• アコギ用エフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MOOER・ZOOMも】のアイキャッチ画像1枚目
  • アコギ用エフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MOOER・ZOOMも】のアイキャッチ画像2枚目
  • アコギ用エフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MOOER・ZOOMも】のアイキャッチ画像3枚目
  • アコギ用エフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MOOER・ZOOMも】のアイキャッチ画像4枚目
  • アコギ用エフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MOOER・ZOOMも】のアイキャッチ画像5枚目

アコギ用エフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MOOER・ZOOMも】

無くても致命的に困ることはないけれど、あれば圧倒的に楽しめるのがアコギ用のエフェクター。気になっている人も多いですよね。その一方でエフェクターの情報を調べてみても、アコギ用に関するものはなかなか見つからないのが現状です。そのため、どれを選べば良いのか悩んでいる人も多いのでは?


今回はアコギ用エフェクターに特化して、その選び方のポイント、そして人気の高いおすすめのアイテムについてご紹介していきます。よりアコギを楽しむため、ぜひ参考にしてくださいね!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 6,273  views
目次

アコギ用エフェクターの選び方

それでは早速、アコギ用エフェクターの選び方についてご紹介してゆきたいと思います。ポイントを抑えておけば、自分にぴったりの一台が見つかりますよ。

アコギ用エフェクターの種類をチェック

そもそもエフェクターを購入する際に重要なのは、どんな音を出したいのかを明確にすることです。まずはアコギ用エフェクターとして、どういったものが存在しているのかをチェックしてゆきましょう。

音の方向性を決めるプリアンプ

音の方向性を決めるプリアンプ

エレアコをアンプにつないだ際、どうしても生で出した音とは異なってしまうもの。けれど、アンプを通すとは言え、できる限り生のサウンドを再現したいというのがアコギ弾きとしての思いですよね。そこで重要になってくるのがプリアンプの存在です。


そもそもアンプとは、音を作り出すプリアンプ部とそれを増幅させるパワーアンプ部とに分かれています(一般的なギターアンプはその二つの役割を持っています)。


その音を作り出す部分を独立させたプリアンプがあれば、あらかじめ自分好みの音を作っておけるので、スタジオやライブで大活躍します。


アコギの生音は弦の振動にボディが共鳴しているのに対し、アンプから出す音は弦の振動をピエゾピックアップで拾い、電気的に増幅しているのですから、好みの音を作っておくのは非常に大切。音作りができていれば、あとはそれを増幅させるのみですよ。

音に味付けをしてくれるエンハンサー

音に味付けをしてくれるエンハンサー

プリアンプが音の方向性を決めるのに対し、エンハンサーは音に味付けをしてくれるような存在です。もともとの音を活かしつつ、そこにその倍音を加えることによって、よりふくよかで厚みのあるサウンドを作り出すことが可能です。


手軽にファットな音を作り出せるということで、アコギ用エフェクターの中でも高い人気を誇っています。

残響音をプラスしてくれるリバーブ

残響音をプラスしてくれるリバーブ
演奏を艶っぽくするために欠かせないのが残響音。それをエフェクターで表現しているのがリバーブです。その効果はアコギにもピッタリ。単純にコードを鳴らしても、妙に大人っぽい雰囲気を演出できます

かけるだけでなんだか演奏が上手に聞こえるリバーブですが、練習時のかけすぎには要注意。上手くなったように錯覚してしまい、自分のミスに気付きにくくなってしまいます。あくまでもほんのりと使うのがリバーブのコツです。

音の粒を揃えるコンプレッサー

音の粒を揃えるコンプレッサー

ライブの時など、ついつい緊張して変に力が入り、ギターを妙に大きな音で鳴らしてしまうことがありますよね。特に一人で弾き語りとなりますと、その緊張感はかなりのもの。アコギ弾きあるあるです。


そんな時に強い味方となってくれるのがコンプレッサーの存在。コンプレッサーには音の粒を揃えてくれるという働きがあり、あまりにも大きな音は小さく、小さすぎる音は大きくしてくれるため、演奏が安定して聴こえるという効果があります。


一人での弾き語りなど、ミスタッチが目立ちやすいシーンにおいてはかなり強い味方になってくれるはず。ただし、このエフェクターも練習時にかけすぎると自分のミスに気付きにくくなるため、使用には注意が必要です。

表現の幅を広げてくれるディレイ

表現の幅を広げてくれるディレイ

一人で演奏をしていますと、どうしても単調になってしまいがちです。そんな状況を打開してくれるのがディレイです。その効果は「ジャン」と演奏すると、それに続いて「ジャン ジャン ジャン…」とあたかもやまびこのように音が続くというもの。


常に使うタイプのエフェクターではありませんが、ここぞという時に哀愁あふれるプレイをしたり、フィンガーピッキング時に2人で演奏しているかのような趣きを与えたりと効果はさまざま。表現の幅をグッと広げてくれるアイテムです。

初めてのエフェクターであれば、シンプルなものが吉

初めてのエフェクターであれば、シンプルなものが吉

エフェクターは購入すれば終わりという訳ではなく、そこから自分好みの音を作り出すという地味な作業が待っています。


エフェクターに慣れている人であれば、それなりにササっとできるのですが、初めてのエフェクターであれば、何をどうすればよいのか途方に暮れてしまう事もしばしばです。


そこでおすすめなのが、つまみが1〜3つのみといった、コントロールがシンプルなもの。これなら、好みの音を見つけるのも簡単です。

アコギ用エフェクターの人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のアコギ用エフェクターをご紹介していきます。それぞれについての特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
10位
タイププリアンプ
コントロール6ノブ+1スイッチ
9位
タイププリアンプ他
コントロール12ノブ+10スイッチ
8位
タイププリアンプ
コントロール5ノブ
7位
タイププリアンプ
コントロール6ノブ+2スイッチ
6位
タイププリアンプ
コントロール10ノブ
5位
タイプリバーブ
コントロール3ノブ+1スイッチ
4位
タイプディレイ・コーラス
コントロール4ノブ
3位
タイププリアンプ
コントロール3ノブ
2位
アコギ
エフェクター VALETON MULTI EFFECTOR DAPPER SERIES MES-4
出典:amazon.co.jp
タイプリバーブ・プリアンプ・コンプレッサー
コントロール11ノブ
1位
タイプエンハンサー
コントロール1ノブ

人気アコギ用エフェクターの比較一覧表

商品画像
1
アコギ
エフェクター t.c.electronic BodyRez

t.c.electronic

2
アコギ
エフェクター VALETON MULTI EFFECTOR DAPPER SERIES MES-4

VALETON

3
アコギ
エフェクター BOSS AD-2 Acoustic Preamp

BOSS

4
アコギ
エフェクター MOOER Baby Water

MOOER

5
アコギ
エフェクター MOOER WoodVerb

MOOER

6
アコギ
エフェクター L.R.BAGGS VENUE D.I.

L.R.BAGGS

7
アコギ
エフェクター ZOOM Acoustic Creator AC-2

ZOOM

8
アコギ
エフェクター JOYO PREAMP DI BOX AD-2

JOYO

9
アコギ
エフェクター BOSS AD-10 Acoustic Preamp

BOSS

10
アコギ
エフェクター BEHRINGER V-TONE ACOUSTIC ADI21

BEHRINGER

商品名

BodyRez

MULTI EFFECTOR DAPPER SERIES MES-4

AD-2 Acoustic Preamp

Baby Water

WoodVerb

VENUE D.I.

Acoustic Creator AC-2

PREAMP DI BOX AD-2

AD-10 Acoustic Preamp

V-TONE ACOUSTIC ADI21

特徴アコギ用エフェクターとして圧倒的な人気の一台これ一台でほぼ完結のありがたさ安心と信頼のBOSS製プリアンプアコギに特化したコーラス+ディレイコスパに優れた中国製エフェクター最高品質のプリアンプアコギ本来の音を取り戻す使いやすいプリアンプBOSSならではの安心感お求めやすい価格帯ながらも使える1台
最安値
12,705
送料無料
詳細を見る
12,744
送料要確認
詳細を見る
13,200
送料無料
詳細を見る
7,585
送料無料
詳細を見る
8,462
送料無料
詳細を見る
29,800
送料要確認
詳細を見る
16,907
送料無料
詳細を見る
6,980
送料要確認
詳細を見る
38,500
送料無料
詳細を見る
3,575
送料別
詳細を見る
タイプエンハンサーリバーブ・プリアンプ・コンプレッサープリアンプディレイ・コーラスリバーブプリアンププリアンププリアンププリアンプ他プリアンプ
コントロール1ノブ11ノブ3ノブ4ノブ3ノブ+1スイッチ10ノブ6ノブ+2スイッチ5ノブ12ノブ+10スイッチ6ノブ+1スイッチ
商品リンク

エレキギター用のエフェクターは使えないの?

エレキギター用のエフェクターは使えないの?
そもそもエフェクターはエレキギター向けに開発されたもの。ですからアコギ用に比べてその種類は圧倒的に豊富です。「これってアコギに使えないのかな?」なんて疑問は当然のように頭に浮かんでくるものです。

結論から言えば、エレキギター用のエフェクターを使うことは可能です。エレキギター用だからといってアコギが壊れたり、アンプが壊れたりといったことはありません。


ただし、素敵な音がするか否かは個々のエフェクターに依存します。アコギの個性を活かしてくれるものもあれば、台無しにしてしまうものだって存在しています。とはいえ、台無しとも思えるサウンドが面白ければ、それはそれで個性ともいえますし、使い方の問題になってきます。


試すだけなら自由ですし、身近にエレキ用エフェクターを持っている人がいれば、スタジオでちょっと借りてみるなんてことも面白いもの。ぜひ、自分だけの組み合わせを見つけ出してみてくださいね。

音にこだわるならアンプにも注目!

音にこだわるならアンプにも注目!

出典:amazon.co.jp

エフェクターは音の方向性を変えてくれるものですが、そもそもの音で重要なものはやはりアンプです。アコギの素の音を鳴らしてくれるものもあれば、ほんのりメーカーの個性を感じるものなど様々です。

初心者の間はスタジオにあるアンプを使えば良いのですが、自分好みの音がだんだんと分かってきたらアンプを購入するのもおすすめです。自前のアンプとエフェクターの組み合わせであれば、まさに自分だけのサウンドを作り出せるようになります。


もちろんその分移動が大変になってしまうのですが、音にとにかくこだわりたいというのであれば、そんなデメリットを吹き飛ばすくらいのメリットがあるものです。

まとめ

アコギ用のエフェクターについて、その選び方、そして人気のアイテムとご紹介してきましたが、何か気になるものは見つかりましたか?


エフェクターを通した音というのは、エフェクターが無い限り表現できないもの。これぞという一台があるのであれば、思い切って購入してみてください。きっとこれまで以上に素敵なギターライフがそこにあるはずです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す