1. TOP
  2. >
  3. 家電
  4. >
  5. ミキサー・フードプロセッサー
  6. >
  7. 【徹底比較】ハンドブレンダーのおすすめ人気ランキング17選
【徹底比較】ハンドブレンダーのおすすめ人気ランキング17選

【徹底比較】ハンドブレンダーのおすすめ人気ランキング17選

食材をつぶしたり混ぜたりするのに便利な「ハンドブレンダー」。普段の調理はもちろん、離乳食をつくるのにも便利な家電です。最近では、5000円以下で買えるほどの安い商品も増えてきています。しかし、ブラウン・パナソニック・テスコムなどとブランドが多く、最近では泡立てやスライスなどの機能も多様。どれがいいのか判断がつきにくいことも多くあって、選ぶのが難しいと思いませんか。


そこで今回はAmazon・Yahoo!ショッピング・楽天などで売れ筋上位のハンドブレンダー17商品をすべて集めて、最もおすすめのハンドブレンダーを決定したいと思います。


検証には、キッチングッズのスぺシャリストの協力を得ながら、すべての商品を実際に使って以下の3点を比較・検証しました。

  1. 仕上がり
  2. 使い勝手
  3. お手入れのしやすさ

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!
  • 2020年08月26日更新
  • 419,699 views

検証のポイント

売れ筋のハンドブレンダー17商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 仕上がり

    検証① 仕上がり

    ハンドブレンダーを選ぶ上で最も気になるのは「仕上がり具合」ですよね。実際に使ってみて下記の2点を5段階で評価しました。茹でた男爵芋100gを1分間つぶしたときのマッシュポテトのなめらかさりんご1/2個・小松菜50g・水100㏄を1分間攪拌したときのスムージーのなめらかさ

  • 使い勝手

    検証② 使い勝手

    いくら仕上がりがよくても、重すぎて持ちづらかったり取り回しがしにくければ問題外。そこで「使い勝手」の検証を行いました。持ったときに重たく感じないか速度調整スイッチは押しやすいか食材の飛び散り具合はどうか上記3点をそれぞれ5段階評価しました。

  • お手入れのしやすさ

    検証③ お手入れのしやすさ

    最後に、普段使いをするにはお手入れのしやすさも重要なポイントです。次の2点についてそれぞれ5段階評価しました。アタッチメントの取り外しやすさ洗いやすさ

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    フードコーディネーターが検証協力!

    フードコーディネーターが検証協力!
    ハンドブレンダーの検証には、フードコーディネーターとして活躍している平尾由希さんの協力を得ました。

    <取材協力:平尾由希さん>
    企業や地方商品、飲食店のレシピ開発、メニュー開発を多数手がける。食器をはじめとするテーブル周りのほか、キッチングッズ、キッチン家電などにも詳しい。『季節でいただくまいにち薬味』(主婦の友社)が好評発売中。

    パーツを変えれば用途はいろいろ!あると便利なハンドブレンダー

    パーツを変えれば用途はいろいろ!あると便利なハンドブレンダー
    食材を混ぜたりすりつぶしたりできるハンドブレンダー。気になりながらも、ミキサーやフードプロセッサーなど似たような調理器具がたくさんあるので、どう違うのかよく分からない方も多いのではないでしょうか。

    ハンドブレンダーは、一台でミキサー・フードプロセッサーの機能を兼ね備えている便利なアイテムです。アタッチメントを変えるだけで、混ぜたりすりつぶしたりだけでなく、細かく刻んだりスライスしたりと、さまざまな使い方ができます。1台で何役もこなせるのでミキサーやジューサーを別々に揃えなくても、まずはハンドブレンダー1台を買うという手があります。


    また、片手で扱えるほど操作も簡単。コンパクトなので収納場所にも困りません。鍋やボウルに直接入れて使えるブレンダーを選べば、調理に使う道具も最小限で済み、時短にも効果的です。ハンドブレンダーを活用して、もっと効率よく料理を楽しみましょう。

    ハンドブレンダーの選び方

    ハンドブレンダーを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

    ① ほしい機能は「シンプル」か「多機能」か、まず考える

    ほしい機能は「シンプル」か「多機能」か、まず考える

    ハンドブレンダーには、よく使う機能に絞り込んだシンプルなタイプと、いろんな使い方ができる多機能タイプの2種類があります。


    シンプルタイプは、撹拌したりすりつぶしたりする機能がメインで、スープやスムージーを作ることが多い方におすすめです。


    一方の多機能タイプは、付属するアタッチメントの種類が豊富で、刻む・混ぜる・泡立てるなど、さまざまな調理に使えるのが魅力。アタッチメントによってできる調理は異なりますが、シンプルタイプに加えてお菓子作りや離乳食作りにも使いたい方には多機能タイプがおすすめですよ。

    ② 撹拌性能の高いものがおすすめ

    ハンドブレンダーの性能は見ただけではわからないものですが、撹拌性能をチェックすれば、おおよそ判断することができます。次のポイントを参考に、性能を確認していきましょう。

    消費電力300W以上・回転数10,000/分以上ならパワフル

    消費電力300W以上・回転数10,000/分以上ならパワフル
    ハンドブレンダーの消費電力(ワット数)と回転数の大きなものものほど、パワフルで素早い撹拌ができます。

    おすすめは、消費電力が300W以上のもの。これなら硬い食材も楽に細かくすることが可能です。種付き・皮付きの食材も短時間で下ごしらえができますよ。


    また、回転数が大きなものも、パワーが十分あると判断できます。毎分10,000回転以上するものを目安にするのがおすすめです。ただし、「チョッパー」や「ビーター」として使う場合は回転数が1,000~3,000/分程度ですので、比べるときは「ブレンダーモード」の回転数を比較して選ぶといいですよ。

    ブレードがステンレス製なら高耐久で長く使える

    ブレードがステンレス製なら高耐久で長く使える

    ハンドブレンダーのブレードは、ステンレス製がおすすめです。ステンレス製のブレードは変形に強く、キズや臭い移り、色移りの心配もなし。熱にも強く、フライパンや鍋にそのまま入れて使えるので便利です。熱々のまま撹拌するスープづくりなどでも活躍してくれるでしょう。


    安いモデルでは、ブレードがプラスチック製のものもあります。プラスチックはキズ・色移り・臭い移り・熱に弱いので、活用できる場面が限定されてしまいがち。できるだけ、ブレードがステンレスでできたモデルから、予算に合うものを選ぶとよいでしょう。

    連続稼働時間は長めのものを!待機時間は短い方が快適

    連続稼働時間は長めのものを!待機時間は短い方が快適
    ハンドブレンダーは、高速回転による負荷や温度上昇を防ぐために、一度に連続して使える時間が決まっています。連続稼働時間は1分~3分ほどと差があるため、できるだけ連続して攪拌できる時間が長めのものが便利です。

    また、もうひとつ注目したいのが、待機時間。いったん使用した後、数分から数十分の待機(使用できない)時間が発生するモデルもありますが、待機時間が長いと、思ったように使えず不便ですよね。


    連続稼働時間が少し短めでも、いったん回転を止めれば待機時間なしで再び使えるものが使いやすくておすすめです。稼働時間と待機時間のバランスも見て選びましょう。

    ③ グリップの握りやすさやスイッチの操作しやすさに注目

    グリップの握りやすさやスイッチの操作しやすさに注目

    持ちやすい形になっていれば、疲れにくくて使いやすさもアップします。くびれを設けて握りやすくしたものや、滑りにくくなったものなど、持ちやすくなる工夫を施したデザインものがおすすめです。軽量なものも手が疲れないので使いやすいですよ。


    さらに、握ったままの手でスイッチ操作がしやすいものも便利です。両手を使わず、指一本でオンオフを切り替えたり、回転モードの変更ができると、スムーズに調理ができますね。もう片方の手で器や鍋を抑えながら安全に使うことができますよ。

    ④ あると便利なプラスαの機能

    せっかく選ぶのなら、便利に使えるかどうかもチェック。撹拌スピードの調節や、安全性への配慮など、あると嬉しい機能をご紹介します。

    スピード調節機能:仕上がりの状態を調整しやすい

    スピード調節機能:仕上がりの状態を調整しやすい
    回転速度を自由に調節できる機能があると、メニューに合わせて仕上がりを変えられます。

    高速回転は時間をかけずに素早くなめらかに、低速は食材の食感を残して仕上げることが可能です。離乳食やペーストなど、微妙な仕上がりも調節しやすくなりますよ。


    なお、スピード調節機能には、スイッチ式・ダイヤル式・ボタン式がありますが、スピードの細かな調節ができるのはダイヤル式・ボタン式です。切り替えがどの方式なのかも確認してみてください。

    事故防止機能:怪我の心配なく安全に使える

    事故防止機能:怪我の心配なく安全に使える

    お子さんのいる家庭には、事故防止機能があるものをおすすめします。チャイルドロック機能でボタン操作やブレードの回転をロックできれば、お子さんのいたずらや誤操作を防止できます。


    また、高温や過負荷状態のときに自動停止する機能を持ったものも便利です。万が一のことを考えて、安全に配慮された商品を選びましょう。

    ⑤ お手入れのしやすさや収納性も要チェック

    お手入れのしやすさや収納性も要チェック
    ブレンダーを使用するときだけでなく、使用後のお手入れや収納に便利なものを選ぶことも大切なポイントです。

    特にブレンダーは食材の調理に使うものなので、細かいパーツもきちんとお手入れできるものが理想的です。基本的には、洗剤を入れた容器の中で回転させれば洗浄できるようになっていますが、外したアタッチメントを丸洗いできるものならお手入れが簡単。また、お手入れ後にアタッチメントをまとめて収納できると、使い勝手もアップします。


    立てて収納できる専用スタンド付きなら片付けやすい上、必要なときにサッと使えて便利ですよ。

    売れ筋の人気ハンドブレンダー全17商品を徹底比較!

    ハンドブレンダーの検証

    それではここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のハンドブレンダー17商品をすべて集めて、どれが最もおすすめのハンドブレンダーなのかを検証していきます。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:仕上がり

    検証②:使い勝手

    検証③:お手入れのしやすさ

    今回検証した商品

    1. KitchenAid|ハンドブレンダー
    2. LINKchef(リンクシェフ)|ハンドブレンダー
    3. TWINBIRD|チョッパー付ハンディーブレンダー
    4. Vitantonio|ハンドブレンダー
    5. Yushido|ハンドブレンダー
    6. イデアインターナショナル|BRUNOマルチスティックブレンダー
    7. ウィナーズ|ハンディブレンダー スリムプラス
    8. コンエアージャパン(同)|スリム&ライト マルチハンドブレンダー
    9. タイガー魔法瓶|スマートブレンダー
    10. チェリーテラス|Bamix M300 ベーシック
    11. ツヴィリング|スティックブレンダー
    12. テスコム|PureNatura スティックブレンダー
    13. デロンギ・ジャパン|ハンドブレンダー マルチクイック7
    14. ドリテック|クックスティック
    15. パナソニック|ハンドブレンダー
    16. 日本洋食器|ハンドブレンダー
    17. 貝印|マルチブレンダー

    検証① 仕上がり

    仕上がり

    ハンドブレンダーを選ぶ上で最も気になるのは「仕上がり具合」ですよね。実際に使ってみて下記の2点を5段階で評価しました。


    1. 茹でた男爵芋100gを1分間つぶしたときのマッシュポテトのなめらかさ
    2. りんご1/2個・小松菜50g・水100㏄を1分間攪拌したときのスムージーのなめらかさ

    【検証結果ハイライト】ブレードの深さがなめらかさのカギ!深すぎると食材が入り込んで細かくならない

    【検証結果ハイライト】ブレードの深さがなめらかさのカギ!深すぎると食材が入り込んで細かくならない

    食材をなめらかにすりつぶせるものと、元の形が残ったままになってしまうものと大きく差が出る結果に…。その原因はブレードの深さ。


    深いほうが食材を固定してつぶす・混ぜることができるのではと思いきや、一定の深さを超えると食材が内部に押し込まれて動かなくなってしまい、大きな固まりが残ってしまいました


    併せて、消費電力は滑らかさにそこまで影響しないということも判明。モーターが大きい分、重くなりますが、消費電力が小さいものでも十分なめらかになりました。

    平尾 由希
    フードコーディネーター
    平尾 由希さんのコメント

    ブレードが浅すぎると食材が飛び散るばかりですりつぶせず、反対に深すぎても奥に入り込むだけです。


    その点、ビタントニオの「ハンドブレンダー」はブレードが浅すぎず深すぎず。しっかりと食材をホールドしてなめらかに仕上げてくれます!力を入れなくても上質な仕上がりになるのが嬉しいですね。

    検証② 使い勝手

    使い勝手

    いくら仕上がりがよくても、重すぎて持ちづらかったり取り回しがしにくければ問題外。そこで「使い勝手」の検証を行いました。


    1. 持ったときに重たく感じないか
    2. 速度調整スイッチは押しやすいか
    3. 食材の飛び散り具合はどうか

    上記3点をそれぞれ5段階評価しました。

    【検証結果ハイライト】スイッチを入れた瞬間に天井まで食材が…。飛び散り防止機能はマスト!

    検証してまず気づいたのが、食材の飛び散りの多さです。ひどいものだと天井にくっつくほどに飛び散るものも…。


    食材の対流を促すためにブレード部分に穴が開いているものもありましたが、ボウルの外まで飛び散るようでは意味がありません。料理をスムーズに行うためにも、飛び散り防止機能はマストです!


    また、ハンドブレンダーは片手で操作をするため重さとスイッチの操作性も重要。スイッチが固く、両手を使わないと操作できないものは問題外です。

    平尾 由希
    フードコーディネーター
    平尾 由希さんのコメント
    いくら食材をなめらかにできても、天井にまで飛び散ってしまっては使いたくありません…。今どき、飛び散り防止機能がついていないハンドブレンダーなんて論外です!

    検証③ お手入れのしやすさ

    お手入れのしやすさ

    最後に、普段使いをするにはお手入れのしやすさも重要なポイントです。次の2点についてそれぞれ5段階評価しました。


    1. アタッチメントの取り外しやすさ
    2. 洗いやすさ

    【検証結果ハイライト】ブレードが深いものは洗いづらい。刃の数が多いものは隙間が小さく手を切る可能性大

    【検証結果ハイライト】ブレードが深いものは洗いづらい。刃の数が多いものは隙間が小さく手を切る可能性大

    本体からのブレードの取り外しやすさについては、2商品を除き合格です!バーミックスの「バーミックス」とツヴィリングの「スティックブレンダー」はブレードの取り外しができず、本体部分をぬらさず洗うのに一苦労…。


    ブレード部分の洗浄については、深さが大きく影響しました。ブレード部分が深いものは食材がかたまりのまま奥に入り込んでしまうため、なかなか汚れがとれません。


    また、刃の数が多いほど刃同士の隙間も小さく、普通のスポンジで洗うと手指をケガする可能性が高くなるので、注意が必要です。

    平尾 由希
    フードコーディネーター
    平尾 由希さんのコメント

    毎日使うものだからこそ、洗いやすさは大事。さっとスポンジで汚れがとれないもの、刃の取り外しが固いものは衛生面でも安全面でも危険です。


    その点、ビタントニオは刃の取り外し専用の器具がセットになっていて高評価でした。

    No.1

    Vitantonioハンドブレンダー

    VHB-20

    6,600円(税込)

    総合評価

    4.90
    • 仕上がり: 5.0
    • 使い勝手: 5.0
    • お手入れのしやすさ: 4.0

    離乳食はクリームのようになめらかな仕上がり!使い勝手のよさオール5

    消費電力は150Wとそこまで大きくありませんが、30秒あればまるでクリームのような離乳食が仕上がるこちらの商品。葉物をいれたスムージーもなめらかです。


    さらに握りやすさ・重さ・スイッチの押しやすさ・飛び散りの少なさと、使い勝手の良さは全17商品中ピカイチ。アタッチメントを安全に取り外すための専用器具と、紛失しがちなアタッチメントを収納するケースも付属しており、まさにかゆいところに手が届く仕様となっていました


    ハンドブレンダーの購入を検討している人は、こちらを買えば間違いなしです。

    電源AC100V
    消費電力150W
    連続稼働時間1分
    速度調節8段階
    本体サイズ6.0×6.0×39.5㎝
    本体重量530g
    電源コード1.7m
    アタッチメント本体・シャフト・ブレンダー・ウィスク・計量カップ・チョッパー容器
    ブレード素材ステンレス
    No.2

    コンエアージャパン(同)スリム&ライト マルチハンドブレンダー

    HB-502BKJ

    9,446円(税込)

    総合評価

    4.59
    • 仕上がり: 5.0
    • 使い勝手: 4.3
    • お手入れのしやすさ: 3.0

    手なじみの良い握り心地と仕上がりのよさで、ストレスがほぼない

    本体直径5.7cm・重さ560gと、その名の通りスリムで軽く握りやすいこちらの商品。シリコン製のスイッチも押しやすく、片手での操作も楽々です。


    ブレードの深さも深すぎず浅すぎず、しっかりと食材をホールドしてなめらかな仕上がりに。食材の飛び散りもほとんどなく、使った後の片づけもストレスがありません。


    また、泡立て用のビーターやフードプロセッサー機能も付いており、料理の幅を広げるのに好適な、毎日が楽しくなるハンドブレンダーです。

    電源AC100V
    消費電力200W
    連続稼働時間3分
    速度調節-
    本体サイズ5.7×5.7×36.0㎝
    本体重量560g
    電源コード1.5m
    アタッチメント本体・ブレンダーアタッチメント・チョッパーアタッチメント・ビーターアタッチメント・専用カップ
    ブレード素材ステンレス
    No.3

    デロンギ・ジャパンハンドブレンダー マルチクイック7

    MQ735

    8,800円(税込)

    総合評価

    4.44
    • 仕上がり: 5.0
    • 使い勝手: 3.3
    • お手入れのしやすさ: 4.5

    握るだけで速度調節ができて楽!直感的に使える便利な一台

    ハンドブレンダーといえばこちらのブラウンの商品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実際に使ってみると、性能のよさは実感できました。ただし上位2機種には譲る感もあります。


    独特の波型の形状をしたブレードは食材のホールド力が強く、飛び散りもほとんどなく、なめらかな仕上がりに。また、いちいちスイッチを押したりダイヤルを回したりすることなく握る力の強さで速度調節ができるので、料理初心者でも簡単に使うことができます


    汚れも水圧でスルッと取れ、ストレスなく使えて満足できる一台です。

    電源AC100V
    消費電力400W
    連続稼働時間1分
    速度調節自由
    本体サイズ7.0×7.0×40.0㎝
    本体重量890g
    電源コード1.2m
    アタッチメント本体・ホイッパー・チョッパー・計量カップ
    ブレード素材ステンレス
    No.4

    イデアインターナショナルBRUNOマルチスティックブレンダー

    BOE034

    5,899円(税込)

    総合評価

    4.16
    • 仕上がり: 5.0
    • 使い勝手: 2.7
    • お手入れのしやすさ: 3.5

    初心者にもおすすめの一台。仕上がりと使い勝手のバランスがよい

    主に女性を中心に人気のおしゃれ調理器具メーカー・イデアインターナショナルからは、軽量タイプのハンドブレンダーが出ています。


    手が小さめの人でもスイッチを押しやすいつくりです。持つ部分がかなり細身なので女性の手にもしっかりフィットして、安定感があります。


    調理については、粘度の高いものや固く繊維質なものでも1分あれば十分なめらかな仕上がりに。飛び散りが多少見受けられますが、許容範囲です。


    仕上がり具合と使い勝手のバランスもよく、初心者にもおすすめできる一台です。

    電源AC100V
    消費電力200W
    連続稼働時間3分
    速度調節-
    本体サイズ6.3×6.8×37.0cm
    本体重量570g
    電源コード1.5m
    アタッチメント本体・チョッパーボトル・ボトル用フタ・チョッパーボトル専用カッター・ブレンダーカップ・お手入れブラシ
    ブレード素材ステンレス
    No.5

    タイガー魔法瓶スマートブレンダー

    SKQ-G200

    7,161円(税込)

    総合評価

    4.04
    • 仕上がり: 5.0
    • 使い勝手: 2.3
    • お手入れのしやすさ: 3.5

    きわめてなめらかな離乳食が完成。片手で使えないのが難点

    全17商品のうち、離乳食の仕上がり具合は間違いなくナンバーワンです。絹のようになめらかさに、思わずその場にいたスタッフ全員が、感嘆の声を上げたレベル。完成までに1分近くかかる商品がほとんどのなか、30秒という速さで仕上がるのも高評価でした。


    ただ、残念なことに評価を下げたのが使い勝手の面。攪拌スイッチと誤作動防止スイッチを同時に押さなければ作動しないという作りになっているのですが、片手で押すのは至難の業。スピード調整ダイヤルもスイッチの上部にあって、片手での操作はほぼ不可能です。

    電源AC100V
    消費電力250W
    連続稼働時間1分
    速度調節-
    本体サイズ6.5×6.3×43.0cm
    本体重量830g
    電源コード1.45m
    アタッチメント本体・専用カップ・ホイップブレード・おろしカッター・カップふた
    ブレード素材ステンレス
    No.6

    ウィナーズハンディブレンダー スリムプラス

    RHB-1

    6,600円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 仕上がり: 3.5
    • 使い勝手: 5.0
    • お手入れのしやすさ: 4.0

    操作が簡単で使いやすい。「とりあえず」の一台ならば選択肢に

    おしゃれ家電で人気のレコルトからは、女性の手でも使いやすいスリムで軽量タイプの一台です。


    食材をすりつぶす力は多少弱く感じますが、時間をかければ上質な仕上がりになります。スイッチを押しても作動しないスマートロックも搭載されており、料理初心者やお子様が使う場合にも安心です。


    ブレードも浅いため食材が残りにくく、洗いやすさも高評価でした。

    電源AC100V
    消費電力200W
    連続稼働時間1分
    速度調節6段階
    本体サイズ5.8×5.8×36.0cm
    本体重量550g
    電源コード1.5m
    アタッチメント本体・フタ・ビーターアダプター・カップ・ブレード・ビーター・ブラシ
    ブレード素材ステンレス
    No.7

    TWINBIRDチョッパー付ハンディーブレンダー

    KC-4833W 

    5,500円(税込)

    総合評価

    3.70
    • 仕上がり: 4.5
    • 使い勝手: 2.0
    • お手入れのしやすさ: 4.0

    手早く品よく仕上げたいならコレ。ただ、長時間使用には不向き

    お手ごろ価格のツインバードの「チョッパー付ハンディブレンダー」。深めながらも細めの円錐型のブレードは、奥に食材を滞留させることなく、繊維の残らない上質な仕上がりをかなえてくれます。


    評価を下げたのは使い勝手。定格時間は1分30秒とありますが、30秒、30秒、30秒など何回かに分けて使った場合でも30分休ませなければならず、複数の料理や量が多いものに使うには非常に不便。また、耳に響く甲高い音も気になります。

    電源AC100V
    消費電力100W
    連続稼働時間1分30秒
    速度調節2段階
    本体サイズ13.0×13.0×34.0㎝
    本体重量1200g
    電源コード1.8m
    アタッチメント本体・専用計量カップ・専用計量カップふた・チョッパー容器・チョッパーふた・チョッパーカッター
    ブレード素材ステンレス
    No.8

    日本洋食器ハンドブレンダー

    6,980円(税込)

    総合評価

    3.26
    • 仕上がり: 3.0
    • 使い勝手: 3.7
    • お手入れのしやすさ: 3.5

    時間はかかるが、なめらかな仕上がり。硬めの食材にはやや不向き

    消費電力700Wとハイパワーですが、調理が完了するまでには1分程度かかります。また、柔らかい食材はそこまで問題ではないのですが、硬めの食材は刃が突き刺さったまま空回りするので、その都度調理をストップしなければなりません。


    速度調節は12段階とかなり多めですが、速度を上げると飛び散りが多くなるため、要注意です。

    電源AC100V
    消費電力700W
    連続稼働時間1分
    速度調節12段階
    本体サイズ6.4×6.4×40.2cm
    本体重量750g
    電源コード1.2m
    アタッチメント本体・ブレンダーシャフト・チョッパーカバー・チョッパーブレード・チョッパーボール・泡立て・泡立て接続部分・カップ
    ブレード素材ステンレス
    No.9

    ツヴィリングスティックブレンダー

    13,200円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 仕上がり: 3.5
    • 使い勝手: 3.0
    • お手入れのしやすさ: 2.0

    仕上がりは食材による。使い勝手は及第点だが、中身の飛び散りも…

    刃物メーカーのツヴィリングからは、つぶす・混ぜるといたってシンプルな構造のハンドブレンダーです。


    水分の少ない食材を攪拌すると、ブレード側面に空いた穴から食材が飛び散ります。そのためか、大小のかたまりが多々残ってしまいます。反対に水分量の多いものは対流が起こりやすくなっているためか、非常になめらか。ムラが多く、調理するメニューを選びます。


    本体部分は握りやすい太さ。スイッチも押しやすく、及第点と言えます。

    電源AC100V
    消費電力250W
    連続稼働時間1分
    速度調節2段階
    本体サイズ6.6×6.6×36.0㎝
    本体重量777g
    電源コード1.1m
    アタッチメント本体・ブレンダーアタッチメント
    ブレード素材ステンレス
    No.10

    テスコムPureNatura スティックブレンダー

    THM311

    3,268円(税込)

    総合評価

    2.90
    • 仕上がり: 2.5
    • 使い勝手: 4.0
    • お手入れのしやすさ: 2.0

    軽くて持ちやすくても、肝心の仕上がりがいまひとつなら意味がない

    混ぜる・つぶすの最低限の機能に特化したテスコムのハンドブレンダー。550gと軽量なのと、女性の手でも持ちやすい大きさなのは評価できますが、仕上がりには難ありです。


    マッシュポテトを作ってみると小さなかたまりが多く残り、なめらかとは言えない状態となりました。スムージーも繊維が多く残り、キシキシとした仕上がりです。


    また、1分使用したら30分休ませなければいけないのも大きなマイナス点です。

    電源AC100V
    消費電力150W
    連続稼働時間1分
    速度調節-
    本体サイズ5.2×6.0×33.6㎝
    本体重量550g
    電源コード1.7m
    アタッチメント本体・ブレンダーアタッチメント・チョッパー・ブレンドカップ
    ブレード素材ステンレス
    No.11

    チェリーテラスBamix M300 ベーシック

    M300

    28,890円(税込)

    総合評価

    2.76
    • 仕上がり: 3.5
    • 使い勝手: 1.7
    • お手入れのしやすさ: 1.5

    重い、握りづらい。予想以上に小回りが利かなかった

    ハンドブレンダーの草分け的存在といえばこちらのバーミックスですが、約1㎏と片手で持つには重すぎるのに加え、本体部分の太さが握りづらい、飛び散り防止機能がないなど、普段使いには向かないという結果になりました。


    肝心の仕上がりについては、食材によってムラがありました。スムージーは繊維が粉砕されさらりと仕上がりましたが、マッシュポテトは小さなかたまりが多く残ってしまい、とてもなめらかとは言えない状態。離乳食づくりには不向きといえます。


    定格時間は5分と長めですが、重さのため短時間でも疲れます。

    電源AC100V
    消費電力300W
    連続稼働時間5分
    速度調節2段階
    本体サイズ6.5×6.5×34.0cm
    本体重量975g
    電源コード1.7m
    アタッチメント本体・アタッチメント3種(ミンサー、ウィスク、ビーター)・スーパーグラインダー・パウダーディスク ・Lスタンド・ツール&ブラシ
    ブレード素材ステンレス
    No.12

    KitchenAidハンドブレンダー

    10,868円(税込)

    総合評価

    2.70
    • 仕上がり: 3.0
    • 使い勝手: 2.0
    • お手入れのしやすさ: 3.0

    30秒以内に停止しなければならず不便。粒が残る仕上がりにも不満が残る

    定格時間は5分とありますが、30秒以内にいったん停止しないとモーターが高温になり使えなくなってしまうため、混ぜるものが多い場合は非常に不便です。


    スイッチの押しやすさや握り心地は可もなく不可もなくといったところですが、900gとやや重めの作りが足を引っ張ります。


    仕上がりについては、水分の多いものはなめらかになりますが、じゃがいもなどのもったりした食材については粒が残りがちです。

    電源AC100V
    消費電力160W
    連続稼働時間5分(30秒以内で一旦停止)
    速度調節2段階
    本体サイズ6.4×6.4×40.6cm
    本体重量900g
    電源コード1.5m
    アタッチメント本体・蓋つきジャー
    ブレード素材ステンレス
    No.13

    LINKchef(リンクシェフ)ハンドブレンダー

    HB-1230

    4,499円(税込)

    総合評価

    2.66
    • 仕上がり: 2.5
    • 使い勝手: 2.7
    • お手入れのしやすさ: 3.5

    離乳食は満足いく仕上がり。とはいえ、うるさすぎて赤ちゃんがいる家庭には不向き

    ブレードの深さもちょうどよく、離乳食の仕上がりについてはなめらかで文句がありません。しかし、りんごや小松菜のように硬かったり繊維質の多かったりする食材については刃が突き刺さってしまい、あまり攪拌されません。


    問題は音の大きさ。掃除機をかけているかと思うようなうるささのため、いくら離乳食がなめらかに作れたとしても、赤ちゃんがいるご家庭での使用は不向きといえます。

    電源AC100V
    消費電力300W
    連続稼働時間1分
    速度調節2段階
    本体サイズ25×18×25cm
    本体重量1800g
    電源コード1.2m
    アタッチメント本体・ブレンダー・泡立て器・チョッパー・専用計量カップ・収納スタンド
    ブレード素材ステンレス
    No.14

    貝印マルチブレンダー

    DK5033

    9,800円(税込)

    総合評価

    2.41
    • 仕上がり: 2.5
    • 使い勝手: 2.7
    • お手入れのしやすさ: 1.0

    飛び散り防止機能がついていないのは致命的。すすめがたい一台

    貝印は、切れ味の鋭い包丁で人気の刃物メーカー。確かにハンドブレンダーも切れ味はよいのですが、問題はブレードの形状です。


    ブレードには飛び散り防止機能が付いていません。刃がむきだしのため、スイッチをいれると天井まで食材が飛び散ります。さらに食材をホールドできないため大きな塊が器の中を逃げ回り、仕上がるまでに時間がかかります。


    刃も鋭利なのは良いのですが、取り外すのに相当の力が必要なため、手をケガする恐れがあります。

    仕上がり・使い勝手・お手入れのしやすさ……どれをとっても積極的に選ぶ材料に乏しい一台です。

    電源AC100V
    消費電力120W
    連続稼働時間5分
    速度調節2段階
    本体サイズ6.0×6.0×34.0㎝
    本体重量740g
    電源コード1.7m
    アタッチメント本体・アタッチメント(ミンサー・マッシャー・ジューサー・ウィスク・グラインダー)
    ブレード素材ステンレス
    No.15

    Yushidoハンドブレンダー

    4,164円(税込)

    総合評価

    2.05
    • 仕上がり: 2.0
    • 使い勝手: 2.0
    • お手入れのしやすさ: 2.5

    ハイパワーだが調理が進まない…手に余るサイズ感も敬遠理由

    消費電力800Wと、全17商品のうち最もハイパワーなモーターを搭載しているものの、調理においてそれが役立っているかというといまひとつ。特に硬めの食材については、刃が刺さったまま空回りしてしまい、大きなかたまりが残ってしまいます。

    飛び散り防止機能もついていますが、まったく役に立っていないレベルです。


    本体は手に余る重さと大きさに加え、スイッチが非常に固く片手で押すのが困難なほど。使っているとストレスがたまってしまいます。

    電源AC100V
    消費電力800W
    連続稼働時間2分
    速度調節6段階
    本体サイズ23.5×13.5×30cm
    本体重量1540g
    電源コード1.2m
    アタッチメント本体・ウィスク・チョッパー・軽量カップ
    ブレード素材ステンレス
    No.16

    パナソニックハンドブレンダー

    MX-S301

    11,184円(税込)

    総合評価

    2.01
    • 仕上がり: 1.5
    • 使い勝手: 2.7
    • お手入れのしやすさ: 3.0

    離乳食が作れないならハンドブレンダーの意味がない

    こちらの商品は禁止食材として「粘度の高いもの」「水分量が少ないもの」を挙げており、そもそも離乳食が作れない仕様です。

    とはいえ検証のためマッシュポテトを作ってみましたが、ブレード内部に食材が入り込んでしまい、まったくつぶれません…。


    ハンドブレンダーの購入を検討している方のなかでも、特に離乳食やマッシュポテトを作りたいという方は多いのではないでしょうか。そうなると、こちらの商品はおすすめできません。

    電源AC100V
    消費電力165W
    連続稼働時間1分
    速度調節2段階
    本体サイズ6.5×7.4×42.3cm
    本体重量780g
    電源コード1.3m
    アタッチメント本体・カッターホルダー・専用カップ・へら付きブラシ
    ブレード素材ステンレス
    No.17

    ドリテッククックスティック

    HM-804IV

    3,278円(税込)

    総合評価

    1.89
    • 仕上がり: 1.0
    • 使い勝手: 3.3
    • お手入れのしやすさ: 3.0

    火にかけた鍋で使えないのはマイナス。飛び散り防止機能も意味がない……

    こちらの商品は唯一のプラスチック製。ブレード部分もプラスチックのため熱に弱く、火にかけた状態の鍋に直接入れることができないのはマイナス評価です。


    食材を攪拌する際にもブレードの中で食材がつぶれずに空回りし、切ったままの大きさで食材が残ってしまいます。


    また、飛び散り防止機能はついているものの、食材の対流用の穴から勢いよく噴出。その使い勝手の悪さから、使うのを躊躇してしまいます。

    電源AC100V
    消費電力150W
    連続稼働時間1分
    速度調節2段階
    本体サイズ5.9×5.9×34.6㎝
    本体重量600g
    電源コード1.5m
    アタッチメント本体・ホイッパー・チョッパー・専用カップ
    ブレード素材プラスチック

    人気ハンドブレンダーの検証結果比較表

    スムージーやスープを作るならミキサーが便利!

    スムージーやスープを作るならミキサーが便利!
    野菜や果物でスープやジュースを作ることが多いのなら、ミキサーもおすすめです。数千円のお手ごろ価格で手に入るものが多く、一度に作れる量が多いので、家族全員分もあっという間に完成。最新機能を持った商品も続々登場しています。気になる方は、ぜひ以下の記事も参考にしてくださいね。

    ハンドブレンダーの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、ハンドブレンダーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は17商品のハンドブレンダーを検証しました。


    検証してみると、商品によって仕上がりや使い勝手に大きな差が出ることに驚きました。どれも同じだと思って購入すると、がっかりする商品もあります。満足のいく商品を見つけて、料理の幅をぐっと広げてくださいね!


    検証/文:今仲絵里、写真:佐々木歩

    ランキング作成日:2020/02/06

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す