1. TOP
  2. >
  3. 投資・資産運用
  4. >
  5. その他の投資・資産運用
  6. >
  7. 不動産査定サイトのおすすめ人気ランキング10選【家・マンション・土地の売却に】
  • 不動産査定サイトのおすすめ人気ランキング10選【家・マンション・土地の売却に】のアイキャッチ画像1枚目
  • 不動産査定サイトのおすすめ人気ランキング10選【家・マンション・土地の売却に】のアイキャッチ画像2枚目
  • 不動産査定サイトのおすすめ人気ランキング10選【家・マンション・土地の売却に】のアイキャッチ画像3枚目
  • 不動産査定サイトのおすすめ人気ランキング10選【家・マンション・土地の売却に】のアイキャッチ画像4枚目
  • 不動産査定サイトのおすすめ人気ランキング10選【家・マンション・土地の売却に】のアイキャッチ画像5枚目

不動産査定サイトのおすすめ人気ランキング10選【家・マンション・土地の売却に】

結婚や転勤、退職など、ライフステージの変化に伴い、今住んでいる家や土地を売却して住み替えようと思っても、一体いくらで売れるのか気になりますよね。そんな時に便利なのが「不動産査定サイト」。パソコンやスマホさえあれば、不動産会社を回ることなく、戸建てからマンション、土地などの査定額や相場を知ることができます。


そこで今回は、おすすめの物件探しサイトをランキング形式でご紹介!物件探しサイトの選び方も併せてご紹介するので、ぜひ自分に合った不動産会社を見つけて、売却のやり取りをスムーズにして下さいね。

  • 最終更新日:2019年10月01日
  • 2,765  views
目次

不動産査定サイトの選び方

ランキングへいく前に、まずは、不動産査定サイトを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介していきます。

提携企業をチェックしてみよう

今や不動産査定サイトといえば、『一括査定サイト』が主流。一度に複数の不動産会社に査定を依頼することができるので、とても便利です。

提携企業数が多い方が便利

提携企業数が多い方が便利

出典:how-ma.com

とにかく少しでも高く買い取って欲しいなら、提携している企業の数が多いサイトを選びましょう。提携先の数が多ければ多いほど、様々なエリアに対応した不動産会社を見つけやすく、企業同士が競合して査定額が高くなるなんてことも。

また、ネームバリューがある大手だけではなく、ローカルな不動産会社とも提携しているサイトがいいですね。幅広いエリアの企業と提携していれば、エリアを気にすることなく査定を依頼することができます。

提携先不動産会社の特徴も確認

提携先の不動産会社の特徴も確認しましょう。大半のサイトが、全国各地にネットワークを持つ大手から、地元に強いローカル不動産会社まで幅広く提携していますが、大手だけに特化したサイトもあります。都市部の物件であれば、大手のみでもほとんど問題はありませんが、地方の物件だと幅広く提携しているサイトが無難です。


また、どんな不動産を得意としている会社なのかもチェックしてみましょう。実際の査定結果や買取実績などを公開しているサイトもあるので、会社の特徴や査定額を知る上での目安にもなります。

最大査定数が多いサイトがおすすめ

最大査定数が多いサイトがおすすめ

出典:how-ma.com

『一括査定サイト』で査定を依頼するのであれば、最大査定数の多いサイトがいいですね。個々の不動産会社に連絡する煩わしさもなく、最初に必要事項を入力すれば、一度で複数の不動産会社に査定してもらえるので楽チンです。


また、どの企業に査定を依頼するか自分で選択できるサイトが◎。選択した企業のみのやり取りになるので、不必要な企業からの電話に応対する必要がなくなります。匿名で査定をしてもらった後に、不動産会社を絞り込んで、本当に必要な企業だけ電話でやり取りするといいでしょう。

取り扱う不動産の種類も確認しよう

売却する不動産の種類を取り扱っているかどうかもチェックしましょう。ほとんどのサイトが戸建てやマンションを取り扱っているのですが、中には、マンションに特化したサイトもあるので注意が必要です。物件のタイプを選ぶ項目の中に、取り扱い可能な不動産の種類を記載しているので、確認してみましょう。


戸建てやマンションのほかにも、土地・店舗・工場・倉庫、アパートなど第3者に貸し出して家賃収入を得る『投資用物件』にも対応して、査定を出してくれるサイトもあります。

概算だけ知りたいなら匿名の査定サイトが便利

概算だけ知りたいなら匿名の査定サイトが便利

出典:how-ma.com

とりあえず、大まかな相場や査定額だけが知りたいというのであれば、匿名で査定ができるサイトが便利です。AI(人工知能)を使って査定をしたり、市場価格や売買履歴などのデータを元にリアルタイムで査定額を出してくれるサイトもあります。


匿名の査定サイトなら、マンション名や間取りなどの入力だけで査定が可能。あくまでざっくりとした簡易査定なので、電話番号などを入力する必要がなく、電話もかかってくることもないので、気軽に利用することができます。

不動産査定サイト(登録型)の人気ランキング3選

さて、いよいよここからは人気の不動産査定サイトをランキング形式でご紹介します。まずは、登録型の不動産査定サイトのランキングからです。

3位

セカイエ株式会社イエイ

提携企業社数約1,000社以上
最大査定数6社
対応エリア全国
不動産の種類戸建て・マンション・土地・投資用物件・店舗・工場・倉庫・農地
2位
不動産査定 リビン・テクノロジーズ スマイスター 1枚目

リビン・テクノロジーズスマイスター

提携企業社数約1,400社
最大査定数6社
対応エリア全国
不動産の種類戸建て・マンション・土地・投資用物件・店舗・工場・倉庫
1位

NTTデータ・スマートソーシングHOME4U

提携企業社数約1,000社
最大査定数6社
対応エリア全国
不動産の種類戸建て・マンション・土地・投資用物件・店舗・工場・倉庫

人気の不動産査定サイト(登録型)比較一覧表

商品画像
1
不動産査定 NTTデータ・スマートソーシング HOME4U

NTTデータ・スマートソーシング

2
不動産査定 リビン・テクノロジーズ スマイスター 1枚目

リビン・テクノロジーズ

3
不動産査定 セカイエ株式会社 イエイ

セカイエ株式会社

商品名

HOME4U

スマイスター

イエイ

特徴17年の実績!パトロール制度やプライバシーマークで安心5千円分のギフトカードがもらえる嬉しい特典もサポートサービスが充実!『お断り代行』サービスが好評
提携企業社数約1,000社約1,400社約1,000社以上
最大査定数6社6社6社
対応エリア全国全国全国
不動産の種類戸建て・マンション・土地・投資用物件・店舗・工場・倉庫戸建て・マンション・土地・投資用物件・店舗・工場・倉庫戸建て・マンション・土地・投資用物件・店舗・工場・倉庫・農地
商品リンク

不動産査定サイト(匿名)の人気ランキング3選

続いては、匿名の不動産査定サイトの人気ランキングをご紹介します。
3位
不動産査定 株式会社 リブセンス IESHIL 1枚目

株式会社 リブセンスIESHIL

提携企業社数
最大査定数
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉
不動産の種類マンション
2位

株式会社 LIFULL(ライフル)LIFULL HOME'S

提携企業社数約1,600社以上
最大査定数
対応エリア全国
不動産の種類戸建て・マンション・土地・投資用物件・工場・倉庫
1位

株式会社 コラビットHowMA

提携企業社数
最大査定数
対応エリア 全国
不動産の種類戸建て・マンション

人気の不動産査定サイト(匿名)比較一覧表

商品画像
1
不動産査定 株式会社 コラビット HowMA

株式会社 コラビット

2
不動産査定 株式会社 LIFULL(ライフル) LIFULL HOME'S

株式会社 LIFULL(ライフル)

3
不動産査定 株式会社 リブセンス IESHIL 1枚目

株式会社 リブセンス

商品名

HowMA

LIFULL HOME'S

IESHIL

特徴AIが査定を算出!査定に必要な最新情報も自動収集算出理由が分かって、売却の相談をしたい会社が自分で選べる独自の査定システムで、リアルタイムな査定額を算出
提携企業社数約1,600社以上
最大査定数
対応エリア 全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉
不動産の種類戸建て・マンション戸建て・マンション・土地・投資用物件・工場・倉庫マンション
商品リンク

高く売却するために確認しておこう!

不動産を売却するのなら、少しでも高い価格で売却したいですよね。ここでは、高く売却するためのコツをご紹介します。

最初に媒介契約を「一般媒介契約」にするのがベター

不動産を売買する際、トラブルを未然に防ぎ安全な取引きを行なうため、法律上、不動産会社と「媒介契約」を結ぶ必要があります。媒介契約には、「一般媒介契約」「専属媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類がありますが、不動産の売買では初めは「一般媒介契約」にするのがおすすめです。


一般媒介契約をして、複数の不動産会社と契約しておくことで、それぞれの会社の特徴を把握したり、不動産会社間の競争を加速させ、高い価格で売却できる可能性も高くなります。最終的に、もっともいい条件を出してきた不動産会社と専属専任媒介契約を結ぶといいでしょう。

売却するタイミングも大切

高く売却するためには、売却するタイミングも重要です。基本的に戸建てやマンションなど、建物の価格は年々下落していきますが、景気や周辺地域の開発状況などから、売却するタイミングで価格が異なります。土地も、景気の影響を受けやすいため、売却する年により価格も変化します。

戸建てやマンションの売却に関していうと、一般的に1月から3月が高く売却しやすく、築15年までの物件が売り時といわれています。また、所有期間が5年以下の不動産を売却する場合は、売却に関わる税金が高くなってしまうので注意が必要です。

新居へ引っ越すための準備も進めておこう

今住んでいる物件を売却するのであれば、次の新居も決めないといけませんよね。物件をリサーチしたり、引越し業者を絞り込んで、早めに予約しておけばスムーズに引っ越すことができますよ。以下の記事も参考になりますので、良かったらチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回は、不動産査定サイトを選ぶ際のポイントや、おすすめのサイトをご紹介しました。不動産を売却する際は、1社だけに査定を依頼するのではなく、複数の会社に査定してもらい、比較することが重要です。そうすることで、適正でなおかつ高い価格での売却へと繋がります。


スムーズかつ満足のいく売却を行なうためにも、自分に合った不動産査定サイトを見つけて、上手に活用してくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す