• ホワイトソースのおすすめ人気ランキング10選【グラタン・カルボナーラ・リゾットに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ホワイトソースのおすすめ人気ランキング10選【グラタン・カルボナーラ・リゾットに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ホワイトソースのおすすめ人気ランキング10選【グラタン・カルボナーラ・リゾットに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ホワイトソースのおすすめ人気ランキング10選【グラタン・カルボナーラ・リゾットに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ホワイトソースのおすすめ人気ランキング10選【グラタン・カルボナーラ・リゾットに!】のアイキャッチ画像5枚目

ホワイトソースのおすすめ人気ランキング10選【グラタン・カルボナーラ・リゾットに!】

クリームシチューやグラタン、パスタなど、さまざまな料理においしく変身するホワイトソース。別名ベシャメルソースとも呼ばれるクリーミィで使い勝手の良い万能ソースですが、イチから作るのはちょっぴり大変です。ちょっと目を離しただけで焦がしてしまったり、ダマになってしまったり…。そんな時に頼りになるのが市販のホワイトソース。

簡単で使い勝手の良い粉末タイプや、サッと使える小分けタイプ、本格派のハインツのソースなど、種類もいろいろです。そこで今回は、Amazonや楽天などの通販でも人気の商品の中から特におすすめの商品をランキング形式でご紹介します。多めに購入した場合の保存方法や賢い利用法まで、楽しいアイデアも満載。市販のホワイトソースを活用すれば、お料理の幅もグッと広がりますよ!
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 38,245  views
目次

ホワイトソースの選び方

それでは、まずホワイトソースの選び方のポイントからスタートしていきましょう。

サイズ&形状はメニューに合わせて

大容量な缶詰めタイプや小分けされた便利なタイプ、ソース状のものからパウダー状のものまで、市販されているホワイトソースの種類はいろいろです。作る料理に合わせて使い勝手良く選びましょう。

シチューには大容量の缶詰めタイプを

シチューには大容量の缶詰めタイプを
クリームシチューや煮込み料理など大量に消費する場合は、やっぱり缶詰めタイプの大容量サイズが便利です。ミルクやフォンで少しのばしてから入れるのも良し、具材を煮込んだ鍋にそのまま投入して煮込むも良しととっても簡単。ホワイトソースから作らない分、煮込み料理でも時短でできるのが何よりの魅力です。

子どもが大好きなコーンを入れてコーンクリームシチューにしたり、ロールキャベツをクリーム煮にするのはもちろん、カボチャを入れてパンプキンスープにしたり、トマトを混ぜ込んでトマトクリームにしたりとアイデアがいっぱい。苦手な野菜も具としてではなく、たっぷりのクリームシチューにペースト状にして混ぜ込めば、克服できるかもしれませんよ。

グラタンやパスタなら小分けタイプが便利

グラタンやパスタなら小分けタイプが便利
グラタンやパスタなど、1人分だけ作りたい時でも便利に使えるのが小分けタイプのソースです。無駄にすることなく、人数分だけ利用できるのが一番のメリット。グラタンなら、最後にかけて焼くだけという超時短商品もありますよ。もちろん、クリームソースとしてかけたり添えたりする場合も小分けタイプなら簡単です。

また肉でも魚でもクセがないぶん合わせやすいのも嬉しいポイント。サーモンのムニエルやポークソテーなど、焼くだけでOKのメニューにちょこっとかけるだけで、なんとも贅沢な一品になります。レトルトタイプなら温めてかけるだけなので、洗い物も少なく済んで、さらに便利ですね。

リゾットからシチューまで使える便利なパウダー

リゾットからシチューまで使える便利なパウダー
パウダータイプの利点は、使いたい分だけ使えること。リゾットやパスタなど、料理しながらササッとふりかけて使うなんてことも可能です。もちろん水やミルクで溶くだけで、本格的なホワイトソースになるため、とっても便利。濃度調節も簡単で、コンソメ味のスープに少し溶かせば、ちょっとクリーミィーなスープに変身します。

パウダータイプといっても、缶入りや小分けタイプ、大容量の袋入りなど種類はいろいろ。容器によっては湿気が入ってしまい、長期保存できない場合もあるので、使う量にあわせてサイズを決めるのが基本です。ただし、開封前なら比較的賞味期限が長いため、いざと言う時のために常備しておくのも良いですね。

具入りならラクラク時短ゴハンもOK

具入りならラクラク時短ゴハンもOK
ホワイトソースというより、レトルト食品に近い商品になりますが、グラタンやパスタ用に具が入ったホワイトソースも市販されています。上手に利用すれば、手作りに負けないゴハンを簡単に作れる秘密兵器にもなる商品。

そのままパスタやグラタンに使うのはもちろん、ちょっと手の込んだイメージのドリアやラザニアなどもスグにできます。バターをぬった耐熱皿にゴハンを入れ、ソースをかけ、最後にパルメザンチースをかければ完成。彩りを考えて刻みパセリなどを散らせば、しっかりご馳走ゴハンに変身です。

離乳食には幼児専用ソースがベスト

離乳食には幼児専用ソースがベスト
ホワイトソースは離乳食作りにも便利。忙しいママの強い味方です。とは言え、市販の商品だと成分が気になりますよね。そんな時に便利なのが幼児用のホワイトソース。おかゆやスープ、グラタンなどに少しずつ利用したり、多めに作って保存したりと便利に使えます。

特におすすめなのは、着色料や香料、保存料などを使用していない無添加の商品。できれば、まだ消化機能が発達していない赤ちゃん用に、きちんと塩分控えめで薄味のホワイトソースを選びましょう。野菜嫌いにならないよう、この時期からホワイトソースに混ぜ込んでおくのもおすすめです。

ホワイトソースのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのホワイトソースをランキング形式でご紹介していきます。選び方のポイントを参考に、使い勝手の良いソースを見つけてみてくださいね。
10位
内容量120g
タイプパウダー
9位
内容量500g
タイプパウダー
8位

大潟村あきたこまち生産者協会きのこのホワイトソース

310円

内容量140g×6袋
タイプ液状レトルト
7位
内容量800g
タイプパウダー
6位
内容量210g(70g×3袋)
タイプ液状レトルト
5位
内容量42g×6袋
タイプパウダー
4位
内容量245g
タイプ液状缶入り
3位
内容量285g
タイプ液状缶入り
2位
内容量200g×2個
タイプパウダー
1位
内容量290g×4缶
タイプ液状缶入り

おすすめ人気ホワイトソースの比較一覧表

商品画像
1
ホワイトソース ハインツ ホワイトソース特選  1枚目

ハインツ

2
ホワイトソース S&B  白缶 ホワイトソースミックス  1枚目

S&B

3
ホワイトソース 明治屋  ホワイトソース  1枚目

明治屋

4
ホワイトソース キユーピー  ホワイトソース  1枚目

キユーピー

5
ホワイトソース ピジョン かんたん粉末 ホワイトソース 1枚目

ピジョン

6
ホワイトソース ハインツ ちょっとだけホワイトソース  1枚目

ハインツ

7
ホワイトソース ネスレ マギー ホワイトソース  1枚目

ネスレ

8
ホワイトソース 大潟村あきたこまち生産者協会 きのこのホワイトソース 1枚目

大潟村あきたこまち生産者協会

9
ホワイトソース 味の素 クノールクリーミーホワイトソース 1枚目

味の素

10
ホワイトソース スカイ・フード ホワイトソース  1枚目

スカイ・フード

商品名

ホワイトソース特選

白缶 ホワイトソースミックス

ホワイトソース

ホワイトソース

かんたん粉末 ホワイトソース

ちょっとだけホワイトソース

マギー ホワイトソース

きのこのホワイトソース

クノールクリーミーホワイトソース

ホワイトソース

特徴リーズナブルな本格派ソース使い方も濃淡も自由自在手軽に楽しめる上品な味わい愛され続けるロングセラー商品安心安全なベビーフード小分け&かけるだけの本格派溶けやすいサラサラパウダー具入りグルテンフリーで時短ゴハンチーズ風味プラスの大容量素材にこだわった老舗の逸品
最安値
1,280
送料要確認
詳細を見る
要確認
369
送料別
詳細を見る
要確認
362
送料別
詳細を見る
208
送料要確認
詳細を見る
2,088
送料別
詳細を見る
要確認
780
送料要確認
詳細を見る
422
送料要確認
詳細を見る
内容量290g×4缶200g×2個285g245g42g×6袋210g(70g×3袋)800g140g×6袋500g120g
タイプ液状缶入りパウダー液状缶入り液状缶入りパウダー液状レトルトパウダー液状レトルトパウダーパウダー
商品リンク

ホワイトソースは冷凍保存がおすすめ

ホワイトソースは、冷凍保存が可能です。冷凍保存した場合の保存期間はおよそ1ヶ月。コツを覚えておけば、無駄にすることなく便利に使いこなせます。

簡単!冷凍保存のコツ

簡単!冷凍保存のコツ
ホワイトソースを冷凍する場合のポイントは、主に3つあります。

1.しっかり空気を抜いて保存すること。
2.使用しやすいサイズに小分けできる容器で保存する。
3.粗熱をとったら、急速冷凍できるよう、製氷皿やフリーザーバックなどで保存する。

大容量のソースが余ってしまった時や、パウダータイプを多めに溶いてしまった時も無駄なく利用できます。また、調理したものを保存するのもひとつの方法。リゾットやグラタンなど、冷凍食品として市販されているような料理なら、自分でも冷凍可能ですよ。

選べる3つの解凍方法

選べる3つの解凍方法
念のため、解凍方法もご紹介しておきましょう。冷凍したホワイトソースの解凍方法は、他の食品と同じように、電子レンジ解凍・常温解凍・湯せんでの解凍の3つです。

時間がないという場合は当然電子レンジがおすすめですが、ホワイトソースは意外と繊細。味と風味を落とさないためには、常温解凍をおすすめします。もちろん他の方法でもよいのですが、ひと手間かけてほんの少しだけ白ワインを加えたり、生クリームをプラスするなど工夫が必要。コクも風味も蘇ります。

賢く使って無駄なく絶品アレンジ

実はかなり変幻自在に使えるホワイトソース。少しだけ、簡単なアレンジのアイデアをピックアップしてみました。

濃度調節だけでメニューを変える

濃度調節だけでメニューを変える
これは、当たり前のように実践している方も多いと思いますが、パウダータイプでも液状タイプでも、濃度を変えることで2度楽しめます。例えば、クリームシチューに利用したホワイトソースが余ったら、倍量のフォンやミルクで薄めて翌朝のクラムチャウダーにするのはいかがですか?

逆に少しだけパウダーをプラスして小分け冷凍すれば、クリームコロッケやシチューパンの具が簡単に作れます。シチューの旨味たっぷりのパンと白ワインで休日のブランチなんて素敵ですよね。

和風アレンジでおもてなし

和風アレンジでおもてなし
和風出汁とホワイトソースは相性抜群。和風テイストをベースにすれば、年配の方でも胃にもたれない優しいシチューも簡単にできます。具材をシーフードにするなど、さらに工夫すれば、十八番メニューになるかもしれません。

和風アレンジで、特におすすめしたいのが鍋料理。ホワイトソースは鶏肉でも豚肉でも魚介類の鍋でも良く合います。中でも相性の良い具材は鶏肉とゴボウ。味噌や豆乳を加えれば、さらにコクも旨味もUPします。また、〆の雑炊にだけ加えるのもGOOD。リゾット風の出汁たっぷり雑炊で至福のおもてなし料理を演出しましょう。

ちょっと加えて特別なディナーソース

ちょっと加えて特別なディナーソース
ソースとして利用すると、とってもお洒落な雰囲気のホワイトソース。ちょっと加える定番と言えば白ワインですよね。風味の増したソースをアスパラガスにかけるだけで、特別なディナーに変身。ビネガーやレモン汁をプラスした酸味を利かせたソースや、刻みわさびを加えたソースなども肉料理に良く合います。

また、にんにくやアンチョビ、オリーブオイルを加えれば、バーニャカウダソースも簡単。子ども向けに、ケチャップを加えてオーロラソースなんていかがでしょう。ひとつ加えるだけで味がガラッと変わるのも大きな魅力ですね。

ホワイトソースで手作りスイーツ

ホワイトソースで手作りスイーツ
意外かもしれませんが、ホワイトソースはスイーツにも変身します。フルーツグラタンなどは良く知られていると思いますが、今回は、市販のソースを利用した簡単で身体に優しいスイーツをひとつご紹介しましょう。

まず、ホワイトソースを少し多めのミルクで溶いて火にかけます。なめらかになったら1/3程度の量の生クリームと砂糖を適量加えて溶かし、バニラエッセンスで風味付け。粗熱を取り、お好みのフルーツ(リンゴとバナナがおすすめ)を入れて冷蔵庫で1時間ほど冷やせば完成です。

できれば塩分控えめの幼児用ソースを使用する方がおいしくできますよ。とってもおいしいので、ぜひお試しくださいね。

ホワイトシチューには「シチュールー」が簡単便利!

ホワイトソースを使った代表的なメニューといえば「ホワイトシチュー」。ホワイトソースから作るのもおすすめですが、もっと手軽においしいシチューを作りたいなら「シチュールー」が便利です。定番の商品から、本格派、アレルギー対応商品までバラエティも豊富。ぜひ、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

フレンチからイタリアン、おウチごはんまで、実はとっても出番が多く親しまれているホワイトソース。自分で作るのは面倒だし、失敗するかもと思っている方、忙しいから簡単に料理したいという方にも、とっても便利な市販商品がたくさんあります。定番の缶入りタイプから小分けのレトルトタイプ、使い勝手の良いパウダータイプまで種類も豊富。

時短アイテムとしても、定番の煮込み料理やグラタンやパスタなどの人気メニュー、肉や魚料理のソースなど、幅広く利用できます。今回ご紹介した中に、もしお気に入りの商品があったら、ぜひアレンジメニューにもTRYして、ホワイトソースマスターになってみませんか?

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す