1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. アウトドアグッズ
  6. >
  7. 釣り用クーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【ダイワ・シマノも!】
  • 釣り用クーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 釣り用クーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 釣り用クーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 釣り用クーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 釣り用クーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像5枚目

釣り用クーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【ダイワ・シマノも!】

釣った魚の鮮度を保つのに欠かせない釣り用クーラーボックス。フィッシングクーラーとも呼ばれますが、そのサイズ・容量は実に豊富で、どの大きさのものを選んだらいいのか、見分けるのは難しいですよね。せっかくなら自分の使い方に合うものを選びたいものです。

そこで今回は、釣り用クーラーボックスの選び方を解説するとともに、おすすめ商品の人気ランキングをご紹介したいと思います。シマノやダイワなどの商品も多数ランクインしていますよ。ぜひ参考にしてみてください!
  • 最終更新日:2020年07月30日
  • 222,354  views
目次

釣り用クーラーボックスの選び方

釣り用のクーラーボックスは、まずはサイズと保冷力で選ぶのが基本です。その後で付加機能をチェックしていけば、あなたにぴったりのものを見つけられますよ。

「どこでなにを釣るか」考えて、容量を選ぶ

釣り用のクーラーボックスにはさまざまな容量があります。どこで使うのか、何を釣るのかによって使いやすいサイズは変わってきます。

堤防でアジ・メバルなどを釣るなら「~20L未満」の小型サイズを

堤防でアジ・メバルなどを釣るなら「~20L未満」の小型サイズを
堤防での釣りが多い方や小魚を中心に狙う方は、20L未満の小型サイズを選ぶのがおすすめです。重量も5kgまでのものがほとんどなので、女性でも無理なく持てるようになっています。

船釣りのようなシーンでは容量不足になることがありますので、もう少し大きめを選んだ方が安心です。

堤防から船まで使える「20~39L」の中型サイズ

堤防から船まで使える「20~39L」の中型サイズ
中型のサイズはちょっとの船釣りにも対応できる大きさです。初めてクーラーボックスを買う方はこのサイズを選ぶのがおすすめ。シーバスや真鯛、ヒラメなど中型の魚も入る容量ですし、小魚を釣るのなら、たっぷり氷を入れてもまだ余裕があります。

本格的な船釣りには少し物足りない容量ですが、堤防釣りにも使いやすく、1つ持っておくと便利ですよ。

船釣りなどで大物を狙うときは「40L以上」の大型サイズを

船釣りなどで大物を狙うときは「40L以上」の大型サイズを
船釣りが中心になる方には、40L以上ある大型のサイズがおすすめです。中型の魚ならたっぷり入るので釣果が良い日も安心です。ブリやカンパチなどの大物を狙うのならば、80Lや100Lクラスなど、さらに大きめを選んでおく方が良いでしょう。

40L以上のクーラーボックスにはキャスター付きのものも多いですから、こうしたものなら移動もさせやすくて便利です。

「内寸」は魚の大きさに合わせて

「内寸」は魚の大きさに合わせて
クーラーボックスを購入するときは、必ずスペック表に記載されている「内寸サイズ」も確認しましょう。釣り用のクーラーボックスは断熱材が入っているため、内寸と外寸では5cm以上異なるものも多いです。

オフショアで70cm~1m級の魚を釣るなら、内寸80cm以上は欲しいところ。斜めに入れれば長寸の青魚なども折らずに運ぶことができます。自分が釣る魚の平均サイズを目安に、少し余裕のある大きさを選ぶと良いでしょう。

断熱材の種類から保冷力をチェック

使用されている断熱材により、保冷力や価格は大きく異なります。ここでは主に使用されている3種類の断熱材を紹介しますので、予算も念頭に適切なものを選んでいきましょう。

発泡ウレタン:価格と保冷力のバランスがよく、使いやすい

発泡ウレタン:価格と保冷力のバランスがよく、使いやすい
釣り用クーラーボックスの中でも最も多いのが、発泡ウレタン。安定した保冷力を求める方におすすめです。

発泡スチロールに比べると1.5倍ほどの保冷力があり、価格も比較的手頃。夏場の使用も可能です。厚みが増すほど保冷力も増していき、6cmほどの厚さがあれば高い断熱効果が期待できます。ただ重さと価格も増していくので、よく比較して用途に合ったものを選びましょう。

発泡スチロール:最も価格が安く、気軽に使える

発泡スチロール:最も価格が安く、気軽に使える
価格優先で選びたい方には、発泡スチロールをおすすめします。釣り用クーラーボックスとしては最も価格が安く、数千円で手に入れることができます。買い換えを前提に、破損を気にせず使えるところも嬉しいですね。

保冷力には期待できず、真夏の使用には向きません。移動時間が短いなら、氷をたっぷり入れれば使用できますが、容量を圧迫してしまうので魚があまり入らないことが難点です。

真空断熱パネル:保冷力抜群!夏の長時間のフィッシングにも

真空断熱パネル:保冷力抜群!夏の長時間のフィッシングにも
とにかく保冷力を重視したいという方は、真空断熱パネルを選びましょう。内部を真空状態にするため、クーラーボックスの中で最も保冷力に優れています。夏に長時間釣りをするという場合でも心配いりません。

しかし価格が高価で、どこか一部でも破損すると保冷力が発揮できなくなるところがデメリット。ぶつけたり落としたりしないように扱いましょう。

投入口付きなら冷気を逃がしにくい

投入口付きなら冷気を逃がしにくい
一部分だけ開閉できる投入口付きなら、フタ全体を開けずに釣った魚をしまえるので、クーラーボックス内の冷気が維持されやすいですよ。真夏の使用にぴったりです。

投入口は2ヵ所ついたものや、ワンタッチボタンで開けられるものも。これならフタを開けている間に魚を滑り落とす…、なんてことも減りそうですね。

座れる強度があれば、椅子代わりにも

岸壁や堤防でのフィッシングには、椅子が欠かせないという方も居るのではないでしょうか。そんな方には、フタに腰掛けられるものがおすすめです。座っても耐えられるだけの十分な強度があり、椅子代わりに使っても破損する心配がありません。

腰掛けられるかどうかは購入時にしっかりチェックしましょう。フタに投入口があるものや、腰掛禁止となっているものには座らないようにしてください。

「水抜き栓」があると、海水を抜くのが簡単

「水抜き栓」があると、海水を抜くのが簡単
中型以上のクーラーボックスでは、水抜き栓が付いているかどうか確認しましょう。釣りを楽しんでいる最中は、クーラーボックスに海水と氷を入れてキンキンに冷やし、魚が暴れることによる傷みを防ぎます。

帰るときは水抜き栓を開けて排水すればOK!氷と魚の間に新聞紙などでワンクッション入れておけば、氷焼けせずおいしく食べることができますよ。また水抜き栓があれば、クーラーボックスを洗浄するときも楽ちんです。

フタが外せるものはお手入れラクラク

フタが外せるものはお手入れラクラク
クーラーボックスはどうしても魚の臭いが付きやすいものです。お手入れのしやすさを考慮するならフタが外せるものを選びましょう。

普段は水洗いでOKですが、繰り返し使ううちにそれだけでは落ちにくくなります。臭いが強くなってきたら、洗剤で洗ったり、クーラーボックス洗浄剤をつけ置きしたりすると良いでしょう。その際フタが外せるとお手入れが楽に行えますよ。

予備用には「保冷バッグ」を用意して

予備用には「保冷バッグ」を用意して
持っていくクーラーボックスの容量に不安があるときは、予備としてソフトタイプの保冷バッグを用意するのがおすすめです。軽くて持ち運びやすく、保冷剤+小魚くらいならば十分入ります。コンパクトに折りたたむこともできますから、荷物を圧迫することもないですよ。

ただ保冷力はかなり弱く、水を入れると漏れてしまうことも。あくまでも予備として考えましょう。

釣り用クーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選

お待たせしました!ここからは、おすすめの釣り用クーラーボックスをランキング形式で発表していきたいと思います!いろいろな商品をご紹介しますので、あなたにぴったりの商品が必ず見つかるはずですよ。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月10日時点)をもとにして順位付けしています。

15位
容量32L
外寸31.5×69×34cm
内寸22×56.5×24.5 cm
断熱材の種類真空パネル6面+ウレタン
投入口×
椅子としての使用
水抜き栓
フタの取り外し
14位
容量25L
外寸31×58×33.5cm
内寸22×43×25.5cm
断熱材の種類スチロール
投入口×
椅子としての使用
水抜き栓
フタの取り外し
13位
容量25L
外寸30.5×68.5×32cm
内寸22×50×23cm
断熱材の種類発泡ポリスチレン+真空3面パネル
投入口×
椅子としての使用
水抜き栓
フタの取り外し
12位
容量25L
外寸30.5×68.5×32cm
内寸22×50×23cm
断熱材の種類1面真空パネル+発泡ポリスチレン
投入口×
椅子としての使用
水抜き栓
フタの取り外し
11位
容量25L
外寸33×53.5×39cm
内寸15×38.5×31cm
断熱材の種類1面真空パネル+発泡ウレタン
投入口×
椅子としての使用×
水抜き栓×
フタの取り外し×
10位
容量50L
外寸37.5×86×33.5cm
内寸28.5×73×23cm
断熱材の種類ウレタン
投入口
椅子としての使用×
水抜き栓
フタの取り外し
9位
容量26L
外寸30.6×53×33cm
内寸24×41.5×26.5cm
断熱材の種類発泡ポリスチレン
投入口×
椅子としての使用
水抜き栓
フタの取り外し
8位
容量約34L
外寸62×35×34cm
内寸約47×24×26cm
断熱材の種類超高密度ウレタンフォーム
投入口×
椅子としての使用-
水抜き栓×
フタの取り外し×
7位
容量48L
外寸76.5×35×36cm
内寸65×25.5×26.5cm
断熱材の種類発泡スチロール
投入口
椅子としての使用×
水抜き栓
フタの取り外し×
6位
容量25L
外寸30.5×65.7×32cm
内寸22cm×50cm×23cm
断熱材の種類発泡ポリスチレン
投入口×
椅子としての使用
水抜き栓
フタの取り外し
5位
容量16L
外寸30×47×30cm
内寸21.5×33×22cm
断熱材の種類スチロール
投入口
椅子としての使用
水抜き栓
フタの取り外し
4位
容量6L
外寸23×31×23cm
内寸15×23×17cm
断熱材の種類スチロール
投入口
椅子としての使用
水抜き栓×
フタの取り外し×
3位
容量26L
外寸30.6×53×33cm
内寸24×41.5×26.5cm
断熱材の種類発泡ポリスチレン
投入口×
椅子としての使用
水抜き栓×
フタの取り外し
2位
容量24L
外寸45×31.5×35cm
内寸22×36×27cm
断熱材の種類スチロール
投入口×
椅子としての使用×
水抜き栓
フタの取り外し×
1位
容量21L
外寸32×50×33cm
内寸23.5×36×24cm
断熱材の種類1面真空パネル+発泡ウレタン
投入口
椅子としての使用
水抜き栓
フタの取り外し

人気釣り用クーラーボックスの比較一覧表

商品画像
1
釣り用クーラーボックス グローブライド プロバイザーHD SU 2100X 1枚目

グローブライド

2
釣り用クーラーボックス グローブライド スノーライン S2400 1枚目

グローブライド

3
釣り用クーラーボックス シマノ ホリデー クール 260 1枚目

シマノ

4
釣り用クーラーボックス グローブライド クールライン S 600X 1枚目

グローブライド

5
釣り用クーラーボックス グローブライド プロバイザーHD S 1600X 1枚目

グローブライド

6
釣り用クーラーボックス シマノ スペーザ ライト 250 1枚目

シマノ

7
釣り用クーラーボックス 伸和 ホリデーランドクーラー 1枚目

伸和

8
釣り用クーラーボックス igloo(イグルー) マリーンウルトラ 36 1枚目

igloo(イグルー)

9
釣り用クーラーボックス シマノ フリーガ ライト 260

シマノ

10
釣り用クーラーボックス グローブライド トランク大将II GU 5000X 1枚目

グローブライド

11
釣り用クーラーボックス グローブライド シークールキャリーII  SU 2500 1枚目

グローブライド

12
釣り用クーラーボックス シマノ スペーザ ベイシス 250 1枚目

シマノ

13
釣り用クーラーボックス シマノ スペーザ リミテッド 250 キャスター付 1枚目

シマノ

14
釣り用クーラーボックス グローブライド クールラインα II S2500  1枚目

グローブライド

15
釣り用クーラーボックス グローブライド ライトトランクα ZSS3200 S 1枚目

グローブライド

商品名

プロバイザーHD SU 2100X

スノーライン S2400

ホリデー クール 260

クールライン S 600X

プロバイザーHD S 1600X

スペーザ ライト 250

ホリデーランドクーラー

マリーンウルトラ 36

フリーガ ライト 260

トランク大将II GU 5000X

シークールキャリーII SU 2500

スペーザ ベイシス 250

スペーザ リミテッド 250 キャスター付

クールラインα II S2500

ライトトランクα ZSS3200 S

特徴多彩なシーンで活躍するオールラウンダー24Lの容量で3.0kg。アウトドアでも活躍してくれる軽さと保冷力で選びたい人に!コンパクトだけれど実用的!コンパクトで座れる!堤防釣りにおすすめ横長タイプだから大型魚も余裕を持って入れられるひとつひとつが手作り。長期にわたって使えるモデルコスパ優先の方におすすめ!肩に掛けて運べるショルダー付き大物が釣れた時でもサッと入れられる上フタが便利電車での釣行にも便利なキャリーハンドル&キャスター付き保冷時間45時間!夏場も安心移動も楽な高機能タイプのクーラーボックス両開きフタで使い勝手バツグンの汎用クーラー6面真空モデルながらも4.6kgのライト&ロングボディ
最安値
21,949
送料要確認
詳細を見る
7,500
送料要確認
詳細を見る
6,850
送料要確認
詳細を見る
4,620
送料要確認
詳細を見る
11,200
送料要確認
詳細を見る
12,870
送料要確認
詳細を見る
7,181
送料無料
詳細を見る
6,694
送料要確認
詳細を見る
8,225
送料要確認
詳細を見る
31,500
送料要確認
詳細を見る
20,775
送料無料
詳細を見る
15,732
送料要確認
詳細を見る
26,379
送料無料
詳細を見る
9,349
送料要確認
詳細を見る
33,240
送料要確認
詳細を見る
容量21L24L26L6L16L25L48L約34L26L50L25L25L25L25L32L
外寸32×50×33cm45×31.5×35cm30.6×53×33cm23×31×23cm30×47×30cm30.5×65.7×32cm76.5×35×36cm62×35×34cm30.6×53×33cm37.5×86×33.5cm33×53.5×39cm30.5×68.5×32cm30.5×68.5×32cm31×58×33.5cm31.5×69×34cm
内寸23.5×36×24cm22×36×27cm24×41.5×26.5cm15×23×17cm21.5×33×22cm22cm×50cm×23cm65×25.5×26.5cm約47×24×26cm24×41.5×26.5cm28.5×73×23cm15×38.5×31cm22×50×23cm22×50×23cm22×43×25.5cm22×56.5×24.5 cm
断熱材の種類1面真空パネル+発泡ウレタンスチロール発泡ポリスチレンスチロールスチロール発泡ポリスチレン発泡スチロール超高密度ウレタンフォーム発泡ポリスチレンウレタン1面真空パネル+発泡ウレタン1面真空パネル+発泡ポリスチレン発泡ポリスチレン+真空3面パネルスチロール真空パネル6面+ウレタン
投入口××××××××××
椅子としての使用××-××
水抜き栓××××
フタの取り外し×××××
商品リンク

保冷剤も見たい方は、こちらから

クーラーボックスを冷やすには、保冷剤が便利です。氷のように溶けて水浸しになることもなく、また洗って繰り返し使えるので経済的です。釣りには保冷時間の長いものがおすすめです。以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

釣り用クーラーボックスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、釣り用クーラーボックスのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

おすすめの釣り用クーラーボックスランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?どこでどんな魚を釣るのかシチュエーションを考えながら選べば、あなたのフィッシングにぴったりのものが見つかるはずです。

堤防や岸壁、船釣りなどで、じゃんじゃん釣れるシーンを思い浮かべつつ、最適なクーラーボックスを選んでみてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す