• タモのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみタイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • タモのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみタイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • タモのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみタイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • タモのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみタイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • タモのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみタイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

タモのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみタイプも!】

タモは玉網やランディングネットとも呼ばれ、魚を取り込むために必要なアイテム。シーバスのような大物がヒットしてもタモがなければ、せっかく釣った魚がバレてしまうことも少なくありません。でも、ダイワやプロックスなどのメーカーから、さまざまな長さや大きさのタモが販売されているため、どれを購入すればよいか迷ってしまう方も多いはず。

そこで今回は、タモの選び方と、Amazonや楽天などの通信販売でも購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。便利な折りたたみタイプや、使いやすい軽量のものもランクインしていますよ。ベストなタモを選んで、大物を釣り上げましょう!
  • 最終更新日:2019年04月19日
  • 31,132  views
目次

タモの選び方

まずは、タモの選び方についてご紹介します。一見どれも同じように見えるタモですが、サイズやフレームの形によって使いやすさが大きく異なるため、選び方のポイントをおさえて使いやすいものを選びましょう。

釣り場によって最適な長さを選ぼう

釣り場によって最適な長さを選ぼう
タモ選びの一番のポイントは、釣り場に最適な柄の長さを選ぶことです。タモは魚を取り込むための道具ですので、海面に届かなければ使うことができません。普段釣りをしている場所があるならば、その場所の高さに合わせたタモを選んでください。釣り場から海面までの距離に1mを足した長さのタモを購入しましょう。

柄の長いタモはさまざまな釣り場に対応できるため、ついつい長いものを購入しがちですが、その分重さもあるため、持ち運びにくく扱いづらくなってしまいます。足場の高い場所や磯などで釣りをする際には6~7mは必要になりますが、初めてタモを購入するという方はまずは、平均的なサイズの5m程度の長さのタモがおすすめです。

軽量のものなら魚を取り込みやすい

軽量のものなら魚を取り込みやすい
タモは軽量なものを選ぶことをおすすめします。タモはたたんだまま持っているとあまり重くは感じませんが、伸ばして使用する際には重くて使いにくいと感じる方も多いはず。特に、一人で釣りをするときは片手でタモを操作しなければなりません。重いタモだと扱いづらく魚を逃がしてしまうことも。価格は高価になりますが、カーボン含有率の高いものだと軽くて耐久性もあり、操作性もよいのでおすすめですよ。

フレーム選びも重要なポイント

タモのフレームも選ぶ際の重要なポイントです。タモのフレームは大きいほど魚を取り込みやすいですが、その分タモを腰にさして移動する際には動きづらくなるというデメリットも。シーバスなどの大物を狙う以外は、フレームの直径は45~50cmあれば十分です。また、タモには丸型・オーバル型の形の違いや、折りたたみできるかなどで使いやすさも異なるため、選ぶ際の参考にしてください。

初心者におすすめの「丸型」、魚をすくいやすい「オーバル型」

初心者におすすめの「丸型」、魚をすくいやすい「オーバル型」

出典:amazon.co.jp

フレームの形は大きく、丸型とオーバル型の2種類に分けることができます。一般的なフレームの形は丸型です。だ円やなみだの形をしたオーバル型は丸型よりも魚をすくいやすいと言われています。タモの大きさや形の好みは個人差が大きいため、初めてタモを購入するという方はまずは丸型を購入してみましょう。

折りたたみタイプなら収納・持ち運びもラクラク!

折りたたみタイプなら収納・持ち運びもラクラク!

出典:amazon.co.jp

フレームには折り曲げてコンパクトに折りたたむことができるタイプと、ジョイントのないワンピースタイプの2種類があります。折りたたみタイプだと収納場所に困りませんし、ロッドケースに収納できるので持ち運びしやすくおすすめです。ワンピースタイプは収納面では劣りますが、ジョイントがないため強度に優れており、折りたたみタイプよりも長持ちします。

持ち運びに便利であることから、折りたたみタイプの方が人気がありますが、ワンピースタイプに比べると強度に欠けるため、重さのある魚を取り込むとジョイント部分が壊れてしまうことも。また、使用後はしっかり海水を落とさなければジョイント部分が腐食しやすくなるので、ご注意ください。

網目が細かく、深いものがおすすめ

網目が細かく、深いものがおすすめ

出典:amazon.co.jp

タモに付いている網は丈夫で深いものがおすすめです。長さのある魚も網の深さがあれば、簡単に取り込むことができますよ。また、網目の細かい網だとウキや仕掛けを回収でき、サングラスなどを落としてしまっても回収することが可能です。

購入したタモの網が使いにくいと感じる場合は、替え網を購入して交換しましょう。その際は、フレームと同じサイズの網を購入してください。魚を取り込んだ際に魚が傷つかないようにラバーコーティングがされている網なども販売されていますよ。

その他のパーツにも注目!

タモを使いやすくするアイテムとして、ジョイントパーツとタモホルダーの2種類があります。タモにセットになっているものもありますが、付属していなければ別売りを購入しましょう。これらのパーツはなくてもタモを使えますが、あると機動性や携帯性がアップします。

ジョイントパーツがあれば機動性アップ

ジョイントパーツがあれば機動性アップ

出典:amazon.co.jp

タモの枠と柄の間にジョイントパーツを取り付けると、つなぎ目部分から折りたたむことができるようになり、機動性がアップします。ロック機能が付いているものは簡単に開くことができるため、大物が急にヒットした際にもサッと広げることができますよ。

タモホルダーがあれば持ち運びに便利

タモホルダーがあれば持ち運びに便利

出典:amazon.co.jp

タモホルダーは、ライフジャケットやベルトにタモを取り付けることができるようになるパーツです。手に持って運ばなければならないタモを簡単に持ち運びできるようになり、歩きながら釣りをする人におすすめ。ジョイントパーツと一緒に使うと、コンパクトに持ち運びできますよ。

タモのおすすめ人気ランキング10選

それでは、タモのおすすめ商品をご紹介します。選び方のポイントをおさえて、どんな場所で釣りをするかを考えながら、使いやすいものを選びましょう。
10位
長さ約180cm
重さ550g
フレーム約40cm(深さ約28cm)
折りたたみ
パーツ
9位
タモ 宇崎日新 宇崎日新 玉網 プロステージ ナンバー磯玉網セット 4004
出典:amazon.co.jp

宇崎日新宇崎日新 玉網 プロステージ ナンバー磯玉網セット 4004

13,465円 (税込)

長さ400cm
重さ455g
フレーム50cm
折りたたみ
パーツ
8位
長さ210cm
重さ750g
フレーム60cm(深さ約60cm)
折りたたみ
パーツベルトクリップ
7位
長さ390cm
重さ563g
フレーム約40×35cm
折りたたみ×
パーツショルダーベルト
6位
長さ540cm
重さ520g
フレーム55cm
折りたたみ
パーツ
5位
タモ OGK ランディングシャフトミニセット 340
出典:amazon.co.jp

OGKランディングシャフトミニセット 340

LSMS340

5,703円 (税込)

長さ300cm(柄のみ)
重さ456g
フレーム約35×40cm
折りたたみ
パーツカラビナ
4位
タモ 浜田商会 フレッシュパワー磯玉セット 630
出典:amazon.co.jp

浜田商会フレッシュパワー磯玉セット 630

3,480円 (税込)

長さ620cm
重さ668g
フレーム45cm
折りたたみ
パーツショルダーベルト
3位
タモ プロックス オールインワンソルト 500
出典:amazon.co.jp

プロックスオールインワンソルト 500

AIOS500

12,406円 (税込)

長さ500cm
重さ
フレーム約52×65cm
折りたたみ
パーツジョイントパーツ・タモホルダー
2位
タモ ASTARTE 折りたたみ玉網 ケースセット
出典:amazon.co.jp

ASTARTE折りたたみ玉網 ケースセット

AE0037

1,980円 (税込)

長さ約194cm
重さ約440g
フレーム幅約35cm・深さ約50cm
折りたたみ
パーツ
1位
タモ DAIWA タモ ランディングポール2 磯玉網45-50
出典:amazon.co.jp

DAIWAタモ ランディングポール2 磯玉網45-50

10,113円 (税込)

長さ506cm
重さ587g
フレーム45cm
折りたたみ
パーツショルダーベルト

便利な釣りグッズはほかにも!

下記のリンクでは、釣り用のライト・バケツ・腕時計についてご紹介しています。どれも釣りをより楽しく、快適にしてくれるアイテムですので、ぜひ併せて見てみてくださいね!

タモの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、タモのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

おすすめのタモについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。釣り場や狙う魚によって、必要なタモは異なります。選び方のポイントをおさえて、使いやすいベストなタモを見つけてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す