• カレー粉のおすすめ人気ランキング8選【添加物不使用タイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • カレー粉のおすすめ人気ランキング8選【添加物不使用タイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • カレー粉のおすすめ人気ランキング8選【添加物不使用タイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • カレー粉のおすすめ人気ランキング8選【添加物不使用タイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • カレー粉のおすすめ人気ランキング8選【添加物不使用タイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

カレー粉のおすすめ人気ランキング8選【添加物不使用タイプも!】

今や日本の国民食とも言える「カレーライス」ですが、最近はルーだけではなく、カレー粉を使った調理法も人気となっています。カレーパウダーやスパイスカレーとも呼ばれるこちらは、クミンやコリアンダーなどのスパイスが絶妙にブレンドされた調味料。カレーライスにはもちろん、スープや揚げ物などにも使えます。日本ではじめてカレー粉を販売した『S&B食品』、本格的なインドの味を楽しめる『神戸アールティー』など、販売しているメーカーもさまざま。

今回は口コミや価格などを比較して、ネット通販でも人気のおすすめカレー粉のランキングをご紹介します。使われるスパイスの種類にも注目して、お気に入りの一品をセレクトしましょう。
  • 最終更新日:2019年04月04日
  • 89,236  views
目次

カレー粉と固形ルーの違いとは?

カレー粉と固形ルーの違いとは?
スーパーなどで手に入りやすい固形のルーと、カレー粉との大きな違いは何でしょうか?その大きな違いは、粉状なのかペースト状なのか、というところにあります。固形ルーは主原材料である牛脂豚脂混合油やパーム油などの食用油脂に、香辛料や小麦粉をペースト状にしたものが練りこまれています。そのため、火を通したスープにそのまま溶かし入れれば、コクととろみのあるカレーを簡単に作ることができるんですね。

固形ルーはカレーライスを即席で作れるようにさまざまな工夫が凝らされていますが、油脂分が多く、化学調味料などのさまざまな添加物が含まれた商品が少なくないのも気になるところ。それに対してカレー粉はシンプルに香辛料を調合して味付けされた商品が多いので、できるだけ添加物が少ないカレーライスを楽しみたい方にぴったり。

カレー粉は食用油脂を含まないためさらっとしたパウダー状で、一人分約5gと、わずかな量での味付けが可能なところも魅力的です。できあがりがスープのようにさらっとした質感になりますが、小麦粉を加えたタイプもありますし、仕上げに小麦粉や片栗粉などを加えれば好みの固さに調節もできます。また、パウダーである特徴を活かして料理の下準備や隠し味に使ったり、さまざまな用途に対応できるメリットも持ち合わせていますよ。

カレー粉の選び方

それでは早速、カレー粉を選ぶときにチェックしたいポイントを詳しくご紹介します!

どのようなスパイスが使われているか

カレー粉は、複数の香辛料(スパイス)を調合して作られます。ブレンドについては各メーカーが趣向を凝らして差別化を図っているので、購入時にはよくチェックしましょう!良質のスパイスが使われていれば、健康効果の高い薬膳料理のような役目を果たしてくれることも。カレー粉によく使われるスパイスの特徴と効能を知って、自分好みのカレー粉を選ぶ目安にしましょう。

クミン・シード

クミン・シード
これだけでもカレーの香りを感じる「クミン」は、カレー粉の主役的存在のスパイスです。クミンは、エジプトなどを原産とするセリ科の種子を乾燥したもの。独特の強い香りとほろ苦さ、そして辛さが特徴です。効能としては、消化促進や解毒作用などが挙げられますよ。

ターメリック

ターメリック
カレー独特の黄色は、「ターメリック(ウコン)」と呼ばれるスパイスによるものです。インドが原産となる多年草のターメリックは、ショウガ科ウコン属の植物。その根茎部分を収穫した後に煮て、乾燥させたものをスパイスとして使用します。黄色の色素成分は「クルクミン」と呼ばれるポリフェノール類で、肝機能を増進する効能があるとされています。

コリアンダー

コリアンダー
コリアンダーはセリ科の一年草で、パクチーとも呼ばれるハーブの一種です。スパイスでは、種子の部分を乾燥させて使われます。消化を促進して、食欲を増進させる効能があるといわれている他、小麦粉を使わないインドカレーでは、とろみをつける役目も果たしてくれますよ。

カルダモン

カルダモン
最も古いスパイスのひとつとされる「カルダモン」は、湿潤林に自生しているショウガ科の多年草で、種子の部分を乾燥させて使われます。インド大陸の伝統的医学であるアーユルヴェーダにとっても重要な処方薬でもあり、消化器官の不調を改善してくれる効能もありますよ。このため、唾液や胃液の分泌を促し消化を助けたり、発汗作用による代謝促進効果も期待できます。

チリペッパー

チリペッパー
日本でも唐辛子としておなじみの「チリペッパー」は中南米を原産とする、ナス科トウガラシ属の実や種子を乾燥させたもの。主に料理に辛みをつけるために使われます。血行を促進したり、発汗作用や食欲増進に効果があるとされていますよ。

小麦粉は配合されている?

小麦粉は配合されている?
カレー粉は純粋にスパイスだけをブレンドしたタイプの他、小麦粉や砂糖を加えたタイプも販売されています。小麦粉はルーにとろみをつける目的で原材料に加えられますが、その分重量も重くなるため、スパイスのみの商品と比較した場合、お得に感じてしまうことも。

しっかりと原材料を確認しておけば、内容量だけに惑わされずに賢く商品を選ぶことができるため、ぜひチェックしておきたいポイントとなりますね。

動物性素材や添加物の有無を確認しよう

動物性素材や添加物の有無を確認しよう
カレー粉を選ぶ際には不必要な添加物が含まれていないかどうかも、しっかりチェックしたいポイントとなります。動物性素材として、コクや旨みを出す牛脂やラードなどを加えている商品も多くありますが、当然それに伴いカロリーは高くなりますし、くどさを感じる方も少なくないようです。また、近年肥満の原因と問題視されているトランス脂肪酸を含む植物油脂を使用している商品、見た目や香りを良くするためだけに使われる香料や色素、酸味料などの添加物を含んだ商品もできるだけ避けたいですね。

家族の健康を考えるなら、できるだけナチュラルでヘルシーな商品を選びたいもの。基本的に、原材料は一目で分かる食品のみで作られた、シンプルな商品を選ぶようにすると安心です。

量と保存容器のチェックも忘れずに

量と保存容器のチェックも忘れずに
カレー粉を購入する際には、そのまま保存が効く容器で販売されているかどうかも重要なチェックポイントとなります。特にスパイスは細かく粉砕されているため、香りが飛びやすいという傾向があります。繊細な味のバランスを保つためにも、開封後は湿気や匂い移りを防ぐ密封容器に保存しましょう。ガラス瓶などで市販されている商品はそのまま保管ができますが、袋詰めされている商品の場合は、開封後に使う容器をあらかじめ用意しておく必要がありますね。

良い環境で保存されたスパイスはいい香りを保って長く使えます。せっかく風味豊かなスパイスがブレンドされた商品を手に入れたなら、開封後もしっかり保存できる容器に入った商品を選ぶか、あらかじめ適した容器を用意しておき、温度差のない冷暗所で保管するようにしましょう。なお、通常のスパイスの賞味期限は半年程度です。そのため、購入する際は、開封して半年以内に使い切れる量を目安にするのもポイントですよ!

カレー粉のおすすめ人気ランキング8選

それでは早速、おすすめのカレー粉をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!
8位
内容量135g
スパイスカレー粉・食塩(メキシコ)・香辛料[オニオンパウダー(アメリカ)・唐辛子(中国)・りんご果汁(長野・山梨)、トマトパウダー(イタリア)
添加物 小麦粉(北海道)・植物油脂[有機べに花油(オーストラリア)・パーム油(マレーシア)・砂糖(北海道)・調味料[酵母エキス(日本他海外)・麦芽エキス(イギリス)]・食塩(メキシコ)
動物性脂肪なし
小麦粉あり
容器の種類アルミパウチ
10gあたりのコスト60円
7位
カレー粉 S&B食品 ナチュラルピュアカレーパウダー 1枚目
出典:amazon.co.jp

S&B食品ナチュラルピュアカレーパウダー

448円 (税込)

内容量30g
スパイスターメリック・コリアンダー・クミン・フェネグリーク・赤唐辛子・こしょう・ちんぴ・香辛料
添加物なし
動物性脂肪なし
小麦粉なし
容器の種類ガラス瓶
10gあたりのコスト149円
6位
内容量400g
スパイスターメリック・コリアンダー・チンピ・クミン・フェネグリーク ・ナツメグ・シナモン・フェンネル・赤唐辛子・ジンジャー・クローブ ・スターアニス・カルダモン・甘草・ブラックペッパー
添加物-
動物性脂肪なし
小麦粉なし
容器の種類アルミ缶
10gあたりのコスト34円
5位
内容量220g
スパイスターメリック・コリアンダー・クミン・フェネグリーク・ブラックペッパー・みかんの皮・ジンジャー・唐辛子・カルダモン・フェンネル・シナモン・その他香辛料
添加物なし
動物性脂肪なし
小麦粉なし
容器の種類アルミ缶
10gあたりのコスト36円
4位
内容量400g
スパイスターメリック・コリアンダー・フェヌグリーク・ブラックペパー・パプリカ・ジンジャー・クミン・フェンネル・陳皮・カルダモン・ディル・ナツメグ・シナモン・唐がらし・クローブ・スターアニス・ホワイトペパー・ローリエ・アジョワン・オールスパイス・セロリシード・甘草・タイム・タラゴン・オレガノ・セージ・ローズマリー
添加物-
動物性脂肪なし
小麦粉なし
容器の種類アルミ缶
10gあたりのコスト33円
3位

インデアン食品インデアン 純カレー

672円 (税込)

内容量160g
スパイスウコン・コリアンダー・チンピ・クミン・メッチ・フェンネル・赤唐辛子・シナモン・ナツメグ・クローブ・オールスパイス・ローレル・ジンジャー・ブラックペッパー・ガーリック
添加物-
動物性脂肪なし
小麦粉なし
容器の種類ガラス瓶
10gあたりのコスト42円
2位

神戸アールティーマイルド カレーパウダー

1,200円 (税込)

内容量400g
スパイスコリアンダー・ターメリック・ガラムマサラ・フェヌグリーク・クローブ・ローレル・その他香辛料
添加物-
動物性脂肪なし
小麦粉なし
容器の種類
10gあたりのコスト30円
1位

マンゴーズチリ抜きオーガニックカレー粉

880円 (税込)

内容量100g
スパイスコリアンダー・クミンシード・ターメリック・フエヌグリーク・カレーリーフ・黒コショウ・カルダモン・クローブ・シナモン(全て有機)
添加物-
動物性脂肪なし
小麦粉なし
容器の種類-
10gあたりのコスト88円

おすすめ人気 カレー粉の比較一覧表

商品画像
1
カレー粉 マンゴーズ チリ抜きオーガニックカレー粉 1枚目

マンゴーズ

2
カレー粉 神戸アールティー マイルド カレーパウダー 1枚目

神戸アールティー

3
カレー粉 インデアン食品 インデアン 純カレー 1枚目

インデアン食品

4
カレー粉 ハウス食品 特製カレーパウダー 1枚目

ハウス食品

5
カレー粉 ギャバン 純カレーパウダー 1枚目

ギャバン

6
カレー粉 ナイル商会 インデラカレー粉 1枚目

ナイル商会

7
カレー粉 S&B食品 ナチュラルピュアカレーパウダー 1枚目

S&B食品

8
カレー粉 創健社 植物素材の本格カレー辛口 1枚目

創健社

商品名

チリ抜きオーガニックカレー粉

マイルド カレーパウダー

インデアン 純カレー

特製カレーパウダー

純カレーパウダー

インデラカレー粉

ナチュラルピュアカレーパウダー

植物素材の本格カレー辛口

特徴味・コスト・クオリティーともに◎!子どもでも楽しめる無添加カレー粉リピーター率の高い老舗純カレー粉!多数の調合スパイスで作るこだわりの味塩・調味料・食品添加物不使用の純カレー粉日本人好みの味に仕上げたスパイス大手食品メーカーが作る本格的スパイス化学調味料・動物性油脂不使用のカレーフレーク
価格880円(税込)1,200円(税込)672円(税込)1,320円(税込)790円(税込)1,360円(税込)448円(税込)822円(税込)
内容量100g400g160g400g220g400g30g135g
スパイスコリアンダー・クミンシード・ターメリック・フエヌグリーク・カレーリーフ・黒コショウ・カルダモン・クローブ・シナモン(全て有機)コリアンダー・ターメリック・ガラムマサラ・フェヌグリーク・クローブ・ローレル・その他香辛料ウコン・コリアンダー・チンピ・クミン・メッチ・フェンネル・赤唐辛子・シナモン・ナツメグ・クローブ・オールスパイス・ローレル・ジンジャー・ブラックペッパー・ガーリックターメリック・コリアンダー・フェヌグリーク・ブラックペパー・パプリカ・ジンジャー・クミン・フェンネル・陳皮・カルダモン・ディル・ナツメグ・シナモン・唐がらし・クローブ・スターアニス・ホワイトペパー・ローリエ・アジョワン・オールスパイス・セロリシード・甘草・タイム・タラゴン・オレガノ・セージ・ローズマリーターメリック・コリアンダー・クミン・フェネグリーク・ブラックペッパー・みかんの皮・ジンジャー・唐辛子・カルダモン・フェンネル・シナモン・その他香辛料ターメリック・コリアンダー・チンピ・クミン・フェネグリーク ・ナツメグ・シナモン・フェンネル・赤唐辛子・ジンジャー・クローブ ・スターアニス・カルダモン・甘草・ブラックペッパー ターメリック・コリアンダー・クミン・フェネグリーク・赤唐辛子・こしょう・ちんぴ・香辛料カレー粉・食塩(メキシコ)・香辛料[オニオンパウダー(アメリカ)・唐辛子(中国)・りんご果汁(長野・山梨)、トマトパウダー(イタリア)
添加物----なし-なし 小麦粉(北海道)・植物油脂[有機べに花油(オーストラリア)・パーム油(マレーシア)・砂糖(北海道)・調味料[酵母エキス(日本他海外)・麦芽エキス(イギリス)]・食塩(メキシコ)
動物性脂肪なしなしなしなしなしなしなしなし
小麦粉なしなしなしなしなしなしなしあり
容器の種類-ガラス瓶アルミ缶アルミ缶アルミ缶ガラス瓶アルミパウチ
10gあたりのコスト88円30円42円33円36円34円149円60円
商品リンク

カレーライスだけじゃない!カレー粉のアイデア活用術

カレーライスだけでなく、さまざまな料理にもアレンジできるカレー粉。ここからは、楽しくておいしいアレンジをいくつかご紹介します。

即席でカレー味を楽しめる!

即席でカレー味を楽しめる!
カレー粉の使い方としてもっとも手軽なのが、出来上がった料理の仕上げに振りかける使い方です。チャーハンやインスタントラーメン、フライドポテトなどの最後の仕上げに振りかけるだけで、簡単にカレー味を楽しめます。また、アジフライなどのおかずに添えるのもおすすめ。お醤油やソースの代わりに使えば、一味違ったおかずを味わえますよ。

肉料理の下味つけに

肉料理の下味つけに
肉や魚料理の下味にカレー粉を使う方法もあります。小麦粉やパン粉とミックスして揚げ物に使うのもいいですし、にんにくや生姜と一緒にカレー粉を混ぜ1時間ほど漬け込めば、しっかりした味の肉料理を楽しめますよ。パウダー状のカレー粉は小麦粉などにも混ぜやすく、簡単に好みの量を調節できるのも嬉しいですね。

スープやパスタの隠し味に!

スープやパスタの隠し味に!
カレー粉はまた、料理の隠し味にも活躍してくれます。煮物や炒めものなどにはもちろん、スープやパスタにも少量加えれば、かすかにスパイスが薫る、風味豊かな味付けに!他にもサラダドレッシングやポテトサラダに加えたり、コロッケや肉じゃが、餃子などといったいつものおかずにもひと振りすると、定番メニューを簡単にワンランクアップできますよ!

美味しいカレーの材料探しなら、こちらもどうぞ

今回ご紹介してきたカレー粉でとびきりのカレーを作るなら、美味しい材料も揃えたいもの。以下の記事なら、そんなとっておきのカレー作りのために必要な材料も揃いますよ。ぜひこちらもご覧になってくださいね。

カレー粉の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、カレー粉のAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

さまざまなスパイスを絶妙なブレンド加減で作り上げるカレー粉。固形ルーのようにカレーライスを作るだけでなく、さまざまな活用法を楽しめる万能調味料なので、キッチンに一本常備しておくと、いつものおかずを上手にグレードアップしてくれます。香り高いスパイスを使った良質の商品を見つければ、食材の下味から隠し味、仕上げの調味料にと、調理の幅もいっそう広がりそうですね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す