• タルト型の最強おすすめ人気ランキング10選!のアイキャッチ画像1枚目
  • タルト型の最強おすすめ人気ランキング10選!のアイキャッチ画像2枚目
  • タルト型の最強おすすめ人気ランキング10選!のアイキャッチ画像3枚目
  • タルト型の最強おすすめ人気ランキング10選!のアイキャッチ画像4枚目
  • タルト型の最強おすすめ人気ランキング10選!のアイキャッチ画像5枚目

タルト型の最強おすすめ人気ランキング10選!

フルーツタルトやアップルパイなどのお菓子やキッシュを作る時には欠かせない「タルト型」。タルトレット型とも呼ばれていますが、最近ではセリアやダイソーなどの100均ショップでもよく見かける人気アイテムです。波型・長方形・ハート型・フラットタイプなど様々な形状があり、アルミニウム・シリコンなど材質や大きさもバラエティ豊かなので、どんなタルト型を購入すべきか迷ってしまいますよね。

そこで、今回はおすすめのタルト型をランキング形式でご紹介します。選び方のポイント、外し方のコツも合わせ参考にしてくださいね。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 87,931  views
目次

タルト型の選び方のポイントは?

タルト型は形状や大きさも様々で、材質や加工など購入するときにチェックすべきポイントがいくつかあります。これからご紹介する選び方のポイントを押さえて、あなたにあったタルト型を見つけてくださいね。

形や大きさで選ぶ

まずはどんなタルトを作りたいか考えてみましょう。スタンダードなものなら波型、小さいタルトをたくさん作りたいならミニタルト型、個性的なタルトやキッシュが作りたいなら長方形や花形・ハート形などがおすすめです。

作りたいレシピが決まったら型の号数や何cmか内径をチェックしておきましょう。お菓子作りが趣味という方なら、大・中・小と3種類ほどサイズを揃えておくと重宝しますよ。

人数とサイズの目安

人数とサイズの目安
型の大きさや号数には色々な種類があるので、どれを購入したらいいか分からないと思います。レシピの分量にもよりますが、人数に合わせた選び方を覚えておきましょう。

・4号12cmの型で2~4人分
・5号15cmの型で4~6人分
・6号18cmの型で6~8人分
・7号21cmの型で8~10人分
・8号24cmの型で10~12人分

ある程度の目安ですが覚えておくと購入するときに便利です。

どんな加工が施されているかは要チェック!

フッ素などの加工が施されていると、型が外しやすいだけでなくお手入れも簡便になります。タルト作りは生地やクリーム、そしてフルーツのカットから焼く作業までさまざまな工程があるので時間と手間がかかるもの。最後の片付けくらいはラクに済ませたいですよね。

お手入れラクラク!フッ素加工

フッ素加工とは金属にフッ素樹脂を吹き付けた加工のことで、フライパンなどでフッ素の効果を実感している方の多いのではないでしょうか。タルト型にもフッ素樹脂加工されたものがあります。くっつき防止になるだけでなく、こびりつきにくくお手入れが簡単です。

テフロン加工はデュポン社の登録商標

テフロン加工はデュポン社の登録商標

出典:amazon.co.jp

フッ素加工とテフロン加工は実は同じ加工なのですが、テフロン加工とはデュポン社の登録商標のため、デュポン社のみが使える名称となっています。星マークの数が多いほど価格は高くなりますが、その分傷に強く耐久性に優れているので長持ちします。

シリコン加工も登場

シリコン素材は、繰り返し使えるお弁当カップなどで使ったことがある方も多いと思います。シリコン加工されたタルト型は、ケイ素樹脂を金属に吹き付けて加工してあるので、シリコン型では難しかったきれいな焼き目を付けられます。

油を吸収してしまうので使う前にお湯と洗剤できれいに洗う必要がありますが、型離れがいいので愛用している方が多いです。

加工なしのタルト型は?

加工なしのタルト型は?

出典:amazon.co.jp

フッ素やシリコンなどの加工がされていないステンレスなどのタルト型ですが、最初はどうしてもくっついてしまいます。クッキングペーパーなどを敷いて使っているうちに油が馴染んでくっつきにくくなっていくそう。

フッ素加工はいずれ剥がれてしまいますが、ステンレスは丈夫で長く愛用できるので、型を育てていくという楽しみ方もできますね。

底取式かどうかをチェック

底取式は、割れやすく扱いが難しいタルトを作るのに便利な機能です。バターの分量が少ない生地だと型にくっつくことがあるので、外そうとして欠けたり割れてしまうことも。フッ素加工されているものに加え、底取式になっていると外しやすいので特に初心者さんにおすすめです。

また、焼き色を見たいときに底取式なら簡単に確認できますよ。一体型よりお値段は高くなってしまいますが、外しやすい底取式をおすすめします。

タルト型のおすすめ人気ランキング10選

おすすめのタルト型を売れ筋順にランキング形式でご紹介していきます。どのようなタルト型が売れているのでしょうか?同時に大きさ・材質・形状などの違いについても注目してみましょう。
10位

パール金属テフロンセレクト加工タルト型20cm

D-4614

727円 (税込)

サイズ(約)20×20×2.5cm
重量(約)130g
材質鉄(フッ素樹脂加工)
9位
サイズ(内径)10×10×2.1cm、底内径)9cm
重量54g
材質スチール(フッ素樹脂加工)
8位
タルト型 タルトレット焼き型10枚組 波型タルト型小
出典:amazon.co.jp

タルトレット焼き型10枚組 波型タルト型小

900円 (税込)

サイズ(外径)7×7×2.6cm
重量-
材質-
7位
タルト型 パール金属 ラフィネ フッ素加工タルト型16cm底取式
出典:amazon.co.jp

パール金属ラフィネ フッ素加工タルト型16cm底取式

D-6123

978円 (税込)

サイズ(約)16×16×2cm、底径14.5cm
重量(約)110g
材質鉄(フッ素樹脂塗膜加工)
6位

パール金属ステンレス製タルト型底取式16cm

D-4616

761円 (税込)

サイズ(約)16×16×2.2cm
重量(約)110g
材質ステンレス鋼
5位

タイガークラウンblackマルグリット型

1,209円 (税込)

サイズ16.9×16.9×4cm
重量180g
材質スチール(シリコン樹脂加工)
4位

タイガークラウンアルブリット 長方形タルト型

833円 (税込)

サイズ9.9×24.7×2.3cm
重量70g
材質アルミニウム(フッ素樹脂2コート)
3位

貝印しっかり焼けて手早く取れる 底取式のタルト型21cm

DL-6152

997円 (税込)

サイズ21×21×3cm
重量-
材質鉄(フッ素樹脂塗膜加工)
2位
タルト型 貝印 貝印×クックパッド ちょうどいい食べきりサイズのタルト型
出典:amazon.co.jp

貝印貝印×クックパッド ちょうどいい食べきりサイズのタルト型

DL-8012

880円 (税込)

サイズ12.2×12.2×2.7cm
重量71g
材質鉄(フッ素樹脂)
1位

貝印しっかり焼けて手早く取れるタルト型 18cm

874円 (税込)

サイズ18×18×2.6cm
重量-
材質鉄(フッ素樹脂塗膜加工)

おすすめ人気 タルト型の比較一覧表

商品画像
1
タルト型 貝印 しっかり焼けて手早く取れるタルト型 18cm

貝印

2
タルト型 貝印 貝印×クックパッド ちょうどいい食べきりサイズのタルト型

貝印

3
タルト型 貝印 しっかり焼けて手早く取れる 底取式のタルト型21cm

貝印

4
タルト型 タイガークラウン アルブリット 長方形タルト型

タイガークラウン

5
タルト型 タイガークラウン blackマルグリット型

タイガークラウン

6
タルト型 パール金属 ステンレス製タルト型底取式16cm

パール金属

7
タルト型 パール金属 ラフィネ フッ素加工タルト型16cm底取式

パール金属

8
タルト型 タルトレット焼き型10枚組 波型タルト型小

9
タルト型 GOBEL ミラソン φ100mm

GOBEL

10
タルト型 パール金属 テフロンセレクト加工タルト型20cm

パール金属

商品名

しっかり焼けて手早く取れるタルト型 18cm

貝印×クックパッド ちょうどいい食べきりサイズのタルト型

しっかり焼けて手早く取れる 底取式のタルト型21cm

アルブリット 長方形タルト型

blackマルグリット型

ステンレス製タルト型底取式16cm

ラフィネ フッ素加工タルト型16cm底取式

タルトレット焼き型10枚組 波型タルト型小

ミラソン φ100mm

テフロンセレクト加工タルト型20cm

特徴サイズがちょうどいい!と人気の18cmクックパッドの少人数サイズレシピ付き21cmは8~10人用の少し大きめサイズ初心者から上級者まで使える長方形型きれいな花のデザインが魅力的丈夫でリーズナブルな価格がうれしい底が外れるので取り出しやすい小ぶりな花形で食卓が華やかにフランス製のフラットタイプテフロン加工で外しやすくお手入れも簡単!
価格874円(税込)880円(税込)997円(税込)833円(税込)1,209円(税込)761円(税込)978円(税込)900円(税込)659円(税込)727円(税込)
サイズ18×18×2.6cm12.2×12.2×2.7cm21×21×3cm9.9×24.7×2.3cm16.9×16.9×4cm(約)16×16×2.2cm(約)16×16×2cm、底径14.5cm(外径)7×7×2.6cm(内径)10×10×2.1cm、底内径)9cm(約)20×20×2.5cm
重量-71g-70g180g(約)110g(約)110g-54g(約)130g
材質鉄(フッ素樹脂塗膜加工)鉄(フッ素樹脂)鉄(フッ素樹脂塗膜加工)アルミニウム(フッ素樹脂2コート)スチール(シリコン樹脂加工)ステンレス鋼鉄(フッ素樹脂塗膜加工)-スチール(フッ素樹脂加工)鉄(フッ素樹脂加工)
商品リンク

簡単な外し方のコツ

フッ素加工の施されていないお手頃価格のタルト型は、ひっつきやすくて外すのが大変…。でも、事前にちょっとした手間を加えるだけで簡単に外せるようになります。以下でご紹介するコツをぜひ試してみてくださいね。

バターと小麦粉で下処理を

バターと小麦粉で下処理を
プロもやる方法ですが、ケーキを作るときなどはくっつきを防止するため、まずは型にバターを塗りましょう。ただ、これだけではくっつくことがあります。バターを塗った上から小麦粉を茶こしに入れて薄くまんべんなく振りかけましょう。手間はかかりますが、外すときのストレスが軽減しますよ。

アルミホイルなどを敷いておく

アルミホイルなどを敷いておく
アルミホイルやクッキングシートを敷いておけば、型の底部分が外れやすくなります。アルミホイルはできれば魚を焼くときのくっつかないアルミホイルがおすすめです。100均でも手に入りますよ。

つまようじを使って

つまようじを使って
タルトの側面がくっついてしまったときは、まずしっかり冷めるまで待ちましょう。粗熱が取れたらつまようじをそっと差し込んで型から外していきます。タルトの側面は欠けやすいので注意してくださいね。

まとめ

おすすめのタルト型をご紹介いたしましたがいかがでしたか?家族構成にもよりますが、初めての方はぜひ1位の商品を購入されることをおすすめします。アレンジを楽しみたい上級者の方も長方形・ミニタルト型・フラットタイプの型で色々なレシピにチャレンジして楽しんでみてくださいね。

タルトを作るときはタルトストーンも忘れずに。タルト生地が膨らむのを抑えてくれる重石なので、フォークで適当に穴を開けた後に乗せて焼きましょう。お気に入りのタルト型で美味しいスイーツを作ってくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す