1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. トースター
  6. >
  7. 【徹底比較】ポップアップトースターのおすすめ人気ランキング19選
【徹底比較】ポップアップトースターのおすすめ人気ランキング19選

【徹底比較】ポップアップトースターのおすすめ人気ランキング19選

朝食はごはんよりもパン派!という方におすすめなのが「ポップアップトースター」。商品によっては、4枚切りの厚いパンが焼けるもの、クロワッサンやベーグルが温められるものなど機能はさまざま。デロンギ・T-fal(ティファール)・ツインバードなど、おしゃれで機能性の高い商品が多く、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のポップアップトースター18商品を比較して、最もおすすめのポップアップトースターを決定したいと思います。


比較検証は以下の2点について行いました。

  1. 焼きあがりのクオリティ
  2. 使い勝手

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ポップアップトースターの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年07月01日更新
  • 45,169 views

検証のポイント

売れ筋のポップアップトースター18商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 焼きあがりのクオリティ

    検証① 焼きあがりのクオリティ

    まずはじめに、焼きあがったトーストのクオリティを評価しました。パンを焼く前後で水分量を測定し、見た目のムラ・香り・食感を総合的に判断してランキングを作成しています。美味しさの評価は、パン・料理研究家の荻山和也さんに協力してもらいました。<パン・料理研究家 荻山和也さん>パン作りレッスンからレシピ本の出版まで、多岐にわたる活動を精力的に行っている。粉からのパン作りに魅せられ、パン研究家の第一人者である、竹野豊子氏に師事。ヨーロッパを中心に製パン学校への留学を多数経験し、現地で習得したパン作りの技術をもとに、家庭でも作りやすいレシピにアレンジ。主催する教室や、著書にて発表し好評を得ている。ホームベーカーリーを使ったレシピでは、今までにない絶妙な配合で特に人気が高い。著書に、『荻山和也のパン作りの教科書』(日東書院刊)、『ホームベーカリーでプレミアム食パン』(枻出版刊)他多数。荻山和也のホームページ http://www.ogiyama-pan.comインスタグラム https://www.instagram.com/kazuyaogiyama

  • 使い勝手

    検証② 使い勝手

    続いて、使い勝手のよさを検証しました。ダイヤルメモリの合わせやすさや微調整のしやすさ、パンくずトレーの形状に注目して採点を行っています。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ポップアップトースターの選び方

    ポップアップトースターの選び方

    ポップアップトースターを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。今回は、家電アドバイザーのたろっささんから、ポップアップトースターの選び方についてアドバイスを得ました。


    <家電販売員・アドバイザー たろっささん>

    20歳のときにメーカーヘルパーとして家電量販店を経験し、家電の世界へ飛び込む。元から接客と家電に興味があり、昔からの趣味のPCの知識を活かしながら勉強の日々を過ごし、2年で年商2億円を突破。5年目で3億円を経験し、「法人ナンバーワン販売員」として表彰を経験。 

    ① 温度調節機能があると好みの焼き色に!

    温度調節機能があると好みの焼き色に!

    オーブントースターのように細かい指定はできないものの、焼き色などの温度調節ができる機能を搭載しているポップアップトースターがあります。


    「こんがり目が好き」「うっすらときつね色にしたい」など、パンの焼き加減の好みは人それぞれ。特に家族みんなで使用する方は、それぞれの好みに合わせた焼き加減が設定できる商品を選びましょう

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    トースターの焼き目をこんがりつけたい、もしくはあまり焼きすぎず目玉焼きなどを載せたいなど、気分に応じて温度を調節できる機能が付いていると利便性が高くなります。日により、違った状態でパンを仕上げたい場合は必須の機能です。

    ② その他の付属機能もチェック

    ひとくちにポップアップトースターといっても、商品によって兼ね備えている機能はさまざま。以下では、代表的な便利機能をご紹介します。

    冷凍パンモードで凍ったパンもおいしく

    冷凍パンモードで凍ったパンもおいしく

    あるとかなり便利なのが、冷凍パンモード。実は、食パンは常温で保存するよりも密閉して冷凍保存するほうがおいしさを保つことができます


    そこで冷凍パンモードがあれば、凍ったままのパンをそのまま入れてもトースターをおいしく焼きあげること可能に。自宅のホームベーカリーやオーブンで食パンを焼いても、なかなか食べきれない…という方にもおすすめですよ。

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    1人暮らしや2人暮らしなどで食パンを一斤購入しても消費期限までに食べきれない、ファミリーで安いときにまとめ買いしたけど保存が…という生活では、パンを冷凍しておくということが多いです。


    そういった際には、冷凍パンを解凍せずにそのまま焼くことが出来るかどうかをチェックしましょう。ボタンひとつ押すだけで冷凍パンモードをONにできるものが簡単で便利です。

    リフト機能があるとクロワッサンやベーグルも加熱できる

    リフト機能があるとクロワッサンやベーグルも加熱できる

    スロット(パンを入れる部分)の上にラックを設置して、クロワッサン・ロールパンなどがリベイクできる「パンウォーマー」が搭載されているかもチェックしてみましょう。こちらの機能は、購入して時間が経ってしまったパンを温め直すときにとても便利です。


    ただし、火力がどの程度なのか、使用の期待に応えてくれるくらいの火力があるかどうかというのを確認しておくことをおすすめします。

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    そこまで数は多くありませんが、パンを挿入するスロット部分の高さを調節してトースターの上にラックを乗せ、あたためを行えるモデルもあります。


    トースターに入らない大きさのパンやそれ以外のもののあたために使用はできるものの、ヒーターの余熱であたためているだけなのでそこまで強力ではありません。ついていれば嬉しいですが、思ったような火力が出ないこともあるので、消費電力は合わせてチェックしておきましょう


    また、しっかりとトースト以外のパンを温めたい場合は通常のオーブントースターもチェックしてみてください。

    ③ 食べたいパンの厚みに対応できるか確認

    食べたいパンの厚みに対応できるか確認

    ポップアップトースターを選ぶうえで、焼けるパンの厚さは重要です。食パンは10枚切り~4枚切りと、さまざまな厚さのタイプが販売されています。とくに、分厚いトーストが好きな方は、どの厚さのパンまで対応しているかは必ずチェックしましょう。


    ただ、厚い食パンが焼けるトースターは商品の幅も大きくなるので、置き場所との兼ね合いも考えてチェックするのが良いですね。また、厚いパンを焼くときは熱源との距離が近くなることも記載。

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    パンの厚さには好みがあります。6枚切りの薄いものが好きな方もいれば4枚切りの厚いものが好きな方もいますよね。しかしながら、「厚いものが焼ける=本体も大きく」なります。実際の寸法を確認しながら選んでくださいね。

    ④ スロットカバーやパンくずトレーがついていると衛生的

    スロットカバーやパンくずトレーがついていると衛生的

    毎日のように使用することが多いポップアップトースターなので、机の上やキッチン周りに出しっぱなしにしておく方も多いと思います。そんな方におすすめなのが、スロットカバーが付いたタイプの商品です。


    出しっぱなしにしている分、ホコリなど汚れも入りやすくなりがち。布でカバーするというのもひとつの手ですが、使用後すぐに布をかけるのは発火の原因になりかねません。


    また、パンくずトレーがついている商品は掃除が簡単にできるので、こちらもチェックしてみてくださいね

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    ポップアップトースターのスロットは上に向かって付いているため、ホコリが非常に気になります。そこで、ほこりよけカバー(スロットカバー)が付いたものが望ましいです。


    また、溜まったパンくずを簡単に手入れができるように、底が引き出せるモデルもお手入れのしやすさを考えた場合にはマストといえるでしょう。

    ⑤ 一度に焼ける枚数は生活パターンとサイズ感を考慮して

    一度に焼ける枚数は生活パターンとサイズ感を考慮して

    一度に焼けるパンの枚数もチェックが必要です。ほとんどの商品は2枚同時に焼けますが、なかには1枚ずつというものも。


    家族で使用するなら2枚以上焼けるものが好ましく、1人暮らしなどでは1枚だけ焼けるタイプが場所を取らないのでおすすめです。「デザインがかわいいから即決!」の前に、しっかりと設置する場所にあっているかサイズの確認をしましょう。

    たろっさ
    家電販売員/アドバイザー
    たろっささんのコメント

    2枚焼くことが出来る上に食パンの厚切り対応、更にリフト機能も…なんてことになってくると、本体もそれなりに大きくなってくるため、食卓に設置するのが大変になる場合も。これを防ぐために、サイズはしっかり確認しておきましょう。


    また、目に付く場所に置くことも多いので、機能性だけを考えて部屋とのインテリアの調和を考えないと浮く存在にもなりかねません。ポップアップトースターというだけでやはり目を引くものになりますから、インテリアとしても置く場所はしっかりと考えましょう。

    売れ筋の人気ポップアップトースター全18商品を徹底比較!

    ポップアップトースターの検証

    今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のポップアップトースター商品をすべて集め、どれが最もおすすめのポップアップトースターなのかを検証しました。


    選び方のポイントをふまえ、検証項目は以下の2点としました。

    検証①:焼きあがりのクオリティ

    検証②:使い勝手のよさ


    なお今回の検証では、ポップアップトースターを選ぶうえで重要な「焼きあがりのクオリティ」の評価を重視してランキングを作成しています。


    ※ランキング作成日:2020年6月20日

    今回検証した商品

    1. 大石アンドアソシエイツ|ラッセルホブス ポップアップ式 ターボトースター
    2. デロンギ・ジャパン|トゥルー ポップアップトースター
    3. 大石アンドアソシエイツ|ラッセルホブス クラシックトースター
    4. ツヴィリング|エンフィニジー ポップアップ トースター
    5. YAMAZEN|ステンレス ポップアップトースター
    6. デロンギ・ジャパン|アクティブ シリーズ ポップアップトースター
    7. 無印良品|ポップアップトースター
    8. ニトリ|ポップアップトースター
    9. グループセブジャパン|T-fal(ティファール) ウルトラミニ ソリッド
    10. デロンギ・ジャパン|アイコナ・コレクション ポップアップトースター
    11. KOIZUMI(コイズミ)|ポップアップトースター
    12. ツインバード工業|スリムポップアップトースター
    13. プラスマイナスゼロ|ポップアップトースター1枚焼き
    14. テスコム|トースター
    15. スマイル|焼き目の見えるポップアップトーター
    16. ROOMMATE|ポップアップトースター
    17. 新津興器(ホームスワン)|ポップアップトースター
    18. YAMAZEN|ポップアップトースター

    検証① 焼きあがりのクオリティ

    焼きあがりのクオリティ

    まずはじめに、焼きあがったトーストのクオリティを評価しました。パンを焼く前後で水分量を測定し、見た目のムラ・香り・食感を総合的に判断してランキングを作成しています。美味しさの評価は、パン・料理研究家の荻山和也さんに協力してもらいました。


    <パン・料理研究家 荻山和也さん>

    パン作りレッスンからレシピ本の出版まで、多岐にわたる活動を精力的に行っている。粉からのパン作りに魅せられ、パン研究家の第一人者である、竹野豊子氏に師事。ヨーロッパを中心に製パン学校への留学を多数経験し、現地で習得したパン作りの技術をもとに、家庭でも作りやすいレシピにアレンジ。主催する教室や、著書にて発表し好評を得ている。ホームベーカーリーを使ったレシピでは、今までにない絶妙な配合で特に人気が高い。著書に、『荻山和也のパン作りの教科書』(日東書院刊)、『ホームベーカリーでプレミアム食パン』(枻出版刊)他多数。

    荻山和也のホームページ http://www.ogiyama-pan.com
    インスタグラム https://www.instagram.com/kazuyaogiyama

    【検証結果ハイライト】時短焼きのラッセルホブスが優秀!水分蒸発量+焼きムラの少なさが美味しさのカギ

    【検証結果ハイライト】時短焼きのラッセルホブスが優秀!水分蒸発量+焼きムラの少なさが美味しさのカギ

    検証の結果、ラッセルホブスの「トースター ポップアップ式 ターボトースター」と、デロンギの「トゥルー ポップアップトースター」が、焼きムラのなさ・食感ともに優秀な結果を残しました。


    なかでもラッセルホブスの「トースター ポップアップ式 ターボトースター」は、1分35秒と高速調理を記録。水分蒸発量も3gと検証したなかでは一番少なく、外のサクッとした食感に反し、中身は水分を保持していることが感じられました。


    一方で今回検証した商品のなかには、レバーを引いてもパンが最後まで入りきらず、焼く前からムラができることがわかってしまうものも。焼けていない部分はもちろん食感や香ばしさに欠け、全体の評価を落とす結果となりました。



    荻山和也
    パン・料理研究家
    荻山和也さんのコメント

    サクサクが好き、フワッとしたトーストが好きという好みはもちろん人それぞれですが、ラッセルホブスの「トースター ポップアップ式 ターボトースター」で焼いたトーストには驚きです。


    表面はサッと高速で焼いているためか、中身が水分を保持していました。もっちりとしたトーストが好みの方であれば、ぜひ食べてみてほしい焼きあがりでした。

    検証② 使い勝手

    使い勝手

    続いて、使い勝手のよさを検証しました。ダイヤルメモリの合わせやすさや微調整のしやすさ、パンくずトレーの形状に注目して採点を行っています。

    【検証結果ハイライト】操作自体はどれもシンプル。パンくずを掃除をしやすいのはスライド式

    【検証結果ハイライト】操作自体はどれもシンプル。パンくずを掃除をしやすいのはスライド式

    まず、ポップアップトースターの操作はどれもシンプルなものばかり。そのなかでも使い勝手に大きく影響したのは、パンくずトレーの形状です。


    スライド式とカバー開閉式がありますが、カバーを開閉させるものは本体を持ち上げたり倒したりしないと掃除ができず、不便に感じました。


    こまめに本体の掃除をしたい、衛生的に使用したいという方は、スライド式のパンくずトレーがついている商品をチェックしてくださいね。

    No.1
    ベストバイ・ポップアップトースター
    焼き上がりのクオリティNo.1
    使い勝手のよさNo.1

    大石アンドアソシエイツラッセルホブス ポップアップ式 ターボトースター

    9,055円(税込)

    総合評価

    4.50
    • 焼きあがりのクオリティ: 4.5
    • 使い勝手のよさ: 4.5

    もっちり・サクッとした食感で、ハイレベルな焼きあがり

    「ラッセルホブス ポップアップ式 ターボトースター」は、1分30秒でトーストを調理できるという謳い文句を掲げている商品。検証でも、1分35秒で2枚のトーストを焼きあげました。


    本体のダイヤルは回しやすく小刻みに止めることができるので、細かい焼き色の調整が可能です。また、ダイヤル周りの青いライトで焼きあがりまでの残り時間が確認できる点も高評価。

    2枚同時に焼いたパンは、裏表が満遍なく均一に焼けていました。パンの耳までしっかり本体に収まったため、焼き残し部分がないのもプラス評価です。

    また、高速で焼きあげているためか水分がしっかり残っていて、スチーム式のオーブントースターで焼いたパンと同等の食感に。水分蒸発量も3gに留め、焼きあがりのクオリティも文句なしの結果となりました。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:1分35秒
    水分蒸発量:3g
    サイズW29×D19×H20cm
    重量1.8kg
    消費電力1200W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ30mmまで
    冷凍モード
    あたため機能
    温度調節機能
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.2
    無段階の焼き色調整

    デロンギ・ジャパントゥルー ポップアップトースター

    2,980円(税込)

    総合評価

    4.46
    • 焼きあがりのクオリティ: 4.5
    • 使い勝手のよさ: 4.3

    ムラがない綺麗なトーストに。焼き色は自由自在に調整

    「トゥルー ポップアップトースター」は、デロンギから販売されている商品です。操作しやすく、数字が見やすいダイヤルで使い勝手が良好

    焼きあがったトーストは耳までこんがりと色づいていて、焼きムラがほとんどありません。ただし内側に熱が強く当たっていたためか、表と裏で若干焼き加減に差が見てとれます


    一方食パン1枚だけで焼くと表と裏の焼き色の差が少なく、こちらも耳までしっかり火が通っていました。食感はカリッと感が強め。

    ただし、焼き加減は無段階で調整できるので、好みに合わせて自由自在にパンを焼くことができますよ。途中で焼き加減を確認できる機能もあるので、焦がしてしまう心配も少ないでしょう。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:2分49秒
    水分蒸発量:5g
    サイズW16.5×D31×H19cm
    重量1.5kg
    消費電力900W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード
    あたため機能
    温度調節機能
    スロットカバー
    ロック機能-
    No.3
    焼き残しなし

    大石アンドアソシエイツラッセルホブス クラシックトースター

    6,811円(税込)

    総合評価

    4.46
    • 焼きあがりのクオリティ: 4.5
    • 使い勝手のよさ: 4.3

    中のフワフワは保ったまま、外はこんがり焼けて高評価

    スタンダードな形が特徴的な、「ラッセルホブス クラシックトースター」。パン上部まで本体にしっかり収まり、焼き残し部分を出さない設計が高評価を獲得しました。


    また焼きあがりが両面とも綺麗で、2枚焼き・1枚焼きどちらもムラが少ないのが特徴。優秀だったのがトーストの食感で、外側がサクッと焼けていながら、中はもっちりフワフワに。


    ただし、つまみが小さく若干ダイヤルが回しづらかった点は気になるところ。とはいえ、トースト焼きあがりのクオリティが高いので、目を瞑れる程度の使いづらさです。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:3分33秒
    水分蒸発量:7g
    サイズW31×D16.5×H21㎝
    重量1.5kg
    消費電力950W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ30mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.4

    ツヴィリングエンフィニジー ポップアップ トースター

    10,780円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 焼きあがりのクオリティ: 4.0
    • 使い勝手のよさ: 3.5

    香ばしさとしっとり食感がマッチ。操作性はあと一歩

    ツヴィリングの「エンフィニジー ポップアップ トースター」は、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴的。パンが本体からはみ出すことなくセットできました。

    2枚焼きのトーストは裏も表もこんがり綺麗に焼けていて、香りが良好。また1枚のみで焼いても焼きムラは少なく、食感はサクッとしっとりを叶えられていました

    ダイヤルの数字が見にくい、キャンセルボタンがわかりにくいなど使い勝手にマイナスポイントはありましたが、慣れれば支障なく普段使いができるでしょう。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:3分20秒
    水分蒸発量:6g
    サイズW16.7×D31×H20.7m
    重量2.1kg
    消費電力900W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード
    あたため機能
    温度調節機能-
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.5

    YAMAZENステンレス ポップアップトースター

    2,990円(税込)

    総合評価

    3.56
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.5
    • 使い勝手のよさ: 3.8

    サクサクした食感はよいものの、若干の焼きムラはあり

    「ステンレスポップアップトースター」は、YAMAZENが販売している商品。ダイヤルは少し重めですが、本体に安定感があります。

    焼きあがったトーストは若干ムラがあるものの、全体をしっかり加熱できている印象。1枚で焼いたほうも内側に当たっていた部分が濃く焼けていますが、焦げてはおらず、カリッとした食感を生み出しています。

    しっとりした歯触りはありませんが、サクサクのトーストが好きであれば、すすめられます


    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:2分50秒
    水分蒸発量:6g
    サイズW29×D17×H19.5cm
    重量1.5kg
    消費電力850W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ30mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.6

    デロンギ・ジャパンアクティブ シリーズ ポップアップトースター

    3,920円(税込)

    総合評価

    3.36
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.2
    • 使い勝手のよさ: 4.0

    使い勝手は良好だったが、表と裏の焼き加減に差が出た

    デロンギの「アクティブ シリーズ ポップアップトースター」は、スライド式で焼き色を調整できるタイプで、使い勝手は良好です。

    焼きあがったトーストは香ばしく、カリッとした食感。パンをセットしたときにはみ出しはありませんが、上部に熱が当たっていなかったためマイナス評価となりました。

    また、トースター本体の内側に当たる部分が強めに焼ける傾向があります。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:2分47秒
    水分蒸発量:5g
    サイズW18.5×D30.5×H22cm
    重量1.45kg
    消費電力800W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー
    ロック機能-
    No.7

    無印良品ポップアップトースター

    3,990円

    総合評価

    3.34
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.1
    • 使い勝手のよさ: 4.3

    焼きあがりは悪くないものの、本体が軽く安定感に欠ける

    無印良品が販売している「ポップアップトースター」は、マットな質感と丸みのある優しいフォルムが特徴的。

    比較的焼きムラは少なく、上部までしっかり焼けています。また食感は外も中もサクッとしていて、特に悪い点はありませんでした。

    ただし、本体が軽く安定感に欠けること、ダイヤルのあそびが多い点が使い勝手の評価を落としてしまいました。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:2分30秒
    水分蒸発量:5g
    サイズW25×D16.5×H19.5cm
    重量1.1kg
    消費電力900W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ30mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.8

    ニトリポップアップトースター

    2,085円

    総合評価

    3.34
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.1
    • 使い勝手のよさ: 4.3

    熱が当たらない箇所が多く、ムラが目立つ焼きあがりに

    ニトリの「ポップアップトースター」は、出来上がりまでの時間は比較的早めだったものの、トーストの焼きが甘くマイナス評価。商品外側に当たる部分は上部が焼けず、内側に当たる部分は下部が焼けていませんでした。


    また、表・裏面ともに焼きムラが目立つのもネック。焼けている部分はサクッとした食感になりますが、しっかり焼き色をつけたいときは、設定を最大にしておく必要があるでしょう。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:2分20秒
    水分蒸発量:6g
    サイズW16×D26×H20cm
    重量1.3kg
    消費電力850W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ28mmまで
    冷凍モード
    あたため機能
    温度調節機能
    スロットカバー
    ロック機能-
    No.9

    グループセブジャパンT-fal(ティファール) ウルトラミニ ソリッド

    4,280円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 4.5

    片面はよく焼け、もう一方は焼き不足。食感にも差が出た

    グループセブジャパンの「T-fal(ティファール) ウルトラミニ ソリッド」は、コンパクトで操作がシンプル。パンをセットした際に若干はみ出しがあったものの、表は熱が通っていない部分はほぼありません。

    しかし裏面の焼き加減が不十分で、食感にも影響しました。水分蒸発量は3gと少ないですが、水分を保持しているというよりは焼ききれていない印象です。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:1分40秒
    水分蒸発量:3g
    サイズW22.6×D16.8×H18.8cm
    重量1.3kg
    消費電力920W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ15mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー
    ロック機能-
    No.10

    デロンギ・ジャパンアイコナ・コレクション ポップアップトースター

    13,026円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 4.5

    熱が当たる部分に偏りあり。ムラが多いトーストになる

    「アイコナ・コレクション ポップアップトースター」は、鮮やかな水色が特徴的。焼き色調整部分が見やすく、操作も簡単です。

    2枚で焼いたトーストは端があまり焼けていなかったため、マイナス評価となりました。食感のパサつきは見た目ほどなかったものの、内側に当たる部分に焼き色が強くついてしまうこともあります

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:3分10秒
    水分蒸発量:7g
    サイズW19.5×D33×H21cm
    重量2kg
    消費電力900W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー-
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード
    あたため機能
    温度調節機能
    スロットカバー
    ロック機能-
    No.11

    KOIZUMI(コイズミ)ポップアップトースター

    2,937円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 4.5

    パンを固定する金具が緩く、焦げてしまう部分もあった

    コイズミの「ポップアップトースター」は、焼き色設定の際に穴から数字を確認するタイプ。押しやすいボタンとレバーが高評価を獲得しました。

    しかし、焼いたトーストは表と裏で焼き加減がまばら。またパンをセットする部分の金具が緩く、1枚で焼いたトーストは熱源に密着した部分が焦げてしまいました。薄切りパンが好きな方には使いにくいでしょう。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:2分26秒
    水分蒸発量:7g
    サイズW27×D15×H17cm
    重量1.1kg
    消費電力800W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.12

    ツインバード工業スリムポップアップトースター

    2,667円(税込)

    総合評価

    3.26
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.0
    • 使い勝手のよさ: 4.3

    焼ける面・焼けない面の差が目立ったためマイナス評価に

    「スリムポップアップトースター」はツインバードの商品で、スリム・縦長仕様が特徴です。

    2枚で焼いたトースト、熱源に近いほうが満遍なく焼けている反面、もう片面はムラがあり弱めの焼き色に。また、1枚で焼くと初回より色が濃くつきましたが、やはり片面の焼きが不十分な点が気になりました


    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:3分2秒
    水分蒸発量:6g
    サイズW11×D37×H21cm
    重量1.4kg
    消費電力950W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー-
    パンの厚さ30mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー
    ロック機能
    No.13

    プラスマイナスゼロポップアップトースター1枚焼き

    3,580円(税込)

    総合評価

    3.18
    • 焼きあがりのクオリティ: 3.1
    • 使い勝手のよさ: 3.5

    火力が強すぎるためか、トーストが焼けすぎる傾向あり

    片手で軽く持てる「ポップアップトースター1枚焼き」は、プラスマイナスゼロの商品。本体と数字が同系色で見にくいものの、操作自体はシンプルです。

    パンはしっかり本体に収まり、焼き残し部分はほとんど出ませんでしたが、火力が強すぎる点がネック。設定「3」でもこんがり焼けるので、焼きすぎに注意しましょう。


    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:3分21秒
    水分蒸発量:7g
    サイズW22.3×D8×H16.7m
    重量1kg
    消費電力500W
    焼ける枚数1
    パンくずトレー-
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能-
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.14

    テスコムトースター

    2,102円(税込)

    総合評価

    3.18
    • 焼きあがりのクオリティ: 2.9
    • 使い勝手のよさ: 4.3

    食パン3分の1に熱が当たらず、生のまま食べることに

    テスコムの「トースター」は、スライドで焼き色を調整するタイプ。数値が曖昧なので、ちょうどよい焼き色を見つけるのに少し時間がかかります。

    焼きあがったトーストですが、熱が当たる位置が低いためか、パンの上部は全く焼けていませんでした。焼けた部分はサクッとした食感で美味しい分、もったいない仕上がりです。


    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:2分26秒
    水分蒸発量:6g
    サイズW27.5×D17×H17.5cm
    重量1.1kg
    消費電力850W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ30mmまで
    冷凍モード
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.15

    スマイル焼き目の見えるポップアップトーター

    4,580円(税込)

    総合評価

    3.06
    • 焼きあがりのクオリティ: 2.7
    • 使い勝手のよさ: 4.5

    熱が外に逃げてしまうため、しっかり焼くには時間が必要

    本体横から焼き加減を確認できる、スマイル「焼き目の見えるポップアップトーター」。

    覗き窓があることはメリットでもありますが、その分熱がうまく伝わらず焼き色は薄め。食べてみてもほぼ焼けておらず、しっかり焼くには時間がかかってしまいそうです。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:3分3秒
    水分蒸発量:5g
    サイズW27.2×D18.6×H18.5m
    重量1.6kg
    消費電力800W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード
    あたため機能
    温度調節機能
    スロットカバー
    ロック機能-
    No.16

    ROOMMATEポップアップトースター

    2,565円(税込)

    総合評価

    2.96
    • 焼きあがりのクオリティ: 2.7
    • 使い勝手のよさ: 4.0

    片面に熱が集中していて、きれいに焼けないのがネック

    ROOMMATEの「ポップアップトースター」は、パンが本体に収まりはしたものの熱が当たる部分がとても狭く、全体の3分の1が全く焼けていません。

    また焼き色を最大に設定しても、熱が当たらない部分が目立ちました。ベーグルや冷凍パンモードがあるのは魅力ですが、時間のない朝には不向きなトースターといえます。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:2分21秒
    水分蒸発量:5g
    サイズW16.5×D18×H27.5cm
    重量1kg
    消費電力800W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー-
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード-
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.17

    新津興器(ホームスワン)ポップアップトースター

    1,627円(税込)

    総合評価

    2.88
    • 焼きあがりのクオリティ: 2.9
    • 使い勝手のよさ: 2.8

    パンの大きさに対応できておらず、外側が焼ききれない

    新津興器(ホームスワン)が販売する「ポップアップトースター」。ダイヤル操作がしづらく、レバーを下げきってもパンが大きくはみ出していました。

    焼きあがったトーストですが、本体に入っていなかった部分はもちろん、外側は焼きが不十分。また中央部分は熱が強く当たっているためか、焦げ付きが気になりました


    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:3分3秒
    水分蒸発量:5g
    サイズW15.5×25×H16m
    重量0.83kg
    消費電力650W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー-
    パンの厚さ20mmまで
    冷凍モード-
    あたため機能-
    温度調節機能-
    スロットカバー-
    ロック機能-
    No.18

    YAMAZENポップアップトースター

    2,036円(税込)

    総合評価

    2.68
    • 焼きあがりのクオリティ: 2.6
    • 使い勝手のよさ: 3.0

    火力にムラがあり、毎回焼き上がりを揃えるのは難しい

    YAMAZENの「ポップアップトースター」で焼いたトーストは、水分蒸発量が8gと多め。

    評価を下げた一番の原因は、レバーを下げてもパンが本体に収まりきらなかったこと。また、2回目に1枚で焼いたトーストは焦げてしまい、火力の調整が難しい印象です。たくさんトーストを焼く家庭には向いていないでしょう。

    <トーストが焼けた時間と水分蒸発量>
    時間:3分13秒
    水分蒸発量:8g
    サイズW24.5×D12.5×H16cm
    重量0.9kg
    消費電力800W
    焼ける枚数2
    パンくずトレー
    パンの厚さ25mmまで
    冷凍モード-
    あたため機能-
    温度調節機能
    スロットカバー-
    ロック機能-

    人気ポップアップトースターの検証結果比較表

    ポップアップトースターの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、ポップアップトースターのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

    文:小岩京夏、写真:三浦晃一・芝崎哲治

    ランキング作成日:2020年6月20日

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す