• 登山におすすめのベビーキャリア人気ランキング7選【軽量で機能性も抜群!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 登山におすすめのベビーキャリア人気ランキング7選【軽量で機能性も抜群!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 登山におすすめのベビーキャリア人気ランキング7選【軽量で機能性も抜群!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 登山におすすめのベビーキャリア人気ランキング7選【軽量で機能性も抜群!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 登山におすすめのベビーキャリア人気ランキング7選【軽量で機能性も抜群!】のアイキャッチ画像5枚目

登山におすすめのベビーキャリア人気ランキング7選【軽量で機能性も抜群!】

登山用ベビーキャリアをご存知でしょうか。アウトドアレジャーでも使いやすいよう考えて作られたベビーキャリアのことで、モンベルやドイターをはじめ、多くのメーカーからおしゃれで機能的な商品がたくさん販売されています。しかし、いざ購入しようと思っても、商品によってデザインやサイズも異なるため、どれを選べばよいか迷ってしまいがち。

そこで今回は、登山におすすめのベビーキャリアの選び方のポイントと、Amazonや楽天でも購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。それぞれの商品のスペックや機能を比較しながら、ぜひお気に入りの商品を見つけてみてくださいね。ベビーキャリアを活用して、家族みんなでアウトドアレジャーを満喫しちゃいましょう。
  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 17,645  views
目次

登山用ベビーキャリアとは

登山用ベビーキャリアとは
最近は、登山やキャンプなど、アウトドアレジャーを家族で一緒に楽しむ人が増えてきましたよね。そんな中で、注目を集めているのが「登山用ベビーキャリア」です。赤ちゃんが落ちてしまわないようにしっかり固定できるのはもちろん、サンルーフやレインカバーを装着できたり、背中の密着を防ぎムレを防止したりと、外の環境でも使いやすいよう様々な工夫がたくさん。

自分でしっかり座れるようになった生後6ヶ月くらいから3歳頃まで使うことができ、首回りに枕がついているので途中で眠ってしまっても安心。何かと荷物が増えがちな子供連れのアウトドアレジャーも、登山用ベビーキャリアがあれば、荷物も一緒に入れて運べるのでとっても楽チンです。

登山用ベビーキャリアを活用すれば、子供がまだ小さいから…と諦めていたレジャーも家族みんなで楽しめること間違いなし。お子さんもお父さんの背中の上から眺める景色に大満足してくれるはずですよ。

登山用ベビーキャリアの選び方

それではまず、登山用ベビーキャリアの選び方についてご紹介します。赤ちゃんが快適で安全に使えることはもちろんですが、お母さんやお父さんが背負いやすいことも重要なポイントです。選び方のポイントをおさえて、ピッタリの商品を見つけてくださいね。

子供に安全なものを選ぼう

まず何よりも、お子さまにとって安全性の高いものを選ぶことが重要なポイントです。ベビーキャリアを背負うと、赤ちゃんの様子を知ることはできません。安心して乗せることのできるものを選びましょう。

しっかり固定できることが重要

しっかり固定できることが重要

出典:amazon.co.jp

まず、お子さまをしっかり固定できるものを選ぶのが一番のポイント。まだ小さな赤ちゃんをベビーキャリアに乗せる場合は、首回りにピローがあるものだと首をガードしてくれるので登山中に寝てしまっても安心です。

また、しっかり固定できるベビーキャリアであってもベルトを閉め忘れてしまうとお子さまが落ちてしまったり、ゆるいと背負った人が前かがみになったときに不安定になり大変危険です。ベルトがしっかり固定でき、赤ちゃんに合わせてサイズ調節できるものを選びましょう。説明書をよく読み、使い方もしっかり確認してくださいね。

安定感のある自立スタンド付きなら安心

安定感のある自立スタンド付きなら安心
お子さまをしっかりベルトで固定していても、怪我をしてしまう危険があるのが、荷物を降ろしたとき。ベビーキャリアが倒れてしまうと、固定されたお子さまは動けずに一緒に倒れてしまいます。そんな事故を防ぐためにも、安定感のある自立スタンドがついたベビーキャリアを選んでおくと安心です。

ただし、画像を見ても自立スタンドの良し悪しは判断しづらいため、口コミなどの評価を見たり、店舗へ行って実際に見てみることをおすすめします。

快適に過ごすためのオプションも魅力

登山用ベビーキャリアには、様々なオプションを装着できるものがあります。なかでも、サンシェイドやレインカバーは持っていて損はないアイテムです。これら2つのオプションが取付けられるものを選んで、快適な登山を楽しみましょう。

紫外線から赤ちゃんを守る『サンシェイド』があれば便利

紫外線から赤ちゃんを守る『サンシェイド』があれば便利
お子さまが外に遊びにでるときは紫外線が気になるという方も多いはず。登山用ベビーキャリアを使用する際にも紫外線対策は必要です。帽子を被ってもいいですが、ベビーキャリアに取り付けるサンシェイドがあれば、お子さまを紫外線からしっかり守ってくれますよ。

オプションとしてご紹介していますが、商品によってはサンシェイドを標準装備しているベビーキャリアもあります。使わないときは本体内部に片付けられるので、荷物もかさばらず便利です。

変わりやすい山の天気への備えに『レインカバー』は必須

変わりやすい山の天気への備えに『レインカバー』は必須
山の天気は変わりやすく、晴れていても急に雨が降ってしまうこともしばしば。特に小さなお子さまは大人と比べると体温の低下が早いため、雨対策は欠かせません。登山に行く際は、ベビーキャリア用のレインカバーを用意し、いざというときにすぐ装着できるものが便利です。

ベビーグッズも入る大きめを選ぼう

ベビーグッズも入る大きめを選ぼう

出典:amazon.co.jp

お子さまと一緒に登山する場合、通常の登山グッズ以外にもオムツやおしり拭きなどのベビーグッズも荷物として増えるため、容量の多いベビーキャリアが必要になります。1回の登山でどのくらいの荷物になるかイメージしてみるのもいいかもしれません。

ただし、日帰り登山やトレッキングなどの場合は、荷物もあまり多くならないため、容量の小さなものが使いやすいといった口コミもあります。どのようなアウトドアレジャーで使用するかによって、使い分けてみてもよいでしょう。

背負う人が疲れにくい背負い心地の良いものを

背負う人が疲れにくい背負い心地の良いものを
お子さまはもちろんですが、背負う人の快適さも重要なポイントです。ベビーキャリアを背負う人は荷物だけではなく、子供も担ぐことになるため20kg近くの重さになってしまうことも。

自分の体型に合わせて背面長が調節できるものを選べば、背負い心地も快適になり、負担の軽減にもつながります。また、背中がメッシュ生地になっていると通気性が良くなり汗をかきにくく、体力の消耗を抑えることもできますよ。

レンタルでお試ししてみるのもアリ

レンタルでお試ししてみるのもアリ

出典:amazon.co.jp

登山用ベビーキャリアはお値段も高く、オプションのサンシェイドやレインカバーを合わせて購入するとそれなりの値段になってしまいます。口コミを見たり実際に試して購入したけれど、いざ使ってみると合わなかった、なんてことも。そんな失敗を防ぐには、一度レンタルしてみてから購入を検討してもよいでしょう。

登山グッズをレンタルするショップでは登山用ベビーキャリアも借りることができ、実際に使ってみて使い心地を確かめることができますよ。また、登山用ベビーキャリアが欲しいけれどあまり使用しない・欲しいけれど保管場所がないという方は、レンタルを利用する方が合理的かもしれません。

登山用ベビーキャリアのおすすめ人気ランキング

ここからは、登山におすすめのベビーキャリアの商品をご紹介します。どれも安全性の高い、使いやすいものばかりなので、ぜひ参考にしてください。
7位
対象年齢-(体重7.25kg以下・18kg以上使用不可)
本体サイズ73×38×43cm
主な素材210Dトレンブルリップストップ 400Dナイロンパッククロス
重量3.13kg
容量20リットル
耐荷重22kg(子供を含む)
オプションレインカバー
6位
対象年齢3歳(身長105cm 体重18kgまで)
本体サイズ72×35×41cm
主な素材200DミニリップストップポリアミドPU/600Dポリエステル PU
重量3.1kg
容量25リットル
耐荷重22kg
オプションサンシェイド・レインカバー
5位

LittleLife アドベンチャーチャイルドキャリアー

48,644円

対象年齢生後6ヶ月から3歳
本体サイズ41×32×73cm
主な素材-
重量1.9kg
容量12リットル
耐荷重20kg
オプションサンシェイド
4位
対象年齢2歳
本体サイズ約 38×22×75cm
主な素材210DミニリップストップポリアミドPU
重量約2kg
容量12リットル
耐荷重14kgまで(子供を含む)
オプション-
3位
対象年齢-(体重7.25kg以下・18kg以上使用不可)
本体サイズ73×38×43cm(ポコデイパックを含まない)
主な素材210Dトレンブルリップストップ 400Dナイロンパッククロス
重量3.77kg(ポコデイパックを含む)
容量39リットル(ポコデイパックを含む)
耐荷重22kg(子供を含む)
オプションレインカバー
2位
対象年齢生後9ヶ月から3歳くらい(身長約90cm)
本体サイズ67×31×32cm
主な素材デニール ナイロン ダブルリップストップ
重量2.24kg
容量26L(収納部)
耐荷重9~16kg
オプションサンシェイド レインカバー
1位
対象年齢-(体重7.25~18kg推奨)
本体サイズ80×43×34
主な素材マクロライト210D スーパーポリテックス600D
重量3.5kg
容量18リットル
耐荷重22kgまで
オプションレインカバー

おすすめ人気登山用ベビーキャリアの比較一覧表

商品画像
1
登山ベビーキャリア DEUTER キッドコンフォート3 1枚目

DEUTER

2
登山ベビーキャリア mont-bell ベビーキャリア 1枚目

mont-bell

3
登山ベビーキャリア OSPRE ポコAG プレミアム 1枚目

OSPRE

4
登山ベビーキャリア VAUDE ワラビー 1枚目

VAUDE

5
登山ベビーキャリア LittleLife  アドベンチャーチャイルドキャリアー 1枚目

LittleLife

6
登山ベビーキャリア VAUDE シャトルコンフォート  1枚目

VAUDE

7
登山ベビーキャリア OSPREY ポコAG 1枚目

OSPREY

商品名

キッドコンフォート3

ベビーキャリア

ポコAG プレミアム

ワラビー

アドベンチャーチャイルドキャリアー

シャトルコンフォート

ポコAG

特徴ドイツのTUV認証を世界で初めて受けたベビーキャリア軽量でコストパフォーマンスに優れたベビーキャリアデイパックやサンシェイドを標準装備した最上位モデル日帰り登山やトレッキングにおすすめちょっとしたお出掛けにも使えそうたくさんの調節機能でお子さまをしっかりホールド軽量モデルのベビーキャリア
最安値
43,200
送料要確認
詳細を見る
要確認
要確認
18,810
送料無料
詳細を見る
要確認
46,255
送料別
詳細を見る
48,427
送料別
詳細を見る
対象年齢-(体重7.25~18kg推奨)生後9ヶ月から3歳くらい(身長約90cm)-(体重7.25kg以下・18kg以上使用不可)2歳生後6ヶ月から3歳3歳(身長105cm 体重18kgまで)-(体重7.25kg以下・18kg以上使用不可)
本体サイズ80×43×3467×31×32cm73×38×43cm(ポコデイパックを含まない)約 38×22×75cm41×32×73cm72×35×41cm73×38×43cm
主な素材マクロライト210D スーパーポリテックス600Dデニール ナイロン ダブルリップストップ210Dトレンブルリップストップ 400Dナイロンパッククロス210DミニリップストップポリアミドPU-200DミニリップストップポリアミドPU/600Dポリエステル PU210Dトレンブルリップストップ 400Dナイロンパッククロス
重量3.5kg2.24kg3.77kg(ポコデイパックを含む)約2kg1.9kg3.1kg3.13kg
容量18リットル26L(収納部)39リットル(ポコデイパックを含む)12リットル12リットル25リットル20リットル
耐荷重22kgまで9~16kg22kg(子供を含む)14kgまで(子供を含む)20kg22kg22kg(子供を含む)
オプションレインカバーサンシェイド レインカバーレインカバー-サンシェイドサンシェイド・レインカバーレインカバー
商品リンク

子供連れの登山は荷物もコンパクトに!

子供連れでのアウトドアレジャーは何かと荷物も多くなってしまうもの。かさばりがちな荷物はコンパクトにまとめて収納しちゃいましょう。ぜひ以下の記事も参考にしてくださいね。

登山用ベビーキャリアの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、登山用ベビーキャリアのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

登山におすすめのベビーキャリアをご紹介してきましたが、いかがでしたか。赤ちゃんがいるからといって、アウトドアができないことはありません。便利なベビーキャリアを活用して家族でアウトドアを楽しみましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す