• ダホンの自転車のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • ダホンの自転車のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • ダホンの自転車のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • ダホンの自転車のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • ダホンの自転車のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

ダホンの自転車のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

折りたたみ自転車をお探しであれば、必ず目に留まるのがダホン。革新的な技術で、折りたたみ自転車の普及に大きな影響を与えました。そのしっかりとした作りで、安心して乗れる折りたたみ自転車として、確固たる地位を築いています。


そんなダホンの自転車をいざ手に入れようとなると、悩ましいのがどれを選べば良いのか分からないということ。ルートにk3にボードウォークに…おすすめモデルを挙げだすとキリがなく、絞り込むのも難しいですね。そこで今回は、ダホンの自転車選びでお困りの皆様のため、人気商品のランキングだけでなく、選び方のポイントもしっかりご紹介していきます。これを読めばあなたの欲しい一台が、きっと見つかりますよ。

  • 最終更新日:2019年03月26日
  • 821  views
目次

ダホンの自転車の選び方

それでは早速、ダホンの自転車の選び方についてチェックしていきましょう。ポイントを押さえて、自分にぴったりの1台をお選びください。

まずは折りたたみ方式をチェック!

ダホンの自転車と言えば、折りたたみですが、その方式が2種類あります。それぞれメリットがありますので、自分に合った方式をお選びください。

折りたたみラクラクの「DFS Technology」

折りたたみラクラクの「DFS Technology」

「DFS Technology」方式は、「ペダルを押し込み、ハンドルをたたみ、さらに本体をたたむ」という簡単な3ステップで構成されているのが特徴的。慣れれば1分ほどで作業が完了します。30年以上前に開発されたとは思えない、画期的なシステムです。


手間なく折りたためるため、移動先で自転車をコンパクトにしておきたい方、とにかく操作が簡単なタイプが欲しい方にもおすすめです。

しっかりと固定できる「LOCK JAW Folding Technology」

しっかりと固定できる「LOCK JAW Folding Technology」

「LOCK JAW Folding Technology」式の折りたたみ自転車は、6mmの「アーレンキー(6角棒レンチ)」を使って折りたたむため、組み上げた際の強度が抜群なのがポイント。必要な道具も棒レンチ1本ですし、折りたたみ自体は簡単で、こちらもやはり慣れれば折りたたみに時間はかかりません。


折りたたみであることを忘れるほどの安定感を実現しており、折りたたみ自転車でもしっかりと走りを楽しみたいという人におすすめです。

目的に合わせてタイヤ径を選ぶ

ダホンの自転車はいわゆるミニベロ(小径車)に属しています。タイヤ径は14インチ・16インチ・20インチの3種類です。それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

コンパクトに折りたためる14インチ

コンパクトに折りたためる14インチ

とにかくコンパクトに折りたたみたいという人であれば、14インチがおすすめ。14インチなら、ホイールまで入れても小柄な女性の肩幅以下のサイズ感で、電車などでの持ち運びも全く苦にならないのがいいところ。自宅にガレージや自転車置き場が無く、屋内に保管する必要がある人にもピッタリです。


ただし、走りという観点から見れば、タイヤ径は大きいほど有利というのもまた事実。出先でも邪魔にならないず、足として使いやすい自転車を探している人向けのタイプと言えます。

しっかりとした走りも楽しめる20インチ

しっかりとした走りも楽しめる20インチ

20インチのタイプは、車に積み込んで、旅先などで走りを楽しみたい方におすすめです。通常サイズの自転車には及びませんが、必要十分に走りを楽しむことが可能です。


当然ながらリム部分は折りたためないため、折りたたんだ際もそれなりのサイズになること、同クラスの14インチと比較すると、重量も重くなる傾向があるのには注意が必要です。

良いところどりの16インチ

良いところどりの16インチ

16インチタイプは、14インチと20インチのいいとこどり。走りの楽しさも、折りたたんだ際のコンパクトさも捨てがたいという方におすすめです。


残念ながら16インチを採用している現行モデルはCurve D7の1種類のみですが、両方を兼ね備えたタイプが欲しいなら、検討してみる価値がありますよ。

頻繁に持ち運ぶなら11kg以下のモデルで

頻繁に持ち運ぶなら11kg以下のモデルで

折りたたんだ自転車を持ち歩いたり、車へ積み下ろしたりという事を考えますと、重さはやはり重要です。重さを選ぶ際には、おおよそ11kgを目安にしておくのがおすすめ。それ以下であれば、かなり軽いモデルと言えます。


当然ながら、アルミやカーボン素材のフレームであれば全体も軽めに仕上がりますし、スチールやクロモリ(クロームモリブデン)なら重めだと考えられます。重さについては、フレームの素材も考慮に入れておくといいですね。

ロングライドを楽しむなら8段変速以上がおすすめ

ロングライドを楽しむなら8段変速以上がおすすめ

ロングライドを楽しみたいという場合には、ギアの枚数はチェックしておきたい部分です。多少のアップダウンがある道も快適に乗りこなしたいなら、8段変速以上あるものがおすすめ


もちろん、平地をのんびりと走るだけであれば3段変速もあれば十分ですが、よりスポーティーな走りを求める場合なら、数が多いほど有利となることは押さえておきましょう。

走りか?快適さか?3種類の乗車姿勢から選ぶ

ダホンの自転車は、乗車姿勢のスタイルで3種類に分類されます。ここからは、それぞれの特徴についてチェックしていきましょう。

ロングライドを楽しむならアクティブスタイルで

ロングライドを楽しむならアクティブスタイルで

スポーティーな走りやロングライドを楽しみたいという人であれば、前傾姿勢のアクティブスタイルがおすすめ。それなりにスピードを出すことができ、長時間乗っても疲れにくいのが特徴です。


難点は、ちょっと荷物が増えたとたんにバランスが取りにくくなってしまうこと。買い物をして荷物が増えてしまった…という際にはややツラいかもしれません。


また、サイズ選びがシビアなので、購入前にしっかりと確かめておく必要があります。本来であれば試乗してからの購入が理想的ですが、ネット通販で購入するなら、適応身長をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

街乗りメインならスタンダードスタイルをチョイス

街乗りメインならスタンダードスタイルをチョイス

街乗り用におすすめなのがスタンダードスタイルです。ママチャリのような乗車姿勢で前後も確認しやすく、ミニベロタイプの自転車が初めてという人にもおすすめです。


またバランスが取りやすいため、コンビニなどでちょっと荷物が増えても安心です。スピードは出せませんが、景色をゆっくり眺めながら、のんびりとした時間を過ごせますよ。

スカートでの乗車ならリラックススタイルがおすすめ

スカートでの乗車ならリラックススタイルがおすすめ

リラックススタイルは、スカートで乗ることを想定している人におすすめ。乗車姿勢はスタンダード同様にママチャリと同様の前傾姿勢で、スカートでもまたぎやすいようにフレームが設計されているのが特徴的です。


周囲を容易に確認できますし、バランスもとりやすく作られているため、折りたたみ自転車がはじめてという人にもおすすめできますよ。

ダホンの自転車の人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のダホンの自転車を紹介していきます。それぞれのスペックなども記載していますので、ぜひ商品選びの参考にしてみてくださいね。
10位
折りたたみ方式DFS Technology
タイヤ径20インチ
フレームクロームモリブデン
重さ12.0kg
変速数8段
乗車スタイルアクティブスタイル
9位
折りたたみ方式DFS Technology
タイヤ径16インチ
フレームアルミニウム
重さ11.6kg
変速数7段
乗車姿勢リラックススタイル
8位
折りたたみ方式DFS Technology
タイヤ径20インチ
重さ10.9kg
フレームアルミニウム
変速数20段
乗車姿勢アクティブスタイル
7位
折りたたみ方式LOCK JAW Folding Technology
タイヤ径20インチ
重さ11.0kg
フレームアルミニウム
変速数8段
乗車姿勢スタンダードスタイル
6位
折りたたみ方式DFS Technology
タイヤ径14インチ
重さ7.8kg
フレームアルミニウム
変速数3速
乗車姿勢スタンダードスタイル
5位
折りたたみ方式DFS Technology
タイヤ径20インチ
重さ12.3kg
フレームクロームモリブデン
変速数7段
乗車姿勢リラックススタイル
4位
折りたたみ方式DFS Technology
タイヤ径20インチ
重さ12.2kg
フレームアルミニウム
変速数7段
乗車姿勢リラックススタイル
3位
折りたたみ方式DFS Technology
タイヤ径20インチ
重さ13.4kg
フレームスチール
変速数6段
乗車姿勢リラックススタイル
2位
折りたたみ方式LOCK JAW Folding Technology
タイヤ径20インチ
重さ10.9Kg
フレームアルミニウム
変速数16段
乗車姿勢アクティブスタイル
1位
折りたたみ方式DFS Technology
タイヤ径20インチ
重さ11.9kg
変速数7段
泥除けの有無有り
乗車姿勢リラックススタイル

ダホンの人気自転車比較一覧表

商品画像
1
ダホン 自転車 ダホン Vybe D7 1枚目

ダホン

2
ダホン 自転車 ダホン Dash Altena 1枚目

ダホン

3
ダホン 自転車 ダホン SUV D6 1枚目

ダホン

4
ダホン 自転車 ダホン Route 1枚目

ダホン

5
ダホン 自転車 ダホン Boardwalk D7 1枚目

ダホン

6
ダホン 自転車 ダホン K3 1枚目

ダホン

7
ダホン 自転車 ダホン Dash P8 1枚目

ダホン

8
ダホン 自転車 ダホン Visc EVO 1枚目

ダホン

9
ダホン 自転車 ダホン Curve D7 1枚目

ダホン

10
ダホン 自転車 ダホン Speed Falco 1枚目

ダホン

商品名

Vybe D7

Dash Altena

SUV D6

Route

Boardwalk D7

K3

Dash P8

Visc EVO

Curve D7

Speed Falco

特徴お手頃価格で高品質な一台スポーティーな走りを実現した折りたたみ自転車コスパ抜群のダホン街乗りにピッタリのダホンクロモリフレームでスタイリッシュな見た目に持ち運び楽々の軽々ダホンマウンテンバイク気分でGOタフなフレームが様々な走りに対応!16インチのニクイやつ伸びのある走りが自慢
価格37,851円(税込)77,408円(税込)32,076円(税込)42,000円(税込)54,238円(税込)70,124円(税込)78,895円(税込)118,597円(税込)56,606円(税込)72,271円(税込)
折りたたみ方式DFS TechnologyLOCK JAW Folding TechnologyDFS TechnologyDFS TechnologyDFS TechnologyDFS TechnologyLOCK JAW Folding TechnologyDFS TechnologyDFS TechnologyDFS Technology
タイヤ径20インチ20インチ20インチ20インチ20インチ14インチ20インチ20インチ16インチ20インチ
重さ11.9kg10.9Kg13.4kg12.2kg12.3kg7.8kg11.0kg10.9kgアルミニウムクロームモリブデン
変速数7段アルミニウムスチールアルミニウムクロームモリブデンアルミニウムアルミニウムアルミニウム11.6kg12.0kg
泥除けの有無有り16段6段7段7段3速8段20段7段8段
乗車姿勢リラックススタイルアクティブスタイルリラックススタイルリラックススタイルリラックススタイルスタンダードスタイルスタンダードスタイルアクティブスタイルリラックススタイルアクティブスタイル
商品リンク

旅を快適にしてくれるオプションも見逃せない

旅を快適にしてくれるオプションも見逃せない

出典:amazon.co.jp

ダホンの自転車に荷台等はついていませんが、もちろん純正のオプションとして用意されています。普段から荷物が多いことが想定されるのであれば、別売りの荷台やバスケット等を検討するのがおすすめ


荷物用の装備の他、折りたたんだ自転車をスムーズに運ぶためのコンパクトキャスターも見逃せません。コンパクトキャスターは、付けたままでの走行も可能という優れもの。持ち運びが多い人にはかなり便利なアイテムとなっています。


その他にも純正の輪行袋など、ダホンファンには見逃せないアイテムが多数用意されています。皆様のスタイルに合わせて、それらもぜひ検討してみてくださいね。

折りたたみ自転車なら、こちらも要チェック!

今回はダホンの自転車に絞ってご紹介してきましたが、折りたたみのミニベロをお探しなら、以下の記事も参考になりますよ。色々と比較して、これぞという一台を見つけましょう!

まとめ

ダホンの魅力はなんといっても、折りたたみでありながら、きちんと走りを楽しめるというところ。知らない街をお気に入りの自転車で、のんびりと巡るなど、ダホンだからこそできることです。


この機会に、これぞという一台を手に入れて、より充実の自転車ライフをお過ごしください。これまで見たことの無い景色を見せてくれるはずです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事