• 初心者に最適なトレッキングシューズのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 初心者に最適なトレッキングシューズのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 初心者に最適なトレッキングシューズのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 初心者に最適なトレッキングシューズのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 初心者に最適なトレッキングシューズのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

初心者に最適なトレッキングシューズのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

登山やトレッキング時に欠かせない、トレッキングシューズ。コロンビアやキャラバンなどのブランドから、メンズ・レディース共にさまざまなものが販売されています。しかし、ゴアテックス素材で防水性に優れたブーツから、気軽な山歩きに最適なローカットタイプまで種類が多く、初心者の方は何を重視して選んでいいのか分かりにくいですよね。

そこで今回は、トレッキングシューズの詳しい選び方と、人気商品ランキングをご紹介します。評価の高いおすすめアイテムがたくさん登場しますので、あなたにぴったりな1足を見つけて、快適な山登りを楽しんでくださいね!

  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 318,393  views
目次

トレッキングシューズの選び方

トレッキングシューズ選びでは、タイプや機能、サイズなどから自分にぴったりのものを見つけることが大切です。以下に詳しく解説しますので、参考にしながら選んでみてください。

用途や利用シーンに合わせてタイプを選ぶ

トレッキングシューズは、トレッキングスタイル別に以下の2つのタイプに分類されます。自分のトレッキングスタイルに合わせたタイプのものを選ぶようにしましょう。

普段着ともおしゃれにコーデできる、軽量な「ライトタイプ」

普段着ともおしゃれにコーデできる、軽量な「ライトタイプ」
軽装備での日帰りハイキングや整備された道でのトレッキングに適したシューズです。軽量で柔らかいので、普段使いや郊外ウォーキングでも快適に使用できます。

ただし柔らかいがゆえに悪路やガレ場、重い荷物を背負っての歩行は足首以下が不安定になりやすいので、足場の悪い山道や、長時間大きな荷物を背負って歩くなど、本格的な登山での使用は控えた方が良いでしょう。

山道での歩行専用で、安定感も抜群の「通常タイプ」

山道での歩行専用で、安定感も抜群の「通常タイプ」
悪路・ガレ場や、重い荷物を背負っての長時間歩行を想定したシューズです。シューズ自体の剛性が高いので、悪路でも抜群の安定感を確保します。しかし、購入後は足に馴染むまで時間を要するものが多くなっています。また舗装道路や平坦な道では歩きにくいため、街歩き用に使うのは避けておきましょう

自分のレベルに見合ったカットを選ぶ

自分のレベルに見合ったカットを選ぶ
トレッキングシューズは、足首周りの高さで3種類に分けることができます。高いものはハイカット・浅いものはローカット・中間にあたるものをミドルカット(ミッドカット)と呼びますが、自分の登山行程や登山レベルに合わせて選ぶことが大切です。

足首周りをしっかり固定するハイカットは、捻挫のリスクを減らして歩行したい人に最適。一方、足首周りの固定がないローカットは、アップダウンにも柔軟に対応できますが、山登りに慣れている上級者向けです。

両者の中間であるミドルカットは、適度に足首をホールドし、可動域も十分持たせてあるので動きやすいことが特徴。登山靴に慣れていない初心者でも履きやすいタイプです。

軽いシューズは耐久性に注意して

軽いシューズは耐久性に注意して

足場の悪い山道では、軽いシューズほど歩きやすく疲れにくいものです。しかし、軽さだけを重視し過ぎると耐久性が落ちる場合もあります。シューズには足を固定して歩行をサポートする役割もありますので、軽量なシューズの場合は、耐久性も持ち合わせているか注意してみてください。

防水・透湿性のある高機能素材がおすすめ

防水・透湿性のある高機能素材がおすすめ
トレッキングシューズで快適に歩くためには、長時間履いても靴の中が蒸れにくいことや、悪天時に水を防げることも大切なポイントです。

一般的に、化学繊維に偏っているものでは防水性が悪く、頑丈に作られているレザーやプラスチックでは通気性が悪くなります。もちろん、特定の条件下ではそれぞれの機能に特化したシューズの方が快適ですが、初心者のうちは使い分けが難しいため、防水性と透湿性の両方に優れたシューズを選ぶのが無難です。

防水性と透湿性を備えた「ゴアテックス(R)」などの素材を使用したシューズもありますので、多少価格が高くなっても構わないという場合は、こういった高機能素材のシューズを検討するのもおすすめです。

冬場や雪道を歩く場合は保温性もチェック!

冬場や雪道を歩く場合は保温性もチェック!
標高の高い場所は、低地よりかなり気温が低くなります。特に冬にトレッキングをする場合は、足元までしっかり防寒して行きましょう。

なるべくハイカットやブーツタイプを選び、保温性の高い素材が内部に使われていると安心です。また雪道を歩く可能性がある場合は、ソールの滑りにくさや防水性なども忘れずにチェックしてくださいね。

主要ブランドの特徴から選ぶのも一手

シューズはブランドやメーカーにこだわらなくとも選ぶことができますが、やはりブランドシューズは機能面の高さと価格のバランスに優れています。特に初心者は、それぞれの特徴からブランドで選んでみても良いでしょう。

キャラバン:登山初心者向けの歩きやすいシューズが多め

キャラバン:登山初心者向けの歩きやすいシューズが多め

出典:amazon.co.jp

1954年創業の伝統的な日本ブランドです。「軽くて履きやすくて歩きやすいこと」をモットーとして生まれたCaravanシューズは、富士山や低山の登山、屋久島トレッキングなどに求められる機能を備えながら、ビギナーにも優しい履き心地を実現しています。

コロンビア:機能性に優れたモデルが多く、レディース用も豊富

コロンビア:機能性に優れたモデルが多く、レディース用も豊富

出典:amazon.co.jp

コロンビアは、1938年にアメリカで創業した、総合アウトドア・スポーツウェアの老舗ブランドです。スタイリッシュなデザインや豊富なカラーバリエーションも特徴で、しっかりとした機能性とコストパフォーマンスを併せ持っていることが魅力。メンズの他、レディース用も豊富にそろっています。

キーン:タウンユースしやすいデザインが欲しい人に

キーン:タウンユースしやすいデザインが欲しい人に

出典:amazon.co.jp

キーンのスローガンは「Hybrid Life」。仕事や趣味などすべての生活を通して、バランスのとれた生き方をめざすことを掲げています。キーンの商品は都会でも自然でもマッチするデザインと機能性を併せ持っていると言えるでしょう。トレッキングシューズながらタウンユースもできるものをお探しの人にぴったりです。

メレル:長時間履いても疲れにくい、機能性の高さが魅力

メレル:長時間履いても疲れにくい、機能性の高さが魅力

出典:amazon.co.jp

オーダーメイドブーツの制作から始まったブランド「メレル」は、何と言っても長時間履いても疲れにくいシューズが多いのが特徴です。蒸れにくさや防水性、軽量性などあらゆる要素において工夫がされており、アウトドアはもちろん、幅広いシーンで日常を快適にしてくれます。

トレッキングシューズの人気ランキング10選

選び方を踏まえて、初心者の方に人気のトレッキングシューズをランキング形式でご紹介します。

10位

NAUVENO保温 防寒 ウォーキングシューズ

2,580円 (税込)

タイプライトタイプ
カットハイカット
重さ
素材合成皮革・マイクロファイバー・ゴム底
サイズ展開22.5cm〜27cm
9位

MERRELLウォーキングシューズ ジャングルモック

12,706円 (税込)

タイプライトタイプ
カットローカット
重さ397g
素材牛革・ゴアテックス®
サイズ展開25cm〜28cm
8位

THE NORTH FACEトレッキングシューズ Verto S3K II Gore-TEX

25,920円 (税込)

タイプ通常タイプ
カットミドルカット
重さ600g
素材ゴアテックス®メンブレン・バリスティックナイロン・スエード・EVA・ラバー・TPU CRADLE™・5mmポリプロピレン・Vibram® Mulazラバー
サイズ展開23.0cm〜28.5cm
7位

SALOMONトレイルランニングシューズ XA PRO 3D GORE-TEX

14,554円 (税込)

タイプライトタイプ
カットローカット
重さ345g(女性用)・390g(男性用)
素材EVA・ゴアテックス®・ラバー
サイズ展開22.0cm〜25.0cm(女性用)・25.0cm〜29.0cm(男性用)
6位
タイプライトタイプ
カットローカット
重さ345.9g(女性用)・450.8g(男性用)
素材天然皮革スエード・ラバー・コルク混リサイクルPU
サイズ展開22.5cm〜25.0cm(女性用)・25.0cm〜30.0cm(男性用)
5位
タイプライトタイプ
カットローカット
重さ-
素材レザー・ステルスS1
サイズ展開23.0cm〜29.0cm
4位
タイプ通常タイプ
カットハイカット
重さ590g
素材メッシュポリエステル・合成皮革・ゴアテックス®メンブレン・キャラバントレックソール・ライトフレーム(EVAラミネート)・EVA
サイズ展開24.5cm~30.0cm
3位
トレッキングシューズ ALBATRE トレッキングシューズ AL-TS1120
出典:amazon.co.jp

ALBATREトレッキングシューズ AL-TS1120

5,152円 (税込)

タイプ通常タイプ
カットミドルカット
重さ390g
素材合成皮革・ナイロン・EVA・合成ゴム
サイズ展開22.5cm〜25.0cm(女性用)・25.0cm〜28.5cm(男性用)
2位
トレッキングシューズ コロンビア セイバー3 ミッド オムニテック
出典:amazon.co.jp

コロンビアセイバー3 ミッド オムニテック

6,458円 (税込)

タイプライトタイプ
カットミドルカット
重さ400g(女性用)・467.5g(男性用)
素材ウォータープルーフシンセティックレザー・ポリエステルメッシュ・オムニテックメンブレン
サイズ展開22.5cm〜25.5cm(女性用)・25.0cm〜29.0cm(男性用)
1位

ASHION多機能アウトドアスポーツシューズ

3,370円 (税込)

タイプ通常タイプ
カットミドルカット
重さ-
素材スエード(ゴアテックス®)・合成ゴム
サイズ展開24.5cm〜28.0cm

初心者に最適な人気トレッキングシューズ比較一覧表

商品画像
1
トレッキングシューズ ASHION 多機能アウトドアスポーツシューズ 1枚目

ASHION

2
トレッキングシューズ コロンビア セイバー3 ミッド オムニテック

コロンビア

3
トレッキングシューズ ALBATRE トレッキングシューズ AL-TS1120

ALBATRE

4
トレッキングシューズ キャラバン C1_02S 1枚目

キャラバン

5
トレッキングシューズ ファイブテン アクセスカーボン 1枚目

ファイブテン

6
トレッキングシューズ KEEN ジャスパー スニーカー 1枚目

KEEN

7
トレッキングシューズ SALOMON トレイルランニングシューズ XA PRO 3D GORE-TEX 1枚目

SALOMON

8
トレッキングシューズ THE NORTH FACE トレッキングシューズ Verto S3K II Gore-TEX 1枚目

THE NORTH FACE

10
トレッキングシューズ NAUVENO 保温 防寒 ウォーキングシューズ 1枚目

NAUVENO

商品名

多機能アウトドアスポーツシューズ

セイバー3 ミッド オムニテック

トレッキングシューズ AL-TS1120

C1_02S

アクセスカーボン

ジャスパー スニーカー

トレイルランニングシューズ XA PRO 3D GORE-TEX

トレッキングシューズ Verto S3K II Gore-TEX

保温 防寒 ウォーキングシューズ

特徴あらゆる機能を備え、ハイキングやトレイルランニングにも...アウトソールのパターンががっちりグリップ!軽量で丈夫、クールなデザインにお手頃価格の良バランス鉄板ブランド、Caravanの代表的モデルどこへでも行ける、なんでもできる、万能アプローチシューズクライミングシューズとスニーカーのハイブリッドトレイルランニングにも対応できる軽さとフィット感春、夏、秋の3シーズンに対応!おしゃれな軽量防水シューズ街歩きしたくなるかわいさ!冬の寒さ対策に◎
価格3,370円(税込)6,458円(税込)5,152円(税込)15,000円(税込)10,692円(税込)12,744円(税込)14,554円(税込)25,920円(税込)2,580円(税込)
タイプ通常タイプライトタイプ通常タイプ通常タイプライトタイプライトタイプライトタイプ通常タイプライトタイプ
カットミドルカットミドルカットミドルカットハイカットローカットローカットローカットミドルカットハイカット
重さ-400g(女性用)・467.5g(男性用)390g590g-345.9g(女性用)・450.8g(男性用)345g(女性用)・390g(男性用)600g
素材スエード(ゴアテックス®)・合成ゴムウォータープルーフシンセティックレザー・ポリエステルメッシュ・オムニテックメンブレン合成皮革・ナイロン・EVA・合成ゴムメッシュポリエステル・合成皮革・ゴアテックス®メンブレン・キャラバントレックソール・ライトフレーム(EVAラミネート)・EVAレザー・ステルスS1天然皮革スエード・ラバー・コルク混リサイクルPUEVA・ゴアテックス®・ラバーゴアテックス®メンブレン・バリスティックナイロン・スエード・EVA・ラバー・TPU CRADLE™・5mmポリプロピレン・Vibram® Mulazラバー合成皮革・マイクロファイバー・ゴム底
サイズ展開24.5cm〜28.0cm22.5cm〜25.5cm(女性用)・25.0cm〜29.0cm(男性用)22.5cm〜25.0cm(女性用)・25.0cm〜28.5cm(男性用)24.5cm~30.0cm23.0cm〜29.0cm22.5cm〜25.0cm(女性用)・25.0cm〜30.0cm(男性用)22.0cm〜25.0cm(女性用)・25.0cm〜29.0cm(男性用)23.0cm〜28.5cm22.5cm〜27cm
商品リンク

試着時にチェックしたいポイント

自分に合ったトレッキングシューズを見つけるには、試着は欠かせません。店頭で試し履きする際のチェックポイントを押さえておきましょう。

靴のつま先まで足を入れ、踵に指が1本入るか確認して

靴のつま先まで足を入れ、踵に指が1本入るか確認して
試着する際は、一般的に普段のサイズの0.5~1.0cm大きいものを選ぶのが基本です。トレッキング時は登山用の厚手のソックスを着用しますので、少し余裕を見ておかなければなりません。

試着する際は靴のつま先までしっかりと足を入れた状態で、無理なく踵に指が1本入るものを選んでおきましょう。また、履いたままで歩いてみるのはもちろん、段差でのフィット感を確認することもお忘れなく。

トレッキングの際、特に足を痛めるのは登りより下りが多くなっていますから、階段や踏み台で下りのフィット感を確認しておくと安心です。

ソフト?ハード?ソールの硬さも確認して

ソフト?ハード?ソールの硬さも確認して
ソールの硬さも、実際に履いてみて確かめましょう。履いたままでつま先立ちをした際、楽に曲がるものはソフト、あまり曲がらないものはハードとなります。

ソフトは柔軟性があるので軽装での登山に適しており、主に日帰りでトレッキングする時におすすめです。ハードは重装で挑む登山に向けたものですので、テント泊や山小屋泊も視野に入れた長距離のトレッキング用と考えると分かりやすいでしょう。

冷えや疲労防止に、アウトドア用靴下があると便利

登山やトレッキング時の靴下は、実は歩きやすさや疲れにくさを左右するため重要なアイテム。足の冷えを防止してくれる他、歩行時の疲労を軽減してくれる働きもあるので、専用のものを履いた方が確実です。シューズと一緒に選んで、快適な登山を楽しんでみてくださいね。

トレッキングシューズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トレッキングシューズのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ラbンキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

トレッキングシューズのおすすめランキング、いかがでしたか?トレッキングにおいてのシューズは、車で言うタイヤのように非常に重要なファクターです。ご紹介した選び方のポイントを参考にしながら、ジャストフィットするシューズで素晴らしいトレッキングをお楽しみいただければ幸いです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す