• ロードバイク用ホイールのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ロードバイク用ホイールのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ロードバイク用ホイールのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ロードバイク用ホイールのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ロードバイク用ホイールのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像5枚目

ロードバイク用ホイールのおすすめ人気ランキング10選【コスパ抜群の優秀モデルを厳選!】

ロードバイクを転がす軸となる「ホイール」。最短で長距離走行をこなしたいロードバイクライダーにとっては、パフォーマンスを左右する重要なパーツです。しかし、素材やサイズもさまざまで、カンパニョーロ、フルクラム、シマノなど取り扱いメーカーも多いため、どれを選んでよいか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、ロードバイク用ホイールの選び方と、通販でも購入できるおすすめ商品を人気ランキング形式で紹介。ロングライドやヒルクライムを楽しむ方は必見ですよ! ぜひ、性能に優れたかっこいいホイールを手に入れて、ベストタイムを目指しましょう!

  • 最終更新日:2020年04月24日
  • 82,968  views
目次

ロードバイク用ホイールの選び方

それでは早速、ロードバイク用ホイールの選び方を見ていきましょう。

初心者にはクリンチャー、レース目的ならチューブラーが◎

初心者にはクリンチャー、レース目的ならチューブラーが◎

まず、ホイールと⼀緒に使うタイヤ部分の装着タイプに注目しましょう。ロングバイク初心者や、遠距離の⾃転⾞旅を楽しみたい⽅には、「クリンチャータイプ」がおすすめです。一般的に広く普及していて、ほとんどの完成⾞に使われており、タイヤとチューブが別々になっているのが特徴。チューブ交換や、パンクしたときのメンテナンスが簡単なのがメリットです。


一方、短距離レースなどでできるだけ記録を伸ばしたい⽅には「チューブラータイプ」が最適。タイヤとチューブが⼀体となっているため、軽量化できるのが⼤きなメリットです。さらに、耐久性も重視するなら、タイヤにチューブがなくパンクしにくい「チューブレスタイプ」がおすすめ。装着タイプは、購⼊後に変更できないため、事前にしっかり考えて選びましょう。

素材は乗車歴や予算にあわせて選ぼう

次に、ロードバイク⽤ホイール選びに⽋かせないのが、その素材です。ホイールは中⼼部分からリムをつなぐ「スポーク」までのパーツがほぼスチールステンレスのため、リム部分の素材を検討しましょう。

コスパ重視の初心者は「アルミ製」をチョイス

コスパ重視の初心者は「アルミ製」をチョイス

⽐較的安価なホイールが欲しい⽅におすすめなのは「アルミ合⾦」で作られたタイプ。⾦型への押し出しで製造できるため、量産しやすく低価格で購⼊できるのが1番のメリットです。また、錆びにくく熱に強いことから、耐久性も抜群。⾃転⾞のパーツに最も広く使われている素材です。


コスパが良いためとくに初⼼者におすすめですが、カーボンリムに⽐べるとどうしても重くなってしまう、というデメリットも持ち合わせています。

ハイエンドを狙う中上級者には「カーボン製」がおすすめ

ハイエンドを狙う中上級者には「カーボン製」がおすすめ

アルミホイールは既に持っていて、更なるアップグレードを狙いたい⽅におすすめなのが「カーボン製。カーボン樹脂を⾼温で加⼯したタイプで、⾛⾏性能に優れ、剛性が⾼く軽量なのがメリットです。速さを競うロードバイクにぴったりの素材ですが、価格帯がどうしても⾼くなってしまうのが難点です。

サイズや重量選びの目安も知っておこう

続いては、ホイールのサイズや重量選びのポイントを見ていきましょう。

一般的なのは700cサイズ。小柄な方は650cでもOK

一般的なのは700cサイズ。小柄な方は650cでもOK

ロードバイクの場合は、まず⾝⻑と股下に合わせて⾞体となるフレームを決めるため、ホイールサイズは標準的な700c(直径700mm)を選ぶのが⼀般的です。


ただし、フレームだけではどうしても調整できない⼩柄な⽅は、サイズがひとまわり⼩さい650c(直径650mm)を選択肢に⼊れてみるのがおすすめ。⾃分に合ったホイールを選ぶことで、よりハンドル操作がしやすくなるため、⾝⻑が160cmを下回る⽅は、650cサイズも検討してみましょう。

重量1700g前後なら、レースも街乗りも快適

重量1700g前後なら、レースも街乗りも快適

ロードバイクらしい⾛りを堪能したいのであれば、重量1700g程度がおすすめです。ホイールのリム部分が軽いと漕ぎ出してすぐにスピードに乗ることができ、軽ければ軽いほどスピードが出しやすいことから、レースや競技にも有利。さらに、街中での信号によるストップ&ゴーもより快適に⾏えます。


軽量なら、上り坂を登って競うヒルクライムでも疲れにくく◎。ホイールは、軽くなるほどコストが⾼くなる傾向にありますが、1700g程度であれば、⽐較的⼿ごろな価格で販売されているモデルもありますよ。

タイヤ幅23~25C対応のものがおすすめ

タイヤ幅23~25C対応のものがおすすめ

ロードバイクに使われるタイヤ幅は、細めの23Cか25Cが⼀般的。そのため、両サイズに対応しているものを選んでおくと、どちらにも使えて便利です。23Cの⽅がタイヤ幅が細いため、軽量性に優れ、よりスピードを重視した⾛りを楽しむことが可能。25Cはより安定感があり、溝や段差でも⽐較的なめらかに⾛⾏できるのがメリットです。


しかし、最近ではワイドリムホイールが流⾏していることから、25Cのタイヤ幅が⼈気で、25Cから対応というホイールも増えています。ワイドリムは23Cタイヤに対応していないケースもあるため、よりスピード重視で23Cを使⽤したい場合は、購⼊前にしっかりチェックしておきましょう。

リムのスペックにも注目しよう

最後に、ホイールの要ともなるリム部分の「高さ(リムハイト)」と「リム幅」についても見ていきましょう!

高さはバランスのよい30mm前後を目安に

高さはバランスのよい30mm前後を目安に

フレームの外側となる輪の部分は「リム」と呼ばれ、この⾼さで漕ぎやすさが変わります。リムの⾼さは低いほど軽量となるため、スタートしてから加速やヒルクライムを楽にこなしたい⽅におすすめです。ただし、⾼さがないことで剛性に⽋けてしまうのがデメリット。重量と耐久性のバランスを考えるのであれば、30mm前後がおすすめです。


リムが⾼いと耐久性に優れ、⾼速⾛⾏時の空気抵抗を減らせることから、スピードに乗りやすくなりますが、どうしても重くなってしまいます。また、⾯積が増える分、⾵の影響を受けやすくなるデメリットも。⽤途や天候などによって適するリムの⾼さは変化しますが、レース目的以外なら、バランス重視で選ぶとよいでしょう。

平地メインならワイドリム。坂道が多い場所で乗るならナローリムを

平地メインならワイドリム。坂道が多い場所で乗るならナローリムを

ロードバイク⽤ホイールは「ワイドリム(リム幅17c)」と「ナローリム(リム幅15c)」の2種類が広く使われており、これによって対応できるタイヤ幅も変わってきます。平地が多い場所をツーリングしたい⽅は、ワイドリムがおすすめですが、坂道が多い場所などでは、23Cのタイヤを使った「ナローリム」のホイールがより有利です。


ただし、最近のトレンドは25Cのタイヤに対応したリム幅が広い「ワイドリム」。また、速さより快適な⾛りを追求したい⽅には、ワイドリムがよりおすすめです。

ロードバイク用ホイールの人気ランキング10選

人気のロードバイク用ホイールをランキング形式で紹介します。


なお、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月17日時点)を参考に、編集部独自で順位付けしています。

10位

MAVIC(マヴィック)キシリウム プロ エグザリット

61,600円 (税込)

タイプクリンチャー
素材マクスタル
サイズ700×25c
重量1475g
対応タイヤ幅25~32mm
リムの高さフロント:24mm/リア:26mm
リム幅17mm(内幅)
9位
タイプチューブラー(クリンチャータイプ有)
素材カーボン
サイズ700c
重量1265g
対応タイヤ幅フロント:25mm/28mm
リムの高さ50mm
リム幅24.2mm
8位
タイプクリンチャー
素材アルミ
サイズ-
重量1650g
対応タイヤ幅25~50mm
リムの高さフロント:24.5mm/リア:27.5mm
リム幅17mm(内幅)/23mm(外幅)
7位
タイプチューブラー
素材カーボン
サイズ700c
重量1350g
対応タイヤ幅-
リムの高さ40mm
リム幅17mm(内幅)/25.5mm(外幅)
6位
タイプチューブラー(クリンチャータイプ有)
素材カーボン
サイズ-
重量1339g
対応タイヤ幅-
リムの高さ45mm
リム幅28mm
5位
タイプクリンチャー/チューブレス
素材アルミ
サイズ622×15c(700c)
重量1649g
対応タイヤ幅23~28mm
リムの高さ24mm
リム幅20.8mm
4位
タイプチューブレス
素材マクスタル
サイズ700×25c
重量1520g
対応タイヤ幅25~32mm
リムの高さフロント:22mm/リア:25mm
リム幅17mm(内幅)
3位
タイプクリンチャー
素材アルミ
サイズ622×15c(700c)
重量1889g
対応タイヤ幅23~32mm
リムの高さ24mm
リム幅20.8mm
2位
タイプクリンチャー
素材アルミ
サイズ622×17c
重量1897g
対応タイヤ幅23~32mm
リムの高さ24mm
リム幅23.2mm
1位
タイプクリンチャー
素材アルミ
サイズ-
重量1540g
対応タイヤ幅25~50mm
リムの高さフロント:24-27mm/リア:27-30mm
リム幅22mm

人気ロードバイク用ホイールの比較一覧表

商品画像
1
ロードバイクホイール Campagnolo(カンパニョーロ) ZONDA C17 1枚目

Campagnolo(カンパニョーロ)

2
ロードバイクホイール SHIMANO(シマノ) WH-RS100 1枚目

SHIMANO(シマノ)

3
ロードバイクホイール SHIMANO(シマノ) WH-R501  1枚目

SHIMANO(シマノ)

4
ロードバイクホイール MAVIC(マヴィック) KSYRIUM ELITE UST 1枚目

MAVIC(マヴィック)

5
ロードバイクホイール SHIMANO(シマノ) WH-RS500 1枚目

SHIMANO(シマノ)

6
ロードバイクホイール Zipp(ジップ) 303 FIRECREST 1枚目

Zipp(ジップ)

7
ロードバイクホイール Vision(ヴィジョン) METRON40 SL 1枚目

Vision(ヴィジョン)

8
ロードバイクホイール FULCRUM(フルクラム) RACING 5 1枚目

FULCRUM(フルクラム)

9
ロードバイクホイール Campagnolo(カンパニョーロ) BORA ONE 50 1枚目

Campagnolo(カンパニョーロ)

10
ロードバイクホイール MAVIC(マヴィック) キシリウム プロ エグザリット 1枚目

MAVIC(マヴィック)

商品名

ZONDA C17

WH-RS100

WH-R501

KSYRIUM ELITE UST

WH-RS500

303 FIRECREST

METRON40 SL

RACING 5

BORA ONE 50

キシリウム プロ エグザリット

特徴初めてのホイールアップグレードにおすすめ!ワイドリムに進化したSHIMANOの定番モデル価格面・機能面ともに納得のエントリーモデルエンデューロホイールのベンチマーク耐久力のあるホイールはあらゆるニーズに◎雨・風に強い万能なホイールで安定の走りをイタリア職人ハンドメイドのエアロホイールコスパ◎で硬派なデザインが魅力レースで上位を目指す方向けのカーボンホイールブレーキ力・耐久力が向上したオールラウンドモデル
最安値
56,800
送料無料
詳細を見る
11,240
送料別
詳細を見る
10,979
送料無料
詳細を見る
88,000
送料別
詳細を見る
37,481
送料無料
詳細を見る
306,200
送料別
詳細を見る
201,212
送料無料
詳細を見る
37,980
送料要確認
詳細を見る
204,800
送料別
詳細を見る
61,600
送料要確認
詳細を見る
タイプクリンチャークリンチャークリンチャーチューブレスクリンチャー/チューブレスチューブラー(クリンチャータイプ有)チューブラークリンチャーチューブラー(クリンチャータイプ有)クリンチャー
素材アルミアルミアルミマクスタルアルミカーボンカーボンアルミカーボンマクスタル
サイズ-622×17c622×15c(700c)700×25c622×15c(700c)-700c-700c700×25c
重量1540g1897g1889g1520g1649g1339g1350g1650g1265g1475g
対応タイヤ幅25~50mm23~32mm23~32mm25~32mm23~28mm--25~50mmフロント:25mm/28mm25~32mm
リムの高さフロント:24-27mm/リア:27-30mm24mm24mmフロント:22mm/リア:25mm24mm45mm40mmフロント:24.5mm/リア:27.5mm50mmフロント:24mm/リア:26mm
リム幅22mm23.2mm20.8mm17mm(内幅)20.8mm28mm17mm(内幅)/25.5mm(外幅)17mm(内幅)/23mm(外幅)24.2mm17mm(内幅)
商品リンク

主要メーカーの特徴も知っておこう!

素材やスタイルだけでなく、各主要販売メーカーの特徴も知っておくとホイール選びに役立ちます。主要メーカーの商品を選ぶことで取り扱いショップも多くなり、問題があった際はもちろん、メンテナンスにも出しやすいというメリットもありますよ。

ホイールのメジャーメーカー「カンパニョーロ」

イタリア発ロードバイクの部品専業大手メーカーとして広く知られている「カンパニョーロ(Campagnolo)」。日本では「カンパ」とも略されます。特にホイール部門に強く、ロードバイク用ホイールだけでも15種類近くのラインナップがあるのも特徴。緻密な設計と見た目の美しさ、耐久性が高いことも人気の理由です。


ただし、どの商品も値段が高めに設定されたハイエンドモデルが多いのが難点。初心者がいきなり購入するよりも、しばらくロードバイクをこなした後で、ホイールを新調したい方におすすめです。

レースに適したハイエンドモデルが得意な「フルクラム」

カンパニョーロの子会社で、ホイール専門のメーカーとなるのが「フルクラム(Fulcrum)」。航空宇宙科学のエンジニアがデザインを手掛けるだけあり、緻密に計算されたハイテクな作りが特徴となります。プロも選手も使用するハイエンドモデルが多く、速さを競うレース用の使用に適しています。

コスパに優れた日本ブランド「シマノ」

日本製のホイールにこだわりたい方におすすめの「シマノ(Shimano)」。世界最大の自転車パーツメーカーとして世界的にも知名度があり、プロレース向けやトライアスロン・ロードレースに向けたホイールなど種類も豊富です。


性能に優れコスパも良いのですが、「カンパニョーロ」や「フルクラム」などのイタリアブランドに匹敵するような華やかなデザイン性には劣る面も。地味で実用的な見た目が特徴です。

創業からリムを作り続けるフランスメーカー「マビック」

黄色と黒の目立つ配色でお馴染みなのが「マビック(Mavic)」。自転車の本場であるフランスのメーカーで、極限状態においても信頼できるホイール作りをモットーに制作・開発を続けています。リム部分が真っ黒に塗り潰されたような存在感のあるデザインからも見てとれるように、他とは一線を画したブランドの気質と確かな性能を持つこだわりのホイールとして人気ですよ。

サドルも交換すればより快適な乗り心地に!

ロードバイクで快適な走りを楽しむためには、サドル選びも重要です。街乗り・レース・ロングライドなど、乗り方に合わせて最適なサドルを取り付けるだけで、より快適な乗り心地を実現できますよ。ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

ロードバイクの要ともなるホイールは、重さはもちろん、リム幅や高さ、素材など細かい箇所のチェックが不可欠となるアイテム。練習内容や走るコースなどを考慮しながら、自分が目指す走りをサポートしてくれるモデルを選んでくださいね。


記事監修(ランキングを除く):中山順司 

http://www.cycle-gadget.com/

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す