• ベース用マルチエフェクターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ベース用マルチエフェクターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ベース用マルチエフェクターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ベース用マルチエフェクターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ベース用マルチエフェクターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ベース用マルチエフェクターのおすすめ人気ランキング10選

ライブに、レコーディングに大活躍してくれるベース用マルチエフェクター。かつては初心者用というイメージがありましたが、現在では数多くの高品質な機種が発売されており、ますます便利になっています。


便利にはなったものの、それに伴い選ぶのが難しくなってきているのもまた事実。そこで今回はベース用マルチエフェクターを選ぶ際のポイントをお伝えし、人気の機種もランキング形式でご紹介します。これを読めば、気になる一台がきっと見つかりますよ。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,391  views
目次

ベース用マルチエフェクターの選び方

一台あるとなにかと便利なマルチエフェクター。ベース用の種類も増えてきて、ますます便利になっています。まずはそんなマルチエフェクターの選び方をご紹介します。

ライブ?レコーディング?それとも練習用?

最初にチェックすべきは、どのような用途での使用を考えているのかということ。ライブの際やレコーディング、練習用では注意すべきポイントも異なるもの。どういったポイントに注目すべきかを見ていきましょう。

ライブで使うなら操作性重視で!

ライブで使うなら操作性重視で!

出典:amazon.co.jp

ライブでしっかりと使いたい場合、何よりも重視したいのがその操作性です。そもそもエフェクターはここぞという時に使うもの。その瞬間で違うスイッチを押してしまったり、あるいはスイッチを踏み損なったりすると、ここぞというシーンが一気に台無しになってしまいます。


ライブ用で使う場合には、フットスイッチの位置や数などが自分の求めるプレイに対して十分なものなのか、しっかりとチェックしておいてください。

レコーディングで使うならプリアンプ付きがおすすめ

レコーディングで使うならプリアンプ付きがおすすめ

出典:amazon.co.jp

様々な音色を一台で出せるベース用マルチエフェクターは宅録など、ちょっとしたレコーディングでも大活躍してくれます。


その際にチェックしたいのが、プリアンプ機能の有無です。この機能があれば、ラインで直接録音しても、あたかもアンプを通したかのようなサウンドが可能となります。とりあえずは不要という人も、今後のレコーディング機材の拡張性を考えて、ぜひチェックしてみてください。


プリアンプ付きで、さらにXLRバランス出力付きのモデルであれば、ミキサーに直接つなぐことができ、ますます便利ですよ。

練習用ならヘッドホン出力付きのものが便利!

練習用ならヘッドホン出力付きのものが便利!

出典:amazon.co.jp

ベースの練習は基本的にアンプを使って行うのが理想です。とはいえ、日本の住宅事情を考えますと、夜にアンプを使って練習するというのは現実的ではありません。


となるとヘッドホンを使っての練習ということになりますが、マルチエフェクターの中にはヘッドホン出力を持っているものも少なくありません。つまり、ベース⇒マルチエフェクター⇒ヘッドホンとつなげば、それだけでベースの練習環境が作れるのです。


練習は、すればするほど上手くなるもの。マルチエフェクターでさまざまな音色を試しながら練習すれば、飽きずに長く続けられますね。

初めてのマルチエフェクターならプリセットに注目!

初めてのマルチエフェクターならプリセットに注目!

出典:amazon.co.jp

様々なエフェクトが一台で得られるマルチエフェクターですが、そこで理想の音を作り出すというのは結構難しいものです。できる事が多すぎて、色々と試しているうちに「だんだんと理想がなんだか分からなくなってくる…」なんていうのは良くある話です。


そこで注目したいのがプリセット。エフェクターメーカーがあらかじめ、「60年代ロック風」とか、「ファンキーなベース用」といった音を作り上げてくれています。そこかれ好みの音を選ぶだけで、簡単にそれっぽい音が出せるのです。


それら設定を参考にして、「もうちょっと歪ませてみよう」であったり「コンプは弱めにしてみよう」であったりと自分なりの色を加えていけば、理想の音にも近づきやすいですよ。

ワウペダルは必要?それとも不要?

ワウペダルは必要?それとも不要?

出典:amazon.co.jp

さて、マルチエフェクターにはワウペダル付きのものと、ワウペダル無しのものがあります。これは完全に好みです。ワウペダルを使ったプレイがしたければ、ワウペダル付きを選ぶしかありませんし、ワウペダルが不要であれば邪魔になるだけです。


なお、ワウ無しを選んだとして、機種によってはワウペダルを後付けできるものもありますし、最悪ワウペダルだけ単品で追加すればよいだけのこと。あまり深刻に悩む必要はありません。

ギター用マルチエフェクターは使えないの?

ギター用マルチエフェクターは使えないの?

出典:amazon.co.jp

ギター用のマルチエフェクターにベースを繋いで音を出すということは、何の問題もなく可能です。ですから、スタジオで友人のマルチエフェクターをちょっと借りて試しに音を出すなんてことは、どんどん試せばよいかと思います。


ただし、良い音を作れるかどうかは全くの別問題。ギター用のマルチエフェクターはギターの周波数帯に合わせて作られています。ですからベース音に関して、どこまで対応できるかは機種次第です。


とはいえ音楽にセオリーはあれど、正解はありません。あえてギター用マルチエフェクターを通した音を使っても良いワケですし、それがバンドサウンドにばっちりハマれば全然ありですよね。


なお、ベース用プリアンプとして超有名なSansAmp bass driver diは、もともとSansAmp (Classic)というギター用の機種があまりにもベーシストに評判が良かったために生まれたもの。何がどうベースに合うかなんて、試してみなくてはわかりません。どんどん試していきましょう!

ベース用マルチエフェクターの人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のベース用マルチエフェクターをご紹介していきます。それぞれについての特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

10位
フットスイッチ2
プリアンプ無し
XLRバランス出力無し
ヘッドホン出力無し
プリセット40
ワウペダル有り
9位
フットスイッチ5
プリアンプ有り
XLRバランス出力有り
ヘッドホン出力有り
プリセット0
ワウペダル無し
8位
フットスイッチ2
プリアンプ無し
XLRバランス出力無し
ヘッドホン出力有り
プリセット100
ワウペダル有り
7位
フットスイッチ5
プリアンプ有り
XLRバランス出力有り
ヘッドホン出力有り
プリセット0
ワウペダル無し
6位
フットスイッチ3
プリアンプ無し
XLRバランス出力無し
ヘッドホン出力有り
プリセット30
ワウペダル有り
5位
フットスイッチ2
プリアンプ無し
XLRバランス出力無し
ヘッドホン出力有り
プリセット100
ワウペダル有り
4位
フットスイッチ2
プリアンプ無し
XLRバランス出力無し
ヘッドホン出力有り
プリセット100
ワウペダル無し
3位
フットスイッチ2
プリアンプ無し
XLRバランス出力無し
ヘッドホン出力有り
プリセット100
ワウペダル無し
2位
フットスイッチ6
プリアンプ無し
XLRバランス出力無し
ヘッドホン出力無し
プリセット75
ワウペダル無し
1位
フットスイッチ1
プリアンプ無し
XLRバランス出力無し
ヘッドホン出力無し
プリセット30
ワウペダル無し

人気ベース用マルチエフェクターの比較一覧表

商品画像
1
ベース
マルチエフェクター ZOOM MS-60B

ZOOM

2
ベース
マルチエフェクター ZOOM B3n

ZOOM

3
ベース
マルチエフェクター VOX StompLab SL1B

VOX

4
ベース
マルチエフェクター ZOOM B1on

ZOOM

5
ベース
マルチエフェクター VOX StompLab SL2B

VOX

6
ベース
マルチエフェクター BOSS ME-20B

BOSS

7
ベース
マルチエフェクター TECH21 BASS FLY RIG

TECH21

8
ベース
マルチエフェクター ZOOM B1Xon

ZOOM

9
ベース
マルチエフェクター トレースエリオット Transit B

トレースエリオット

10
ベース
マルチエフェクター KORG TONE WORKS AX5B

KORG

商品名

MS-60B

B3n

StompLab SL1B

B1on

StompLab SL2B

ME-20B

BASS FLY RIG

B1Xon

Transit B

TONE WORKS AX5B

特徴コンパクトサイズに充実の機能が詰まった一台ZOOMの最高峰マルチエフェクタージャンルから選べる100種類のプリセットが魅力お求めやすいマルチエフェクターをお探しならコレワウペダルにVOXのロゴが輝く一台BOSSならではのナイスなエフェクターSansAmpのBASS DRIVER DIを内蔵!練習用にぴったりな一台プロユースのマルチエフェクター兼プリアンプ兼DI音の良さに定評あり!
最安値
8,448
送料無料
詳細を見る
18,900
送料無料
詳細を見る
5,083
送料要確認
詳細を見る
4,980
送料無料
詳細を見る
6,821
送料要確認
詳細を見る
16,296
送料無料
詳細を見る
45,650
送料要確認
詳細を見る
5,980
送料無料
詳細を見る
32,800
送料無料
詳細を見る
14,722
送料要確認
詳細を見る
フットスイッチ1622235252
プリアンプ無し無し無し無し無し無し有り無し有り無し
XLRバランス出力無し無し無し無し無し無し有り無し有り無し
ヘッドホン出力無し無し有り有り有り有り有り有り有り無し
プリセット3075100100100300100040
ワウペダル無し無し無し無し有り有り無し有り無し有り
商品リンク

アンプでの音作りにもこだわって!

アンプでの音作りにもこだわって!

出典:amazon.co.jp

さて、ここまでベース用マルチエフェクターについて見てきましたが、ベースの音作りにはアンプも欠かせません。そもそもエフェクターはアンプからの音をサポートするための道具ですから、アンプの音をしっかりとしてこそ、その本領を発揮できるのです。


アンプでの音作りに一番大切なのは、どのつまみをいじると、どういった音の変化が得られるのかをしっかりと理解すること。ですから、たまには個人練習でスタジオに入り、つまみを様々に回し、その音の変化を確かめてみてください。


その際おすすめの方法は以下のようなもの。まずはボリューム・ゲイン・各種イコライザーなど、すべてフラットな状態にします。その音をしっかりと堪能したら、つまみを一つづつ変化させ、音の変化を確かめましょう。


そんなことを2時間もしていれば、アンプの使い方がしっかりと身につくはずです。アンプでの音作りに慣れれば、エフェクターの効果もますます楽しいものになってきますよ。

ベース用マルチエフェクターの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、ベース用マルチエフェクターのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ベース用マルチエフェクターの選び方、そしておすすめの機種についてご紹介してきましたが、気になるものは見つかりましたか?


一台で様々な効果を楽しめるマルチエフェクターですから、一台あればベースがますます楽しくなるはず。ぜひ手に入れて、ベースライフをより充実したものにしてください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す