1. TOP
  2. >
  3. 食品
  4. >
  5. 調味料
  6. >
  7. 【特徴別】シチュールーのおすすめ人気ランキング13選
  • 【特徴別】シチュールーのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【特徴別】シチュールーのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【特徴別】シチュールーのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【特徴別】シチュールーのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【特徴別】シチュールーのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像5枚目

【特徴別】シチュールーのおすすめ人気ランキング13選

シチューは1品でさまざまな野菜や肉類を食べられる料理。季節に応じた旬の食材を使うこともできますし、不足しがちな野菜をお手軽に摂取できます。ルーを使わずに小麦粉と牛乳を使ってシチューを作ることも可能ですが、市販のシチュールーを使った方が早く調理できますし、色々なバリエーションを試すことができますよね。

そこで今回は、シチュールーの選び方を解説しながら、人気の商品をおすすめ順にランキングでご紹介したいと思います。味わいや溶けやすさなどから選ぶポイントを押さえて、あなた好みのシチューを作っちゃいましょう!
  • 最終更新日:2020年04月17日
  • 191,226  views
目次

簡単・便利なシチュールー

簡単・便利なシチュールー

シチューに欠かせないホワイトソースやブラウンソースは、自分で作るとなると材料も必要で、手間もかかりますよね。この作業を時短して、簡単にシチューを作れるのがシチュールーの良いところ。溶かすだけでとろみがつき、深みやコクも加わるので手軽に美味しいシチューが作れます。


また、シチュー以外にもさまざまな料理にアレンジできるので、1箱あれば重宝しますよ。アレンジ方法についてはこの記事の後半で紹介するので、そちらも参考にしてくださいね。

シチュールーの選び方

シチュールーと言っても、ハウス食品や江崎グリコ、エスビー食品などさまざまなメーカーからいろんな種類が販売されているため、見ただけで選ぶのは難しいですよね。ここでは、シチューの種類や味などから、好みのシチュールーを選ぶポイントをご紹介していきます。

まずはシチューの種類で選ぶ

シチューには主に「クリームシチュー」と「ビーフシチュー」とがあり、シチュールーもこれと同じく2種類が展開されていることが多いです。まずはどちらの味にするか決めていきましょう。

野菜や魚介との相性抜群の「クリームシチュー」

野菜や魚介との相性抜群の「クリームシチュー」

ホワイトシチューは、野菜や魚介などいろんな食材との相性が良く、一般家庭でも定番のメニューになっています。コーンやチーズ、生クリームでコクや深みを出したものも多く、お子さんにも好まれやすいため、家族みんなで味わうのにおすすめです。


ロールキャベツを煮込んだり、濃いめに溶いてグラタンのソースとして使ったりと、アレンジもしやすいルーです。

お肉中心で大人な味わいが楽しめる「ビーフシチュー」

お肉中心で大人な味わいが楽しめる「ビーフシチュー」
大人だけで味わいたい方や、お肉を中心に味わいたい方にはビーフシチューがおすすめです。ブラウンソースのほろ苦さが特徴的なメニューで、日本ではデミグラスソースで煮込んだものが好まれています。

お肉や野菜の旨味を濃縮した深みのあるソースなので、お酒と一緒に味わうのにもおすすめです。ご飯にかけてハヤシライス風に食べるのも家なら自由!甘みの強いタイプならお子さんでも食べやすいです。

溶けやすさ・使いやすさも考えてルーの形状で選ぶ

シチュールーには、板状に固めたタイプ・フレーク(粉末・顆粒)タイプ・ペーストタイプと、主に3つの形状があります。それぞれの特徴を紹介しますので、あなたに合ったものをチョイスしましょう。

具材と一緒に煮込むだけの「固形」タイプ

具材と一緒に煮込むだけの「固形」タイプ

板状のルーは、具材と一緒に煮込んで使うタイプ。とろみが出やすく、必要な分だけ割って使うようになっています。しっかり溶かさないと鍋に残ってしまうことはありますが、小量作る場合でもルーの量を調整しやすく、分量が分かりやすいというメリットがあります。

溶けやすく、必要な分だけ使いやすい「フレーク」タイプ

溶けやすく、必要な分だけ使いやすい「フレーク」タイプ
粉末や顆粒、フレークタイプのルーは、溶けやすくて小量でも使いやすいところがメリット。シチュー以外のメニューでちょっとだけ使いたい方や、ルーの溶け残りが気になる方におすすめです。やや粉っぽさが気になる方もいるようなので、何種類か食べ比べてみると良いでしょう。

深みのある味わいが魅力の「ペースト」タイプ

深みのある味わいが魅力の「ペースト」タイプ

ペーストタイプは、スパイスや素材の味が活きやすく、深みのある仕上がりを好む方におすすめです。開封後は使いきらなければならないため小量ずつ使うのにはあまり向きませんが、板状ルーや粉末のルーでは出せない濃厚さが魅力です。

味の決め手は素材をチェック

味の決め手は素材をチェック

ルーに使われている素材をチェックすれば、おおよその味を知ることができます。ホワイトシチューでは、牛乳・生クリーム・チーズなどをたっぷり含んでいるかがポイント。こうしたものを選べばコクのあるホワイトシチューが味わえます。


一方でビーフシチューは、チキンエキス・ポークエキス・オニオン・トマトなど、旨味を引き出す素材がポイントで、お肉や野菜の種類から好みのものを選ぶのがおすすめです。

アレルギーがある方はアレルギー対応のものを選んで

アレルギーがある方はアレルギー対応のものを選んで
シチューのルーには、牛乳や小麦粉、卵など、さまざまな原料が使われています。アレルギーがある方は、アレルギー対応のシチュールーを選びましょう。

本記事でもアレルギーの方が安心して味わえるシチュールーを紹介しているので、そちらも参考にしてくださいね。ただし、たとえアレルギー対応商品であっても、念のため箱の裏面に記載されている原材料は必ず確認しましょう。

健康志向の方はカロリーにも注目!

健康志向の方はカロリーにも注目!
シチューは意外と高カロリー。ダイエット中の方やカロリー制限をしている方は、シチュールーのカロリーも確認しておくと安心です。

1食あたりのカロリーが分かれば摂りすぎを防止できますので、健康に気を配っている方はここにも注目してみてください。

ホワイトシチュールーのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、ホワイトシチュー・ビーフシチュー・アレルギー対応シチューに分けて、それぞれをランキング形式で紹介していきます。まずは家庭でおなじみのホワイトシチューから。味の違いなどからお好みのものを見つけてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月10日時点) をもとにして順位付けしています。

5位
種類ホワイトシチュー
ルーの形状フレーク
コーン
アレルギー対応×
1食分のカロリー約110Kcal(シチュールー1⽫分あた り)
4位
種類ホワイトシチュー
ルーの形状フレーク
コーン
アレルギー対応×
1食分のカロリー124kcal(シチュールー1皿分あたり)
3位
種類ホワイトシチュー
ルーの形状フレーク
コーン・ミルク
アレルギー対応×
1食分のカロリー115kcal(シチュールー1皿分あたり)
2位
種類ホワイトシチュー
ルーの形状固形
生クリーム・チーズ
アレルギー対応×
1食分のカロリー93kcal(シチュールー1⽫分あた り)
1位
種類ホワイトシチュー
ルーの形状顆粒
ブイヨン
アレルギー対応×
1食分のカロリー77kcal(シチュールー1⽫分あた り)

人気 ホワイトシチュールーの比較一覧表

商品画像
1
シチュールー ハウス食品 シチューミクス 1枚目

ハウス食品

2
シチュールー ハウス食品 北海道シチュー 1枚目

ハウス食品

3
シチュールー 創健社 コーンクリームシチューフレーク 1枚目

創健社

4
シチュールー 創健社 お米と大豆のコーンシチュールウ 1枚目

創健社

5
シチュールー オーサワジャパン まろやかシチュールウ 1枚目

オーサワジャパン

商品名

シチューミクス

北海道シチュー

コーンクリームシチューフレーク

お米と大豆のコーンシチュールウ

まろやかシチュールウ

特徴もはや定番のロングセラー品北海道産生乳100%を使用した大人気のシチュールー動物性油脂不使用で健康志向の人にもぴったり国産材料を使用している信頼の品質原材料にこだわった安全で安心できるシチュールー
最安値
228
送料別
詳細を見る
272
送料要確認
詳細を見る
375
送料要確認
詳細を見る
375
送料要確認
詳細を見る
364
送料要確認
詳細を見る
種類ホワイトシチューホワイトシチューホワイトシチューホワイトシチューホワイトシチュー
ルーの形状顆粒固形フレークフレークフレーク
ブイヨン生クリーム・チーズコーン・ミルクコーンコーン
アレルギー対応×××××
1食分のカロリー77kcal(シチュールー1⽫分あた り)93kcal(シチュールー1⽫分あた り)115kcal(シチュールー1皿分あたり)124kcal(シチュールー1皿分あたり)約110Kcal(シチュールー1⽫分あた り)
商品リンク

ビーフシチュールーの人気ランキング5選

続いては、大人な味わいが魅力のビーフシチュールーをご紹介します。

5位
種類ビーフシチュー
ルーの形状固形
生クリーム・デミグラスソース
アレルギー対応×
1食分のカロリー88kcal(シチュールー1⽫分あた り)
4位
種類ビーフシチュー
ルーの形状固形
和牛ドミグラス
アレルギー対応×
1食分のカロリー84kcal(シチュールー1⽫分あた り)
3位
種類ビーフシチュー
ルーの形状フレーク
完熟トマト・赤ワイン・チーズ
アレルギー対応×
1食分のカロリー-
2位
シチュールー ハウス食品 ハウス 業務用 シチューミクス(ビーフ⽤)1kg 1枚目
出典:amazon.co.jp

ハウス食品ハウス 業務用 シチューミクス(ビーフ⽤)1kg

4902402419588

745円 (税込)

種類ビーフシチュー
ルーの形状顆粒
ブイヨン
アレルギー対応×
1食分のカロリー-
1位
種類ビーフシチュー
ルーの形状固形
ブイヨン・鶏だし
アレルギー対応×
1食分のカロリー104kcal(シチュールー1⽫分あたり)

人気 ビーフシチュールーの比較一覧表

商品画像
1
シチュールー ヱスビー食品 とろけるシチュー ビーフ用 1枚目

ヱスビー食品

2
シチュールー ハウス食品 ハウス 業務用 シチューミクス(ビーフ⽤)1kg 1枚目

ハウス食品

3
シチュールー コスモ食品 直火焼 ビーフシチュールー 1枚目

コスモ食品

4
シチュールー ヱスビー食品 濃いシチュー ビーフ 1枚目

ヱスビー食品

5
シチュールー ハウス食品 ハウス 北海道シチュー ビーフ 1枚目

ハウス食品

商品名

とろけるシチュー ビーフ用

ハウス 業務用 シチューミクス(ビーフ⽤)1kg

直火焼 ビーフシチュールー

濃いシチュー ビーフ

ハウス 北海道シチュー ビーフ

特徴安心の国産野菜使用野菜との相性◎たっぷり作れる業務用でお得にお酒と一緒に味わいたい方にも120時間熟成させた国産和牛のデミグラス北海道のおいしさをぎゅっと詰め込んだビーフシチュー
最安値
208
送料要確認
詳細を見る
745
送料別
詳細を見る
324
送料別
詳細を見る
219
送料別
詳細を見る
288
送料要確認
詳細を見る
種類ビーフシチュービーフシチュービーフシチュービーフシチュービーフシチュー
ルーの形状固形顆粒フレーク固形固形
ブイヨン・鶏だしブイヨン完熟トマト・赤ワイン・チーズ和牛ドミグラス生クリーム・デミグラスソース
アレルギー対応×××××
1食分のカロリー104kcal(シチュールー1⽫分あたり)--84kcal(シチュールー1⽫分あた り)88kcal(シチュールー1⽫分あた り)
商品リンク

アレルギー対応シチュールーの人気ランキング3選

続いて、アレルギー対応の美味しいおすすめシチュールーをご紹介します!アレルギー対応ながら美味しく食べられるものを集めました。

3位
種類ホワイトシチュー
ルーの形状顆粒
野菜
アレルギー対応
1食分のカロリー33kcal(シチュールー1⽫分あた り)
2位
種類ホワイトシチュー
ルーの形状フレーク
野菜
アレルギー対応
1食分のカロリー-
1位

ハウス食品特定原材料7品⽬不使⽤ シチューミクス クリーム

352円 (税込)

種類ホワイトシチュー
ルーの形状粉末
クリーミー
アレルギー対応
1食分のカロリー67kcal(シチュールー1⽫分あたり)

人気 アレルギー対応シチュールーの比較一覧表

商品画像
1
シチュールー ハウス食品 特定原材料7品⽬不使⽤ シチューミクス クリーム 1枚目

ハウス食品

2
シチュールー 辻安全食品 植物素材100% 米粉のホワイトシチュールウ 1枚目

辻安全食品

3
シチュールー ヱスビー食品 シチューの王子さま 顆粒 1枚目

ヱスビー食品

商品名

特定原材料7品⽬不使⽤ シチューミクス クリーム

植物素材100% 米粉のホワイトシチュールウ

シチューの王子さま 顆粒

特徴アレルギー対応シチュールーの決定版!ミルク不使用。野菜の味が引き立つルー小さいお子様にも安心
最安値
352
送料要確認
詳細を見る
492
送料要確認
詳細を見る
224
送料要確認
詳細を見る
種類ホワイトシチューホワイトシチューホワイトシチュー
ルーの形状粉末フレーク顆粒
クリーミー野菜野菜
アレルギー対応
1食分のカロリー67kcal(シチュールー1⽫分あたり)-33kcal(シチュールー1⽫分あた り)
商品リンク

シチュールーはアレンジにも使える!

シチュールーはアレンジにも使える!
使いきれずに余ってしまったシチュールーは、アレンジして別メニューに活用するのもおすすめです。

ホワイトシチュールーは、ホワイトソースを使うメニューにそのまま使うことができます。クリームコロッケ、ドリア、グラタン、リゾット、クリームパスタなどの他、ロールキャベツを煮込んだりするのにもおすすめです。

ビーフシチュールーなら、デミグラスソース代わりに使用すればOK。デミオムライス、煮込みハンバーグ、ドリア、ミートソースなど、こちらもさまざまなメニューに活用できますよ。ぜひシチュールーのアレンジメニューを楽しんでくださいね。

カレールーをお探しならこちらもぜひ

シチューと同じく、家庭の定番メニューになっているカレー。以下の記事では、カレー研究家のアドバイスを交えながら、カレールーの選び方をご紹介しています。こちらもぜひチェックしてくださいね。

シチュールーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までにシチュールーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピング売れ筋ランキングは、以下から確認してください。

まとめ

シチュールーにもさまざまな種類があることがわかりましたね。定番の商品やちょっとぜいたくな商品、さらには期間限定商品も登場していますので、いろいろそろえて食べ比べてみることをおすすめします。


複数のシチュールーをブレンドすることによって、あなたオリジナルのシチューを作ることもできます。選び方も参考に、ぜひお好みにぴったりなシチュールーを見つけてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す