1. TOP
  2. >
  3. DIY・工具
  4. >
  5. 工具
  6. >
  7. 高速切断機のおすすめ人気ランキング10選【マキタ・リョービ・HiKOKI製も】
  • 高速切断機のおすすめ人気ランキング10選【マキタ・リョービ・HiKOKI製も】のアイキャッチ画像1枚目
  • 高速切断機のおすすめ人気ランキング10選【マキタ・リョービ・HiKOKI製も】のアイキャッチ画像2枚目
  • 高速切断機のおすすめ人気ランキング10選【マキタ・リョービ・HiKOKI製も】のアイキャッチ画像3枚目
  • 高速切断機のおすすめ人気ランキング10選【マキタ・リョービ・HiKOKI製も】のアイキャッチ画像4枚目
  • 高速切断機のおすすめ人気ランキング10選【マキタ・リョービ・HiKOKI製も】のアイキャッチ画像5枚目

高速切断機のおすすめ人気ランキング10選【マキタ・リョービ・HiKOKI製も】

金属製の丸パイプや丸棒などを切断するなら、高速切断機が便利です。チップソーより刃の交換等の手間がかかりにくく、固定式で振動が手に伝わりにくく、長時間の作業でも腕に負担が掛かりづらいのは嬉しいポイント。一台あるとDIYの幅が広がりますが、どれを選ぶかは悩ましいところですね。


今回は、そんな高速切断機の特集です。高速切断機の選び方解説に加え、人気商品もランキング形式でご紹介していますよ。おすすめが多数登場するので、要チェック!気持ちよく切れる高速切断機を導入して、作業効率をアップさせてくださいね。

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 8,758  views
目次

高速切断機とチップソー切断機の違いとは?

高速切断機とチップソー切断機の違いとは?

高速切断機と似たような電動工具にチップソーがあり、迷う方も多いようですが、高速切断機が切断用の砥石を回転させて対象を切断するのに対し、チップソーは丸ノコ刃を用いて切断を行う点が大きく異なります。


高速切断機に比べ、粉塵を抑えて素早く切断できるチップソーですが、チップソーの刃は磨耗しやすいのがデメリット。逆に高速切断機の砥石は磨耗しにくいため、より多くの対象を切断できるのが特徴です。


どちらも高い精度で金属製のパイプや棒などを切断できますが、刃の交換の手間やコストパフォーマンスも考えるなら、高速切断機がおすすめですよ。

高速切断機の選び方

まずは、高速切断機の選び方をご紹介します。ポイントを踏まえれば、ぴったり合う高速切断機が見つかりますよ!

切断能力は3つのポイントをチェック!

高速切断機を選ぶ際にまず気になる切断能力は、以下の3つのポイントによって決まります。早速みていきましょう。

取り付けられる「砥石サイズ」を確認しよう

取り付けられる「砥石サイズ」を確認しよう

業務用に405mmの大型モデルもありますが、主に家庭向けの高速切断機に取り付けが可能な砥石は、355mmと305mmの2サイズ。機種によってどちらを取り付けられるかが決まっているため、用途に合わせて選ぶ必要があります。


まず、355mmの砥石については、丸パイプや丸棒を1本ずつ切断するという用途に向いたもの。切断できる厚さは、直径120mmまでとなっています。


一方の305mmは切断抵抗が小さいため、木材を数本まとめて切断するといった場合向け。切断できる厚みは一般的に直径90mmまでとなります。ただ、中には305mmの砥石で直径100mmまで切断できるモデルもあるので、欠かさずチェックしておきましょう。

「パワー」は消費電力の多さで判断しよう

「パワー」は消費電力の多さで判断しよう

当然のことではありますが、できるだけ素早く切断したいなら、パワーがあるモデルを選びましょう。


出力については通常、定格出力の項目で判別しますが、定格出力の記載がない場合は、できるだけ消費電力が多いモデルを選ぶのがおすすめ。消費電力は出力と損失分を合わせた数値なので、大きいほど高出力と判断できるからです。

「回転数」が高いほどキレイに切断できる

「回転数」が高いほどキレイに切断できる

高速切断機の砥石については、回転が多いほどより対象に多く接触するため、キレイに切れるようになります。


回転数については、例えば3000min-1と書いてあれば、1分間で3000回転するという意味。目安として3800min-1前後あれば十分ですが、よりキレイに切りたいなら、4000min-1以上の物を選びましょう。

挟めるものの幅が決まる!バイスの開きも要チェック

挟めるものの幅が決まる!バイスの開きも要チェック

バイスとは、切断したいものを固定する部分のこと。バイスの開きによって切断できるものの幅が決まるので、こちらのチェックも大切です。


バイスの開きの具体的な目安は、鉄板などを切りたいなら200mm以上あるタイプがおすすめ。逆に丸パイプや丸棒のように、あまり幅がないものであれば200mm以下で構いません。


バイスについては右利き用がほとんどですが、一部の業務モデルにバイスの位置を選べるタイプもあります。左利きの方は、こちらもチェックしてみると良さそうですね。

切断角度についても確認しておこう

切断角度についても確認しておこう

バイスを斜めに固定し、角度を付けて切断できる角度切り機能。こちらはほとんどのモデルに搭載されており、家庭向けは45°まで設定できるものが多くなっています。


ただし、ものによっては右45°だけれど、左は30°といったように違いがあるモデルもあります。細かく角度をつけて切断することも考えているなら、切断角度についてもしっかり確認しておきましょう。

メーカーによる特徴もチェックしておこう

どのメーカーも品質が高く、スペックがほぼ同じ高速切断機が増えています。その場合は、メーカーで選ぶのも手ですよ。

サポートが受けやすい「マキタ」

サポートが受けやすい「マキタ」

出典:amazon.co.jp

DIYをする方なら、一度は聞いたことがある大手工具メーカー。家庭向け・プロ向けの電動工具を販売していて、どれも高品質なので高速切断機でも期待できますね。マキタならではの特徴として、全国に19の支店と115の営業所があるため、何かあった時のサポートが得られやすいという強みがあります。


修理費も他メーカーと比べると安く済む場合が多いので、長く使いたい方にぴったりのメーカーですよ。

プロ用工具で信頼性が高い「リョービ」

プロ用工具で信頼性が高い「リョービ」

出典:amazon.co.jp

マキタと同様に多くの方々に知られている、大手の電動工具メーカーです。家庭向け・プロ向けを製造販売していて、プロからも高評価を得ています。

リョービの高速切断機はパワーがあり、切断能力が高いのが特徴。また、砥石サイズに合わせて複数のモデルが販売されているので、適したスペックの商品を選びやすいのもポイントです。

使いやすい仕組みが特徴の「HiKOKI(旧:日立工機)」

使いやすい仕組みが特徴の「HiKOKI(旧:日立工機)」

出典:amazon.co.jp

2018年からブランド名を変更したHiKOKIは使いやすいように、他のメーカーにはあまり搭載されていない機能を取り入れているのが特徴的。


高速切断機では、少し大きめの丸パイプも固定しやすくするよう、バイスを大型化したりアンダーカバーで砥石が床面と接触しない工夫がされているなど、細やかな配慮が随所に見られますよ。

高速切断機の人気ランキング10選

それでは、人気の高速切断機をご紹介します。色々なメーカーから販売されているので、選び方を参考にぴったり合うモデルを見つけましょう!
10位
対応砥石サイズ305mm
切断能力丸パイプφ100mm
消費電力1400W
回転数3600min-1
バイスの開き幅-
切断角度45°
サイズ-
9位
対応砥石サイズ355mm
切断能力丸材φ115mm
消費電力1440W
回転数3800min-1
バイスの開き幅-
切断角度45°
サイズ-
8位
対応砥石サイズ305mm
切断能力-
消費電力1450W
回転数3800min-1
バイスの開き幅-
切断角度45°
サイズ-
7位
対応砥石サイズ305mm
切断能力丸パイプφ90mm
消費電力1400W
回転数4400min-1
バイスの開き幅0~160mm(1段目)・30~195mm(2段目)
切断角度右45°・左30°
サイズ58×27×62cm(幅×奥行き×高さ)
6位
対応砥石サイズ305mm
切断能力丸パイプφ90mm
消費電力1400W
回転数3800min-1
バイスの開き幅235mm
切断角度45°
サイズ58×34.5×44cm(幅×奥行き×高さ)
5位
対応砥石サイズ355mm
切断能力-
消費電力1400W
回転数3600min-1
バイスの開き幅220mm
切断角度45°
サイズ56×14.5×30cm(幅×奥行き×高さ)
4位
対応砥石サイズ355mm
切断能力-
消費電力1450W
回転数3600min-1
バイスの開き幅200mm
切断角度右45°・左30°
サイズ-
3位
対応砥石サイズ355mm
切断能力丸パイプφ120mm
消費電力1450W
回転数3550min-1
バイスの開き幅-
切断角度45°
サイズ58.6×29×65.8cm(幅×奥行き×高さ)
2位
対応砥石サイズ355mm
切断能力丸パイプφ127mm
消費電力1430W
回転数3800min-1
バイスの開き幅-
角度切り左右45°
サイズ50×29×62cm(幅×奥行き×高さ)
1位
対応砥石サイズ355mm
切断能力丸パイプφ120mm
消費電力1450W
回転数3800min-1
バイスの開き幅235mm
切断角度-
サイズ59×30×64cm(幅×奥行き×高さ)

人気高速切断機の比較一覧表

商品画像
1
高速切断機 工機ホールディングス 高速切断機  1枚目

工機ホールディングス

2
高速切断機 マキタ 切断機 1枚目

マキタ

3
高速切断機 京セラインダストリアルツールズ 高速切断機 1枚目

京セラインダストリアルツールズ

4
高速切断機 三共コーポレーション 高速切断機 1枚目

三共コーポレーション

5
高速切断機 レヂトン 金のカッター 高速切断機 1枚目

レヂトン

6
高速切断機 新興製作所 高速切断機 1枚目

新興製作所

7
高速切断機 高儀 EARTH MAN 高速切断機 1枚目

高儀

8
高速切断機 新潟精機 AXPRO 高速切断機 1枚目

新潟精機

9
高速切断機 サンコーミタチ 高速切断機 1枚目

サンコーミタチ

10
高速切断機 やまびこ 新ダイワ ライトカッター 1枚目

やまびこ

商品名

高速切断機

切断機

高速切断機

高速切断機

金のカッター 高速切断機

高速切断機

EARTH MAN 高速切断機

AXPRO 高速切断機

高速切断機

新ダイワ ライトカッター

特徴作業者に配慮した作りで作業効率アップ!ガイドプレート付きで高精度の切断が可能に!ストッパボルトで切り込み深さの調整ができるコスパが良く評判!ハイパワーの高速切断機金の卵355を最大限に活かせる高速切断機幅のある材料もしっかり固定!4400min-1の高回転数でキレイに切断できる高出力で作業効率アップに貢献できる!スピンドルロック機能で砥石の交換が簡単にできる直径100mmの丸パイプを切断できる305mm搭載モデル
最安値
17,000
送料無料
詳細を見る
21,503
送料要確認
詳細を見る
20,568
送料無料
詳細を見る
11,480
送料無料
詳細を見る
16,093
送料別
詳細を見る
12,661
送料無料
詳細を見る
13,138
送料要確認
詳細を見る
12,741
送料別
詳細を見る
23,264
送料無料
詳細を見る
22,900
送料別
詳細を見る
対応砥石サイズ355mm355mm355mm355mm355mm305mm305mm305mm355mm305mm
切断能力丸パイプφ120mm丸パイプφ127mm丸パイプφ120mm--丸パイプφ90mm丸パイプφ90mm-丸材φ115mm丸パイプφ100mm
消費電力1450W1430W1450W1450W1400W1400W1400W1450W1440W1400W
回転数3800min-13800min-13550min-13600min-13600min-13800min-14400min-13800min-13800min-13600min-1
バイスの開き幅235mm--200mm220mm235mm0~160mm(1段目)・30~195mm(2段目)---
切断角度-左右45°45°右45°・左30°45°45°右45°・左30°45°45°45°
サイズ59×30×64cm(幅×奥行き×高さ)50×29×62cm(幅×奥行き×高さ)58.6×29×65.8cm(幅×奥行き×高さ)-56×14.5×30cm(幅×奥行き×高さ)58×34.5×44cm(幅×奥行き×高さ)58×27×62cm(幅×奥行き×高さ)---
商品リンク

高速切断機を安全に使うために

高速切断機を安全に使うために

鉄板なども切断できる高速切断機は、重大な事故も起きている電動工具。安全に使うため、使う際に必要な道具や注意点もしっかり押さえておく必要があります。


まず大切なのは、使用する際に必ず保護用のゴーグルやメガネを装着すること。チップソーなど刃物が回転する電動工具と違い、高速切断機は割れた砥石の破片が飛んで来ることもありますから、ゴーグル等は必須です。


同じく破片からガードする役目があるため、高速切断機側の安全カバーを装着しておくこともお忘れなく。砥石は必要以上に押し付けると割れる原因となるので、切断の際は軽く当てるようにするのが大切ですよ。

高速切断機 トラスコ中山 セーフティゴーグル ワイドビュータイプ 1枚目
出典:amazon.co.jp

トラスコ中山セーフティゴーグル ワイドビュータイプ

TSG22BK

659円 (税込)

まとめ

ご紹介したように、最近では家庭向けの高速切断機も増えて導入しやすくなりました。注意事項をよく守って使う必要はありますが、あれば作れるものの幅も広がります。ぜひ高速切断機を導入して、よりDIYを楽しんでくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す