1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. スポーツウェア
  6. >
  7. ラクロスヘッドの人気ランキング10選【最高のパフォーマンスを実現!】
  • ラクロスヘッドの人気ランキング10選【最高のパフォーマンスを実現!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ラクロスヘッドの人気ランキング10選【最高のパフォーマンスを実現!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ラクロスヘッドの人気ランキング10選【最高のパフォーマンスを実現!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ラクロスヘッドの人気ランキング10選【最高のパフォーマンスを実現!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ラクロスヘッドの人気ランキング10選【最高のパフォーマンスを実現!】のアイキャッチ画像5枚目

ラクロスヘッドの人気ランキング10選【最高のパフォーマンスを実現!】

「地上最速の格闘技」と呼ばれるラクロス。男子はパワフルさと目にも止まらないスピードが、女子はファッショナブルさと元気あふれるプレーが魅力の人気スポーツです。しかし、プレーで使用するラクロスヘッドはプラスティック製と木製があり、形状も重さもさまざま。さらに、BRINE・STX・WARRIORなどの専門ブランドから、大手スポーツメーカーのNIKEまで、さまざまなメーカーが製造しているので、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。


そこで今回は、ラクロスヘッドの選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも評判のおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。早速、自分にピッタリのモデルを選んで、思いっきりプレーを楽しみましょう。

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 7,098  views
目次

ラクロスヘッドの選び方

ラクロスヘッドは、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

競技ルールにあった材質を選ぼう

ラクロスヘッドは材質によって、次の2つにわけることができます。男女の競技の違いや、プレーのしやすさを考えて選んでいきましょう。

男女とも主流はプラスティック

強度と軽さを両立し、弾力性があってボールのキャッチ&ショットがしやすいプラスティック製のヘッドが、現在の主流です。特にヘルメットや重い防具を着けて、ボディコンタクトでハードに戦う男子ラクロスに最適。


ただし、あまり軽すぎるとボールに力を加えにくく、遠くにボールを投げづらくなります。チームメイトからの情報や口コミなども参考に、コントロールしやすく、かつ試合や練習中に持ち続けても疲れにくいヘッドを選びましょう。

女子ならシャフト一体型の「木製」もアリ

女子ならシャフト一体型の「木製」もアリ

出典:amazon.co.jp

女子ラクロスではプラスティック製のほか、シャフトと一体化した木や合板の木製ヘッドも選択肢の一つ。男子ラクロスと違い、女子はボディコンタクトが少ないため、木製クロスでも扱いやすくスキルUPしやすいとして、とくに海外では根強い人気があります。独特のナチュラル感も魅力ですよね。

ただし、大手スポーツメーカーではほとんど作っておらず、日本では流通が少ないのが現状。気に入ったモデルを手に入れるためには、海外からの取り寄せになるでしょう。また、プラスティック製に比べ、パワーに欠けてしまうのも難点です。

ポジションにあったヘッドを選ぶ

ラクロスは男子と女子で競技ルールやプレーヤー人数が異なりますが、どちらもアタック(AT)・ミディ(MF)・ロングミディ(LMF)・ディフェンス(DF)・ゴーリー(G)のポジションがあり、それぞれ果たす役割が違います。自分のポジションでのプレー目的にあわせて、より使いやすいヘッドを選ぶことも重要です。

AT:プレースタイルに合った幅をチョイス

アタックはラクロスの花形。自分のプレーにあったヘッドの幅を選んでこそ、実力を発揮できます。ボールの保持に重点をおく場合は、幅の広いものがベスト。逆にキャッチやパスが得意なら狭いほうが使いやすく、クレイドルがしやすくなります。自分のプレーやレベル、役割にあった幅を選びましょう。

MF:ボールを確実に拾う丸みを重視

MF:ボールを確実に拾う丸みを重視

出典:amazon.co.jp

ミディは試合の流れを読み、味方のアタッカーにパスを送る縁の下の力持ち。先端に丸みのあるヘッドを選べば、グラウンドボールを漏れなく拾い、チャンスをものにできますよ。後方ディフェンダーからのパスキャッチを確実につなげるためにも、十分な幅がある大きめのヘッドを選びましょう。

LMG:素早く動きやすい軽量仕様が◎

守備と攻撃の両方を受け持つロングミディの場合は、シャフトの長いロングクロスにヘッドを取り付けます。軽快に動けるよう、軽量さを重視して選びましょう。守備から速やかに攻撃に転じ、味方のアタックにボールをつなげるよう、幅のある投げやすいものが理想です。

DF:厚みがあるとハードプレーでも安心

長いロングクロスを使うディフェンスは、相手チームの攻撃を防ぐ役割を担っています。とくに身体接触が許される男子ラクロスの場合は体ごとぶつかっていくので、厚みのある強度の高いヘッドを選びましょう。歪みに強いとストリングも緩みにくく、激しいチェックでも安心です。

G:ショットを確実に止める大きさのあるものを

守備の要のゴーリーは、専用のヘッドを使います。ボールをしっかり受け止められるよう、幅が広く丸みのある、充分な大きさのある商品を選びましょう。時速100kmを超えるショットもざらなので、強度も大事。瞬発力も必要とされるポジションですので、自分の腕力や体力に応じて扱いやすい軽さかも確認しましょう。

シャフトにしっかり固定できるものを選ぼう

シャフトにしっかり固定できるものを選ぼう

出典:amazon.co.jp

ラクロスヘッドはショート・ロング・ゴーリーと、それぞれのプレーヤーにあったシャフト=柄に取り付けて使います。そのため、シャフトとぴったりかみ合うものを選ぶことが大事です。


基本的にヘッドにあわせてシャフトに穴を開け、ネジ止めで固定をしますが、ガタつくとプレーに影響することも。シャフト内部に差し込んで固定力を高めるヘッドもありますが、強度を上げるために内部が詰まったシャフトには取り付けられませんので、購入前にしっかり確認しておきましょう。

シャフトやラインとのカラーコーデも楽しもう

シャフトやラインとのカラーコーデも楽しもう

ラクロスヘッドは実用性重視のスポーツ用品ですが、見た目も大事。カラフルな商品も多いので、シャフトのカラーに合う、デザインの良さで選ぶというのもアリですよ。


特に女子ラクロスの場合はユニホームが可愛いので、チームでカラーを揃えるのも◎。ラインの配色も考えながら、個性を発揮してみるのもいいでしょう。お気に入りのカラーでコーディネイトしたクロスでプレーすれば、モチベーションUPにもつながりますよ。

ラクロスヘッドの人気ランキング10選

それでは、ラクロスヘッドの人気商品をランキング形式で見ていきましょう。木製ヘッドは取り扱いが少ないため、今回はプラスティック製のみをピックアップしています。

10位
タイププラスティック
サイズ幅8.0×高さ25.6㎝
重量144g
推奨ポジション表示なし
カラーホワイト
9位
タイププラスティック
サイズ表示なし
重量表示なし
推奨ポジションG
カラーオレンジ
8位
タイププラスティック
本体サイズ幅7.9×高さ26.0㎝
重量132g
推奨ポジション表示なし
カラーホワイト
7位
タイププラスティック
本体サイズ幅8.2×高さ26.2㎝
重量141g
推奨ポジションAT・MF・DF
カラーレッド
6位
タイププラスティック
本体サイズ幅8.0×高さ25.8㎝
重量140g
推奨ポジションAT・MF
カラーホワイト
5位
タイププラスティック
本体サイズ幅8.0×高さ26.2㎝
重量132g
推奨ポジションAT・MF
カラーホワイト
4位

STRINGKINGマーク2Ⅴ

9,828円 (税込)

タイププラスティック
本体サイズ幅8.0×高さ25.8㎝
重量135g
推奨ポジションAT・MF・LMF・DF
カラーグレー
3位
タイププラスティック
本体サイズ幅12×高さ16inch
重量約345g
推奨ポジションG
カラーレッド
2位
タイププラスティック
本体サイズ幅7.8×高さ26.4㎝
重量153g
推奨ポジション表示なし
カラーホワイト
1位
タイププラスティック
本体サイズ表示なし
重量約227g
推奨ポジションMF・DF
カラーブラック

人気ラクロスヘッドの比較一覧表

商品画像
1
ラクロスヘッド Brine マントラ 4

Brine

2
ラクロスヘッド UNDER ARMOUR コマンドヘッド

UNDER ARMOUR

3
ラクロスヘッド Warrior ネメシス ゴーリー

Warrior

4
ラクロスヘッド STRINGKING マーク2Ⅴ

STRINGKING

5
ラクロスヘッド STX  スーパーパワー+

STX

6
ラクロスヘッド ナイキ CEO U

ナイキ

7
ラクロスヘッド Warrior バーン X

Warrior

8
ラクロスヘッド EPOCH ホーク シークエル

EPOCH

9
ラクロスヘッド STX ゴーリーヘッド

STX

10
ラクロスヘッド Maverik タクティックU

Maverik

商品名

マントラ 4

コマンドヘッド

ネメシス ゴーリー

マーク2Ⅴ

スーパーパワー+

CEO U

バーン X

ホーク シークエル

ゴーリーヘッド

タクティックU

特徴攻守の切り替えがスムーズ。バランスの良いヘッドボールのキャッチやコントロールがしやすいシュートを吸い込む超頑丈仕様のゴーリー用ヘッド自分の好みにポケットをカスタマイズできる軽さナンバーワン。手首のスナップがきかせやすいキープ力を重視する攻撃手に最適な高品質ヘッドスピード感を重視するプレーヤーに!軽量&耐久性抜群のヘッド両手でボールをキープするパワープレーヤーにおすすめのヘッドゴーリー初心者でも使いやすいスタンダードモデル天候による歪みが少ない安全モデル
最安値
12,695
送料要確認
詳細を見る
18,480
送料要確認
詳細を見る
18,613
送料要確認
詳細を見る
9,828
送料要確認
詳細を見る
7,689
送料無料
詳細を見る
10,206
送料要確認
詳細を見る
21,548
送料要確認
詳細を見る
20,389
送料要確認
詳細を見る
7,689
送料無料
詳細を見る
28,555
送料要確認
詳細を見る
タイププラスティックプラスティックプラスティックプラスティックプラスティックプラスティックプラスティックプラスティックプラスティックプラスティック
本体サイズ表示なし幅7.8×高さ26.4㎝幅12×高さ16inch幅8.0×高さ25.8㎝幅8.0×高さ26.2㎝幅8.0×高さ25.8㎝幅8.2×高さ26.2㎝幅7.9×高さ26.0㎝表示なし幅8.0×高さ25.6㎝
重量約227g153g約345g135g132g140g141g132g表示なし144g
推奨ポジションMF・DF表示なしGAT・MF・LMF・DFAT・MFAT・MFAT・MF・DF表示なしG表示なし
カラーブラックホワイトレッドグレーホワイトホワイトレッドホワイトオレンジホワイト
商品リンク

ソフトラクロスなら子供から大人まで楽しめる

ソフトラクロスなら子供から大人まで楽しめる

本格的にラクロスを始めたくても、ヘッドをはじめとする用品は意外と高額で、怪我も心配なため、躊躇してしまう人もいるかもしれません。そんな場合は柔らかいボールとプラスティックのクロスを使う、「ソフトラクロス」から始めましょう。


ソフトクロスは子供でも楽しく、安全にプレーできるようにルールを改良した新・スポーツ。日本ラクロス協会でも、入門編におすすめしています。ラクロス本来のエキサイティングさを損なうことなく、プレーヤーも観客も楽しめますので、大人の同好会活動や学校の授業、地区育成会の活動などにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ラクロスヘッドのおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

ラクロス初心者の場合、自分でヘッドを選ぶのは難しいかもしれませんが、そんな時は、商品ごとに各メーカーが推奨しているポジションを参考にしてみるのも一つの方法。憧れの選手と同じヘッドを選べば、練習もきっと頑張れるでしょう。使いやすいラクロスヘッドを選んで、プレーを楽しんでくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事