【徹底比較】カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキング10選

【徹底比較】カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキング10選

売れ筋の人気カフェインレスコーヒー10商品を全て購入し、徹底的に比較しました!

カフェインが合わない方や妊娠中の方でも飲むことができるカフェインレスコーヒー。カフェインレス・ノンカフェイン・カフェインフリー・デカフェなどの名称でも知られていますが、ネスカフェ・UCC・モンカフェ・アバンスなどの各メーカーから様々な商品が販売されており、どれが一番味しくておすすめのカフェインレスコーヒーなのか気になりませんか?


そこで今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位の人気カフェインレスコーヒー10商品を実際に全て購入して、一番美味しいカフェインレスコーヒーを決めるべく徹底比較してみたいと思います。


検証には専門家3名にご協力いただき、以下の4つの項目を比較・検証しました。

  1. 香り
  2. 酸味
  3. コク
  4. 苦み

コーヒーのスペシャリストとmybest編集部が時間をかけて検証した、おすすめのカフェインレスコーヒーはどれでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね。

この記事に登場する専門家

小池 美枝子
平岡 佐智男
吉田一毅
全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年12月02日
  • 176,123  views
目次

コーヒーのスペシャリスト3名が検証協力!

今回の検証には、コーヒーのスペシャリストとして以下の3名の識者の方にご協力いただきました!

コーヒーのスペシャリスト3名が検証協力!

(左から)

<バリスタ小池美枝子さん>

数々のバリスタチャンピオンシップ出場と受賞経験があり、現在では大会のジャッジを務めている。

主宰するコーヒーセミナー「コーヒーアカデミー ドンマイスター」での指導のほか、書籍監修・飲料プロデュースなど各方面で活躍中。


<Life Size Cribeオーナー・ロースター&バリスタ吉田一毅さん>

飲食業界での経験から、2015年3月に東京・吉祥寺に「Life Size Cribe」をオープンし、バリスタだけでなく、コーヒー豆を焙煎するロースターとしても活躍中。国分寺界隈では無くてはならない人気店に。自身の店舗経営以外にもセミナーやカフェプロデュースなど幅広くコーヒー関連の事業を手がけている。


<コーヒー芸人・コーヒールンバ平岡佐智男さん>

コーヒーショプの店員だった経験から、コーヒーを元にしたネタを披露するお笑い芸人。芸人活躍の傍ら、不定期開催のカフェ「SACHIOPIA COFFEE」を運営するなど、豊富な知識から様々なコーヒーにまつわる活動を積極的に行っている。

カフェインレスコーヒーとは?

カフェインレスコーヒーとは?

カフェインレスコーヒーとは、本来ならカフェインが含まれているコーヒー豆から、カフェインの成分のみを取り除いたコーヒーのことを指します。


通常のコーヒー豆から人工的にカフェインを取り除く方法は、現在4種類程度あり、これらの手法を使ってカフェインを取り除いたコーヒーのことを「カフェインレス(デカフェ)コーヒー」と呼びます。


EUの基準では、カフェイン含量がコーヒー豆中の0.2%以下であるもの、またUSDAの基準では3%以内であることを「デカフェ(カフェインレス)」と定めています。

ただし日本ではまだ需要が少ないこともあり、販売におけるカフェイン含量の明確な規定が存在しません。そこで、カフェインを取り除く工程を経たコーヒー豆のことを、曖昧に「カフェインレス(デカフェ)コーヒー」と呼んでいる場合が多く見られます。

カフェインレスコーヒーの選び方

検証の前に、まずはカフェインレスコーヒーの選び方をご紹介したいと思います。

①好みの味のものを選ぶ

①好みの味のものを選ぶ

いくらカフェインレスとは言っても、せっかくなら美味しいものを選びたいですよね?美味しいコーヒーに不可欠な要素から、自分の好みに合うコーヒーを選ぶことが大切です。


コーヒーの評価基準は一般的に

・香り

・酸味

・コク

・苦み

の4項目と言われています。


上記の点に着目して、おいしいカフェインレスコーヒーを選ぶようにしてみてください。

②カフェインの除去方法を確認して選ぶ

②カフェインの除去方法を確認して選ぶ

カフェインレスコーヒーを作るには、コーヒー豆に含まれているカフェインを除去するプロセスが欠かせません。


1903年にドイツではじめて除去に成功してから、ヨーロッパをはじめ欧米で広く浸透している除去法は大きく分けて2つの方法と4つの種類があります。


有機溶剤を使った除去方法
  • 直接有機溶剤を使うプロセス(The Direct-Solvent Based Process)
  • 間接的に有機溶剤を使うプロセス(The Indirect-Solvent Based Process)
有機溶剤を使わない除去方法
  • スイスウォータープロセス(Swiss Water Process)
  • CO2プロセス(CO2 Process)

どちらの方法も特に体には影響ないといわれていますが、有機溶剤などが気なる方は明確に表示があるもの選ぶといいでしょう。


基本的な除去法の知識があると、カフェインレスコーヒーを選ぶ際の判断材料になってくれます。本記事の最後に、除去方法について詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

売れ筋の人気カフェインレスコーヒー10商品を徹底比較!

売れ筋の人気カフェインレスコーヒー10商品を徹底比較!

ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位のカフェインレスコーヒー10商品を全て購入し、カフェインありのコーヒーさながらに美味しいカフェインレスコーヒーを決めるべく徹底検証しました。


<今回検証した10商品>

  1. マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー
  2. ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス
  3. クライス カフェインカットのおいしいコーヒー
  4. アバンス おいしいカフェインレスドリップコーヒー
  5. UCC おいしいカフェインレスコーヒー コーヒー豆
  6. オーガニックカフェインレスコーヒー グッドナイト ドリップ
  7. モンカフェ カフェイン レス コーヒー
  8. ラバッツァ デカフェ
  9. カフェインレス コーヒー豆 自家焙煎 ブラジル 珈琲 by Tokyo Coffee Deca
  10. 辻本珈琲 カフェインレスコーヒー デカフェコロンビア

上記の選び方のポイントから、検証項目は以下の4つとしました。

検証① :香り

検証② :酸味

検証③ :コク

検証④ :苦み


それぞれの検証項目の結果は、ポイントの高いものをご紹介していきますが、最終的には全体のバランスなどを踏まえて、総合的な評価でランキングを付けています。

検証①:香り

検証①:香り

カフェインレスとは言っても、コーヒーらしい香りは楽しみたいものですよね。


全てのカフェインレスコーヒーの香りを実際に嗅いで、どれが一番通常の本格コーヒーの香りに近いかを、A+〜Dの5段階で評価していただきました。

【検証結果ハイライト】コーヒーらしい香りがもっとも感じられたのは「辻本珈琲 カフェインレスコーヒー デカフェコロンビア」

【検証結果ハイライト】コーヒーらしい香りがもっとも感じられたのは「辻本珈琲 カフェインレスコーヒー デカフェコロンビア」

香りが弱いと言われているカフェインレスコーヒーの検証で、10商品中一番高い評価が付いたのは「カフェインレスコーヒー デカフェコロンビア」。


カフェインレスは、香りが弱いものが多い中、コーヒーらしい香ばしいフレーバー漂う、魅力的なコーヒーとの評価。「これ、カフェインレスなんだ?」という声が漏れるほど、クセがなく甘いコーヒーらしい本格的な香りでした。

吉田一毅
Life Size Cribeオーナー/ロースター/バリスタ
吉田一毅さんのコメント

「カフェインレスコーヒー デカフェコロンビア」は、コーヒーのフレーバーがしっかりするコーヒーでした。全体としてのバランスがよく、香りの期待を裏切られることなく飲むことができます。

検証②:酸味

検証②:酸味
次に酸味について評価していただきました!

こちらも同様にすべてのカフェインレスコーヒーを試飲していただき、カフェインありのコーヒーに劣らない本格的な酸味が感じられるものを評価していきます。


どれが一番本格的なコーヒーの酸味に近いかを、A+〜Dの5段階で評価していただきました。

【検証結果ハイライト】酸味の質が最もよかったのは「オーガニックカフェインレスコーヒー グッドナイト ドリップ」

【検証結果ハイライト】酸味の質が最もよかったのは「オーガニックカフェインレスコーヒー グッドナイト ドリップ」

10商品中一番高い評価が付いたのは、「オーガニックカフェインレスコーヒー グッドナイト ドリップ」でした。


酸味を感じるのがなかなか難しいカフェインレスコーヒーの商品のなかで、酸味が感じ取りやすく、コーヒー果実由来のフルーティな酸味を楽しむことができた商品です。

平岡 佐智男
コーヒー芸人
平岡 佐智男さんのコメント

華やかなフルーティー感を感じられる酸味を楽しめます。


ほかのカフェインレスコーヒーでは、なかなか酸味が感じられるものは少なかったため、この商品に関しては高い評価を付けさせていただきました。

検証③:コク

検証③:コク

続いてコーヒーには欠かせないコクについても検証してしていきます。


口に含んだ瞬間に広がるコーヒー独特のコクを、どのカフェインレスコーヒーが一番感じられるかA+〜Dの5段階で評価していただきました。

【検証結果ハイライト】コクが最も評価されたのは「辻本珈琲 カフェインレスコーヒー デカフェコロンビア」

【検証結果ハイライト】コクが最も評価されたのは「辻本珈琲 カフェインレスコーヒー デカフェコロンビア」

コクが最も評価されたのは、「カフェインレスコーヒー デカフェコロンビア」でした!


コクよりもサラッとしたが口触りの印象が強いカフェインレスコーヒーですが、このコーヒーは口に含んだ瞬間から余韻まで本格的な味わいを楽しめると、香りに続きコクに関しても高い評価を獲得しています。

小池 美枝子
バリスタ/バリスタトレーナー
小池 美枝子さんのコメント

コーヒー由来のコクがしっかり感じられる商品です。コクの種類としてはすっきりしたクリアな印象で、非常に飲みやすかったです。

検証④:苦み

検証④:苦み

最後に、コーヒーにはなくてはならない苦みについても試飲して比較します。


コーヒーの苦みにも良し悪しがありますが、どのカフェインレスコーヒーが一番コーヒーらしいバランスのとれた苦みを感じられるか、A+〜Dの5段階で評価していただきました。

【検証結果ハイライト】苦みのバランスがいいと評価されたのは「オーガニックカフェインレスコーヒー グッドナイト ドリップ」

【検証結果ハイライト】苦みのバランスがいいと評価されたのは「オーガニックカフェインレスコーヒー グッドナイト ドリップ」

苦味が最も高く評価されたのは「オーガニックカフェインレスコーヒー グッドナイト ドリップ」でした!


印象に残る苦みを感じることが少ないカフェインレスコーヒーですが、これはコーヒーの醍醐味でもある「苦いけど美味しい!」を楽しめると高い評価を獲得。カフェインレスながらコーヒーらしいバランスのとれた苦みが楽しめる商品です。

平岡 佐智男
コーヒー芸人
平岡 佐智男さんのコメント

程よく心地がいい苦みを感じることができるコーヒーです。後味にも嫌味がなく、飲んだ後の幸福感も高め。


バランスのいいカフェインレスコーヒーといった印象を受けました!

【最終検証結果】カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキングBEST10

これまでの検証結果をもとに、カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキングBEST10を紹介します!
10位
カフェインレスコーヒー ネスレ日本 ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス
出典:amazon.co.jp

ネスレ日本ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

1,091円 (税込)

カフェイン抽出法CO2プロセス
カフェイン残存量3%
香りD(10位)
酸味D(10位)
コクD(10位)
苦みD(10位)
総合評価D(10位)
9位
カフェインレスコーヒー 国太楼 アバンス おいしいカフェインレスドリップコーヒー
出典:amazon.co.jp

国太楼アバンス おいしいカフェインレスドリップコーヒー

288円 (税込)

カフェイン摘出法CO2プロセス
カフェイン残存量3%
香りC(9位)
酸味C(8位)
コクC(8位)
苦みC(7位)
総合評価C(9位)
8位

マウント ハーゲンオーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー100g

1,124円 (税込)

カフェイン摘出法CO2プロセス
カフェイン残存量0.3%
香りC(8位)
酸味A(3位)
コクB(4位)
苦みB(6位)
総合評価C(8位)
7位

片岡物産モンカフェ カフェインレス コーヒー

516円 (税込)

カフェイン摘出法-
カフェイン残存量3%
香りC(7位)
酸味B(6位)
コクC(7位)
苦みC(8位)
総合評価C(7位)
6位

東京コーヒーカフェインレス コーヒー豆 自家焙煎 ブラジル 珈琲 by Tokyo Coffee Decaf

1,390円 (税込)

カフェイン摘出法-
カフェイン残存量-
香りB(4位)
酸味B(5位)
コクB(5位)
苦みB(4位)
総合評価B(6位)
5位

片岡物産ラバッツァ デカフェ (カフェインレス)

945円 (税込)

カフェイン摘出法-
カフェイン残存量10%
香りB(5位)
酸味C(9位)
コクB(6位)
苦みC(9位)
総合評価B(5位)
4位
カフェインレスコーヒー 重松貿易 クライス カフェインカットのおいしいコーヒー
出典:amazon.co.jp

重松貿易クライス カフェインカットのおいしいコーヒー

599円 (税込)

カフェイン摘出法CO2プロセス
カフェイン残存量0.3%
香りB(6位)
酸味B(4位)
コクA(3位)
苦みA(3位)
総合評価B(4位)
3位

UCCおいしいカフェインレスコーヒー コーヒー豆 (粉)

645円 (税込)

カフェイン摘出法CO2プロセス
カフェイン残存量3%
香りB(3位)
酸味C(7位)
コクC(9位)
苦みB(5位)
総合評価A(3位)
2位

ブラウンシュガーファーストオーガニック エキストラバージン カフェインレスコーヒー グッドナイトブレンド ドリップ

842円 (税込)

カフェイン摘出法-
カフェイン残存量-
香りA(2位)
酸味A+(1位)
コクA(2位)
苦みA+(1位)
総合評価A(2位)
1位

辻本珈琲カフェインレスコーヒー ドリップコーヒー【デカフェ・コロンビア】

2,540円 (税込)

カフェイン摘出法CO2プロセス
カフェイン残存量0.1%
香りA+(1位)
酸味A(2位)
コクA+(1位)
苦みA(2位)
総合評価A+(1位)

おすすめ人気【最終検証結果】カフェインレスコーヒーの比較一覧表

商品画像
1
カフェインレスコーヒー 辻本珈琲 カフェインレスコーヒー ドリップコーヒー【デカフェ・コロンビア】

辻本珈琲

2
カフェインレスコーヒー ブラウンシュガーファースト オーガニック エキストラバージン カフェインレスコーヒー グッドナイトブレンド ドリップ

ブラウンシュガーファースト

3
カフェインレスコーヒー UCC おいしいカフェインレスコーヒー コーヒー豆 (粉)

UCC

4
カフェインレスコーヒー 重松貿易 クライス カフェインカットのおいしいコーヒー

重松貿易

5
カフェインレスコーヒー 片岡物産 ラバッツァ デカフェ (カフェインレス)

片岡物産

6
カフェインレスコーヒー 東京コーヒー カフェインレス コーヒー豆 自家焙煎 ブラジル 珈琲 by Tokyo Coffee Decaf

東京コーヒー

7
カフェインレスコーヒー 片岡物産 モンカフェ カフェインレス コーヒー

片岡物産

8
カフェインレスコーヒー マウント ハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー100g

マウント ハーゲン

9
カフェインレスコーヒー 国太楼 アバンス おいしいカフェインレスドリップコーヒー

国太楼

10
カフェインレスコーヒー ネスレ日本 ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

ネスレ日本

商品名

カフェインレスコーヒー ドリップコーヒー【デカフェ・コロンビア】

オーガニック エキストラバージン カフェインレスコーヒー グッドナイトブレンド ドリップ

おいしいカフェインレスコーヒー コーヒー豆 (粉)

クライス カフェインカットのおいしいコーヒー

ラバッツァ デカフェ (カフェインレス)

カフェインレス コーヒー豆 自家焙煎 ブラジル 珈琲 by Tokyo Coffee Decaf

モンカフェ カフェインレス コーヒー

オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー100g

アバンス おいしいカフェインレスドリップコーヒー

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

特徴ぶっちぎりの高評価!香り・酸味・コク・苦みすべてのレベ...カフェインレスならではのクセがない! 本格派コーヒーの味風味が豊かなカフェインレスコーヒー!バランスはいいが、後味に苦みが残る印象独特な”炭っぽい香り”で好みが分かれる商品コーヒーらしい甘い余韻が魅力的なカフェインレスコーヒービター主体だが、コクが物足りず…コーヒーとしての質は感じるがあとひとつ工夫が必要アーシーでお茶っぽさが気になるカフェインレスコーヒー悪い意味でカフェインレスっぽいコーヒー
最安値
2,540
送料要確認
詳細を見る
842
送料別
詳細を見る
645
送料要確認
詳細を見る
599
送料別
詳細を見る
945
送料要確認
詳細を見る
1,390
送料要確認
詳細を見る
516
送料別
詳細を見る
1,124
送料別
詳細を見る
288
送料無料
詳細を見る
1,091
送料別
詳細を見る
カフェイン摘出法CO2プロセス-CO2プロセスCO2プロセス---CO2プロセスCO2プロセスCO2プロセス
カフェイン残存量0.1%-3%0.3%10%-3%0.3%3%3%
香りA+(1位)A(2位)B(3位)B(6位)B(5位)B(4位)C(7位)C(8位)C(9位)D(10位)
酸味A(2位)A+(1位)C(7位)B(4位)C(9位)B(5位)B(6位)A(3位)C(8位)D(10位)
コクA+(1位)A(2位)C(9位)A(3位)B(6位)B(5位)C(7位)B(4位)C(8位)D(10位)
苦みA(2位)A+(1位)B(5位)A(3位)C(9位)B(4位)C(8位)B(6位)C(7位)D(10位)
総合評価A+(1位)A(2位)A(3位)B(4位)B(5位)B(6位)C(7位)C(8位)C(9位)D(10位)
商品リンク

カフェインの除去方法を詳しく知る

カフェインの除去方法を詳しく知る

先に、カフェインの除去方法には、大きく分けて2つの方法と4つの種類があるとご紹介しましたが、ここではそれらを詳しくみていきましょう。


カフェインレスコーヒーを選ぶ際の参考にしてみてください。

有機溶剤を使った除去方法

化学薬品である塩化メチレンや酢酸エチルなどの有機溶剤を使って、コーヒー豆からカフェインを取り出す方法を「ソルベントベースドプロセス(Solvent Based Process)」と言い、以下の2種類に分かれます。


  • ダイレクトソルベントベースドプロセス(The Direct-Solvent Based Process)

直接コーヒー豆を有機溶剤に漬けてカフェインを除去する方法


  • インダイレクトソルベントベースドプロセス(The Indirect-Solvent Based Process)

間接的に有機溶剤を使う除去方法


これらの方法は、溶剤に含まれる塩化メチレンや酢酸エチルが身体によくない影響を与えるのではないか、という懸念の声は多いのですが、アメリカのFDA(※)はごく少量であれば健康被害の対象にはならない、という見解を示しています。


なお、たとえコーヒーの生豆にごく少量の有機溶剤が残留していても、40度以上の熱で蒸発するため、200度以上の高温で15分ほどコーヒー豆を焙煎する過程で消滅してしまう、とされています。


※FDA=アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)

有機溶剤を使わない除去方法

有機溶剤を使わないカフェインの除去方法として代表的なのが、スイスウォータープロセス(Swiss Water Process)CO2プロセス(CO2 Process)の2種類です。


  • スイスウォータープロセス(Swiss Water Process)

化学薬品を使わない水を使った除去方法は1933年にスイスではじまったため、「スイスウォータープロセス」と呼ばれています。この方法は、有機JAS認証を行う機関であるOCIA(※)などの世界有機認証を持つ工場のみで実施可能です。


このスイスウォータープロセスは、簡単に説明するとコーヒーの生豆を熱湯に浸して水溶性であるカフェインを除去したあとに、除去されたカフェイン成分だけを特殊フィルターでろ過し、他の栄養分を生豆に戻す方法。


化学薬品を使わないので、オーガニックのコーヒー豆に多く用いられています。


  • CO2プロセスCO2 Process)
最も新しい方法として注目されているのが「CO2プロセス」。

こちらは化学溶剤の代わりに、液体状のCO2を使ってカフェインを取り除く方法を取り入れています。大量の生豆を同時に除去できるため、流通の多いコーヒー豆に広く使われている手法です。


また、近年ではスイスウォータープロセスに近い「マウンテンウォータープロセス(Mountain Water Process)」という方法もメキシコを拠点として人気となっています。


※OCIA=国際有機農作物改良協会(Organic Crop Improvement Association)

まとめ

今回は、3名の専門家にご協力いただき、売れ筋上位のカフェインレスコーヒーを比較・検証しました。


日本でも徐々に浸透しはじめた「カフェインレス(デカフェ)文化」。これからもっと広まれば、さらにおいしいカフェインレスコーヒーを気軽に楽しむことができそうですね。


取材・文:塙雄大、写真:山下隼・岡田裕太・友松利香、編集:伊藤嘉子

取材協力:DMZカフェ

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す