• 重松清の名作小説 おすすめ人気ランキング30選【ドラマや映画の原作から、子供向けまで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 重松清の名作小説 おすすめ人気ランキング30選【ドラマや映画の原作から、子供向けまで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 重松清の名作小説 おすすめ人気ランキング30選【ドラマや映画の原作から、子供向けまで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 重松清の名作小説 おすすめ人気ランキング30選【ドラマや映画の原作から、子供向けまで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 重松清の名作小説 おすすめ人気ランキング30選【ドラマや映画の原作から、子供向けまで!】のアイキャッチ画像5枚目

重松清の名作小説 おすすめ人気ランキング30選【ドラマや映画の原作から、子供向けまで!】

「泣ける小説が読みたい」「難しくなく、分かりやすい小説がいい」「ラストに救いのある話がいい」という方におすすめしたい重松清の名作小説。身近な日常を切り取ったような作品が多く、心情描写も巧みなので、ぐっと作品世界にのめりこめます。小中学生でも読める平易な文章なので、読書が苦手な方にとっても読みやすいですよ。


今回は、重松清小説の選び方と、人気の名作をおすすめ順にランキング形式でお届けします。映画化された「青い鳥」「きみの友だち」「せんせい。」やドラマ化された「とんび」「流星ワゴン」などもご紹介しますよ。お楽しみに!

  • 最終更新日:2019年06月27日
  • 207  views
目次

涙活におすすめ!直木賞作家・重松清とは?

涙活におすすめ!直木賞作家・重松清とは?

1963年生まれの重松清は出版社勤務後、フリーライターを経て、1991年から小説家としての執筆活動に専念しはじめました。「ナイフ」で坪田譲治文学賞、「エイジ」で山本周五郎賞を受賞。その後の「ビタミンF」は直木賞に輝きました。以降も「十字架」や「ゼツメツ少年」などで、多くの文学賞を受賞しています。


メディアミックス作品も多く、「流星ワゴン」「とんび」「青い鳥」など、数多くの作品を原作として提供しています。


小学生から定年後までと、主人公の世代が幅広いのも特徴。フリーライターとしてノンフィクションも手掛けてきた経歴からか、重松清の描く小説は実にリアルです。特に心理描写は正確であり、辛い現実を描く筆致も確かで、読者の心を揺さぶります。


重松清が描く世界は生ぬるいものではありませんが、その視線には温もりや優しさがあります。生きていれば必ず直面する辛い現実から、どう主人公が這い上がっていくのか、どう生きていくのかという物語に、読者は釘付けに。泣ける作品が多く、涙活におすすめの作家です。

重松清の名作小説の選び方

それではここから、重松清の名作小説の選び方をご紹介します。

作品のテーマによって選ぶ

1991年のデビュー作以後、数え切れないほどの作品を発表してきている重松清。筆力のある作者なので手当たり次第に読むのもアリですが、作品のテーマにこだわって選べば、より間違いはないでしょう。

「生きていくのってしんどい」と思ったら、人生の再生がテーマの作品

「生きていくのってしんどい」と思ったら、人生の再生がテーマの作品

出典:amazon.co.jp

重松作品の中でもおすすめなのが、人生の再生をテーマにした作品です。人間は誰でも失敗を重ねて成長していきます。とはいえ、その失敗を自分の中でなかなか許容できずにいると、生きるのがしんどくなってきます。


悔恨や懺悔といった気持ちを緩やかにすくい取って、光を見せてくれるのが重松清の真骨頂。テレビドラマ化した「流星ワゴン」や直木賞受賞作「ビタミンF」などがその代表作と言えます。「何だか疲れてきたな…」と人生の中間地点に立っている方に。

家族のありかたに悩んだら、家族関係がテーマの作品を

家族のありかたに悩んだら、家族関係がテーマの作品を

出典:amazon.co.jp

多くの重松清小説で使われているのが、父一人・子一人という設定。つまり、家族関係がテーマの作品です。重松清自身、2人の娘を持つ親ということもあり、重松清がアラフォーに近づいた2000年以降の作品は、家族にフォーカスしたものが秀逸


例えば、ドラマ化された「とんび」や「希望ヶ丘の人びと」、映画化された「幼な子われらに生まれ」は、父と子の関係にフォーカスされており、涙なしでは読めない名作と言えます。「親が子どもにできることって何だろう?」という永遠の課題とも言える問いに、シンプルに応えてくれるはず。

学校や先生に傷つけられたことがある人には、学校・いじめ・先生がテーマの作品

学校や先生に傷つけられたことがある人には、学校・いじめ・先生がテーマの作品

出典:amazon.co.jp

かつて学校や先生に傷つけられたことがあり、それを克服できていないという方は、ぜひ重松清が描く学校・いじめ・先生をテーマとした作品を読んでみてください。実は教育学部卒の重松清。学校教育や先生、生徒に関しては、人一倍の想いがあるよう。


例えば映画化された「青い鳥」や「きみの友だち」なら、きっと温かい気持ちになれるはず。またいじめ問題を扱った「ナイフ」や、通り魔事件に翻弄される中学生を描いた「エイジ」は、鋭さが光る作品ではありますが、救いを感じられることでしょう。

サクッと読める小説なら、短編 or メディアミックス作品

サクッと読める小説なら、短編 or メディアミックス作品

「電車の中でサクッと読める小説がいい」「寝る前の数十分で読破できるものがいい」という場合には、重松清の短編をおすすめします。重松清は、週刊誌などの連載作品が多く、かなりの量の短編集を発売しています。筆力のある重松清の短編は、構成がしっかりしており、短編と言えども読みごたえは抜群


また初めて重松作品に触れるという方には、メディアミックス作品をおすすめします。メディアミックス作品はどれも引き込み力が高く、一気読みできる面白さがあり、途中で読むのを断念する…ということが起こりにくいはず!

受験に出る!? お子さんにおすすめの重松清作品は?

受験に出る!? お子さんにおすすめの重松清作品は?

実は重松清の名作小説は、中学受験にもよく採用されています。そのため、中学受験を控えたお子さんに重松清作品を読ませる親ごさんは多いようです。受験は大変ですが、重松清作品が初めての小説体験となるのは、幸せなことですね。


お子さんにおすすめしたい作品といえば、「くちぶえ番長」「きみの友だち」「きよしこ」「熱球」「小学五年生」「半パン・デイズ」「せんせい。」が挙げられます。短編を集めた「はじめての文学」シリーズの重松清版も、当然のことながら秀逸です。

重松清の名作小説 おすすめ人気ランキング30選

それではここからは、重松清の名作小説のおすすめ人気ランキング30選をご紹介します。

30位
発行年1995年
作品のテーマ・舞台生と死(自殺)・学校
短編 or 長編長編
メディアミックス
何歳から?高校生~
29位
発行年2003年
作品のテーマ・舞台再生・癒し・都会
短編 or 長編連作短編
メディアミックス
何歳から?大人
28位
発行年1993年
作品のテーマ・舞台再生・ファンタジー
短編 or 長編長編
メディアミックス
何歳から?大人
27位
発行年1999年
作品のテーマ・舞台青春以前の物語・地方
短編 or 長編連作短編
メディアミックス
何歳から?小学校高学年~
26位
発行年1996年
作品のテーマ・舞台父と子・再生・ステップファミリー
短編 or 長編長編
メディアミックス〇(映画)
何歳から?中学生~
25位
発行年2002年
作品のテーマ・舞台再生・再会・40代
短編 or 長編長編
メディアミックス
何歳から?大人
24位
発行年2008年
作品のテーマ・舞台人生
短編 or 長編短編
メディアミックス
何歳から?高校生~
23位
発行年1991年
作品のテーマ・舞台青春・高校生
短編 or 長編長編
メディアミックス
何歳から?中学生~
22位
発行年2007年
作品のテーマ・舞台生と死・贖罪・再生・地元
短編 or 長編長編 ※上下巻
メディアミックス
何歳から?高校生~
21位
発行年2011年
作品のテーマ・舞台先生・学校
短編 or 長編短編
メディアミックス〇(映画「泣くな、赤鬼」)
何歳から?小学校高学年~
20位
発行年2008年
作品のテーマ・舞台父子・高度経済成長期
短編 or 長編長編
メディアミックス〇(ドラマ)
何歳から?中学生~
19位
発行年2002年
作品のテーマ・舞台野球・再生・家族・地方と都会
短編 or 長編長編
メディアミックス
何歳から?小学校高学年~
18位
発行年2003年
作品のテーマ・舞台生と死・家族・再生・ファンタジー・富士見線沿線
短編 or 長編連作短編
メディアミックス
何歳から?中学生~
17位
発行年2009年
作品のテーマ・舞台家族・父と子・学校・ニュータウン
短編 or 長編長編 ※上下巻
メディアミックス〇(ドラマ)
何歳から?中学生~
16位
発行年1998年
作品のテーマ・舞台定年後の男性の生き方・ニュータウン
短編 or 長編短編連作
メディアミックス〇(ドラマ)
何歳から?大人 ※特に定年間近の男性
15位
発行年2011年
作品のテーマ・舞台80年代・上京
短編 or 長編短編
メディアミックス
何歳から?大人(80年代に青春を送った人に限る)
14位
発行年1999年
作品のテーマ・舞台家族・父と子・生と死など
短編 or 長編短編
メディアミックス△(「卒業ホームラン」のみドラマ)
何歳から?中学生~ ※一部小学校高学年~
13位
発行年2007年
作品のテーマ・舞台教師・学校・吃音
短編 or 長編短編連作
メディアミックス〇(映画)
何歳から?中学生~
12位
発行年2002年
作品のテーマ・舞台家族・父親
短編 or 長編短編
メディアミックス
何歳から?小学校高学年~
11位
発行年1999年
作品のテーマ・舞台通り魔・思春期・学校・ニュータウン
短編 or 長編長編
メディアミックス〇(ドラマ)
何歳から?中学生~
10位
発行年2007年
作品のテーマ・舞台家族・友情
短編 or 長編短編
メディアミックス
何歳から?小学校高学年~
9位
発行年2003年
作品のテーマ・舞台孤独・暴力・貧困
短編 or 長編長編 ※上下巻
メディアミックス〇(映画)
何歳から?大人 ※子ども×
8位
発行年2000年
作品のテーマ・舞台家族・再生
短編 or 長編短編
メディアミックス〇(ドラマ)
何歳から?大人
7位
発行年1997年
作品のテーマ・舞台いじめ・学校
短編 or 長編短編
メディアミックス〇(ドラマ・舞台)
何歳から?中学生~
6位
発行年2004年
作品のテーマ・舞台家族・生と死・再生
短編 or 長編短編
メディアミックス
何歳から?中学生~
5位
発行年2002年
作品のテーマ・舞台父と子・中年男性の岐路・家族・再生・ファンタジー
短編 or 長編長編
メディアミックス〇(ドラマ)
何歳から?大人
4位
発行年2002年
作品のテーマ・舞台吃音・重松清本人の自伝的小説
短編 or 長編短編連作
メディアミックス
何歳から?小学校高学年~
3位
発行年2005年
作品のテーマ・舞台家族の死
短編 or 長編短編連作
メディアミックス〇(ラジオドラマ・映画・ドラマ・朗読劇)
何歳から?中・高校生~
2位
発行年2007年
作品のテーマ・舞台友情・成長・学校
短編 or 長編長編
メディアミックス
何歳から?小学校4年生~
1位
発行年2005年
作品のテーマ・舞台友達・学校
短編 or 長編短編連作
メディアミックス〇(映画)
何歳から?小学校高学年 or 中学生~

人気 重松清の名作小説 比較一覧表

商品画像
1
重松清 新潮社 きみの友だち 1枚目

新潮社

2
重松清 新潮社 くちぶえ番長 1枚目

新潮社

3
重松清 文藝春秋 その日のまえに 1枚目

文藝春秋

4
重松清 新潮社 きよしこ 1枚目

新潮社

5
重松清 講談社 流星ワゴン 1枚目

講談社

6
重松清 新潮社 卒業 1枚目

新潮社

7
重松清 新潮社 ナイフ 1枚目

新潮社

8
重松清 新潮社 ビタミンF 1枚目

新潮社

9
重松清 角川書店 疾走 上 1枚目

角川書店

10
重松清 文藝春秋 はじめての文学 重松清 1枚目

文藝春秋

11
重松清 新潮社 エイジ 1枚目

新潮社

12
重松清 新潮社 小さき者へ 1枚目

新潮社

13
重松清 新潮社 青い鳥 1枚目

新潮社

14
重松清 新潮社 日曜日の夕刊  1枚目

新潮社

15
重松清 光文社 鉄のライオン 1枚目

光文社

16
重松清 講談社 定年ゴジラ 1枚目

講談社

17
重松清 講談社 希望ヶ丘の人びと(上) 1枚目

講談社

18
重松清 文藝春秋 送り火  1枚目

文藝春秋

19
重松清 新潮社 熱球 1枚目

新潮社

20
重松清 角川書店 とんび  1枚目

角川書店

21
重松清 新潮社 せんせい。 1枚目

新潮社

22
重松清 講談社 カシオペアの丘で 上  1枚目

講談社

23
重松清 幻冬舎 ビフォア・ラン 1枚目

幻冬舎

24
重松清 角川書店 みぞれ 1枚目

角川書店

25
重松清 文藝春秋 トワイライト 1枚目

文藝春秋

26
重松清 幻冬舎 幼な子われらに生まれ 1枚目

幻冬舎

27
重松清 講談社 半パン・デイズ 1枚目

講談社

28
重松清 幻冬舎 四十回のまばたき 1枚目

幻冬舎

29
重松清 角川書店 哀愁的東京  1枚目

角川書店

30
重松清 新潮社 舞姫通信 1枚目

新潮社

商品名

きみの友だち

くちぶえ番長

その日のまえに

きよしこ

流星ワゴン

卒業

ナイフ

ビタミンF

疾走 上

はじめての文学 重松清

エイジ

小さき者へ

青い鳥

日曜日の夕刊

鉄のライオン

定年ゴジラ

希望ヶ丘の人びと(上)

送り火

熱球

とんび

せんせい。

カシオペアの丘で 上

ビフォア・ラン

みぞれ

トワイライト

幼な子われらに生まれ

半パン・デイズ

四十回のまばたき

哀愁的東京

舞姫通信

特徴「友だち」の意味とは?自分らしく生きるヒントになる小説小学生~大人まで!200ページの中に詰まった友情物語救いを求めて…。人の死について考えたい方に吃音に悩み、苦しんだ筆者だからこそ書けた名作人生がやり直せるとしたら?岐路に立つ方に贈る一冊さまざまな想いから卒業する家族を描いた作品いじめをテーマにした短編集から自分を見つめる疲れた父親たちにビタミン剤のような効能あり!暴力・孤独・貧困…衝撃が強すぎる話題作初めて文学を読むお子さんにおすすめリアルすぎる中学2年生の心情と葛藤不器用でカッコ悪い、でも誰よりも愛をくれる父親を描く孤独を感じている中学生に村内先生の言葉が響く重松清の原点をこの1冊で味わえる!本の中に80年代の空気がそのまま入っている!定年を迎えるのが不安な、定年間近の男性におすすめ重松清の十八番である、ニュータウン在住父子の物語生きるのが辛くて苦しい時に、心に火を灯してくれる作品野球が主題のようで、実は一人の男の生き方を問う小説不器用な父の愛に涙!とにかく泣きたいならこの作品!先生について書いた6つの物語深い後悔を抱えている大人に重松清の原点!みずみずしいデビュー作人生の切なさや苦しさを包み込む優しい物語思い通りにならない人生に想いを馳せる時にステップファミリーの悩みや葛藤を赤裸々に描く少年時代の懐かしい感覚を思い出す重松清らしくない貴重な作品人生に行き詰まりを感じている人に光を見せる物語「なぜ自殺してはいけないの?」答えを探している方に
価格724円(税込)529円(税込)648円(税込)562円(税込)788円(税込)680円(税込)680円(税込)594円(税込)691円(税込)827円(税込)724円(税込)767円(税込)724円(税込)724円(税込)535円(税込)756円(税込)743円(税込)734円(税込)637円(税込)691円(税込)562円(税込)700円(税込)617円(税込)691円(税込)778円(税込)617円(税込)788円(税込)576円(税込)691円(税込)637円(税込)
発行年2005年2007年2005年2002年2002年2004年1997年2000年2003年2007年1999年2002年2007年1999年2011年1998年2009年2003年2002年2008年2011年2007年1991年2008年2002年1996年1999年1993年2003年1995年
作品のテーマ・舞台友達・学校友情・成長・学校家族の死吃音・重松清本人の自伝的小説父と子・中年男性の岐路・家族・再生・ファンタジー家族・生と死・再生いじめ・学校家族・再生孤独・暴力・貧困家族・友情通り魔・思春期・学校・ニュータウン家族・父親教師・学校・吃音家族・父と子・生と死など80年代・上京定年後の男性の生き方・ニュータウン家族・父と子・学校・ニュータウン生と死・家族・再生・ファンタジー・富士見線沿線野球・再生・家族・地方と都会父子・高度経済成長期先生・学校生と死・贖罪・再生・地元青春・高校生人生再生・再会・40代父と子・再生・ステップファミリー青春以前の物語・地方再生・ファンタジー再生・癒し・都会生と死(自殺)・学校
短編 or 長編短編連作長編短編連作短編連作長編短編短編短編長編 ※上下巻短編長編短編短編連作短編短編短編連作長編 ※上下巻連作短編長編長編短編長編 ※上下巻長編短編長編長編連作短編長編連作短編長編
メディアミックス〇(映画)〇(ラジオドラマ・映画・ドラマ・朗読劇)〇(ドラマ)〇(ドラマ・舞台)〇(ドラマ)〇(映画)〇(ドラマ)〇(映画)△(「卒業ホームラン」のみドラマ)〇(ドラマ)〇(ドラマ)〇(ドラマ)〇(映画「泣くな、赤鬼」)〇(映画)
何歳から?小学校高学年 or 中学生~小学校4年生~中・高校生~小学校高学年~大人中学生~中学生~大人大人 ※子ども×小学校高学年~中学生~小学校高学年~中学生~中学生~ ※一部小学校高学年~大人(80年代に青春を送った人に限る)大人 ※特に定年間近の男性中学生~中学生~小学校高学年~中学生~小学校高学年~高校生~中学生~高校生~大人中学生~小学校高学年~大人大人高校生~
商品リンク

こちらの男性作家もおすすめ

今回は、涙活におすすめと言われる重松清作品をご紹介しましたが、他の人気男性作家の名作小説の中にも感動は詰まっています。ぜひ、下記のリンクからチェックしてみてくださいね。

重松清の名作小説の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、重松清の名作小説のAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、重松清の名作小説おすすめ人気ランキング30選をご紹介しました。重松作品は、家族や人生といった身近な問題をテーマとしています。人物や心理描写が巧みで、まるでそこに本当に存在するかのようなリアルさに、読者は小説に釘付けとなります。


何と言っても、ラストに一筋の光を見せてくれる展開には、繰り返し読みたくなる魅力を感じます。重松清の名作小説は、毎日頑張って生きている方の心に必ず響きます!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す