• アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像1枚目
  • アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像2枚目
  • アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像3枚目
  • アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像4枚目
  • アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング9選のアイキャッチ画像5枚目

アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング9選

キャンプ・登山・ウィンタースポーツなどいろいろなシーンで活躍するアウトドア用手袋。ノースフェイス・モンベル・ミズノ・コールマンなどなど、さまざまなメーカーから機能もデザインも優れたグローブが数多く販売されています。しかしシーンによって必要な性能もさまざまで、各社が商品開発を競ってはいるものの、一体どれを選んで良いやら分かり辛い商品ですよね。

そこで今回は、そんなアウトドア用高機能グローブの選び方と、Amazonや楽天など通販で人気のおすすめ商品をシーン別のランキング形式でご紹介します。キャンプ用にぴったりな革製のものや、夏冬問わず活躍するゴアテックス素材など、いずれも優秀なグローブばかり。記事後半では機能を長く保つためのお手入れ方法などもご紹介しますので、商品選びとあわせてぜひ参考になさってください!
  • 最終更新日:2019年11月18日
  • 29,356  views
目次

アウトドア用高機能グローブの選び方のポイント

おすすめ商品を紹介する前に、まずはアウトドア用高機能グローブの選び方から解説していきます。

利用シーンから選ぶ

アウトドア用、と一口に言っても、その利用シーンはさまざま。主な用途にあわせて、タイプを絞っていきましょう。

やけどを防ぐ、耐熱・耐火性に優れた「キャンプ用」

やけどを防ぐ、耐熱・耐火性に優れた「キャンプ用」

出典:amazon.co.jp

キャンプ用グローブは主に革を使用したものが多く、とにかく耐熱・耐火性に優れているのが特徴。革以外では、アラミド繊維なども非常に優秀な素材です。焚き火などでやけどをしないために最低限の耐熱性を備えている必要がありますが、一方でそれを重視しすぎるとグローブが厚くなり、細かい作業がし辛くなってしまいます。

選ぶときは、焚き火や料理専用なのか、あるいはその他のアクティビティなどでも利用するのか、など使い方に合わせて耐熱性と作業性のバランスを考えましょう。また、ダッチオーブンなど重いものを熱い状態で持ち運ぶなら、耐熱性と同じくグリップ力も重要です。
なお、焚き火用グローブのみをお探しの方には下記記事もおすすめです。耐熱性や耐火性に絞った選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてご確認ください。

けがを防ぐ、グリップ力や耐摩耗性に優れた「登山用」

けがを防ぐ、グリップ力や耐摩耗性に優れた「登山用」

出典:amazon.co.jp

登山用のグローブは、岩肌などに触れる機会が多いため耐摩耗性に優れているのが特徴です。選ぶポイントとしては、まずいつ登るのかということ。暑い夏には薄手で操作性の高いアンダーグローブがぴったりで、一方寒い冬にはアンダーグローブに加えて、フリース素材などの保温性が高いグローブも必要になります。

また春や秋の気温が読みにくい季節には、外側にゴアテックス、内側に化学繊維などを使用したレイヤーグローブがおすすめ。アンダーグローブと重ねれば、冬の時期にも十分使うことができます。そのほか、ストックを使用して登山をする方は、専用の指ぬきグローブがあると便利です。このタイプは薄手で通気性の良いものが多いので、ストックを使わない方でも夏用グローブとして活躍しますよ。

凍傷を防ぐ、保温性に優れた「ウィンタースポーツ用」

凍傷を防ぐ、保温性に優れた「ウィンタースポーツ用」

出典:amazon.co.jp

主にスキーやスノーボードなどウィンタースポーツ用に設計された、スノーグローブ。そのほかのグローブとの主な違いは指を入れる部分の形状で、5本指・3本指・2本指、と3つのタイプに分かれています。指の本数が多いほど操作性が高く、本数が少ないほど保温性が高い、というのがおおまかな傾向です。

初めてスノーグローブを購入する方には、ある程度手先を動かすことのできる5本指や3本指がおすすめ。2本指はかなり作業が限定されてしまうので、メインで使うというよりも予備で用意しておくくらいの感覚の方が良いでしょう。

機能から選ぶ

高機能グローブ、と言うからには機能性に優れていなければいけませんよね。細かい機能は用途によっても異なりますが、ここでは主な機能についてポイントを簡単に解説します。

防水機能は通気性との兼ね合いが重要

防水機能は通気性との兼ね合いが重要

出典:amazon.co.jp

アウトドアグローブには防水機能や撥水機能を備えたものも多いですが、こうしたタイプは同時に、通気性が悪くムレてしまうものが多いです。特に安いモデルにその傾向が強く、表示された機能を見ると優秀なのに、実際に使ってみると非常に使い勝手が悪かった、というケースも少なくありません。

防水機能が必要な方には、防水性・透湿性両方に優れたゴアテックスなどの高機能素材がおすすめ。あるいは、予備として防水機能に特化したグローブを用意しておくというのもひとつの手です。

タッチパネル対応モデルなら着けたままスマホが操作できる

タッチパネル対応モデルなら着けたままスマホが操作できる

出典:amazon.co.jp

スマホをアウトドアシーンで活用したい方は、グローブもできるだけタッチパネルに対応したものを選びましょう。こうした機能はおまけのようなものとして考えがちですが、例えば冬用グローブならタッチパネルに対応しているだけで着脱の回数が減り、凍傷などのリスクをさらに抑えることができます。

各シーンにあった基本機能を備えていることが前提ではありますが、グローブをはめたままスマホを操作する機会が多い方は、ぜひ選ぶポイントとして含めておいてください。

サイズから選ぶ

利用シーンにあう形や機能を決めたら、最後はサイズから選んで行きましょう。どんなに機能的でデザインの良いグローブでも、サイズが合わなければ非常に危険です。しっかりポイントを押さえて選んでくださいね。

男性はメンズ、女性はレディースを選ぼう

男性はメンズ、女性はレディースを選ぼう

出典:amazon.co.jp

アウトドア用のグローブはその他の洋服などと比べて、一見してメンズ・レディースの違いが分かり辛いものが多いです。これはアウトドア用品全般に言えることですが、だからといってサイズまで同じというわけではありません。

基本的にメンズ用は生地が厚めに作られていて、レディースは手の平を小さく、指が長めに設計されています。サイズが複数用意されている場合はまだしも、フリーサイズの手袋などをユニセックス的な感覚で購入するのはやめておいた方が良いでしょう。

最終的には試着して確かめるのがベスト

最終的には試着して確かめるのがベスト

出典:amazon.co.jp

グローブのサイズは操作性や快適さに直結する非常に重要なポイントですが、ネット通販の情報だけでこれを見極めるのは非常に困難。そのため、購入したい商品が見つかったらできるだけ販売店で確認するようにしましょう。中には女性でもしっかりなじむメンズ用グローブもありますし、逆も然りです。

試着が難しい場合は、その商品や同メーカーの他商品のサイズ感などを口コミでしっかりチェックしてください。

主なメーカーから選ぶ

主なメーカーから選ぶ

出典:amazon.co.jp

ここまでアウトドア用高機能グローブの選び方を紹介してきましたが、どうしても決められない、選択肢が多すぎて迷ってしまう、という場合は、主要なメーカーから絞っていくというのも悪くありません。

例えばキャンプ用ならばコールマンやキャプテンスタッグが定番、登山用ならモンベルやノースフェイス、ミレーなどもよく名前が挙がります。ウィンタースポーツ用としてはロイシュやヘストラが有名ですが、バックスポットのようにリーズナブルなブランドも通販では人気が高いです。

このメーカーを選べば間違いない、という類のものではありませんので、現在使っているウェアやアイテムのブランドなども参考に選んでみてください。

【キャンプ用】アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング3選

ここからは、おすすめのアウトドア用高機能グローブをランキング形式でご紹介します。まずは「キャンプ用」3選から、続けて「登山用」「冬用」も紹介しますので、そちらもあわせてチェックしてみてくださいね。
3位
アウトドア高機能グローブ コールマン ソリッドレザーグローブ
出典:amazon.co.jp

コールマンソリッドレザーグローブ

170-9508

4,298円

タッチパネル非対応
2位
タッチパネル非対応
1位
タッチパネル非対応

おすすめ人気【キャンプ用】アウトドア用高機能グローブの比較一覧表

商品画像
1
アウトドア高機能グローブ globalsports 耐熱キャンプグローブ

globalsports

2
アウトドア高機能グローブ グリップスワニー G-1

グリップスワニー

3
アウトドア高機能グローブ コールマン ソリッドレザーグローブ

コールマン

商品名

耐熱キャンプグローブ

G-1

ソリッドレザーグローブ

特徴コスパ優秀、リーズナブルな実用品立体裁断かつケブラー糸による縫製、高耐久で使いやすい細かい作業向き、柔軟性が高く指を動かしやすい
タッチパネル非対応非対応非対応
商品リンク

【登山用】アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング3選

続いて「登山用」グローブ3選のご紹介です。夏用か冬用かによっても選ぶべきアイテムは変わってきますので、使用時期なども想定しつつ選んでください。
3位
アウトドア高機能グローブ WL Products トレッキンググローブ
出典:amazon.co.jp

WL Productsトレッキンググローブ

TG011H

1,100円 (税込)

タッチパネル非対応
2位

モンベルウインタートレッキンググローブ

1108664

4,752円 (税込)

タッチパネル非対応
1位
アウトドア高機能グローブ ミレー ウォームストレッチトレックグローブ
出典:amazon.co.jp

ミレーウォームストレッチトレックグローブ

MIV01468

3,974円 (税込)

タッチパネル対応

おすすめ人気【登山用】アウトドア用高機能グローブの比較一覧表

商品画像
1
アウトドア高機能グローブ ミレー ウォームストレッチトレックグローブ

ミレー

2
アウトドア高機能グローブ モンベル ウインタートレッキンググローブ

モンベル

3
アウトドア高機能グローブ WL Products トレッキンググローブ

WL Products

商品名

ウォームストレッチトレックグローブ

ウインタートレッキンググローブ

トレッキンググローブ

特徴アンダーグローブとしても使える薄手の万能タイプ適度な操作性と保温性、春から秋にかけて幅広く使える伸縮性・通気性抜群のハーフフィンガータイプ
最安値
3,974
送料要確認
詳細を見る
4,752
送料要確認
詳細を見る
1,100
送料要確認
詳細を見る
タッチパネル対応非対応非対応
商品リンク

【ウィンタースポーツ用】アウトドア用高機能グローブのおすすめ人気ランキング3選

では最後に、「ウィンタースポーツ用」グローブ3選の発表です。今回は5本指タイプに厳選してご紹介します。
3位
アウトドア高機能グローブ バックスポット スノーボード・スキーグローブ
出典:amazon.co.jp

バックスポットスノーボード・スキーグローブ

VA-3956

2,599円 (税込)

タッチパネル非対応
2位
アウトドア高機能グローブ ダカイン スノーグローブ
出典:amazon.co.jp

ダカインスノーグローブ

AG237-710

10,041円 (税込)

タッチパネル対応
1位

バートンゴアテックスガイドグローブ

19,580円 (税込)

タッチパネル対応

おすすめ人気【ウィンタースポーツ用】アウトドア用高機能グローブの比較一覧表

商品画像
1
アウトドア高機能グローブ バートン ゴアテックスガイドグローブ

バートン

2
アウトドア高機能グローブ ダカイン スノーグローブ

ダカイン

3
アウトドア高機能グローブ バックスポット スノーボード・スキーグローブ

バックスポット

商品名

ゴアテックスガイドグローブ

スノーグローブ

スノーボード・スキーグローブ

特徴必需品を目指した高性能、人間工学に基づいた形状も魅力ゴアテックス採用のスペシャルモデル高防水・高撥水、全11種とカラバリも豊富
最安値
19,580
送料要確認
詳細を見る
10,041
送料要確認
詳細を見る
1,499
送料無料
詳細を見る
タッチパネル対応対応非対応
商品リンク

アウトドア用高機能グローブの手入れの仕方

アウトドア用高機能グローブの手入れの仕方

出典:amazon.co.jp

アウトドア用グローブの手入れの方法は、使われている素材によって異なります。まず革製のグローブは、専用のレザーソープで浸け置き洗いして、乾燥後はオイルを塗りましょう。ただしオイルが乾かないとかえって汚れが付きやすくなってしまうので、きちんと乾拭きも忘れずに。

ゴアテックスなどの防水・透湿素材も専用洗剤の使用が推奨されていますが、おしゃれ着用洗剤など繊維へのダメージが抑えられるものであれば代用が可能です。汚れがひどいようであれば、こちらも15分程度浸け置きしてください。洗い上がったら優しく絞って陰干しして、最後に撥水剤で仕上げます。防水機能はどうしても使ううちに低下してしまうので、スプレーなどで補うことが大切です。

ウールやフリース素材の場合も同様に、おしゃれ着用洗剤などで手洗いすることで型崩れを防ぐことができます。またどの素材についても、洗うときは30度程度のぬるま湯で洗うと、より洗剤の効果を発揮しやすいです。長く愛用できるよう、日ごろから丁寧な手入れを心がけてくださいね。

他にもあります!アウトドア用高機能グッズいろいろ

今回はグローブをご紹介しましたが、アウトドアグッズは他にもたくさんあります。以下の記事では、それぞれの選び方のポイントとともにおすすめ商品を紹介していますので、気になるアイテムをぜひチェックしてみてください。

まとめ

10種類のアウトドア用グローブを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?どれも機能性に優れており、購入して損はないアイテムばかりです。

加えて、オシャレな作りの商品が揃っているため、ファッションにこだわりを持つ方もお気に入りのアイテムを見つけることができるでしょう。ケガや指先の温度の低下を防止するためにも、とりあえず1つ購入してみてはいかがでしょうか?

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す