• ロッドベルトのおすすめ人気ランキング10選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ロッドベルトのおすすめ人気ランキング10選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ロッドベルトのおすすめ人気ランキング10選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ロッドベルトのおすすめ人気ランキング10選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ロッドベルトのおすすめ人気ランキング10選【ダイワ・シマノも!】のアイキャッチ画像5枚目

ロッドベルトのおすすめ人気ランキング10選【ダイワ・シマノも!】

釣り場までロッドを運ぶ際、数本まとめて束ねたり、2ピースロッドをまとめるのに便利なロッドベルト。ロッドケースと違い、長さや重さを気にすることなく気軽に使えるのが魅力です。どんなロッドにも対応してくれる、シンプルで万能なアイテムですよね。でもいざ選ぶとなると種類が多く、どれにすればいいのか迷ってしまいます。


そこで今回は、ロッドベルトの選び方と、通販で人気の商品をランキング形式でご紹介します。ダイワやシマノなどフィッシングメーカーのおすすめ商品や、人気のショルダータイプもランクイン!後半にはロッドベルトの巻き方も載せましたので、ぜひチェックしてください。

  • 最終更新日:2019年06月12日
  • 51  views
目次

ロッドベルトの選び方

まずはさっそく、ロッドベルトの選び方のポイントを見ていきましょう。

サイズは収納する本数に合わせて決めよう

サイズは収納する本数に合わせて決めよう

出典:amazon.co.jp

ロッドベルトのサイズは、一緒に巻き付けるロッドの本数に合わせて決めましょう。メーカーによって、長さをセンチメートルで表記したのもあれば、S~Lで表記されているものもあります。手持ちのロッドの種類や太さによっても合うサイズは変わってきます。


数本のロッドを束ねるなら20~25センチは必要ですが、2ピースロッドをまとめるなら15センチ以下のミニタイプでも十分。長さはマジックテープで比較的フレキシブルに調整でき、商品によっては自分でカットすることもできるので、迷った場合はひと回り大きいものを選んでおくと確実ですよ。

クッション性が高く、厚いものが◎

クッション性が高く、厚いものが◎

出典:amazon.co.jp

次に注目したいのは素材の厚みです。ロッドが傷つかないようクッション性の高い、厚みのあるものを選ぶようにしましょう。多くのロッドベルトには、ネオプレーンなどの柔らかい素材が使われています。それでも、持ち運んでいる最中にロッドの先などが触れあってしまうこともあります。


ロッドベルトに厚みがあれば、ロッド同士がより触れあいにくくなり、外からの衝撃にも受けにくくなります。4~5mmが平均的ですが、より万全を期すなら7~8mm目安に、クッション性にも注目してみてくださいね。

ガイドに通すスリットがあると安定感UP

ガイドに通すスリットがあると安定感UP

出典:amazon.co.jp

ロッドベルトにガイドに通すスリット(穴)があるかどうかも、チェックしたいポイントです。スリットがあると巻き付けやすく、数本束ねてもズレにくいのでより安定して持ち運べます。ロッドが滑落する、ということもありませんよ。


このタイプを選ぶときは、スリットのサイズも確認しておきましょう。手持ちのロッドのガイドと比較して、大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい大きさの穴が空いていると、より安定して巻き付けることができます。

しっかり保護するなら、ティップカバーつきを

しっかり保護するなら、ティップカバーつきを

出典:amazon.co.jp

ロッドの先端(ティップ)までしっかり保護したいという方は、ティップカバーがついているロッドベルトを選びましょう。運んでいる最中に、デリケートなティップが傷ついたり折れたりしないよう、保護してくれます。


車で移動するときの振動や、電車やバスでのちょっとした接触も、ティップにダメージを与える原因に。ソリッドティップなど、細く折れやすいロッドを使っている方には特に必要なアイテムと言えるでしょう。


ティップカバーもマジックテープで留められるものだと、しっかり取り付けることができるので、より使いやすいですよ。

ショルダーベルトがあれば、両手が空いて便利

ショルダーベルトがあれば、両手が空いて便利

出典:amazon.co.jp

最後にチェックしたいのが、ショルダーベルトがついているかどうかです。ショルダーベルトがついていると、ロッドケースを使っているように両手が空くので、持ち運びがより手軽になります。他の荷物を運ぶ際にも便利ですよ。


特に釣り場についてからも移動が多い、ランガンにおすすめです。ただ、思いのほかロッドが外に飛び出すので、持ち運びの際には、周りの人や物にぶつからないよう、十分気を付けてくださいね。

ロッドベルトのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ロッドベルトのおすすめ人気商品を、ランキング形式で10選ご紹介します。

10位

CHONMAGE FISHINGロッドベルト ワイドロング

589円 (税込)

サイズ33×5cm
厚さ5mm
スリット×
ティップカバー×
ショルダーベルト×
9位

シマノロッドベルトフレックストップカバー

BE-031G

1,106円 (税込)

サイズ23×7cm(M)
厚さ3mm
スリット×
ティップカバー
ショルダーベルト×
8位

マズメロッドケース 2ピースロッドティップカバー

MZAS-321-01

772円 (税込)

サイズ23×2.5cm
厚さ4.5mm
スリット×
ティップカバー○(19×4cm、1.5mm)
ショルダーベルト×
7位
サイズ24.5×3cm
厚さ4mm
スリット○(3×0.2cm)
ティップカバー×
ショルダーベルト×
6位
ロッドベルト クロスファクター ロッドキャリーベルト 1枚目
出典:amazon.co.jp

クロスファクターロッドキャリーベルト

ANC712

969円 (税込)

サイズ-
厚さ-
スリット×
ティップカバー×
ショルダーベルト
5位
サイズ12cm
厚さ-
スリット×
ティップカバー×
ショルダーベルト×
4位
サイズ25×3cm
厚さ3mm
スリット
ティップカバー×
ショルダーベルト×
3位
ロッドベルト ダイワ ロッドベルト ネオショルダーベルト 1枚目
出典:amazon.co.jp

ダイワロッドベルト ネオショルダーベルト

1,603円 (税込)

サイズ32×3.5cm
厚さ-
スリット
ティップカバー×
ショルダーベルト
2位
サイズ24.5×3cm
厚さ4mm
スリット○(3×0.5cm)
ティップカバー×
ショルダーベルト×
1位

SIB株式会社オルルド釣具 ティップカバー

qb500080a01n0

531円 (税込)

サイズ20×2.5cm
厚さ-
スリット×
ティップカバー○(14.5×4.2cm)
ショルダーベルト×

人気ロッドベルトの比較一覧表

商品画像
1
ロッドベルト SIB株式会社 オルルド釣具 ティップカバー 1枚目

SIB株式会社

2
ロッドベルト Funshare 釣りロッドベルト 1枚目

Funshare

3
ロッドベルト ダイワ ロッドベルト ネオショルダーベルト 1枚目

ダイワ

4
ロッドベルト L-park ロッドベルト 1枚目

L-park

5
ロッドベルト エバーグリーン ロッドベルトミニ 1枚目

エバーグリーン

6
ロッドベルト クロスファクター ロッドキャリーベルト 1枚目

クロスファクター

7
ロッドベルト Lindexs 釣りロッドベルト 1枚目

Lindexs

8
ロッドベルト マズメ ロッドケース 2ピースロッドティップカバー  1枚目

マズメ

9
ロッドベルト シマノ ロッドベルトフレックストップカバー 1枚目

シマノ

10
ロッドベルト CHONMAGE FISHING ロッドベルト ワイドロング 1枚目

CHONMAGE FISHING

商品名

オルルド釣具 ティップカバー

釣りロッドベルト

ロッドベルト ネオショルダーベルト

ロッドベルト

ロッドベルトミニ

ロッドキャリーベルト

釣りロッドベルト

ロッドケース 2ピースロッドティップカバー

ロッドベルトフレックストップカバー

ロッドベルト ワイドロング

特徴ロッドの先までしっかりカバー!持ち運びに便利なロッドベルトシンプルで使いやすい!スリットがあるから固定もしっかりランガンにおすすめ!両手が空くから便利程よい伸縮性と滑り止め機能で、ロッドをしっかりまとめられるサッとまとめるのにちょうどいいミニサイズ肩掛けして運べるから遠征に便利お得な5本セットで、ロッド本数が多い人でも安心ベルトとティップカバーのダブル使いで、ロッドをしっかり保護ロッドの先端を守ってくれる安心感がGood裏面がラバー素材だからロッドがズレない
価格531円(税込)390円(税込)1,603円(税込)380円(税込)562円(税込)969円(税込)168円(税込)772円(税込)1,106円(税込)589円(税込)
サイズ20×2.5cm24.5×3cm32×3.5cm25×3cm12cm-24.5×3cm23×2.5cm23×7cm(M)33×5cm
厚さ-4mm-3mm--4mm4.5mm3mm5mm
スリット×○(3×0.5cm)××○(3×0.2cm)×××
ティップカバー○(14.5×4.2cm)××××××○(19×4cm、1.5mm)×
ショルダーベルト××××××××
商品リンク

ロッドベルトの巻き方

ロッドベルトは巻き方が肝心。しっかり固定できていないと、ズレによってロッドが傷ついたり落下したりしてしまいます。


スリットがないシンプルなロッドベルトの場合は、まとめるロッドの中から太めのものを選んでください。1本めに半周させたら、残りのロッドを束ねてぐるりと巻き付ければOK。こうすれば、しっかりまとまるはずです。


スリットがあるベルトの場合、まずスリットにガイドを通してから同じ作業をします。マジックテープで留めるときは、ガイドの上から巻き付けて大丈夫。ロッドが傷つかないよう、またロッドが動かないように、きつすぎずゆるすぎずの程よい力加減で巻くことが大切です。

釣行の時に便利!ロッドケースも要チェック

遠征の場合は、ロッド以外にもいろいろと持ち物が増えますよね。そんな時は、荷物をひとまとめにできるロッドケースが便利です。こちらの記事では、ロッドケースのおすすめ商品がランキング形式で紹介されています。ぜひチェックしてくださいね。

ロッドベルトの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ロッドベルトのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ロッドベルトのおすすめ人気商品をご紹介してきましたが、気になる商品はありましたか?


束ねる釣り竿の本数や、移動手段によっても使いやすいロッドベルトは変わってきます。自分のスタイルに合ったものを選んで、より快適にフィッシングを楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す