• WordPressの本のおすすめ人気ランキング10選【初心者・中級者向けを中心に】のアイキャッチ画像1枚目
  • WordPressの本のおすすめ人気ランキング10選【初心者・中級者向けを中心に】のアイキャッチ画像2枚目
  • WordPressの本のおすすめ人気ランキング10選【初心者・中級者向けを中心に】のアイキャッチ画像3枚目
  • WordPressの本のおすすめ人気ランキング10選【初心者・中級者向けを中心に】のアイキャッチ画像4枚目
  • WordPressの本のおすすめ人気ランキング10選【初心者・中級者向けを中心に】のアイキャッチ画像5枚目

WordPressの本のおすすめ人気ランキング10選【初心者・中級者向けを中心に】

ブログやホームページを作るときにWordPressを使うと便利!と、よく言われます。でも、あまり馴染みがない方からすると難しく思えて、学習を始めるまでが大変…と感じるのではないでしょうか。そこで、おすすめなのが「WordPressの本」。全くの初心者向けの入門書から、プラグイン・テーマなどが学べるものまでいろいろ出版されています。でも、自分にはどれが合うのかわからない、何を基準に選べばよいのか迷う…ということもありますよね。

そこで今回は、特に初心者から中級者の方に向けて、どの本がおすすめなのかをランキング形式でご紹介します。どのような視点で、自分のレベルや目的に合う本を選べばいいのかもお教えしますよ。WordPressを使ってステキなホームページやブログを作りましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 4,340  views
目次

WordPressの本の選び方

一言にWordPressの本といっても、実にさまざまな種類があります。そこで、自分に合った本を探すためのポイントをまとめてみました。知識レベルや利用目的によって適切な本は変わりますので、ポイントを見ながら探してみてくださいね!

初心者は経験度に合う本を選ぶ

WordPressを始めたいという方の中には、ある程度ホームページやブログ作りを経験した方もいれば、それも全く未経験という方もいると思います。同じ初心者でも、読むべき本が違ってきますので、自分に当てはまるものを選んでください。

全くの初心者は、入門書から始めよう

ブログやホームページを初めて作る方は、WordPressを使うための事前知識からていねいに書いてあるタイプの入門書を選びましょう。WordPressは、パソコンではなくサーバーにインストールしますが、サーバーとの契約やドメインの取得など、初心者にはハードルが高く感じることも多く、ここでつまずいてしまう方も少なくありません。

例えば、サーバーのレンタル会社はどこがいいの?独自ドメインって、そもそも何?など、初心者が疑問に思うところを、わかりやすく説明してくれるような入門書がおすすめです。基礎を理解しながら、WordPressが使えるようになりますよ。

基礎知識はあるなら、WordPressの機能をまとめたタイプがおすすめ

基礎知識はあるなら、WordPressの機能をまとめたタイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

既にブログやホームページ作りを経験していて、「ある程度の基本知識はある」という方がWordPressを始める時には、事前知識抜きでWordPressの機能に沿ってまとめた解説書が最適です。基本的なものから応用レベルまで機能が網羅されたタイプのものを選べば、必要なポイントごとに見直しもしやすいので、入門書としてだけでなく、教科書のような存在として長く使うことができるでしょう。

選ぶ時には、目次を見て判断するのがおすすめ。同じような解説書でも構成の仕方は様々なので、自分にしっくりくるものを選びましょう。目次はAmazonや楽天では書いてない場合がありますが、出版社のHPで確認できます。項目ごとに、ワンポイント解説やコラムが付いているものもおすすめですよ。

初心者を脱したら目的特化型のものを

WordPressはカスタマイズ性が高いことで人気のソフトウエア。デザインを変更したり便利な機能を追加したりすることはもちろん、ソフト自体を改変することも可能です。初心者を脱出して、自分流の使い方をしたくなったら、やりたいことに特化した書籍を選びましょう。

デザインや機能をもっと自分流にしたいならカスタマイズ本を

デザインや機能をもっと自分流にしたいならカスタマイズ本を

出典:amazon.co.jp

デザインを自分好みにしたり、お問い合わせフォームのような便利な機能を追加するなどして、より充実したサイトやブログにしていくことができるのがWordPressの魅力。入門書を読んで基本をマスターしたら、このようなカスタマイズにも挑戦してみたくなるはず。そんな段階に来たら、やりたいことの目的に合った本を揃えていくようにしましょう。

デザインテーマやプラグインの追加などカスタマイズ全般に関する本の他、プラグイン事典やデザインバイブルなど、さらに内容特化した本もあります。それぞれのテーマを掘り下げて詳しく書かれているので、より深く学ぶことができます。なお、購入者用のサイトが用意され、サンプルコードをダウンロードできるようになっている書籍もたくさんあります。とても参考になるので、チェックしてみるといいですよ。

一から機能を開発したいならエンジニア向け入門書を

一から機能を開発したいならエンジニア向け入門書を

出典:amazon.co.jp

他の方が公開したテーマやプラグインを利用したりカズタマイズしたりするだけではなく、デザインテーマやプラグインを一から開発して配布したい…そんな上級者をめざすなら、エンジニア向けの開発本を選びましょう。このような書籍で知識を付ければ、管理画面をカスタマイズしたり、データベースと連動させるなどして独自のシステムを作り上げることも可能です。

ただし、このような書籍は、HTML・CSSだけでなく、プログラミング経験やPHP・SQLなどの知識があることが前提になります。開発経験がない人には理解が難しいと思いますので、その点は気を付けてくださいね。

対応するWordPressのバージョンを確認

対応するWordPressのバージョンを確認

出典:amazon.co.jp

ネットで本を購入する場合は、古いバージョンの本が販売されている可能性があるので、改訂版が出ていないか確認してください。当たり前のことではありますが、意外と見落とすことがあるので気を付けましょう。改訂版がある場合は、その情報が一緒に表示されることもありますが、小さく見逃してしまうこともあるので注意が必要です。

WordPressは頻繁にアップデートされ、バージョンによっては仕様が大きく変わることもあるので、古いバージョンに対応した解説本は役に立たないこともあります。特によくチェックして、最新版に対応したものを購入するようにしてください。なお2017年11月時点ではWordPressの最新バージョンは4.8ですので、「WordPress4.x」対応となっていれば、最新のバージョンに対応しています。

WordPressの本のおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのWordPressの本をご紹介します。

10位:ソシム WordPressデザインブック HTML5&CSS3準拠

ソシム WordPressデザインブック HTML5&CSS3準拠
出典:amazon.co.jp
ソシム WordPressデザインブック HTML5&CSS3準拠

2,808円 (税込)

詳細情報
・内容:デザイン
・推奨対象者:中級者
・ページ数:319ページ

レスポンシブデザインでアクセスアップ!

一通りWordPressの使い方が分かり、簡単なサイトを構築できた方はこちらでレスポンシブといったカスタマイズを試してみましょう。ソシムの「WordPressデザインブック」は、レスポンシブWebデザインのレイアウトを作るための方法を詳しく解説してくれます。

レスポンシブとはパソコンやスマホ、タブレットなど画面が異なる機器でも、自動的に調整して表示する機能。現在ではパソコンよりもスマホで見る方が多いというデータもあるので、より多くの方々にサイトを見てもらうためには重要です。基礎だけでなく実践と応用も解説しているため、これを読めば順調にステップアップできますよ!

9位:翔泳社 10日でおぼえるWordPress入門教室 第2版

翔泳社 10日でおぼえるWordPress入門教室 第2版
出典:amazon.co.jp
翔泳社 10日でおぼえるWordPress入門教室 第2版

2,592円 (税込)

詳細情報
・内容:入門書
・推奨対象者:初心者
・ページ数:272ページ

1日の勉強量が分かりやすく進めやすい

WordPressを身に付けたいなら、ただ読むだけでなく実際にサイトを作っていくのが一番の勉強法です。そこでおすすめなのが、翔泳社の10日で覚えるシリーズの「WordPress入門教室」。10日で覚えられるとあるように、ちょうど10日で終えられる内容になっています。

これなら、1日どこまで勉強すれば良いのか本側で提示してくれるので進めやすいですね。それにブログやサイト作り初心者でも学びやすいように、サーバーのレンタル方法といった事前情報もしっかりしているのもポイント。レンタルサーバーは低価格で有名なロリポップ!をモデルにしています。

注意点としては最新のWordPress4.x系には対応せず、前の3.x系がモデルになっています。ただし、基本的なサイトの作り方についてしっかりと学べるので問題ありません。ひとつのサイトを作っていくので、初心者の方も順を追っていけばサイトを作れます。後はそのサイトを自分好みにカスタマイスしていけば、さまざまな運用ができます。

8位:技術評論社 WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書

技術評論社 WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書
出典:amazon.co.jp
技術評論社 WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書

3,002円 (税込)

詳細情報
・内容:デザイン
・推奨対象者:中級者
・ページ数:368ページ

オリジナルテーマ作りの入門に!

サイトを作ったものの、パッとしないときはこちらで勉強してデザインを変えてみましょう。WordPressの基礎知識やサイト構築だけでなく、オリジナルのテーマ作成やカスタマイズに運用と、他の入門書より一歩進んだ内容を扱っています。特にオリジナルテーマの作成は、少々難しいので一般的な入門書では扱ってません。それ以外にもPHPを使ったより高度なプラグインの作成もあるので、より自分の好みのサイトが作れます。

なお、この本はHTML・CSS・PHPについてある程度の知識がある方を対象にしています。まったくの初心者の方だと少々難しいですが、中級者の方は復習も兼ねて読んでみると基礎を固めつつより高度な使い方も学べますよ。

7位:エムディエヌコーポレーション プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典

エムディエヌコーポレーション プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典
出典:amazon.co.jp
エムディエヌコーポレーション プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典

3,700円 (税込)

詳細情報
・内容:プラグイン
・推奨対象者:中級者
・ページ数:208ページ

数あるプラグインの中からプロがおすすめを解説

プラグインは数万個程度あるため、全て把握するのは不可能です。そこで、どれが使いやすいプラグインなのか、こちらのプラグイン事典で把握しましょう。この本はエンジニアや自分でプラグインを作成して公開しているプロの方々が、優秀なプラグインをどういった理由で使いやすいか解説してくれます。また、ただ使い勝手の良さだけでなく、セキュリティ面も考慮して選んでいるので安心です。

なお、数多くのプラグインの中から、目当てのものを探すのは大変ですね。しかし、こちらはカテゴリー別に分類してあるので大丈夫。カテゴリーを見ると、デザイン&UIやビジネスサイト機能・エディタ支援・多デバイス対応・ソーシャル系・サイト管理と運用・ユーティリティとなっていて、目当てのプラグインがすぐに見つかります。

6位:SBクリエイティブ 基礎からのWordPress 改訂版

SBクリエイティブ 基礎からのWordPress 改訂版
出典:amazon.co.jp
SBクリエイティブ 基礎からのWordPress 改訂版

3,434円 (税込)

詳細情報
・内容:入門書
・推奨対象者:初心者~中級者
・ページ数:440ページ

初心者から中級者まで対応できる情報量!

初心者向けの内容から、中級者向けのカスタマイズまで高度な内容を一気に学べる本です。ただし、サーバーとの契約やドメインの取得といった事前情報を、既に知っている前提なので初心者の方は注意してください。

この本は最新のWordPress4.x系に対応している改訂版。内容を見ると小規模サイトの構築だけでなく、カスタム投稿タイプを使った中規模サイトの作成もあります。ちなみにカスタム投稿タイプは、例えばブログのあるカテゴリーだけで、アイキャッチ画像を無くすといったカスタマイズのことです。

レビューでは、難し過ぎるとの声もありますが、WordPressの基礎を細かく解説していて情報量も多く、本格的に学びたい方はぜひ読んでみてください。

5位:秀和システム WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本

秀和システム WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本
出典:amazon.co.jp
秀和システム WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本

2,700円 (税込)

詳細情報
・内容:入門書
・推奨対象者:初心者~中級者
・ページ数:387ページ

WordPressの仕組みも学べて応用力が付く!

ただサイトの作り方を解説するだけでなく、どのような仕組みで動いているのか知ると応用力も身に付きます。しかし、初心者向けの入門書は、そこまで解説すると難しくなるため、省いているケースがほとんどです。ところが、こちらは架空の会社のWebサイトをHTMLからWordPressで作り直すという設定で、どのような仕組みで動いているのか丁寧に解説してくれます。

一応初心者の方も読めますが少々内容に難しい部分があるので、WordPressは初心者でもHTMLやCSSはやったことがある方向けになります。また、簡単な入門書を読んでからこちらを読んでみると、仕組みが分かってそうだったのかと納得できますよ!

4位:SBクリエイティブ 自分で作れる! おしゃれなWebサイト

SBクリエイティブ 自分で作れる! おしゃれなWebサイト
出典:amazon.co.jp
SBクリエイティブ 自分で作れる! おしゃれなWebサイト

2,376円 (税込)

詳細情報
・内容:入門書
・推奨対象者:初心者
・ページ数:224ページ

4つのサイトから自分に合ったものを選べる

目的に合わせて作成できるように、ポートフォリオサイト・情報系サイト・ブログ風サイト・シンプルなサイトとそれぞれ分けて解説しているのが特徴。それに加えて、4つの無料で使えるテーマが紹介されています。

テーマはたくさん公開されていて、どれを選べばよいのか分からなくなります。しかし、こちらはサイトに合ったテーマが選択されているので、初心者の方も迷わず使えます。なお、テーマを自作してみようという内容ではないので、その点のみ注意してください。

3位:翔泳社 一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本

翔泳社 一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本
出典:amazon.co.jp
翔泳社 一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本

2,894円 (税込)

詳細情報
・内容:カスタマイズ
・推奨対象者:初心者~中級者
・ページ数:320ページ

少々高度なカスタマイズが学べる本

入門書にもカスタマイズのやり方が書いてありますが、ほとんどの本では初歩的なことしか書かれていません。こちらはカスタマイズに焦点を合わせて、より幅広く扱ったタイプ。例えば固定ページごとにデザインを変えたい場合や、カスタム投稿タイプ作りたいといった少々高度な内容です。

これらは初心者向けの入門書では扱っていないので、より自由にサイトを作りたい場合はこちらを読んでみてください。内容は少々難しく、HTMLやCSSなどの経験があるもののWordPressは初めてという方や中級者向きです。

2位:技術評論社 小さなお店&会社の WordPress超入門

技術評論社 小さなお店&会社の WordPress超入門
出典:amazon.co.jp
技術評論社 小さなお店&会社の WordPress超入門

2,138円 (税込)

詳細情報
・内容:入門書
・推奨対象者:初心者
・ページ数:224ページ

初心者でも小規模なサイトが簡単に作れる!

「小さなお店&会社の」と付くように、小規模な企業サイト作りを目指す入門書。HTML・CSS・PHPの知識は必要なく、まったくの初心者の方でもサーバーとの契約から事前情報にページを割いて説明しているのでスムーズに勉強できます。レンタルサーバーのモデルはロリポップ!に、ムームドメインでの独自ドメイン取得方法も載っています。何よりカラー写真が豊富で分かりやすく、オリジナルテーマも付いてきます。

ただし、まったくの初心者がターゲットなので、中級者向けの少し高度なカスタマイズなどは出てきません。会社を経営している方で自社サイトを作りたい場合は、用途にも合っていておすすめです。

1位:インプレス いちばんやさしいWordPressの教本

インプレス いちばんやさしいWordPressの教本第3版
出典:amazon.co.jp
インプレス いちばんやさしいWordPressの教本第3版

1,706円 (税込)

詳細情報
・内容:入門書
・推奨対象者:初心者
・ページ数:256ページ

ベストセラーの最新バージョン対応版

Amazonでベストセラー1位を獲得した、人気のWordPress入門書。最新のWordPress4.x系に対応した改訂版です。HTML・CSS・PHPが分からなくても問題なく、サーバーの契約の仕方から解説するので、まったくの初心者の方も勉強しやすい本になります。レンタルサーバーはさくらインターネットをモデルにしていますが、どのサーバーでも契約後は同じですので問題ありません。

特に手順の解説には豊富な写真も付いていて、最新のWordPressの画面を使用しています。古いバージョンだと、写真とは違うところがあるパターンもあり分かりにくくなるので助かりますね。そして、これだけ充実した内容にもかかわらず、WordPress本として手ごろな値段です。なお、こちらは最新の高機能な人気テーマ「Linghtning」を題材にして、サイトを作っていくのもポイント。後は作ったサイトを別の中級者向けの本を参考にカスタマイズすれば、高度なサイトを作れます。

最初に購入する入門書として最適ですので、ぜひWordPress入門の際は読んでみてくださいね!

まとめ

おすすめのWordPressの本をご紹介しました。

今回は初心者から中級者向けをまとめています。この10冊を読みながら、サイトやブログを作ってみましょう。大変そうですがHTML・CSS・PHPを勉強しなくても、テーマやプラグインを使えばしっかりしたサイトを手軽に作れますよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す