• 百田尚樹の名作小説 おすすめ人気ランキング15選【永遠の0・モンスターなど!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 百田尚樹の名作小説 おすすめ人気ランキング15選【永遠の0・モンスターなど!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 百田尚樹の名作小説 おすすめ人気ランキング15選【永遠の0・モンスターなど!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 百田尚樹の名作小説 おすすめ人気ランキング15選【永遠の0・モンスターなど!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 百田尚樹の名作小説 おすすめ人気ランキング15選【永遠の0・モンスターなど!】のアイキャッチ画像5枚目

百田尚樹の名作小説 おすすめ人気ランキング15選【永遠の0・モンスターなど!】

2019年6月、自身15作品目となる「夏の騎士」完成を迎え、引退宣言をした百田尚樹。Twitterなどでのさまざまな発言は、時に物議をかもすこともありましたが、百田尚樹は間違いなく名作小説を生み出す、力のある天才作家です。


まだ百田尚樹を読んだことがないという方や、これまで出版されたすべての小説を知りたいという方のために、今回は百田尚樹小説の選び方と、人気の名作をおすすめ順に15作品ご紹介します。感動作からブラックユーモアまで、百田尚樹の物語の中に浸ってください!

  • 最終更新日:2019年11月11日
  • 1,245  views
目次

引退⁉ 多彩なジャンルを描く天才・百田尚樹とは?

引退⁉ 多彩なジャンルを描く天才・百田尚樹とは?

もともとは「探偵! ナイトスクープ」などの放送作家として活躍していた百田尚樹。小説家デビューはアラフィフとなった頃という遅咲きの作家ですが、主義主張がしっかりしており、一本筋の通った人物として知られています。


百田尚樹の名作小説は、どれ一つとして似たような設定・背景がなく、多彩なジャンルを精緻に描き分ける力量があると評価されています。


デビュー作「永遠のゼロ」では文庫版で300万部超の大ヒットとなり、映画化&ドラマ化も。2013年発表の「海賊とよばれた男」では本屋大賞を受賞。また「フォルトゥナの瞳」や「ボックス!」は映画化されています。どの作品もぐいぐいと作品世界に引き込まれる面白さがあります。


しかし、2019年6月、新作の「夏の騎士」を最後に引退すると発表。本人曰く「書きたいことはあらかた書いた」とのことですが、稀代の作家の引退を惜しむ声は多数あります。

百田尚樹の名作小説を選ぶポイント

それでは、百田尚樹の名作小説の選び方からお伝えします。感動作を書いたかと思えば、ブラックユーモアで攻める百田尚樹の小説。選び方を間違うと違和感を覚えることもありますので、初めて手に取る方は、少々気をつけてください。

感動したいなら、映像化作品+「影法師」「風の中のマリア」

感動したいなら、映像化作品+「影法師」「風の中のマリア」

出典:amazon.co.jp

百田尚樹作品の中でもおすすめなのは「ハンカチなしには読めない」「涙が止まらなくなるので、人前で読むのは危険」と言われる感動作たち。メディアミックス作品はどれも感動要素が強く、間違いない作品ばかりですが、それ以外にも「影法師」や「風の中のマリア」は感動必至と評価が高い小説です。


2019年現在のメディアミックス作品は、「永遠のゼロ」「ボックス!」「海賊とよばれた男」「モンスター」「「黄金のバンタム」を破った男」の5作品。この中で「モンスター」だけはやや趣が違いますが、他4作品は感動系です。


「影法師」は歴史小説の要素があり、「風邪の中のマリア」は昆虫目線で描かれているというユニークな作品。引退を発表した筆者自身、この2冊のことを傑作と評し、100万部達成しなかったことを疑問に思っているそう。

ブラック系なら「夢を売る男」「モンスター」など

ブラック系なら「夢を売る男」「モンスター」など

出典:amazon.co.jp

百田尚樹は、人間の奥底にあるブラックな部分をえぐって表現するのも得意。「夢を売る男」や「モンスター」「プリズム」「錨を上げよ」「幸福な生活」は、読みながら思わず唸ってしまうようなブラックな面白さを感じます。


この5作品はどれも、読み始めるとぐいぐいと物語の中に引き込まれること間違いなしです。ブラック系といえども、どの作品にも百田尚樹の人間に対する温かいまなざしは健在。百田尚樹の感動系作品を攻略した後に読むと、よりグッときます。

ストーリーテラーとしての才をみるなら短編

ストーリーテラーとしての才をみるなら短編

百田尚樹といえば、やはり浮かぶのは「永遠のゼロ」や「海賊とよばれた男」などの500ページを超える長編作品。ですが、「長編を読む自信がない」「通勤電車の中で読みたい」という方には、短編もおすすめです。百田尚樹は一流のストーリーテラーであり、その才は短編でこそ充分に味わうことができると言われるほど。


ただし短編は少なく、出版されたのは「幸福な生活」「輝く夜」の2冊のみ。「幸福な生活」はラスト1行のオチにしびれる、いわばショートショートのような作風です。もう一方の「輝く夜」は、女性におすすめしたい感動の恋愛短編集です。

百田尚樹の名作小説 おすすめ人気ランキング15選

それではここから、百田尚樹名作小説のおすすめ人気ランキングを、15選ご紹介します。なお一冊だけ、ノンフィクション小説も含まれています。

15位

PHP研究所「黄金のバンタム」を破った男

733円 (税込)

出版年2012年
長編 or 短編長編
メディアミックスドラマ
特徴感動系・ノンフィクション・スポーツ
14位
出版年2016年
長編 or 短編長編(上下巻)
メディアミックス
特徴感動系・歴史・囲碁
13位
出版年2011年
長編 or 短編長編
メディアミックス
特徴ブラック系・恋愛
12位
出版年2011年
長編 or 短編短編
メディアミックス
特徴ブラック系・ショートショート
11位
出版年2010年
長編 or 短編短編
メディアミックス
特徴感動系・恋愛・ファンタジー
10位
出版年2008年
長編 or 短編長編
メディアミックス映画
特徴感動系・スポーツ・青春
9位
出版年2010年
長編 or 短編長編(上下巻)
メディアミックス
特徴ブラック系
8位
出版年2014年
長編 or 短編長編
メディアミックス映画
特徴感動系・恋愛・ファンタジー
7位
出版年2010年
長編 or 短編長編
メディアミックス映画
特徴ブラック系
6位
出版年2013年
長編 or 短編長編
メディアミックス
特徴ブラックユーモア系
5位
出版年2012年
長編 or 短編長編(上下巻)
メディアミックス映画
特徴感動系・歴史・経済
4位
出版年2006年
長編 or 短編長編
メディアミックス映画・ドラマ
特徴感動系・戦争
3位
出版年2009年
長編 or 短編長編
メディアミックス
特徴感動系・擬人化
2位
出版年2016年
長編 or 短編長編
メディアミックス
特徴寓話
1位
出版年2010年
長編 or 短編長編
メディアミックス
特徴感動系・時代小説

人気 百田尚樹の名作小説 比較一覧表

商品画像
1
百田尚樹 講談社 影法師 1枚目

講談社

2
百田尚樹 新潮社 カエルの楽園 1枚目

新潮社

3
百田尚樹 講談社 風の中のマリア  1枚目

講談社

4
百田尚樹 講談社 永遠の0 1枚目

講談社

5
百田尚樹 講談社 海賊とよばれた男 1枚目

講談社

6
百田尚樹 幻冬舎 夢を売る男 1枚目

幻冬舎

7
百田尚樹 幻冬舎 モンスター  1枚目

幻冬舎

8
百田尚樹 新潮社 フォルトゥナの瞳 1枚目

新潮社

9
百田尚樹 講談社 錨を上げよ(上)  1枚目

講談社

10
百田尚樹 講談社 ボックス!(上)  1枚目

講談社

11
百田尚樹 講談社 輝く夜 1枚目

講談社

12
百田尚樹 祥伝社 幸福な生活  1枚目

祥伝社

13
百田尚樹 幻冬舎 プリズム 1枚目

幻冬舎

14
百田尚樹 文藝春秋 幻庵 上 1枚目

文藝春秋

15
百田尚樹 PHP研究所 「黄金のバンタム」を破った男 1枚目

PHP研究所

商品名

影法師

カエルの楽園

風の中のマリア

永遠の0

海賊とよばれた男

夢を売る男

モンスター

フォルトゥナの瞳

錨を上げよ(上)

ボックス!(上)

輝く夜

幸福な生活

プリズム

幻庵 上

「黄金のバンタム」を破った男

特徴映像化希望!感動レベル・ストーリー性すべて最高!緊急文庫化決断!全ての日本人に読んでほしい作品オオスズメバチ「マリア」の生涯から何を受け取る?心が震える感動作。ミステリー要素ありで引き込み力大本屋大賞受賞作!感動必至の歴史経済小説本を出版したいと思ったことがある人は、読んではダメ!?美容整形を徹底取材!本当の美とは?カッコいいヒーローもの…ではないところに共感読書慣れしている方には、最もおすすめの名作百田尚樹の感動青春小説が読みたいならコレ!構成力のキレが素晴らしい、感動恋愛短編集面白さにハマる!圧倒的なストーリー力多重人格者をテーマに描いた悲恋囲碁好きな方に!江戸時代に生きる天才囲碁打ちの物語百田尚樹のノンフィクションも面白い!
最安値
726
送料別
詳細を見る
572
送料無料
詳細を見る
616
送料無料
詳細を見る
963
送料無料
詳細を見る
825
送料無料
詳細を見る
715
送料無料
詳細を見る
796
送料無料
詳細を見る
781
送料無料
詳細を見る
2,090
送料別
詳細を見る
713
送料要確認
詳細を見る
550
送料無料
詳細を見る
712
送料無料
詳細を見る
759
送料無料
詳細を見る
1,760
送料無料
詳細を見る
733
送料無料
詳細を見る
出版年2010年2016年2009年2006年2012年2013年2010年2014年2010年2008年2010年2011年2011年2016年2012年
長編 or 短編長編長編長編長編長編(上下巻)長編長編長編長編(上下巻)長編短編短編長編長編(上下巻)長編
メディアミックス映画・ドラマ映画映画映画映画ドラマ
特徴感動系・時代小説寓話感動系・擬人化感動系・戦争感動系・歴史・経済ブラックユーモア系ブラック系感動系・恋愛・ファンタジーブラック系感動系・スポーツ・青春感動系・恋愛・ファンタジーブラック系・ショートショートブラック系・恋愛感動系・歴史・囲碁感動系・ノンフィクション・スポーツ
商品リンク

百田尚樹も得意とするその他の歴史小説にも注目!

いろんなジャンルを描き分ける多才な百田尚樹ですが、中でも歴史・時代小説は魅力的で、最近「日本国紀」を発表して話題ともなりました。日本の歴史に興味がある方には、他の小説家が執筆した歴史小説もおすすめです。ぜひチェックを!

百田尚樹の名作小説の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、百田尚樹の名作小説のAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、2019年6月にとうとう引退を発表した小説家・百田尚樹の名作小説をお届けしました。Twitterなどの過激な発言から想像もできませんが、作品の根底にあるのは、人間への優しいまなざし、温かさです。小説を読めば、百田尚樹の印象は180度変わります。


2019年7月発売予定の「夏の騎士」がラストの小説となります。筆者自ら「これで引退しても悔いはない」言うほどの出来栄えだそうなので、今から発売が楽しみですね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す