【静かだけどパワフル!】サーキュレーターの最強おすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】

サーキュレーターは、冷房や暖房と併用することで省エネ効果が期待できる便利なアイテムです。壁掛けや小型タイプのほか、静音タイプや首振り機能のあるもの、おしゃれなものやお手ごろ価格の商品まで、さまざま販売されています。アイリスオーヤマや山善の商品が人気ですが、しかし人気商品だからといって自分に合ったものとは限りません。

今回は、そんなサーキュレーターの選び方のポイントと、Amazonなどの通販で購入できる人気商品をランキング形式でご紹介したいと思います。サーキュレーターは扇風機と違い1年を通して使えるアイテムです。夏冬のエアコンの電気代や、梅雨時の洗濯物の乾燥に悩んでいる方は、ぜひこの機会にサーキュレーターを導入してみませんか?
この記事に登場する専門家
  • 最終更新日:2018年07月05日
  • 449,719  views
目次

サーキュレーターとは

扇風機が直接人に風を当てて涼を取るのに対し、サーキュレーターは強い直進性の風で部屋の空気を循環させます。羽根を回転させて空気を送るという点でよく似ていますが、機能や使い方がまったく違います。サーキュレーターは単体よりも、エアコンなどと併用して使うのが一般的。部屋の空気を循環してくれるので、風を部屋全体に送ることができ、室内の温度を均一に保ってくれます。

送風機というと夏のイメージが強いと思いますが、もちろん暖房と併用すれば冬にも活躍します。さらに除湿器と組み合わせて洗濯物を乾かしたり、空気清浄機とともに部屋の換気をしたり、と1年中使えるアイテム。より具体的なサーキュレーターの活用法は記事後半でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

サーキュレーターの選び方のポイント

サーキュレーターを選ぶ時には、どこに注意したらいいのでしょう。ここでは、サーキュレーター選びのポイントをご紹介します。

風力の強さをチェック

サーキュレーター選びの1番のポイントは「風力」です。部屋の空気を滞りなく循環させるためにも、まっすぐで強い風が必要。しかし肝心の風力について、メーカー記載の表記だけではわかりにくくなっています。

そのため、可能な限り実際の風力をお店などの展示品で確認するのがおすすめ。直接店頭に出向くのが難しい場合は、ネット上の口コミなどを参考にして自分が求める風力があるかどうかを判断しましょう。

部屋のサイズや形状に合ったものを選ぶ

サーキュレーターは、室内の空気を循環させるのが主な利用法です。効果的に利用するためにも、部屋に合ったものを選びましょう。

「適応床面積」を参考に、部屋の広さに合うものを選ぶ

サーキュレーターには、エアコンのように適応床面積についての表示があります。本体のパワーや部屋の形状によってはこの範囲に収まらない場合もありますが、少なくとも14畳の部屋に8畳用のサーキュレーターでは小さすぎます。

使い方次第では参考にしかなりませんが、多くのサーキュレーターから自分に合った商品を見つけるためにも、まずはメーカー推奨の適応床面積の表示を参考にするのがおすすめです。

広い部屋には2台使いを視野に入れると効果的

広い部屋や特殊な間取りの部屋では、2台のサーキュレーターを利用した方が効果的に空気を循環させられる場合があります。部屋の温度を均一にしたいなら、大きなサーキュレーターを1台置くより、一般的なサーキュレーターを2台利用するのがおすすめです。

しかし、はじめてサーキュレーターを導入する場合、実際に使ってみないとわかりません。とりあえず1台導入してみて、あまり効果が感じられなければもう1台追加してみてはいかがでしょうか?

また、サーキュレーターを大きめのものに買い換えようと思っている方は、部屋のサイズや形状を見ながらもう1台追加する方向でも検討するのもおすすめです。

静音性を確認して選ぶ

静音性を確認して選ぶ
扇風機やパソコンのファン、他家電のモーター音などもそうですが、高速で回転する音というのは意外と気になるものです。振動音ですので、アパートなどの場合は床や壁を伝って別の部屋に聞こえてしまうこともしばしば。自分が集中したいときに気になるのも嫌ですよね。

静音性は「dbデシベル」と言う単位で表示されており、換気扇の音は50db程度、図書館のような静かな環境は40db程度とされています。換気扇の音がうるさいと感じる人も多いでしょうから、50dbを目安にして、それ以下のモデルを選んでおくと良いですね。

ただ、静音モデルとして販売されているものでも、実際に使ってみると意外とうるさかったということもよくあるようですから、心配な方は口コミやレビューで音の大きさを確認しましょう。

AC?DC?モーターの種類は使用頻度に合わせて

サーキュレーターには、ACモータータイプとDCモータータイプがあります。ACモーターを搭載したものは価格が安く、デザインが豊富に揃っていることが特徴です。DCモーター搭載のサーキュレーターはデザインがあまり多くありませんが、消費電力が低いので電気代を抑えることができ、静音性に優れているところが強みです。

年間を通して頻繁に使う方は、省電力で使えるDCモーター搭載モデルを選ぶと良いでしょう。使用頻度が高くなく、導入コストを安く済ませたい方はACモーターを選んでおくと良いですよ。

移動させるなら5kg以下の軽量なモデルを選んで

サーキュレーターは基本的には固定して使いますが、部屋をまたいで使う場合や設置場所を頻繁に変える可能性があるときは、あまり重たいものはおすすめできません。片手で持ち上げられる範囲のものがベストですが、最低でも5kg以下のものを選びましょう。

また持ち運びを前提にした機種には、取っ手がついているものもありますので、使用方法に合わせて選んでくださいね。

便利な付加機能をチェック

サーキュレータは機種によっていろいろな付加機能が搭載されています。あると便利なサーキュレーターの機能をご紹介しますので、選ぶときの参考にしてください。

「角度調整機能」は必須。季節や用途に合わせた使い分けができて便利

サーキュレーターに角度調整機能は必須です。夏のみの扇風機と違い、サーキュレーターは一年を通して使用できます。夏はもちろん、冬は上にあがる温かい空気を撹拌して部屋全体を温めるため、上向きにサーキュレーターを固定しなければなりません。

左右に関してはサーキュレーター本体の向きを変えれば対応できますが、上下の角度調整に関しては事前に必ずチェックしておきましょう。可動域はできる限り広いほうが便利です。

衣類乾燥や扇風機代わりに使いたいなら「自動首振り機能」がおすすめ

サーキュレーターは、空気循環の邪魔になるため首振り機能を搭載していないものも多いですが、衣類乾燥や扇風機代わりに使いたい時にはぜひ押さえておきたい機能です。風をまんべんなく当てることで洗濯物が乾きやすくなりますし、生乾きも防ぎやすくなります。エアコンなどと併用して部屋干し対策したい方は、首振り機能付きを選んでみてください。

「風力切り替え機能」があると省エネにも

風力を切り換えられるタイプは、目的に合わせて風の強さを調節できるので便利。猛暑日のエアコン使用時や真冬の朝の暖房時などには、強モードを使えば素早くお部屋全体を快適な温度に整えられます。緩やかに循環すれば十分と言うシーンでは、弱モードで静かに稼働させることもできますよ。

また、風力を切り替えることで省エネモードで運転できるところも魅力です。

切り忘れ防止には「オフタイマー機能」が便利

睡眠時やお出かけ前のスイッチの切り忘れを防止してくれるのが、オフタイマー機能です。特に洗濯物を乾かしたい時など、うっかりつけっぱなしで過ごしてしまうのを防ぐのにも役立ちますよ。運転時間を限定することで節電にもなります。

多機能なモデルや付加機能の活用には「リモコン付き」を選んで

リモコン付きになると価格が跳ね上がりますので、リモコンは必須の機能ではありません。しかし、多機能なモデルではあると便利です。泣腫れた場所から手元で風向きや風力を調整できますので、こまめに切り替えて使う方や使用頻度の高い方にとっては便利です。

お手入れのしやすさも忘れずに

ホコリを吸い込みやすいサーキュレーターは、定期的にお手入れが必要です。そのため、カバーや羽根が取り外せるものがおすすめですよ。羽根の部分にはホコリが貯まりやすく、取り外さないとお手入れすることが難しい部位でもあります。ホコリを溜めたままではサーキュレーターの寿命も短くなってしまいますので、楽に掃除できるものを選べるといいですね。

プロの愛用するおすすめのサーキュレーター

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのサーキュレーターをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、お部屋の広さや間取りに合わせて選んでくださいね。

置き場所を選ばず使える0~90度の無段階調整機能

VORNADO サーキュレーター

15,085円 (税込)

詳細情報
・適応床面積:6~35畳
・静音性:弱運転時50~51db
・モーターの種類:記載なし
・重量:3.3kg
・付加機能:角度調整・風力切り替え

サーキュレーターの人気ランキング15選

ここからは、サーキュレーターのおすすめ商品を人気順でご紹介します。部屋のサイズや用途にあわせて、使い勝手のいいサーキュレーターを見つけてくださいね。

山善エアーサーキュレーター

YAS-M183

1,980円 (税込)

適応床面積-
静音性能-
モーターの種類-
サイズ28.3×16×26.8cm
重量-
消費電力20W
付加機能風量調節2段階・角度調節上向き90度

ボルネードサーキュレーター モダンモデル

660-JP

15,800円 (税込)

適応床面積6~35畳
静音性能-
モーターの種類-
サイズ30×35×38cm
重量3.3kg
消費電力50Hz:ターボ46W/強40W/中34W/弱29W・60Hz:ターボ53W/強43W/中36W/弱29W
付加機能角度調節機能・風量調節4段階他

ゼピール【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL サーキュレーター

DKS-20

2,480円 (税込)

適応床面積-
静音性能-
モーターの種類-
サイズ27.8×18×28.5cm
重量1.6kg
消費電力強31/中21/弱16W(50Hz)・強29/中19/弱15W(60Hz)
付加機能風量調節3段階・角度調節機能

ユーイングDCモーター搭載 サーキュレーター

UCF-DHR18L

10,200円 (税込)

適応床面積-
静音性能-
モーターの種類DCモーター
サイズ23.4×23.4×32cm 
重量-
消費電力50Hz/約14W・60Hz/約13W
付加機能首振り・タイマー・リモコン・風量調節8段階他

アイリスオーヤマサーキュレーター

PCF-HM23

4,550円 (税込)

適応床面積~20畳
静音性能35dB以下(静音モード時)
モーターの種類-
サイズ約35.4×23.2×40cm
重量約3kg
消費電力 固定時50Hz:20W/23W/26W 60Hz:21W/24W/26W・左右首振り時50Hz:23W/25W/28W 60Hz:23W/26W/29W
付加機能6段階角度調整(-20~90°)・風量切り替え3段階・首振り他

SIS3Dサーキュレーター

3DC-S0901

4,980円 (税込)

適応床面積-
静音性能-
モーターの種類DCモーター
サイズ約29×24×34cm
重量約1.8kg
消費電力24W
付加機能上下左右首振り・リモコン・タイマー他

Miriyonサーキュレーター

RH-10BR

5,900円 (税込)

適応床面積~20畳
静音性能-
モーターの種類-
サイズ-
重量-
消費電力-
付加機能リモコン・タイマー・風量3段階・首振り他

山善サーキュレーター

YAR-AD233

8,490円 (税込)

適応床面積-
静音性能-
モーターの種類DCモーター
サイズ36.5×24×38cm
重量約2.6kg
消費電力18W
付加機能風量8段階調節・リモコン・タイマー他

boltzDCサーキュレーター

6,490円 (税込)

適応床面積-
静音性能36.8db(風量1のときの参考値)
モーターの種類DCモーター
サイズ30×21×31cm 
重量約2kg
消費電力-
付加機能リモコン・風量9段階・上下左右首振り他

パナソニック創風機Q

F-BP25T

31,932円 (税込)

適応床面積-
静音性能-
モーターの種類-
サイズ約25×33.6×25cm
重量約2.8kg
消費電力ノッチ5 21.5W・ノッチ1 4.1W
付加機能オフタイマー・首振り・5段階角度調整他

アイリスオーヤマサーキュレーター

PCF-C15T

4,680円 (税込)

適応床面積~8畳
静音性能35dB以下(静音モード時)
モーターの種類-
サイズ約22×20.3×30.3cm
重量約2.1kg
消費電力 固定時50Hz:13W/19W/31W 60Hz:16W/23W/29W・上下左右首振り時 50Hz:7W/23W/34W 60Hz:9W/26W/31W他
付加機能上下左右首振り・リモコン・タイマー他

バルミューダグリーンファン サーキュ

EGF-3300

17,696円 (税込)

適応床面積~30畳
静音性能-
モーターの種類-
サイズ-
重量-
消費電力最小3W・最大20W
付加機能水平から垂直まで90度無段階角度調整・風量切り替え4段階・リモコン

モダンデコCUBE

5,990円 (税込)

適応床面積-
静音性能-
モーターの種類DCモーター
サイズ約23×23×22cm
重量約1.9kg
消費電力20W
付加機能首振り・リモコン・11段階風量調節他

アイリスオーヤマサーキュレーター アイ

PCF-SC15T

7,700円 (税込)

適応床面積~18畳
静音性能35dB(風力2の場合)
モーターの種類-
サイズ約21×21×29cm
重量約2kg
消費電力38/36W(上下・左右首ふり時)
付加機能上下左右首振り・リモコン・タイマー他

アイリスオーヤマサーキュレーター

PCF-HD15

2,644円 (税込)

適応床面積~8畳
静音性能35dB以下(静音モード時)
モーターの種類-
サイズ約24.1×16.7×29.2cm
重量約2kg
消費電力 固定時50Hz:11W/21W/29W 60Hz:10W/20W/27W左右首振り時 50Hz:14W/23W/31W 60Hz:12W/21W/29W
付加機能角度調整6段階(-20~90度)・左右首振り・風量調節3段階

人気サーキュレーターの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格適応床面積静音性能モーターの種類サイズ重量消費電力付加機能商品リンク
1

アイリスオーヤマ

サーキュレーター

お部屋に合わせた商品を!人気の「Hシリーズ」2,644円(税込)~8畳35dB以下(静音モード時)-約24.1×16.7×29.2cm約2kg 固定時50Hz:11W/21W/29W 60Hz:10W/20W/27W左右首振り時 50Hz:14W/23W/31W 60Hz:12W/21W/29W角度調整6段階(-20~90度)・左右首振り・風量調節3段階詳細を見る
2

アイリスオーヤマ

サーキュレーター アイ

キュートなフォルムでハイパワー7,700円(税込)~18畳35dB(風力2の場合)-約21×21×29cm約2kg38/36W(上下・左右首ふり時)上下左右首振り・リモコン・タイマー他詳細を見る
3

モダンデコ

CUBE

インテリアにも馴染むキューブ型5,990円(税込)--DCモーター約23×23×22cm約1.9kg20W首振り・リモコン・11段階風量調節他詳細を見る
4

バルミューダ

グリーンファン サーキュ

洗練されたデザインと力強い風力が魅力17,696円(税込)~30畳----最小3W・最大20W水平から垂直まで90度無段階角度調整・風量切り替え4段階・リモコン詳細を見る
5

アイリスオーヤマ

サーキュレーター

上下左右の首振り機能で立体的に空気を循環4,680円(税込)~8畳35dB以下(静音モード時)-約22×20.3×30.3cm約2.1kg 固定時50Hz:13W/19W/31W 60Hz:16W/23W/29W・上下左右首振り時 50Hz:7W/23W/34W 60Hz:9W/26W/31W他上下左右首振り・リモコン・タイマー他詳細を見る
6

パナソニック

創風機Q

サーキュレーターと扇風機の両方の機能を...31,932円(税込)---約25×33.6×25cm約2.8kgノッチ5 21.5W・ノッチ1 4.1Wオフタイマー・首振り・5段階角度調整他詳細を見る
7

boltz

DCサーキュレーター

9段階の風量調節機能と選べる3つの運転モード6,490円(税込)-36.8db(風量1のときの参考値)DCモーター30×21×31cm 約2kg-リモコン・風量9段階・上下左右首振り他詳細を見る
8

山善

サーキュレーター

紛失の心配がないリモコン本体収納型8,490円(税込)--DCモーター36.5×24×38cm約2.6kg18W風量8段階調節・リモコン・タイマー他詳細を見る
9

Miriyon

サーキュレーター

羽根が取り外せるからお手入れが簡単5,900円(税込)~20畳-----リモコン・タイマー・風量3段階・首振り他詳細を見る
10

SIS

3Dサーキュレーター

コスパの高いDCサーキュレーター4,980円(税込)--DCモーター約29×24×34cm約1.8kg24W上下左右首振り・リモコン・タイマー他詳細を見る
11

アイリスオーヤマ

サーキュレーター

20畳まで対応可能! アイリスオーヤマ...4,550円(税込)~20畳35dB以下(静音モード時)-約35.4×23.2×40cm約3kg 固定時50Hz:20W/23W/26W 60Hz:21W/24W/26W・左右首振り時50Hz:23W/25W/28W 60Hz:23W/26W/29W6段階角度調整(-20~90°)・風量切り替え3段階・首振り他詳細を見る
12

ユーイング

DCモーター搭載 サーキュレーター

便利なオン・オフタイマー機能付き10,200円(税込)--DCモーター23.4×23.4×32cm -50Hz/約14W・60Hz/約13W首振り・タイマー・リモコン・風量調節8段階他詳細を見る
13

ゼピール

【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL サーキュレーター

リーズナブルでシンプルなサーキュレーター2,480円(税込)---27.8×18×28.5cm1.6kg強31/中21/弱16W(50Hz)・強29/中19/弱15W(60Hz)風量調節3段階・角度調節機能詳細を見る
14

ボルネード

サーキュレーター モダンモデル

6~35畳まで対応可能なパワフルモデル15,800円(税込)6~35畳--30×35×38cm3.3kg50Hz:ターボ46W/強40W/中34W/弱29W・60Hz:ターボ53W/強43W/中36W/弱29W角度調節機能・風量調節4段階他詳細を見る
15

山善

エアーサーキュレーター

固定して使う方向けのシンプル機能のサー...1,980円(税込)---28.3×16×26.8cm-20W風量調節2段階・角度調節上向き90度詳細を見る

サーキュレーターの使い方や設置のポイント

最後に、サーキュレーターの便利な使い方をご紹介します。夏だけではなく一年を通してサーキュレーターを使うときの参考にしてくださいね。

冷房使用時は「低い位置」に設置して

エアコンの冷気は下に溜まります。そのため、夏場の冷房対策にサーキュレーターを使う場合は、エアコンの下など低い位置に置きましょう。また、エアコンの送風口に向けて設置して、冷気を循環させるのもおすすめの方法です。

暖房時には「天井に向けて」使うと効果的

暖房使用時は、サーキュレーターを上に向けて使うのがおすすめです。暖かい空気は上に集まるので、天井に向けてサーキュレーターを使用すると床にも暖かい空気が循環するようになります。また、高い位置から下に向けて稼働させても同じような効果が得られますので、サーキュレーターのタイプや暖房器具の種類に合わせて、効果的な設置方法を選んでくださいね。

換気をするときは窓に向けて設置して

換気をするときは窓に向けて設置して
部屋の換気をする際は、サーキュレーターを窓に向けて設置しましょう。部屋の空気を外に流してくれますから、風のない日でも換気が楽に行えます。また、窓の近くにサーキュレーターを設置すると、結露の防止にもなりますよ。梅雨時期や冬など窓が結露してしまうというときには、ぜひ試してみてください。

梅雨時はエアコンの除湿機能と併用がおすすめ

梅雨の時期には、部屋干ししている洗濯物の側でサーキュレーターを真上に向けて設置するのがおすすめ。こうすることで早く乾きます。より効果的に利用したい場合は、エアコンの除湿機能と一緒に利用しましょう。

エアコンと併用できる高機能な扇風機もチェック!

最近では扇風機の中にも、サーキュレーターのようにエアコンと併用できるタイプが販売されています。扇風機とサーキュレーターで迷っている方にはこちらもおすすめですよ。 以下の記事では高機能なDC扇風機の選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

サーキュレーターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、サーキュレーターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回はおすすめの人気サーキュレーターランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

冷暖房とサーキュレーターを上手に活用すれば、1年を通じて省エネで快適な環境で過ごせます。機能や価格もさまざまですので、この記事を参考に、ぜひご自宅にぴったりのサーキュレーター見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す