1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. 【徹底比較】ソーダマシンのおすすめ人気ランキング13選
【徹底比較】ソーダマシンのおすすめ人気ランキング13選

【徹底比較】ソーダマシンのおすすめ人気ランキング13選

自宅で簡単においしい炭酸水が作れるソーダマシン。市販の炭酸飲料では楽しめない強炭酸も作ることができます。しかし、シリンダー式やカートリッジ式、水以外にも使えるものなど種類が豊富なため、どの商品を選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のソーダマシン13商品を比較して、最もおすすめのソーダマシンを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. 炭酸の強さ
  2. 使いやすさ
  3. コスパのよさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ソーダマシンの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年09月14日更新
  • 1,074,660 views

検証のポイント

売れ筋のソーダマシン13商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 炭酸の強さ

    検証① 炭酸の強さ

    まずは炭酸水の要である「炭酸の強さ」を検証します。今回は炭酸ガス濃度計で炭酸ガスが水に溶け込んだ量を計測し、数値が高いものから最高評価としました。なお、シリンダー式は説明書に記載されている「強炭酸水を作るためのガスの注入量」を守っています。

  • 使いやすさ

    検証② 使いやすさ

    次に「使いやすさ」を検証します。今回はソーダマシン初体験の編集部メンバーに全商品を使ってもらい、「ガスのセットから注入、コップに注ぐまでの作業のしやすさ」を総合的に評価しました。

  • コスパのよさ

    検証③ コスパのよさ

    最後に「コスパの良さ」を検証します。今回はガスシリンダーやガスカートリッジの価格から炭酸水500mlを作るためにかかるコストを算出し、最も安価なものから最高評価としました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ソーダマシンを使うメリット

    ソーダマシンを使うメリット

    ソーダマシンを使うメリットは、なんといってもおいしい炭酸水を自宅で簡単に作れること。自分で炭酸の強さを調整できるソーダマシンがあれば、いつでも手軽にお好みの炭酸水を作ることができます。


    また、市販の炭酸水を買うよりコストが抑えられることも大きな魅力。初期費用はかかりますが、毎日ペットボトルで炭酸水を買う方ならソーダマシンを導入したほうが断然お得です。

    ソーダマシンの選び方

    ソーダマシンを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

    ① 炭酸ガスの充填方法で選ぼう

    ソーダマシンは炭酸ガスの充填方法によって「シリンダー式」「カートリッジ式」の2つのタイプに分けられます。それぞれの特徴を確認して、自分に適したタイプを選びましょう。

    炭酸の強さを調整したいなら「シリンダー式」

    炭酸の強さを調整したいなら「シリンダー式」

    シリンダー式のメリットはその日の気分や目的によって炭酸の強さを変えられること。お酒の割材には強炭酸、子ども用のジュースには微炭酸と強度を変えて楽しむことができます。


    強炭酸用の注入量が設定されているものもありますが、炭酸ガスの入れすぎは事故や故障につながりますので、必ず取扱説明書に従って操作してくださいね。


    使い終わったガスシリンダーはメーカーによる回収が義務付けられており、自分で廃棄することができないのでご注意ください。ガスシリンダーはメーカーへの返送や持ち込みによる返却・交換が必要です。

    ガス返却の手間なく気軽に使いたいなら「カートリッジ式」

    ガス返却の手間なく気軽に使いたいなら「カートリッジ式」
    「まずは気軽にソーダマシンを使ってみたい」という方は、使い終わったガスカートリッジを自分で廃棄できるカートリッジ式のものがおすすめです。使用後は不燃ゴミや資源ゴミとして廃棄できますので、詳しくはお住まいの自治体にご確認ください。

    さらにカートリッジ式はコンパクトで持ち運びやすく、レジャーやアウトドアでも活躍すること間違いなし。登山をしながら、湧き水などで炭酸水を作って楽しむこともできますよ。


    しかし、カートリッジ式はガスカートリッジのセット方法やガスの注入方法が複雑な商品もあるので、購入前にしっかり確認しておきましょう。

    ② シリンダー式は「ボトルが取り付けやすいもの」を選ぼう

    シリンダー式は「ボトルが取り付けやすいもの」を選ぼう
    ボトルの取り付け方には、スクリュー式・スライド式・ワンタッチ式があります。

    スクリュー式は比較的安価ですが、回転させて取り付けるのでやや面倒に感じられます。対して、スライド式は斜めにはめ込むだけ、ワンタッチ式ならボトルを差し込むだけでOK。


    そのなかでも着脱の手間の少ないワンタッチ式がおすすめです。直感的な使いやすさで誰でも簡単に扱うことができますし、毎日でも気軽に使うことができますよ。

    ③ カートリッジ式はガスの取り付けやすさ・重さを確認しよう

    カートリッジ式はガスの取り付けやすさ・重さを確認しよう

    カートリッジ式は使うたびにガスカートリッジをセットする必要があるので、カートリッジの着脱が簡単なものを選びましょう。ホルダーにセットしてねじ込むタイプなら着脱も簡単なので、使いにくさを感じることもありません。


    あわせてボトルの素材や構造もポイントです。カートリッジ式は炭酸ガスの注入後、ボトルを振ってガスを水に溶け込ませる作業が必要な商品があります。ボトルを振る作業が負担にならないように、重さも確認しましょう。

    ④ コスパが良いものを選ぼう

    コスパが良いものを選ぼう

    毎日炭酸水を飲む方はランニングコストにも注目しましょう。


    カートリッジ式は一度に500ml~1Lの炭酸水を作れるものが多く、シリンダー式は1本で45~60L作ることができるものもあるので、長期的に考えると、コストを抑えたい方にはシリンダー式がおすすめです。

    ⑤ プラスアルファの便利な機能で選ぼう

    ソーダマシンをフル活用するなら、あると便利なプラスアルファの機能もチェックしておきたいところ。自分のライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

    水以外の飲み物にも対応しているとさらに炭酸水を楽しめる!

    水以外の飲み物にも対応しているとさらに炭酸水を楽しめる!

    水以外の飲み物にも炭酸ガスを注入できるタイプなら、炭酸水で割る必要がないので味を薄めずにソーダ割りを楽しむことができます。


    お酒はもちろん、炭酸入りでは販売されていない飲み物に炭酸ガスを注入してみるのも楽しいですね。フルーツジュースを用意すれば、華やかな見た目でパーティでも大活躍してくれます。

    自動ガス抜き機能付きなら手間なく楽ちん!

    自動ガス抜き機能付きなら手間なく楽ちん!

    ソーダマシンによっては、ガス抜きのために炭酸ガス注入後1分以上も放置しなければいけないものも。時間がかからなくても、毎回ガス抜きの作業が必要なものはちょっと面倒に感じてしまいますよね。


    快適にソーダマシンを使うためにも、予算に余裕があればボトルを外すだけでガス抜きをしてくれるソーダマシンを選びましょう。

    売れ筋の人気ソーダマシン全13商品を徹底比較!

    ソーダマシンの検証
    それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のソーダマシン全13商品を全て集め、どれが最もおすすめのソーダマシンなのかを検証していきます。

    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:炭酸の強さ

    検証②:使いやすさ

    検証③:コスパのよさ

    今回検証した商品

    1. Baskiss|デラックス ソーダサイフォン
    2. SUS|ソーダサイフォン
    3. グリーンハウス|ソーダメーカー ツイスパソーダ スターターキット
    4. シナジートレーディング|ドリンクメイト マグナムグランド スターターセット
    5. シナジートレーディング|ドリンクメイト 標準タイプ スターターセット
    6. シナジートレーディング|SODA MINI Ⅱ(ソーダミニ 2 ブラック)スターターキット
    7. ソーダストリーム|Source Power(ソースパワー)スターターキット
    8. ソーダストリーム|Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス v2)スターターキット 
    9. ソーダストリーム|Mini Deluxe(ミニ デラックス)
    10. ソーダストリーム|Spirit(スピリット)スターターキット
    11. ソーダストリーム|Source v3(ソース v3) スターターキット
    12. 大和無線電器|ソーダスパークル スターターキット イージーモデル
    13. 日本炭酸瓦斯|ステンレスサイホン

    検証① 炭酸の強さ

    炭酸の強さ

    まずは炭酸水の要である「炭酸の強さ」を検証します。


    今回は炭酸ガス濃度計で炭酸ガスが水に溶け込んだ量を計測し、数値が高いものから最高評価としました。なお、シリンダー式は説明書に記載されている「強炭酸水を作るためのガスの注入量」を守っています。

    【検証結果ハイライト】シリンダー式、カートリッジ式ともに大きな差はなし

    【検証結果ハイライト】シリンダー式、カートリッジ式ともに大きな差はなし

    シリンダー式もカートリッジ式も炭酸の強さに大きな差はありませんでした。


    そのなかでも、唯一のシリンダー式電動モデルである「ソーダストリーム Source Power スターターキット」は最も強炭酸という結果に!


    強炭酸が作れるというだけでなく、全自動で微炭酸・中炭酸・強炭酸の炭酸水が作れる点も優秀。誰でもワンタッチで、お好みの炭酸水が作ることができますよ。

    検証② 使いやすさ

    使いやすさ

    次に「使いやすさ」を検証します。


    今回はソーダマシン初体験の編集部メンバーに全商品を使ってもらい、「ガスのセットから注入、コップに注ぐまでの作業のしやすさ」を総合的に評価しました。

    【検証結果ハイライト】とにかく扱いにくい…。サイフォンタイプのソーダマシンに要注意

    【検証結果ハイライト】とにかく扱いにくい…。サイフォンタイプのソーダマシンに要注意

    トリガーを引いて炭酸水を注ぐサイフォンタイプのソーダマシンは、どの商品も噴射の勢いが強すぎて炭酸水がコップからこぼれてしまいます


    さらにサイフォンタイプは金属製のため、炭酸ガスの注入後にボトルを振る作業も一苦労。炭酸も弱い傾向にあり、ランキング下位を独占する結果になりました。

    検証③ コスパのよさ

    コスパのよさ

    最後に「コスパの良さ」を検証します。


    今回はガスシリンダーやガスカートリッジの価格から炭酸水500mlを作るためにかかるコストを算出し、最も安価なものから最高評価としました。

    【検証結果ハイライト】大容量のガスシリンダーは高コスパ!

    【検証結果ハイライト】大容量のガスシリンダーは高コスパ!

    カートリッジ式よりもシリンダー式のほうがコスパがよく、さらにシリンダー式のなかでも大容量のガスシリンダーを選ぶことによってコストをぐっと抑えられます。


    しかし、強炭酸がお好きな方は自然とガスの注入量が多くなりがちなので、そのぶんガスの減りも早くなります。メーカーが表記している「シリンダー1本で作れる炭酸水の量」はあくまでも目安として考えるのがよいでしょう。

    No.1

    ソーダストリームSource Power(ソースパワー)スターターキット

    31,900円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 使いやすさ: 4.0
    • コスパ: 5.0
    • 炭酸の強さ: 5.0

    これぞ最強のソーダマシン!他では味わえない極上の炭酸水が作れる

    栄えある第1位に輝いたのはソーダストリームのソース パワー スターターキット。電動モデルのため、ボタンひとつでお好みの強さの炭酸水を作ることができます。


    そしてなんといっても強炭酸水の仕上がりが最高!口に含んだ瞬間に「ジュワー」と炭酸が弾ける音が響き、細かな泡と大きな泡がバランスよく感じられます。


    当然、刺激は強いですがキツい刺激ではなく、非常に繊細で素晴らしい炭酸水が味わえました。強炭酸水好きだけでなくすべての炭酸水が好きな方におすすめしたい、mybestが選んだ最高のベストバイソーダマシンです!

    色展開ホワイト・ブラック
    ボトル容量Fuse メタル 1Lボトル (満水容量1,010ml、適正容量840ml)
    500mlあたりのコスト約18円
    No.2

    ソーダストリームMini Deluxe(ミニ デラックス)

    13,200円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 使いやすさ: 5.0
    • コスパ: 3.0
    • 炭酸の強さ: 4.0

    どんな空間にもフィットする高性能ソーダマシン

    ソーダストリームのなかで最も小さくスリムなデザインを実現したこちらのソーダマシンは、シリンダーの交換もガスの注入もスムーズに行うことができました。


    使いやすさはもちろん、炭酸の強さも高評価!荒っぽい強炭酸ではなく、飲みやすく上品な強炭酸が味わえます。


    本体・専用500mlボトル・専用25Lガスシリンダーすべてオンライン限定販売です。ボトルとガスシリンダーは専用品のみ使用可のため、交換時はご注意ください。

    色展開ホワイト・レッド
    ボトル容量Fuse 500mlボトル (満水容量623ml、適正容量455ml)
    500mlあたりのコスト約26円
    No.3

    シナジートレーディングドリンクメイト マグナムグランド スターターセット

    20,800円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 使いやすさ: 3.0
    • コスパ: 5.0
    • 炭酸の強さ: 4.0

    コスパナンバーワン!ワイルドな強炭酸水が楽しめる

    ボトルやシリンダーの着脱は5位の標準タイプとほとんど同じ構造ですが、シリンダー1本で142Lもの炭酸水を作ることができます。


    炭酸の強さも高評価で、仕上がりは「まさに強炭酸!」というようなワイルドな口当たりでした。コスパが良いだけでなく、しっかり強炭酸を楽しむことができるソーダマシンです。


    使いやすさは大容量のガスシリンダーが仇となり評価はあがりませんでした。本体サイズもかなり大型なので、設置スペースにも余裕が必要です。

    色展開ホワイト・ブラック
    ボトル容量1000ml
    500mlあたりのコスト約12円
    No.4

    ソーダストリームGenesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス v2)スターターキット 

    13,200円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 使いやすさ: 4.0
    • コスパ: 4.0
    • 炭酸の強さ: 3.0

    炭酸の強さは平均的。ガスシリンダーの交換しやすさは◎

    シリンダーを取り付ける際にサーバーのヘッド部分が外れる構造になっており、今回比較した商品のなかで一番ガスシリンダーの交換がしやすいと高評価。ガスの注入も簡単です。


    炭酸の強さは合格ラインですが、ランキング上位商品と比較するともう少しパワーが欲しいところ。惜しくもトップ3入りを逃しました。

    色展開ホワイト・レッド
    ボトル容量専用1L ボトル (満水容量1,010ml、適正容量840ml)
    500mlあたりのコスト18円
    No.5

    シナジートレーディングドリンクメイト 標準タイプ スターターセット

    15,800円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 使いやすさ: 4.0
    • コスパ: 4.0
    • 炭酸の強さ: 3.0

    可もなく不可もなく、一般的なシリンダー式ソーダマシン

    ボトルだけを着脱するのではなくキャップごとボトルを手前にスライドさせてサーバーから取り外す構造になっており、簡単に扱うことができます。


    使いやすさとコスパは高評価でしたが、炭酸の強さは平均的で総合評価としてはいまひとつ。ガス抜きの手順もやや面倒なのが気になります。

    色展開ホワイト・レッド
    ボトル容量1000ml
    500mlあたりのコスト約18円
    No.6

    グリーンハウスソーダメーカー ツイスパソーダ スターターキット

    SODAAK

    10,500円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 使いやすさ: 4.0
    • コスパ: 3.0
    • 炭酸の強さ: 3.0

    水以外にも対応!カートリッジ式ならコレがおすすめ

    キャップも握りやすく、シンプルな構造で使いやすさは高評価。水以外の飲み物に直接炭酸ガスを注入できるところも嬉しいポイントです。


    炭酸の強さは平均レベルで、コスパを重視せずシリンダー式のソーダマシンが欲しいという方にはこちらがおすすめです。

    色展開1色のみ
    ボトル容量950ml
    500mlあたりのコスト約38円
    No.7

    ソーダストリームSource v3(ソース v3) スターターキット

    20,900円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 使いやすさ: 3.0
    • コスパ: 4.0
    • 炭酸の強さ: 3.0

    ガス注入に力が必要。表示でガスの注入量がわかるのは◎

    ガスシリンダーが重いこともあり、この商品もガスシリンダーの着脱は大変でした。セットする部分もやや狭くシリンダーを回しにくいです。


    ボタンではなくブロック全体を押し下げてガスを注入するタイプで、手のひら全体で押すことができますが、女性であれば少し力が必要です。

    色展開ホワイト・レッド・ブラック
    ボトル容量Fuse 1Lボトル (満水容量1,010ml、適正容量840ml)
    500mlあたりのコスト約18円
    No.8

    シナジートレーディングSODA MINI Ⅱ(ソーダミニ 2 ブラック)スターターキット

    6,140円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 使いやすさ: 1.0
    • コスパ: 4.0
    • 炭酸の強さ: 4.0

    ボトルが取り付けづらい…。使いにくさが大きく足を引っ張る結果に

    高評価である炭酸の強さを差し引いても、あまりにもボトルが取り付けづらいという理由で7位という結果に。しっかり固定されているかどうかわからず、水が漏れてしまいました。


    ワンタッチで着脱ができる形状とのことですが、どれほど簡単であってもしっかりと取り付けられず、水が吹き出してしまうのなら意味がありません。

    色展開ホワイト・ブラック
    ボトル容量適正容量350ml
    500mlあたりのコスト約23円
    No.9

    大和無線電器ソーダスパークル スターターキット イージーモデル

    7,800円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 使いやすさ: 3.0
    • コスパ: 2.0
    • 炭酸の強さ: 3.0

    コスパ以外はごく普通。入門用のお試し商品としてならアリかも

    重量は458gで金属製に比べてやや軽めですが、肝心の炭酸の強さは特筆すべきこともない、ごく普通のソーダマシンです。


    太めのキャップにカートリッジをセットし、一気にひねってガスを注入するタイプなので、手が小さい方にはやや扱いにくいところが気になります。

    色展開ホワイト・レッド・ブラック
    ボトル容量1000ml
    500mlあたりのコスト約45円
    No.10

    ソーダストリームSpirit(スピリット)スターターキット

    14,558円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 使いやすさ: 2.0
    • コスパ: 4.0
    • 炭酸の強さ: 1.0

    予想外の炭酸の弱さ。しっかりとガスを注入するにはコツが必要?

    説明書の通りにガスを注入したはずが、炭酸が最も弱いという残念な結果に。慣れるまではコツが必要なのかもしれません。


    ガスシリンダーが重いうえにセットする部分がシリンダーを回しにくい形状になっているため、女性がセットするには大変です。

    色展開ホワイト・レッド・ブラック
    ボトル容量Fuse 1Lボトル (満水容量1,010ml、適正容量840ml) / Fuse 500mlボトル (満水容量623ml、適正容量455ml)
    500mlあたりのコスト約18円
    No.11

    SUSソーダサイフォン

    SSF-12S

    10,010円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 使いやすさ: 2.0
    • コスパ: 2.0
    • 炭酸の強さ: 2.0

    金属製サイフォンに利点なし。ガス抜きのしやすさで僅かに優位

    今回比較した金属製のソーダサイフォンとしては最も軽い802gですが、やはりシェイクすることを考えると扱いにくいことには変わりありません。


    他のソーダサイフォン2商品に比べて、ガス抜きがしやすいというところで僅かな差をつけました。

    色展開1色のみ
    ボトル容量1000ml
    500mlあたりのコスト約65円
    No.12

    Baskissデラックス ソーダサイフォン

    15,180円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 使いやすさ: 2.0
    • コスパ: 2.0
    • 炭酸の強さ: 1.0

    炭酸の強さワーストワン…。コップに注ぐ際も要注意

    こちらも金属製で総重量は927g。やはり水位の確認が難しく、水が溢れてしまいました。


    専用のガスカートリッジがなく、どのカートリッジでも使用することができるようですが、今回比較した商品の中で炭酸が最も弱く扱いも難しいため、人を選ぶ商品といえます。

    色展開1色のみ
    ボトル容量1000ml
    500mlあたりのコスト-(専用カートリッジなし)
    No.13

    日本炭酸瓦斯ステンレスサイホン

    12,720円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 使いやすさ: 1.0
    • コスパ: 1.0
    • 炭酸の強さ: 3.0

    総重量なんと約1.1kg。とにかく重くて扱いにくい

    ほとんどのカートリッジ式のマシンは、炭酸ガスを馴染ませるためガス注入後にボトルを振る作業がありますが、この商品の場合水を含む約2.6kgもの重さをシェイクしなければいけません。


    さらにボトルの外から水位が見えないため、決められた上限を超えないよう慎重に水を注がなければ溢れてしまいます。炭酸の強さについても特筆して良いところはありませんでした。

    色展開1色のみ
    ボトル容量1000ml
    500mlあたりのコスト約74円

    人気ソーダマシンの検証結果比較表

    炭酸水をおいしく作るコツ

    炭酸水をおいしく作るコツ
    せっかくソーダマシンを使うなら、最高に美味しい炭酸水を作りたいですよね。

    炭酸ガスは冷たい水によく溶ける性質があります。具体的には、5℃以下の水を使って作るのがおすすめ。今回の検証にも5℃に冷やした水を使用しています。


    また、水道水ではなくお好みのミネラルウォーターで作るとより美味しい炭酸水を作ることができます。ソーダマシン愛用者のなかには、自分で汲んだ天然水や湧き水を使って楽しんでいる方もいるようです。

    頻繁に飲まない方には市販の炭酸水がおすすめ

    ソーダマシンのメリットは主にコスパ。そこまで頻繁に飲まないという方は、市販の炭酸水でも十分でしょう。

    以下の記事では、市販されている美味しい炭酸水の選び方やおすすめランキングについて詳しく書かれていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

    ソーダマシンの売れ筋ランキングもチェック!

    ソーダマシンの価格.com・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご覧ください。

    まとめ

    今回は売れ筋上位のソーダマシン13商品を徹底的に比較・検証しましたが、いかがでしたか?

    オシャレなデザインのソーダマシンは、キッチンアイテムとしても華やかな気分にしてくれますよね。ぜひ検証結果を参考に自分に合ったソーダマシンを見つけて、フレッシュな炭酸水を楽しみましょう!

    文:市山佳乃、写真:三浦晃一

    ランキング作成日:2019/03/30

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す