• 警棒のおすすめ人気ランキング10選【護身・防犯対策に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 警棒のおすすめ人気ランキング10選【護身・防犯対策に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 警棒のおすすめ人気ランキング10選【護身・防犯対策に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 警棒のおすすめ人気ランキング10選【護身・防犯対策に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 警棒のおすすめ人気ランキング10選【護身・防犯対策に!】のアイキャッチ画像5枚目

警棒のおすすめ人気ランキング10選【護身・防犯対策に!】

構えるだけで大きな威嚇効果を発揮できる「警棒」。護身用・防犯用として備えたい方も多いのではないでしょうか。しかし、定番の長めのタイプから伸縮タイプまでさまざまな種類があり、多くのメーカーから販売されているため、どれがよいのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、警棒の選び方のポイントと、通販で購入できるおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介!災害時や非常時に役立つLEDライト付きのものも登場しますよ。ぜひ、使うシチュエーションに沿った警棒を選んで、緊急時の安全対策に役立てましょう。

  • 最終更新日:2020年05月11日
  • 14,755  views
目次

護身における警棒の役割とは?

護身における警棒の役割とは?

警察官が護身用具として腰に身につけている「警棒」。目にしたことがある方も多いと思いますが、実は、自分や家族の護身用にも使える便利なアイテムです。


警棒は相手にダメージを与えすぎない殺傷力の低い護身用具で、自分を守ることが一番の役目。一般市民が自分の身を守るために購入を認められている護身道具のひとつでもあります。


正当防衛や緊急避難時などでしか使用が認められていませんが、伸ばした状態で構えるだけで相手に恐怖を与えられ、大きな威嚇効果を発揮所持しているだけでも安心感を得ることができるでしょう。「警棒」を1本備えておけば、自分や家族の護身や防犯対策に役立ちますよ。

警棒の選び方

それではここからは、早速警棒の選び方を見ていきましょう。

使い方に合わせて選ぼう

警棒は、大きく次の3つの種類に分かれます。それぞれの使い方に合うものを選びましょう。

自宅やオフィスの防犯対策には「スタンダードタイプ」がおすすめ

自宅やオフィスの防犯対策には「スタンダードタイプ」がおすすめ

防犯対策として自宅や職場に常備する場合は「スタンダートタイプ」がおすすめです。約65cm程度の長さのものが一般的で、そのままの状態ですぐに使用できます。


伸縮したり折りたたむことはできず、やや重さがあるため持ち歩きには不向きですが、だれでも使いやすい設計になっており、いざという時の護身アイテムとして役立つでしょう。

「伸縮タイプ」は持ち歩きに便利

「伸縮タイプ」は持ち歩きに便利

護身用として携帯したい場合には、伸縮式の警棒が便利。収納された状態から振り出して、長さを2倍~3倍ほどに伸ばせるのが特徴です。


必要時以外は短くしておけるため、キャンプなど野外宿泊の際に所持するのにも向いています。荷造りの際にもスペースを取らず、コンパクトに収納できるので、リュックの中にさっと忍ばせておくことができますよ。

危険な状況では、より攻撃力が高い「特殊警棒」も選択肢に

危険な状況では、より攻撃力が高い「特殊警棒」も選択肢に

特定の相手に攻撃される危険性がある場合など、攻撃力の高い警棒が必要な方は「特殊警棒」を検討してみましょう。伸縮タイプのひとつですが、非常に強度に優れており、世界中の警察官や警備員も使用しています。


特殊警棒は手動式とばね式に分かれますが、初心者ならワンタッチで警棒が伸びるばね式がおすすめ。さらに、この特殊警棒は日本護身用品協会において製品認定基準が定められているため、認定ラベルも確認しておきましょう。国内メーカーでは「ノーベル工業」が生産・販売しています。

初めての購入なら軽量で頑丈なアルミ製が◎。携帯にも最適

初めての購入なら軽量で頑丈なアルミ製が◎。携帯にも最適

現在販売されている警棒は、アルミ製・鉄製・スチール製の3種類がありますが、はじめて購入する方には、アルミ製がおすすめです。アルミ製というともろくて防犯に向かないイメージがありますが、航空機などにも使用されるアルミ素材は軽くて非常に頑丈。とくに携帯して持ち歩くには最適です。


携帯用として持ち歩ける伸縮式なら、平均400〜500g程度と軽量。カバンに入れて持ち歩いても負担になりません。軽量であれば、女性でも簡単に取り扱うことができますね。


ただし、自宅や職場の護身用として所持したい方は、さらに重さと太さのある鉄製やスチール製も選択肢に入れておくとよいでしょう。

使い勝手がよくなる細部の工夫にも注目!

使い心地を左右する細部の仕様にも注目してみましょう。

ストラップ付きは略奪されるリスクが軽減

ストラップ付きは略奪されるリスクが軽減

警棒を使用するときに気を付けたいのが、相手に略奪されないこと。ストラップ付きのものなら、簡単に奪われてしまうのを防ぐことができます。


近くで揉み合っても、警棒の持ち手にあるストラップを手首に巻いておけば、略奪されるリスクが軽減。とくに腕力が弱い女性の方は、ストラップ強度が強く、腕を通しやすい形状のものを選びましょう。

オプション付きなら緊急時や被災時にも役立つ

オプション付きなら緊急時や被災時にも役立つ

護身用以外にも使える汎用性の高いものを探しているなら、オプションにも注目してみましょう。市販されている警棒の中には、フラッシュライト・LEDライト付きのもの、車や自宅からの脱出を目的とした窓破りヘッド付きのもの、警棒の先にスタンガンがついているものもあります。


オプション付きの警棒は、本来のシンプルな警棒より防御機能は劣るものの、非常時や地震などの被災時でも役立ちます。交通整理の誘導灯として、あるいは被災時の救出用としてなど様々なシーンで活用できるでしょう。自分の使い方・利用状況に合った付属オプションも検討してみてくださいね。

日本護身用品協会認定品・全日本防犯グッズ協会推奨品が安心

日本護身用品協会認定品・全日本防犯グッズ協会推奨品が安心

警棒は自分や家族の安全を守る護身用具ですから、やはり信頼できる品質のものを選びたいですよね。いざというときに本来の役目を果たせるよう「日本護身用品協会(JSDPA)」の認定品や、日本防犯グッズ協会の「推奨商品」を選んでおくとと安心です。


海外メーカーの商品の場合は、販売サイト(ショップ)がこれらの公式協会の加盟店であるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

主要メーカーの特徴も比較して選ぼう

機能性やデザインだけで絞り込めないときは、メジャーなメーカーから選ぶのもひとつの方法です。長年の実績と信頼があるメーカーから選べば、より良質の商品を手に入れることができるでしょう。

高品質の警棒を扱う国内メーカー「ノーベル工業」「TMM」

高品質の警棒を扱う国内メーカー「ノーベル工業」「TMM」

警棒を扱う国内メーカーの中では「ノーベル工業」と「TMM」が有名です。ノーベル工業は、警察なども使用している「特殊警棒」を国内で唯一生産・販売しており、品質の高さはトップクラス。TMMは、国内唯一の業務用護身用品専業メーカーで、JSDPA認定品だけを扱っています。


ノーベル工業の警棒は、現時点で一般向けには販売されていないため入手は難しいですが、「TMM」なら信頼できる護身用品を、コスパよく手に入れることができるでしょう。

アメリカ警察・FBI御用達!「ASP」

アメリカ警察・FBI御用達!「ASP」

アメリカの警察やFBIで採用されている護身用具を製造・販売しているのが「ASP」。「4140カスタムスティール合金」と呼ばれる、耐久性に優れた素材を採用しているのが大きな特徴です。


さまざまな種類やサイズの警棒を製造していることから、用途にあわせて細かく種類を使い分けたい方におすすめです。

オートロックの縮小警棒が人気「モナドノック」

オートロックの縮小警棒が人気「モナドノック」

ASP同様、アメリカの民間警備会社などで広く使用されているのが「モナドロック」。ASP警棒との違いは、延長された位置でのロックが可能な「オートロック機能」が搭載されていることです。


従来の警棒のように、伸ばす際に大振りすることなく、両手で素早く引き伸ばせるため狭い場所での取り扱いが簡単。警棒のスタイルにこだわりがある方、室内など狭い場所での使用が想定される場合におすすめです。

警棒のおすすめ人気ランキング10選

人気の警棒をランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月11日時点)をもとにして順位付けしました。

10位
種類スタンダードタイプ
素材天然木
重量-
ストラップ
付属オプション
公式協会認定品-
9位
種類伸縮タイプ
素材スチール
重量約330g
ストラップ
付属オプション
公式協会認定品-
8位
種類伸縮タイプ
素材ステンレス
重量-
ストラップ
付属オプション
公式協会認定品-
7位
種類伸縮タイプ
素材-
重量-
ストラップ
付属オプション
公式協会認定品-
6位
種類スタンダードタイプ
素材アルミニウム合金
重量480g
ストラップ
付属オプション有(LEDライト)
公式協会認定品-
5位
種類伸縮タイプ
素材アルミニウム合金
重量485g
ストラップ
付属オプション有(LEDライト)
公式協会認定品-
4位
種類スタンダードタイプ
素材木製
重量-
ストラップ
付属オプション
公式協会認定品-
3位
種類スタンダードタイプ
素材-
重量約520g
ストラップ
付属オプション
公式協会認定品-
2位

ファミリー・ライフ日本製三段式警棒

57532

6,876円

種類伸縮タイプ
素材スチール
重量約330g
ストラップ
付属オプション
公式協会認定品-
1位
種類伸縮タイプ
素材アルミニウム合金
重量約340g
ストラップ
付属オプション有(LEDライト)
公式協会認定品-

人気警棒の比較一覧表

商品画像
1
警棒 デジタルランド LEDライト付き警棒  1枚目

デジタルランド

2
警棒 ファミリー・ライフ 日本製三段式警棒 1枚目

ファミリー・ライフ

3
警棒 工具ダイレクト 護身用警棒 1枚目

工具ダイレクト

4
警棒 リブレ 護身用 警棒 防犯板セット 1枚目

リブレ

5
警棒 LRFED 警棒型LEDライト 1枚目

LRFED

6
警棒 HSQUARE LEDライト 防災 防犯 警棒 1枚目

HSQUARE

7
警棒 XJSW 緊急スティック3 1枚目

XJSW

8
警棒 Keluck 伸縮防衛スティック 1枚目

Keluck

9
警棒 角利産業 警棒 1枚目

角利産業

10
警棒 シナジー 護身用 用心棒 ロング 1枚目

シナジー

商品名

LEDライト付き警棒

日本製三段式警棒

護身用警棒

護身用 警棒 防犯板セット

警棒型LEDライト

LEDライト 防災 防犯 警棒

緊急スティック3

伸縮防衛スティック

警棒

護身用 用心棒 ロング

特徴防犯・災害・護身など、あらゆるシーンで役立つ一本日本製の伸縮タイプ警棒。扱いやすくて便利ハンドル付きで握りやすい!奪われにくさもアップ自宅に1つあると安心の、警棒&盾のセット強力なLEDライト付き!コンパクトで汎用性の高いアイテム防水設計でしかもライト付き。災害時にも頼れる一本振るだけで伸びるから、いざというときも素早く使えるペン型で携帯しやすいスリムなタイプ滑りにくいスポンジゴムグリップでしっかり握れるくっつけて保管できる便利なマグネット付き
最安値
3,980
送料別
詳細を見る
要確認
2,000
送料要確認
詳細を見る
3,800
送料要確認
詳細を見る
2,380
送料別
詳細を見る
2,380
送料無料
詳細を見る
3,699
送料無料
詳細を見る
3,077
送料無料
詳細を見る
4,741
送料要確認
詳細を見る
1,585
送料別
詳細を見る
種類伸縮タイプ伸縮タイプスタンダードタイプスタンダードタイプ伸縮タイプスタンダードタイプ伸縮タイプ伸縮タイプ伸縮タイプスタンダードタイプ
素材アルミニウム合金スチール-木製アルミニウム合金アルミニウム合金-ステンレススチール天然木
重量約340g約330g約520g-485g480g--約330g-
ストラップ
付属オプション有(LEDライト)有(LEDライト)有(LEDライト)
公式協会認定品----------
商品リンク

警棒を所持するのは合法?護身・防犯目的ならOK

警棒を所持するのは合法?護身・防犯目的ならOK

警棒を護身用として持ち歩きたい方の中には、一般人が普通に持ち歩いてもいいの?と、心配に感じている方もいるのではないでしょうか。


結論からいうと、外国製の伸縮式タイプを含むすべての警棒は、護身や防犯目的で一般人の購入・所持も可能であり合法です。ただし、持ち歩くことにより、軽犯罪法違反や凶器準備集合罪の疑いが生じた場合は、警察への提出を求められたり、警察官の判断によっては現行犯として拘束されるリスクが伴うことは覚えておかなければなりません。


護身用として携帯する場合は、誤解を招くような行為や、不審な行為により職務質問などを受けることのないよう、より注意して行動することが重要です。なお、自宅や会社などに保管しておく分には、全く問題ありません

警棒より手軽に持ち歩ける「護身棒」もおすすめ

護身・防犯対策として警棒を持ち歩くのは少し不安…という方は、「護身棒」をチェックしてみましょう。警棒よりもコンパクトで持ち歩きにも便利。力の弱い女性でも、相手のツボを突いて身を守ることができますよ。ぜひ以下の記事もチェックして、使いやすいアイテムを手に入れてくださいね。

まとめ

いざという時に身を守るのに役立つ警棒は、自宅や職場にひとつあるとより安心です。最近では、持ち歩き用に最適な軽量&小型なタイプもより多く販売されているため、夜道を歩く際に不安な方などにもおすすめですよ。とっさの事態に瞬時に対応できるよう、使い方もしっかり把握しておきましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す