• おすすめのノギス9選【使いやすく精度が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • おすすめのノギス9選【使いやすく精度が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • おすすめのノギス9選【使いやすく精度が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • おすすめのノギス9選【使いやすく精度が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • おすすめのノギス9選【使いやすく精度が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

おすすめのノギス9選【使いやすく精度が高いのはどれ?】

様々なものの厚みや穴の直径などを正確に測ることができる道具「ノギス」。100分の1ミリ単位まで精密に測定できるため、プロが測量などに使用する他、DIYや模型などのホビー用途でも多く使われています。有名なミツトヨをはじめ多くのメーカーが、昔ながらのアナログ式やダイヤル式の他、デジタル式のノギスを販売していますが、ちょっと専門的なアイテムのため、選択に悩んでいるという方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、ノギスの選び方のポイントを解説した後に、ホビー用途や日曜大工等に向いたコストパフォーマンスの高いおすすめのノギスを、種類別に厳選してご紹介したいと思います。ぜひ、あなたのノギス探しに役立ててくださいね。
  • 最終更新日:2019年05月17日
  • 34,077  views
目次

ノギスとは?1ミリ以下も正確に測れる精密測定器

ノギスは、ひと言で言えば定規にスライダーがついた測定器。対象物を「ジョウ」と呼ばれるツメではさむことによって、定規では計りにくい物の外径や内径を1ミリ以下の小さな単位まで正確に測定できます。また、上手く使えば、段差や深さを測定することもできるので、様々なものの計測に役立ちます。

ちなみに、ノギスはプロが使うものというイメージがあるかもしれませんが、実はそうとも限りません。プラモデルづくりやDIYなどで、気軽に使っている方もたくさんいます。定規でも測れなくはないけれど、ノギスを使った方が便利…そんな感覚で使っている方も意外と少なくありません。

1,000円以下などの手頃な価格の製品も多いので、もっと気軽にノギスを使ってみて欲しいと思います。

ノギスの選び方

ノギス選びでは、種類・材質・精度・付加機能など様々な要素を考慮する必要があります。以下にそのポイントを具体的に説明していきますので、失敗のない商品選びの参考にしてください。

用途や使い方に合った種類のものを選ぶ

まずは種類を決めましょう。ノギスの種類には、大きく分けて「アナログ式ノギス」「ダイヤル式ノギス」「デジタル式ノギス」の3つがあります。現在のトレンドは数値の見やすいデジタル式ですが、アナログ式やダイヤル式にもそれぞれの持ち味があります。各タイプの特徴を押さえて、どれがご自身の使い方に合っているか確認してください。

シンプルで丈夫なアナログ式ノギス

シンプルで丈夫なアナログ式ノギス
アナログ式ノギスは、昔ながらの最もスタンダードなタイプのノギスです。通常の定規のように1mm間隔のメモリがついていますが、そのほかに副尺(バーニヤ)と呼ばれるもう一つのメモリがあり、これによって1mm以下の数値まで読み取ることができます。

細かいメモリを2か所見なくてはならず、また副尺を正しく読むのは慣れないうちは難しいため、細かいものが見えにくい方や測定物の多い方には、使いづらいかもしれません。その一方で、構造がシンプルなため丈夫だという良さがあります。

文字盤に数値が表示されるダイヤル式ノギス

文字盤に数値が表示されるダイヤル式ノギス
時計のような文字盤がついているノギスです。文字盤(ダイヤル)が副尺の役割を果たしてくれるので、アナログ式ノギスと比べて1mm以下の数値をより簡単に読み取ることができます。

ダイヤル式ノギスには、ノギスのスライド部分に「ギアレール」と呼ばれるギザギザがあり、このギアレールとダイヤル内部の歯車との噛み合わせで、ダイヤルの針が動くというしくみ。ギアレールに木屑などが入りこむと取り除かなくてはならないので、粉じんが出やすいところでの使用は少々面倒です。

数値が見やすくて機能的なデジタル式ノギス

数値が見やすくて機能的なデジタル式ノギス
デジタル式ノギスは、測定値がそのままデジタル表示される電子ノギスです。数値が一瞬で分かるので、大変便利。デジタル式ノギスならではの機能として、数値を固定するボタン(ホールドボタン)や、ゼロ地点を変更するボタン(ゼロセットボタン)が付いているものもあります。

多くのデジタル式ノギスはボタン電池式です。そのため、いざ使おうという時に電池が切れていたなどという事態になる可能性もありますので、使用頻度が極めて少ない方には不向きかもしれません。高価な機種の中には太陽電池式のデジタルノギスもありますが、基本的にはプロ向きの製品です。

必要な精度は?最小読取値と器差をチェック

必要な精度は?最小読取値と器差をチェック
ほとんどのノギスは1mm以下の細かいレベルまで読み取ることができますが、製品によって最小読取値が違いますので、選ぶ際には確認が必要です。最小読取値とはノギスが読み取れる最小測定単位のこと。例えば、最小読取値が0.05mmのノギスの場合、1.05mm、1.1mm、1.15mm、1.2mm…と小数点第2位の値を0.05mmきざみで読み取ることができます。

アナログノギスは最も細かいレベルのもので0.02mmきざみですが、ダイヤル式やデジタル式のノギスでは、さらに細かく0.01mmまで読み取れる製品もあります。用途に応じて、細かい数値まで読み取る必要がある場合は、最小読取値に着目してください。

また、測定器の計測誤差を表す「器差」にも注目。器差は、JIS(ジス)で定められた標準規格で、実際の値と計測値の差を±の数値で表します。その値が小さいものほど、より正確な測定が行えることになります。測定精度の指標として、最小読取値とともに器差の数値をチェックしましょう。

片手で計りやすい長さのノギスを選ぶ

片手で計りやすい長さのノギスを選ぶ
ノギスには様々な長さのものがありますが、多く販売されているのは最大読取値が15cmと10cmの製品です。10cmのノギスは、もちろん最大10cmまで計れますが、右手にノギス、左手に測定物を持って計る場合には、ノギスを握る部分が必要になります。このような持ち方で実際に測定できる長さは、10cmのノギスで3~4cmまで、15cmのノギスで7~8cmまでとなります。

小さいものしか計らないのであれば、短いノギスのほうが胸ポケットやペンケースに収まりやすく、使い勝手も良くなります。どれくらいの長さのものを測ることが多いかで、購入するノギスの長さを選びましょう。

測定物に合った素材のノギスを選ぶ

測定物に合った素材のノギスを選ぶ

出典:amazon.co.jp

多くのノギスはステンレス製ですが、プラスチック製(ポリカーボネート製やカーボンファイバー製など)のノギスも販売されています。ステンレス製ノギスは正確な側的に向いていますが、測定物をはさむ「ジョウ」と呼ばれる部分がとても鋭い製品が多く、傷のつきやすい繊細な物を測定する際には細心の注意をはらう必要があります。

一方のプラスチック製のノギスは、ジョウの当たりが柔らかいので、繊細な物を計るのは最適。また、絶縁性があるので電流が流れている箇所の測定にも使えます。さらには、軽いので落としても壊れにくく、汚れや錆にも強いという特長があります。ただし、最小読取値が0.1mmまでしかないことや、たわみやすいので精度があまり高くないという欠点があります。

使いたい付加機能を備えたものを選ぶ

ノギスを選ぶ時には、個別の製品ごとの付加機能にも注目してみてください。以下に、あると便利な機能を紹介します。

測定物から外してもメモリを固定できる「スライダー固定ねじ」

測定物から外してもメモリを固定できる「スライダー固定ねじ」

出典:amazon.co.jp

測定物をはさんだままメモリを読むのが難しい場合、ノギスを測定物からはずして手元に持ってくる必要があります。スライダー固定ねじがあれば、スライダーを固定したままノギスを測定物から外すのが簡単です。デジタル式ノギスのHOLD機能も同じ役割です。

スライダーの片手調整も可能な「サムローラー」

スライダーの片手調整も可能な「サムローラー」

出典:amazon.co.jp

サムローラーとは、スライダーを細かく調整できるローラー式の調整ねじのこと。片手でスライダーを微調整することができるので、付いていると重宝します。

メーカーの信頼度と予算を考えて選ぶ

メーカーの信頼度と予算を考えて選ぶ
高い精度のノギスを求めている場合、評価の高いブランドの中から購入したいとお考えの方もいらっしゃると思います。

ノギスを販売している国内メーカーとしては、「ミツトヨ」「シンワ測定」「新潟精機」「中村製作所」などが有名ですが、その中でもミツトヨは日本で製造されたノギスを販売しており、ノギス界の最高峰と言われるブランドです。特にスライドレールの滑らかさは、プロユーザーからも定評。お値段も最高級クラスですが、予算に余裕のある方は、まずミツトヨ製品を検討すれば間違いがないでしょう。

他の国内メーカーのノギスは海外で製造されているため、比較的安価で販売されています。レールの滑らかさや精度(器差)などはミツトヨ製に比べると劣りますが、ホビー用途などに使用するならこれらで十分というユーザーもたくさんいます。用途に応じて選ぶようにしてください。

【アナログ式】ノギスのおすすめ3選

3つのタイプのノギスのうち、欲しいものは決まりましたでしょうか?ここからはおすすめのノギスをアナログ式・ダイヤル式・デジタル式に分けて、順にご紹介していきます。目的のタイプのものをチェックしてみてください。
最大測定長150mm
最小読取値0.05mm
器差±0.05mm
質量150g
材質ステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー

新潟精機SKプラスチックノギス 快段目盛 軽快

PC-100KD

450円 (税込)

最大測定長100mm
最小読取値0.1mm
器差±0.2mm
質量19g
材質ポリカーボネート
スライダー固定ねじ
サムローラー
最大測定長100mm
最小読取値0.1mm
器差±0.1mm
質量39g
材質ステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー

おすすめ人気【アナログ式】ノギスの比較一覧表

商品画像
ノギス ミツトヨ M型標準ノギス  1枚目

ミツトヨ

ノギス 新潟精機 SKプラスチックノギス 快段目盛 軽快 1枚目

新潟精機

ノギス シンワ測定 ポケットノギス 1枚目

シンワ測定

商品名

M型標準ノギス

SKプラスチックノギス 快段目盛 軽快

ポケットノギス

特徴とにかく滑らかな極上品文房具感覚で使えるプラスチック製ノギスコストパフォーマンスの良いシンプルなステンレス製ノギス
価格4,308円(税込)450円(税込)642円(税込)
最大測定長150mm100mm100mm
最小読取値0.05mm0.1mm0.1mm
器差±0.05mm±0.2mm±0.1mm
質量150g19g39g
材質ステンレスポリカーボネートステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー
商品リンク

【ダイヤル式】ノギスのおすすめ3選

次は、アナログよりも読みやすく電池も必要としない中間的な存在、ダイヤル式ノギスを紹介します。残念ながら他の2タイプに比べると低価格帯の製品は少なく、やや高めの商品選定になっています。

ミツトヨダイヤルキャリパ

D15TX 505-730

9,516円 (税込)

最大測定長150mm
最小読取値0.02mm
器差±0.03mm
質量175g
材質ステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー
ノギス 中村製作所 カノンダイヤルノギス 1枚目
出典:amazon.co.jp

中村製作所カノンダイヤルノギス

DMK15J

7,439円 (税込)

最大測定長150mm
最小読取値0.01mm
器差±0.02mm
質量150g
材質ステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー

シンワ測定ダイヤル式ファイバーノギス

19932

2,494円 (税込)

最大測定長150mm
最小読取値0.1mm
器差±0.1mm
質量43g
材質グラスファイバー
スライダー固定ねじ
サムローラー

おすすめ人気【ダイヤル式】ノギスの比較一覧表

商品画像
ノギス ミツトヨ ダイヤルキャリパ  1枚目

ミツトヨ

ノギス 中村製作所 カノンダイヤルノギス 1枚目

中村製作所

ノギス シンワ測定 ダイヤル式ファイバーノギス 1枚目

シンワ測定

商品名

ダイヤルキャリパ

カノンダイヤルノギス

ダイヤル式ファイバーノギス

特徴耐衝撃性に優れたダイヤルノギス最小読取値0.01mmの本格的ダイヤルノギスとにかく使いやすいプラスチック製ダイヤルノギス
価格9,516円(税込)7,439円(税込)2,494円(税込)
最大測定長150mm150mm150mm
最小読取値0.02mm0.01mm0.1mm
器差±0.03mm±0.02mm±0.1mm
質量175g150g43g
材質ステンレスステンレスグラスファイバー
スライダー固定ねじ
サムローラー
商品リンク

【デジタル式】ノギスのおすすめ3選

最後はデジタル式ノギスの紹介です。精密な電子機器だけに高価な製品も多いのですが、一方でお手頃な価格の製品も意外と豊富ですよ。
最大測定長150mm
最小読取値0.01mm
器差±0.02mm
質量159g
材質ステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー有 ・ZEROセットボタン:有
HOLDボタン無 ・電源:SR44ボタン電池
最大測定長150mm
最小読取値0.01mm
器差±0.01mm
質量200g
材質ステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー有 ・ZEROセットボタン:有
HOLDボタン無 ・電源:CR2032ボタン電池
最大測定長100mm
最小読取値0.01mm
器差±0.03mm
質量91g
材質ステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー無 ・ZEROセットボタン:有
HOLDボタン有 ・電源:SR44ボタン電池

おすすめ人気【デジタル式】ノギスの比較表一覧

商品画像
ノギス UCOMON 高精度デジタルキャリパー 1枚目

UCOMON

ノギス LESHP  デジタルノギス 防水 1枚目

LESHP

ノギス シンワ測定 デジタルノギス  1枚目

シンワ測定

商品名

高精度デジタルキャリパー

デジタルノギス 防水

デジタルノギス

特徴廉価版デジタルノギスの代表格防塵・防水機能で濡れた場所の測定にも最適シンワ測定製の低価格デジタルノギス
価格1,399円(税込)2,880円(税込)3,845円(税込)
最大測定長150mm150mm100mm
最小読取値0.01mm0.01mm0.01mm
器差±0.02mm±0.01mm±0.03mm
質量159g200g91g
材質ステンレスステンレスステンレス
スライダー固定ねじ
サムローラー有 ・ZEROセットボタン:有有 ・ZEROセットボタン:有無 ・ZEROセットボタン:有
HOLDボタン無 ・電源:SR44ボタン電池無 ・電源:CR2032ボタン電池有 ・電源:SR44ボタン電池
商品リンク

ノギスの売れ筋ランキングもチェック!

ノギスのAmazon・楽天・価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

購入したいノギスは見つかりましたでしょうか?一口でノギスといっても様々なタイプの製品があるので、目的に合ったものを選ぶことが大切です。もし迷っていましたら、今回ご紹介した中から検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す