• キーボックスのおすすめ人気ランキング10選【セキュリティ対策に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • キーボックスのおすすめ人気ランキング10選【セキュリティ対策に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • キーボックスのおすすめ人気ランキング10選【セキュリティ対策に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • キーボックスのおすすめ人気ランキング10選【セキュリティ対策に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • キーボックスのおすすめ人気ランキング10選【セキュリティ対策に!】のアイキャッチ画像5枚目

キーボックスのおすすめ人気ランキング10選【セキュリティ対策に!】

「キーボックス」とは文字通りカギを管理するのに役立つケースのこと。「キーファイル」「キーストッカー」「スペアキーボックス」などの商品名で呼ばれ、職場や家庭などさまざまな所でのカギの安全な保管や受け渡しにとても便利ですよね。しかし、一口にキーボックスといっても壁掛け式から南京錠のような形のものまで種類も豊富で、コクヨ・ナカバヤシ・ノムラテックなどたくさんのメーカーから販売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまうもの。

そこで今回は、自分にピッタリのものを見つけられるよう、キーボックスの選び方のポイントと、Amazonや楽天などでも購入できるおすすめの商品をランキング形式でご紹介していきます。キーボックスを活用すれば、鍵の受け渡しもスマートになること間違いなし!不動産物件の管理をする方も必見ですよ。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 16,753  views
目次

キーボックスはなぜ必要か

キーボックスはなぜ必要か

出典:amazon.co.jp

キーボックスとは、安全に鍵を保管しておくための保管ツールのこと。もちろん、パスワードなどで保護して、第三者は開けることができないように万全のセキュリティ対策が取られています。

例えば、ひとり暮らしの方が家の鍵を忘れたり失くしたりすると大変ですが、ドア周辺などに設置したキーボックスからいつでも鍵が取り出せるようにしておくと安心。わかりにくいところに合い鍵を隠しておいたり、誰かに預かってもらう必要もなくなります。家族がいる場合でも、全員が合い鍵を持つ必要がなく、お子さんに鍵を持たせたくないときなどに便利です。

多くの従業員が入退するオフィスや店舗の入り口、複数の関係者が使用する機密書類専用の鍵付きキャビネットなどでも、全員に合い鍵を渡すよりキーボックスに保管した鍵を共用利用する方が、紛失などのリスクも減り安全に管理できますよね。ご家庭でも職場でも今や必需品とも言えるキーボックスをうまく活用して、スマートに、そして安全に大切な鍵の管理を行いましょう。 

キーボックスの選び方

キーボックスの必要性はおわかりいただけたでしょうか。では次に、選び方のポイントについてお伝えしていきます。それぞれの用途や目的も考慮しながら、適切なものを選んでいきましょう。

使いやすく安全性の高いタイプを選ぶ

キーボックスを開錠する方法は1つではありません。番号を入力するだけでも、ダイヤル式やプッシュ式など違いがあります。誰がどのように使うのかを考えながら、使いやすくセキュリティ効果が高いタイプを選びましょう。

キー要らずで数字も見えにくい『ダイヤル式』

キー要らずで数字も見えにくい『ダイヤル式』

出典:amazon.co.jp

ダイヤル式は南京錠タイプのキーボックスに多く、暗証番号の数字を揃えることで開錠できます。キーを持ち歩く必要がなく、もし近くを誰かが通りかかっても数字が見えにくいので安心です。ただ、開けっ放しにしておくと、すぐに番号がばれてしまいます。開けたらすぐに、ランダムな数字に並び替えておくと安心です。

操作しやすく共用管理に適した『プッシュ式・テンキー式』

プッシュ式やテンキー式は、電卓のような大きめの数字のボタンが並んでおり、操作しやすいのがポイントです。こちらもカギを持たずに管理できるので、オフィスなどたくさんの人で共用するときにも便利です。

しかし、もし開錠時に管理者以外の人に見られてしまうと、ボタンの位置で暗証番号がわかってしまうので注意が必要になります。もし、共用にするのでなく特定の人だけで管理するなら、シリンダーキー付きの兼用タイプもおすすめです。

一人で管理する人におすすめの『シリンダー式』

一人で管理する人におすすめの『シリンダー式』

出典:amazon.co.jp

ダイヤル式でもテンキー式でもなく、カギ1つだけのシリンダー式のものもあります。1人で管理する場合や暗証番号を忘れるのがイヤという人におすすめです。ただ、カギを紛失してしまわないよう注意が必要になります。

設置箇所・使い方にあわせて選ぶ

キーボックスは、どこに設置するかによっても選ぶべきものが違ってきます。壁に固定して使うタイプと色々な箇所に設置できる南京錠タイプがあるので、実際に使う場面を想定して選びましょう。

色々な場所に使えて便利な『南京錠タイプ』

色々な場所に使えて便利な『南京錠タイプ』

出典:amazon.co.jp

壁など1箇所に固定して使うタイプとは違い、南京錠タイプはいろいろな場所に使うことができます。玄関のドアだけではなく、例えば、宅配ボックス・窓・車のドアなどにも取り付けて、スムーズにカギの受け渡しを行うことも可能。もちろん、中に何も入れずに、通常の南京錠としての機能だけで使うこともできます。

ボックス内は仕切りや、キーホルダーがついていないことが多いので、カギだけではなくメモや印鑑など、キーボックスの大きさ次第で色々なものを保管、受け渡しできるので便利です。

オフィスや不動産での使用に便利な『キャビネットタイプ』

オフィスや不動産での使用に便利な『キャビネットタイプ』

出典:amazon.co.jp

『キャビネットタイプ』は、キーを取りかけるフックがついているので、オフィスなどで使う金庫や書類棚などのたくさんのカギを一箇所にまとめて保管するのに向いています。壁に固定して使うほか、卓上に出して使用することも可能。上部に取っ手がついているものは、不動産屋さんが管理物件のカギを持ち歩くときに便利です。

収納本数を調節できるものが便利

収納本数を調節できるものが便利

出典:amazon.co.jp

収納したいキーの数に合わせて収納本数を選ぶことが基本ですが、事務所で使用する場合など保管するキーが増える可能性がある場合は、それを見込んだ上で多めに収納できるものを選ぶのがおすすめです。

特に、従業員の数や物件の数に応じて管理するキーの数が変わりやすい会社や不動産などで使用する場合は、付属品を取り外しすることで、収納本数を調節できるタイプを選んでみてもよいでしょう。キーだけではなくカードやUSBも一緒に保管したいなら、側面にポケットが付いたものも便利です。

【キャビネットタイプ】キーボックスのおすすめ人気ランキング5選

では、キーボックスの選び方を押さえたところで、ここからは実際の商品を人気ランキング形式で発表いたします。家庭で使えるお手軽なものから、大きな事務所や会社でも役に立つたくさんのカギを収納できるものまで全部で10選のご紹介です。前半が「キャビネットタイプ」5選、後半が「南京錠タイプ」5選の順でお伝えします。

5位:カール事務器 キーボックス コンパクトタイプ

カール事務器  キーボックス コンパクトタイプ 38個入り CKB-C38-I
出典:amazon.co.jp
カール事務器 キーボックス コンパクトタイプ 38個入り CKB-C38-I

2,820円 (税込)

詳細情報
・タイプ:シリンダー式
・収納本数:10・15・20・38・68・80個

開錠は鍵1つでOKのシリンダー式

開錠は鍵1つでOKのシリンダー式

出典:amazon.co.jp

複数の人で管理する必要がなく、特定の人だけがカギを持ちたい場合にはこちらのようなシリンダー式で十分機能します。暗証番号だとかえって忘れてしまいがちで心配という場合にも、あれこれ機能があるよりシンプルなタイプがおすすめです。ただ、開錠用のカギの保管にはくれぐれも気をつけましょう。開錠用のキーは2個付いています。

4位:コクヨ キーボックス KEYSYS

コクヨ キーボックス KEYSYS 64個付 KFB-TL64
出典:amazon.co.jp
コクヨ キーボックス KEYSYS 64個付 KFB-TL64

13,726円 (税込)

詳細情報
・タイプ:テンキー式
・収納本数:32・64個

卓上・壁かけどちらにも使えるテンキータイプ

卓上・壁かけどちらにも使えるテンキータイプ

出典:amazon.co.jp

コクヨの「KEYSYS」シリーズ。セキュリティ面はもちろん、収納効率に優れ、探しやすく使いやすいうえ、どこにでもなじむデザインというコンセプトで作られています。フック形状は脱落しにくいよう工夫されているのも特徴です。32個収納できるタイプと、64個タイプがありますが、別売りハンガーを追加すれば収納本数を増やすこともできますよ。

3位:コクヨ USBメモリーボックス・キーボックス兼用

コクヨ USBメモリーボックス キーボックス兼用 KFB-UTL32
出典:amazon.co.jp
コクヨ USBメモリーボックス キーボックス兼用 KFB-UTL32

16,088円 (税込)

詳細情報
・タイプ:テンキー式
・収納本数:32個

キーもUSBメモリーも同時に収納できる兼用タイプ

キーもUSBメモリーも同時に収納できる兼用タイプ

出典:kokuyo.co.jp

今や保管したいのはカギや書類だけではありません。顧客情報など、個人情報がたくさん含まれているUSBメモリーもしっかりと保管しなければいけない重要なものです。そんなUSBをキーと一緒に保管できるのがこのキーボックス。USBメモリーもカギも同じハンガーで吊るせる形状になっています。

テンキータイプでセット可能な暗証番号は4~8ケタで高セキュリティ。コンパクトタイプだから卓上、壁掛けのどちらでも使えて、オフィスでも使い勝手抜群です。扉には左右どちらの手でも開けやすいハンドルを採用しているので使いやすいですよ。

2位:朝日工業 NEWキーポスト

朝日工業 NEW キーポスト

15,271円 (税込)

詳細情報
・タイプ:プッシュ式(4ケタ)
・収納本数:-

4ケタの暗証番号で取り出せるキーポスト

玄関脇に設置して家族で共用する伸び最適なキーボックス。収納力があるのでカギの他、カード類を入れる部分がある珍しい商品です。4ケタの暗証番号が揃うと取り出せる仕組みなので、子供に鍵を持たせる「かぎっ子」でも紛失の心配がなく便利。また、動けないお年寄りのお宅への介護ヘルパーさんの出入りにも使えますね。

カード類の投入口は防水用のパッキンが施してありますから安心です。取り出し口が開いたら、すぐに番号を並び替えてしまえば、他人に暗証番号を知られることを避けられます。

1位:ナカバヤシ ダイヤル式キーボックス

ナカバヤシ ダイヤル式キーボックス 20個収容 NKB-D02
出典:amazon.co.jp
ナカバヤシ ダイヤル式キーボックス 20個収容 NKB-D02

5,824円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ダイヤル式
・収納本数:10・20・28・30・50・60個

ダイヤル式の緊急開錠キー付きで安心

ダイヤル式の緊急開錠キー付きで安心

出典:amazon.co.jp

ダイヤル式は手元を隠して開錠できるからセキュリティ性の高いのが優れたポイント。また複数の人で管理した方が、セキュリティ上かえって良いという考えもあります。こちらのキーボックスは万が一暗証番号を忘れてしまっても、緊急開錠キーがついているので安心して使えますね。

上部には持ち運びしやすい取っ手付き。鍵はキーリングに取り付ければよいので、専用ホルダーなしでも普通に使うことができ、使いやすさも◎です。

【南京錠タイプ】キーボックスのおすすめ人気ランキング5選

続いては、南京錠タイプのキーボックス5選の発表です。どこのお宅でも使うことができるお手軽な形状で、3位の固定タイプの商品を除いては、すべて大きな南京錠としての使用ももちろん可能です。家庭だけでなく物件管理ツールとしても活躍してくれますよ。

5位:イーサプライ キーボックス プッシュ式

イーサプライ キーボックス プッシュ式 ボタン式 EEX-SLPL997B
出典:amazon.co.jp
イーサプライ キーボックス プッシュ式 ボタン式 EEX-SLPL997B

3,750円 (税込)

詳細情報
・タイプ:プッシュ式

暗証番号は1~11ケタまで設定可能

暗証番号は1~11ケタまで設定可能

出典:amazon.co.jp

色々な用途に使える南京錠タイプのキーボックス。宅配ボックスの管理や失くしてしまいがちな自転車の小さなキーの他、オフィスでも引き出しをシェアする場合など、色々なシーンで使えます。

最大で11ケタの暗証番号まで設定が可能。数字が多くなればその分セキュリティ度を高めることができますよね。住宅への出入りで開錠する際には、暗証番号を押している所を見られたりしないよう注意しましょう。

4位:ノムラテック キーストックEK 緊急開錠キー付

ノムラテック キーストックEK 緊急開錠キー付 N-2364
出典:amazon.co.jp
ノムラテック キーストックEK 緊急開錠キー付 N-2364

4,500円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ダイヤル式

番号を忘れて頭が真っ白になっても大丈夫

頑丈な南京錠のキーボックスは大容量のため、車のキーやカード類、メモなども収納して受け渡せるので便利です。このキーボックスには、「緊急解除キー」がついているので、うっかり暗証番号を忘れてしまったときにも安心ですね。レバー式のドアにも対応可能なアダプタもついているので、一般的な南京錠タイプのキーボックスでは設置できないという方にもおすすめです。

3位:安心舗 シェアボックス ダイヤルロック式

安心舗  シェアボックス ダイヤルロック式
出典:amazon.co.jp
安心舗 シェアボックス ダイヤルロック式

1,986円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ダイヤル式

複数の人がカギを開けて出入りする場所に

複数の人がカギを開けて出入りする場所に

出典:amazon.co.jp

商品名にあるように、シェアするのに便利なキーボックスです。会社では、例えば倉庫などの管理で複数の人が出入りするときなどに使えます。やはり、カギを持つ必要がないのは便利ですよね。形状や大きさは南京錠タイプに近いですが、フックはなく壁に固定して設置するタイプ。暗証番号の設定変更も簡単にできるから、定期的に変えればセキュリティーもバッチリです。

数字が見えていると、イタズラしたくなる人がいるかも知れませんが、その点も大丈夫。普段はカバーがしてあるので何があるかがわかりにくくなっています。

2位:ノムラテック ニューキーストックハンディ

ノムラテック ニューキーストックハンディ シルバー N-1297
出典:amazon.co.jp
ノムラテック ニューキーストックハンディ シルバー N-1297

1,850円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ダイヤル式

収納力抜群でカギがたくさん入る

収納力抜群でカギがたくさん入る

出典:amazon.co.jp

大は小を兼ねると言いますから、カギがたくさん収納できるなら、お金などの貴重品も入れて置くことができて便利ですよね。暗証番号も4ケタのダイヤル式で、設定を何度でも変えられるのでセキュリティーも安心。帰宅の遅い家族より先に寝てしまいたいときにも便利に使えます。

フタを開けた時に収納部分が全開しない構造になっているため、キーの落下を防ぐこともでき、さらに収納部にはフックがついているので、大切なキーをかけておけばすぐ見つかるように工夫されています。

1位:イーサプライ キーボックス 南京錠式 EEX-SLKB299

イーサプライ キーボックス(鍵収納・ダイヤル式・3桁・南京錠・防犯) EEX-SLKB299

1,450円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ダイヤル式

3ケタで軽量のお手軽タイプ

留守中にカギだけではなく、印鑑なども入れて受け渡しにも便利なキーボックス。他と違うのは3ケタのダイヤル式。4ケタでは毎日使うので面倒という人には3ケタでも十分ではないでしょうか。

小ぶりな南京錠タイプは、実際に使ってみると思っていたより重く感じる人もいるようですが、こちらの商品は重量が210gと今までご紹介してきた南京錠タイプの中では最も軽量なので、手の小さなお子さんにも扱いやすいでしょう。フタは上部をスライドさせるだけなので、取り出しも簡単です。

使用上の注意点

使用上の注意点
セキュリティ対策として使用するのですから、当然、暗証番号は他の人に知られないように万全の注意が必要です。特にかぎっ子のお子さんがお友達を連れてくる時など、つい声に出して言ってみたり、面白がったりしてしまいがち。お子さんにもその点をきちんと話して暗証番号を口に出したり、人に教えたりすることのないように注意しておくことが重要です。

また、緊急開錠キーが付いていないものについては、バールなどで破壊するしかなくなりますので、くれぐれも暗証番号を忘れないようにメモしておくなど、万が一に備えた対策も必要です。

売れ筋ランキングリンクもチェック!

なおご参考までに、キーボックスのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ご家庭や会社などでキーボックスのご購入を考えていらっしゃる方は、これだ!というものはランキングの中に見つかったでしょうか? しっかりしたキーボックスを使えば家庭も職場のセキュリティー対策もバッチリですね。でもそれを使いこなすひとりひとりが油断せず意識を高めておくことも忘れないようにしましょう。

特に大勢の人が出入りする職場では、さまざまな箇所で手軽にセキュリティを強化できるキーボックスはとても便利です。場所や用途に合わせて適切なキーボックスを活用してくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す