイプだと便利

出典:amazon.co.jp

ヒートガンを購入して使っていくうちに、不満が出てくるのが風量の強さ。一般的な風量が一定のタイプだと、用途によっては強すぎたり弱すぎたりします。例えば熱収縮チューブだと、強すぎれば燃える可能性があり、逆に弱すぎるとなかなか収縮しません。

ヒートガンをより近づけるなど、距離を変化させる手もあるものの、風量も調整できるタイプを選べばもっと簡単です。風量の調整機能は、絶対になければならない機能ではありませんが、あれば便利ですよ。

用途に合ったノズルがあるかをチェック

用途に合ったノズルがあるかをチェック

出典:amazon.co.jp

機種にもよりますが、DIY用のヒートガンは複数のノズルが付いて販売されていることが多い商品です。これを使い分けることで塗料などを乾燥させたり、塩ビの一部を溶かしたりさまざまなことを簡単に行えるようになります。そこで、用途に合ったノズルが入っているか、最初に確認しておきましょう。

塩ビ用のノズルは、狭くなっていて熱風をピンポイントに当てられます。こうしないと、別の箇所まで溶けるので汚くなるからです。また乾燥作業なら、口が広いノズルで一気に熱風を当てます。セットで販売されていないこともあるため、購入の際にはチェックしてくださいね。

冷却機能があると片付けがスムーズ

冷却機能があると片付けがスムーズ

出典:amazon.co.jp

ヒートガンを使う上での注意点は、使用してすぐノズルを触らないことです。ドライヤーよりもはるかに高温の温風が出てくるヒートガンは、金属製のノズルがかなりの高温になっています。そのため使用後は冷却のために、しばらくは放置しておく必要があります。

ところが近年のヒートガンは、冷却機能が付いているタイプが販売されているので、冷却機能を使えば、あまり待たなくてもノズルが冷えるので比較的に短時間で片づけることができますよ。またこれを利用して、高温になっている材料を冷却することもできますよ。

DIY用ヒートガンのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのヒートガンをご紹介します。今回はさまざまなヒートガンの中から、ストレートタイプや低価格タイプ、高価な高性能タイプなど幅広く集めてみました。
10位
サイズ225×47mm(幅×奥行き)
温度200~300度
風速-
風量-
消費電力300W
付属品-
機能ストレート形状
9位

アストロプロダクツAP ヒートガン

3,024円 (税込)

サイズ225×80×205mm(幅×奥行き×高さ)
温度300度(Low)・500度(HIGH)
風速-
風量-
消費電力1200W
付属品スタンドフック
機能風量2段階・温度2段階
8位
サイズ250×70×195mm(幅×奥行き×高さ)
温度600度
風速-
風量-
消費電力1000W(Low)・1800W(HIGH)
付属品ノズル4種・三角スクレーパーなど
機能風量2段階・温度2段階・スタンドフック
7位
サイズ250×70×190mm(幅×奥行き×高さ)
温度300度(Low)・600度(HIGH)
風速-
風量-
消費電力1000W(Low)・1800W(HIGH)
付属品専用ノズル5種・スクレーパー1本
機能温度2段階
6位
サイズ213×70×191mm(幅×奥行き×高さ)
温度450度
風速1000m/min
風量0.18㎥/min
消費電力1000W
付属品-
機能スイッチ3段階(熱風・送風・切)
5位

パオックPower sonic ヒートガンセット

HG-10S

5,969円 (税込)

サイズ-
温度50~590度(風量1は530度まで)
風速-
風量-
消費電力1200W
付属品ノズル4種・スクレーパー3種・スクレーパー固定具など
機能風量2段階・温度調整・LED温度インジケーター
4位
サイズ255×90×205mm(幅×奥行き×高さ)
温度50~600度 ・風速:
風速-
風量0.25~0.5㎥/min
消費電力1300W
付属品-
機能風量調整・温度調整・冷却機能・LCDディスプレイなど
3位
サイズ240×70×190mm(幅×奥行き×高さ)
温度50~530度
風速600m/min
風量0.15~0.25㎥/min
消費電力1000W
付属品キャリングケース
機能風量調整・温度調整
2位
サイズ260×70×200mm(幅×奥行き×高さ)
温度50~500度(Low)・200~600度(HIGH)
風速250m/min(Low)・500m/min(HIGH)
風量-
消費電力1800W
付属品ノズル4種・スクレーパー1種など
機能風量2段階・温度2段階
1位

イチネン ミツトモ RELIFE ヒートガン

RHG-1500

4,281円 (税込)

サイズ275×80×190mm(幅×奥行き×高さ)
温度60~550度
風速-
風量0.3㎥/min(Low)・0.55㎥/min(HIGH)
消費電力800W(Low)・1500W(HIGH)
付属品ノズル4種・スクレーパー3種など
機能温度調整・冷却機能

おすすめ人気DIY用ヒートガンの比較一覧表

商品画像
1
ヒートガン イチネン ミツトモ  RELIFE ヒートガン  1枚目

イチネン ミツトモ

2
ヒートガン ウェイモール  ヒートガン 1枚目

ウェイモール

3
ヒートガン 白光 ヒーティングガン 1枚目

白光

4
ヒートガン ボッシュ ホットエアガン 1枚目

ボッシュ

5
ヒートガン パオック Power sonic ヒートガンセット  1枚目

パオック

6
ヒートガン 石崎電機製作所 SURE 熱風加工機  1枚目

石崎電機製作所

7
ヒートガン Officek ヒートガン 1枚目

Officek

8
ヒートガン MTK  ヒートガン 1枚目

MTK

9
ヒートガン アストロプロダクツ AP ヒートガン 1枚目

アストロプロダクツ

10
ヒートガン GOOMAND ヒートガン 1枚目

GOOMAND

商品名

RELIFE ヒートガン

ヒートガン

ヒーティングガン

ホットエアガン

Power sonic ヒートガンセット

SURE 熱風加工機

ヒートガン

ヒートガン

AP ヒートガン

ヒートガン

特徴大人気のヒートガン。この価格なのに多機能でおすすめです!低価格タイプの中でも、バランスが良い!リーズナブルな値段なのに、温度・風量を細かく調整可能温度や風量を細かく調整できる高性能タイプLED温度インジケータで温度が分かるように!工業用タイプで頑丈。別売りノズルも!ノズルが他より多い5種付いてくる!低価格タイプにもかかわらず、付属品が豊富!2段階の温度・風量切り替えで使いやすいストレートタイプは持ち手がないので収納がラク
価格4,281円(税込)1,800円(税込)7,838円(税込)23,341円(税込)5,969円(税込)7,714円(税込)2,080円(税込)1,926円(税込)3,024円(税込)1,580円(税込)
サイズ275×80×190mm(幅×奥行き×高さ)260×70×200mm(幅×奥行き×高さ)240×70×190mm(幅×奥行き×高さ)255×90×205mm(幅×奥行き×高さ)-213×70×191mm(幅×奥行き×高さ)250×70×190mm(幅×奥行き×高さ)250×70×195mm(幅×奥行き×高さ)225×80×205mm(幅×奥行き×高さ)225×47mm(幅×奥行き)
温度60~550度50~500度(Low)・200~600度(HIGH)50~530度50~600度 ・風速:50~590度(風量1は530度まで)450度300度(Low)・600度(HIGH)600度300度(Low)・500度(HIGH)200~300度
風速-250m/min(Low)・500m/min(HIGH)600m/min--1000m/min----
風量0.3㎥/min(Low)・0.55㎥/min(HIGH)-0.15~0.25㎥/min0.25~0.5㎥/min-0.18㎥/min----
消費電力800W(Low)・1500W(HIGH)1800W1000W1300W1200W1000W1000W(Low)・1800W(HIGH)1000W(Low)・1800W(HIGH)1200W300W
付属品ノズル4種・スクレーパー3種などノズル4種・スクレーパー1種などキャリングケース-ノズル4種・スクレーパー3種・スクレーパー固定具など-専用ノズル5種・スクレーパー1本ノズル4種・三角スクレーパーなどスタンドフック-
機能温度調整・冷却機能風量2段階・温度2段階風量調整・温度調整風量調整・温度調整・冷却機能・LCDディスプレイなど風量2段階・温度調整・LED温度インジケータースイッチ3段階(熱風・送風・切)温度2段階風量2段階・温度2段階・スタンドフック風量2段階・温度2段階ストレート形状
商品リンク

他のDIY用品も見てみよう!

今まで不便に感じていた作業も、専用の用具があると作業効率があがります。気になる方は以下の記事も合わせてチェックしてくださいね。

ヒートガンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ヒートガンのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめのヒートガンをご紹介しました。

DIYをするならヒートガンがあれば、様々な作業を短縮することができます。例えば今までドライヤーで熱収縮チューブを加熱していた方は、ヒートガンを使えば短時間できちんと収縮します。またドライヤーでは無理だったはんだも、ヒートガンなら問題なく溶かせます。このように様々な用途に使えるので、ぜひDIYにヒートガンを導入してみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す