• マカダミアナッツオイルのおすすめ人気ランキング7選【健康への効果・効能にも期待!】のアイキャッチ画像1枚目
  • マカダミアナッツオイルのおすすめ人気ランキング7選【健康への効果・効能にも期待!】のアイキャッチ画像2枚目
  • マカダミアナッツオイルのおすすめ人気ランキング7選【健康への効果・効能にも期待!】のアイキャッチ画像3枚目
  • マカダミアナッツオイルのおすすめ人気ランキング7選【健康への効果・効能にも期待!】のアイキャッチ画像4枚目
  • マカダミアナッツオイルのおすすめ人気ランキング7選【健康への効果・効能にも期待!】のアイキャッチ画像5枚目

マカダミアナッツオイルのおすすめ人気ランキング7選【健康への効果・効能にも期待!】

健康に良いさまざまな効果効能を持ち、ヘルシーな油として知られる「マカダミアナッツオイル(マカダミアオイル)」。炒め物やドレッシングに利用するのはもちろん、ナッツの風味を生かしてアイスクリームにかけるなど、幅広い使い方ができるのが嬉しいですね。食用のほかに、スキンケア目的でお肌に塗ったり、髪の毛のケアやキャリアオイルとしてもおすすめされる優秀オイルです。


今回は、マカダミアナッツオイルの選び方と、通販で買える人気商品ランキングを発表したいと思います身体に良いオイルを上手に取り入れて、おいしく健康とキレイをめざしましょう!

  • 最終更新日:2019年04月26日
  • 367  views
目次

ヘルシーで使いやすい!マカダミアナッツオイルの魅力

ヘルシーで使いやすい!マカダミアナッツオイルの魅力

成分の75%が油分だというマカデミアナッツ。それを丸ごと搾った植物油が、マカデミアナッツオイルです。悪玉コレステロールを減らすオレイン酸などの不飽和脂肪酸を多く含み、酸化しにくいという特長があるため、ヘルシーな油として知られています。また、とりすぎると心臓病のリスクを高めると言われるトランス脂肪酸が一切含まれていないのもメリットです。


質感はサラサラ。強いクセや臭いがなく、お酢と混ぜてドレッシングにして食べるのにぴったり!もちろん、揚げ物などの加熱調理にも使えるので、さまざまなレシピに幅広く取り入れやすいところが魅力です。また、ヒトの皮脂に近い組成で、スキンケア用として使える商品もありますよ。


血管や心臓の病気のリスクが気になっている方や、毎日の生活に良質な油を取り入れたい方は、ぜひ試してみてくださいね!

マカダミアナッツオイルの選び方

美容と健康の強い味方になってくれる、マカダミアナッツオイル。せっかくなら、自分に合うものを見つけたいですね。商品選びのポイントから、説明していきましょう。

料理用には、必ず食用オイルを選ぶ

料理用には、必ず食用オイルを選ぶ

マカダミアナッツオイルには、食用オイルとスキンケア用オイルの2種類があります。食事に取り入れるなら、必ず食用のマカダミアナッツオイルを選びましょう。マッサージオイルやスキンケアオイルとして売られているものには、美容のための成分が混ぜられている場合があるので、食用には向きません。


美容目的で使えるとメーカーが提示しているオイルであれば、食用オイルも美容に使うことはできますが、パッケージによっては見分けにくいものもあります。それぞれの商品の用途に合った使い方をするよう、注意して選んでくださいね。

迷ったらオーストラリア産がおすすめ!

迷ったらオーストラリア産がおすすめ!

日本では最近注目を集め始めたマカダミアナッツオイルですが、原産地でもあるオーストラリアでは、ごくポピュラーなオイル。高品質なオイルに出会いやすいので、迷う場合はオーストラリア産のものを選ぶといいでしょう。


オーストラリア産のマカダミアナッツオイルは種類も豊富なので、様々な商品に出会えるのも魅力。いろいろ試して、ぜひ、お気に入りを見つけてみてください。

風味にこだわるなら、コールドプレス製法がおすすめ

風味にこだわるなら、コールドプレス製法がおすすめ

コールドプレス方式とは、マカダミアナッツに圧力をかけ、30度以下で油分を絞り出す方法です。高温処理をしないため、香りや風味が損なわれにくいのが特長です。


コールドプレス方式は採油効率が悪いため、オイルの値段は高くなりがち。ですが、風味にこだわりたいなら、コールドプレスタイプのマカダミアナッツオイルがおすすめです。

おいしさや風味が長持ち!酸化防止ボトル入りのものを

おいしさや風味が長持ち!酸化防止ボトル入りのものを

マカデミアナッツオイルは比較的酸化しにくいのが魅力ですが、より長くおいしさを保つためには、酸化防止ボトルに入っている商品を選ぶのがおすすめです。


遮光効果のある色付きボトルや、空気に触れないような工夫がされているボトルに入っているものは、特有の香ばしいナッツフレーバーを、より長く楽しめますよ。

マカダミアナッツオイルのおすすめ人気ランキング7選

ここからは、マカダミアナッツオイルの人気ランキングをご紹介していきます。

7位

ユウキ食品マカダミアナッツオイル

1,091円 (税込)

用途食用
産地南アフリカ共和国
コールドプレス製法
酸化防止ボトル×
内容量230g
6位
マカダミアナッツオイル ニダフジャパン TAC21 マカデミアオイル
出典:amazon.co.jp

ニダフジャパンTAC21 マカデミアオイル

1,836円 (税込)

産地ケニア
コールドプレス製法×
酸化防止ボトル×
内容量270g
5位
用途食用・キャリアオイル
産地
コールドプレス製法
酸化防止ボトル×
内容量100g
4位
マカダミアナッツオイル レインフォレストハーブジャパン マカダミアナッツオイル
出典:amazon.co.jp

レインフォレストハーブジャパンマカダミアナッツオイル

1,480円 (税込)

用途食用
産地オーストラリア
コールドプレス製法
酸化防止ボトル×
内容量170g
3位
マカダミアナッツオイル オリバード マカダミアナッツオイル
出典:amazon.co.jp

オリバードマカダミアナッツオイル

1,990円 (税込)

用途食用
産地オーストラリア
コールドプレス製法
酸化防止ボトル×
内容量250ml
2位
マカダミアナッツオイル 鈴商 オーフスカールスハムン マカデミアナッツオイル
出典:amazon.co.jp

鈴商オーフスカールスハムン マカデミアナッツオイル

1,331円 (税込)

用途食用・マッサージ・スキンケア
産地オーストラリア
コールドプレス製法
酸化防止ボトル×
内容量230g
1位
マカダミアナッツオイル 日清オイリオ 日清マカダミアナッツオイル
出典:amazon.co.jp

日清オイリオ日清マカダミアナッツオイル

842円 (税込)

産地オーストラリア
コールドプレス製法×
酸化防止ボトル○(フレッシュキープボトル)
内容量145g

人気マカダミアナッツオイルの比較一覧表

商品画像
1
マカダミアナッツオイル 日清オイリオ 日清マカダミアナッツオイル

日清オイリオ

2
マカダミアナッツオイル 鈴商 オーフスカールスハムン マカデミアナッツオイル

鈴商

3
マカダミアナッツオイル オリバード マカダミアナッツオイル

オリバード

4
マカダミアナッツオイル レインフォレストハーブジャパン マカダミアナッツオイル

レインフォレストハーブジャパン

5
マカダミアナッツオイル 紅花食品 マカダミアナッツオイル

紅花食品

6
マカダミアナッツオイル ニダフジャパン TAC21 マカデミアオイル

ニダフジャパン

7
マカダミアナッツオイル ユウキ食品 マカダミアナッツオイル 1枚目

ユウキ食品

商品名

日清マカダミアナッツオイル

オーフスカールスハムン マカデミアナッツオイル

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイル

TAC21 マカデミアオイル

マカダミアナッツオイル

特徴新鮮なままで使い切れるボトルが優秀食べても塗ってもOKな高級オイル。お菓子作りにもそのまま食べてもおいしい!高品質な健康オイル自社農園の良質な原料で作られた、こだわりのオイル食用やキャリアオイルに。少量から試したい人におすすめ希少なパルミトレイン酸を豊富に含む、ケニア産ナッツを使用うれしいたっぷりサイズ!調味料やサラダに気兼ねなく使って
価格842円(税込)1,331円(税込)1,990円(税込)1,480円(税込)951円(税込)1,836円(税込)1,091円(税込)
産地オーストラリア食用・マッサージ・スキンケア食用食用食用・キャリアオイルケニア食用
コールドプレス製法×オーストラリアオーストラリアオーストラリア×南アフリカ共和国
酸化防止ボトル○(フレッシュキープボトル)×
内容量145g××××270g×
商品リンク

マカダミアナッツオイルの効果的な摂り方とは?

最後に、マカダミアナッツオイルのおすすめの摂取方法についてご紹介します。自分に合った食べ方を見つけて、ストレスなく健康的なオイル生活を送りましょう!

健康維持が目的なら、習慣にしやすいレシピや食べ方で

健康維持が目的なら、習慣にしやすいレシピや食べ方で

生活習慣病が心配な人や、便秘が気になっている人は、普段の食事でマカダミアナッツオイルを少しずつ摂取するのがおすすめです。ヨーグルトやサラダにかける・炒め物の油として使うなど、毎日の習慣にしやすい手軽な食べ方を見つけましょう


冒頭でもご紹介したとおり、マカダミアナッツオイルに含まれる脂肪酸は、血中の善玉コレステロールはそのままに、悪玉コレステロール濃度を下げると言われています。また、マカダミアナッツオイルに含まれているオレイン酸は大腸まで届きやすく、お通じを促す働きがあるため、便秘の改善も期待できますよ。

冷えが気になるなら、朝のホットドリンクに加えるとGOOD

冷えが気になるなら、朝のホットドリンクに加えるとGOOD

サラダやヨーグルトにかける以外の手軽な摂り方として、飲み物に入れる方法があります。マカダミアナッツオイルは冷やすと固まってしまうので、温かい飲み物に入れるようにしましょう。


人間の体温は早朝に下がるのが一般的。そのため、早朝に温かい飲み物を飲むのは、体を温めるという意味で理にかなっています。マカダミアナッツオイルを朝のホットドリンクに入れれば、オイル摂取の習慣にもなり、冷え性対策にもなるため、一石二鳥ですね。

いろいろな植物油を使い分けよう!

マカデミアナッツオイル以外にも、種類が豊富な植物油。それぞれのオイルによって得られる効果が違うので、使い分けるのがおすすめです。以下の記事では色々な植物油の選び方を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?ヘルシーさで注目されているマカダミアナッツオイルは、ぜひ積極的に摂取したいですよね。とはいえ、健康に良いからと言っても過剰摂取はかえって良くありません。アイテムごとにカロリー表示を必ず確認して、適量を守りながら、おいしく健康的に取り入れていきましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事