• ベース用プリアンプのおすすめ人気ランキング10選【EDEN・AMPEG・MXRも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ベース用プリアンプのおすすめ人気ランキング10選【EDEN・AMPEG・MXRも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ベース用プリアンプのおすすめ人気ランキング10選【EDEN・AMPEG・MXRも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ベース用プリアンプのおすすめ人気ランキング10選【EDEN・AMPEG・MXRも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ベース用プリアンプのおすすめ人気ランキング10選【EDEN・AMPEG・MXRも!】のアイキャッチ画像5枚目

ベース用プリアンプのおすすめ人気ランキング10選【EDEN・AMPEG・MXRも!】

ライブや自宅でのレコーディングなど、様々な用途で大活躍してくれるベース用のプリアンプ。気になっている人も多いですよね。とはいえ、いざアンプを選ぶとなると、どんなポイントに注意して選ぶべきなのか迷うところ。初心者であればなおさらでしょう。


今回はそんな皆様に向けて、ベース用プリアンプの選び方から、人気のある機種もランキング形式でご紹介!こちらを読めば、気になる機種がきっと見つかりますよ。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 8,428  views
目次

ベース用プリアンプの役割を復習しておこう

エフェクター選びの最重要ポイントは、どんな音を出したいかを明確にすること。そのために、ベース用プリアンプがどういった働きをするものなのか、まずは復習しておく必要があります。

そもそもプリアンプってなに?

そもそもプリアンプってなに?

出典:amazon.co.jp

プリアンプとは何か?それを理解するためには、そもそも「アンプ」がどういった作りになっているのかを理解しておく必要があります。楽器用であろうと、オーディオ用であろうと、アンプには入力された信号を大きくして、スピーカーに届けるという役割を持っています。


そこでは必ず、プリアンプとパワーアンプという2つのアンプが仕事をしています。普段何気なく使っているベースアンプやオーディオ用のアンプでそれを意識していないのは、それぞれセットになって1つの筐体に収められているからに他なりません(高級オーディオではプリとパワーが分かれているものもあります)。


プリアンプとパワーアンプには明確な違いがあり、前者は音質を整える働き、後者は純粋に音を大きくする働きを持っています。そのため、音作りにとって非常に重要な役割を担っているんですね。

プリアンプで音を作っておけば、スタジオでもライブでも安心!

プリアンプで音を作っておけば、スタジオでもライブでも安心!

出典:amazon.co.jp

プリアンプは、音を作り出す役割を担っています。ですから、自前のプリアンプで自分好みの音を作っておけば、どのスタジオでどのベースアンプにあたっても、自分らしいサウンドを作り出すことが比較的簡単にできるようになります。


そしてもう一つ重要なのが、ライブハウスでの演奏時。ベースの音はDIと呼ばれる装置を通し(たいていベースアンプの上に設置されています)、PA卓にラインの音を直接送っています。ステージ上のベースアンプは、モニターの役割だけという所も珍しくありません。


ベースから出た、何の味付けもされていない音がそのまま客席に流れる。これってけっこう怖いことですよね(もちろんPAさんがPA卓の機能でそれなりの音にして客席に出してくれていますから、無いとダメというワケではありません)。


そこでDIにつなぐ前、自分の足元のプリアンプで自分好みのセッティングにしておくと安心。どんなライブハウスでも、それなりに自分の望む音を客席に届けられるようになります。

ベース用プリアンプの選び方

多くのベース用プリアンプがある中で、自分にぴったりのアイテムを見つけるには選ぶ際に押さえておきたいポイントがあります。ここからは、それらについて見ていきましょう。

どんな音作りをしたいかがプリアンプ選びのカギ!

先ほどもお伝えしたように、自分の手元(足元)でベースの音作りができるというのがプリアンプの基本。ですから、どんな音を作りたいのかを明確にすることが重要です。

メーカーごとの音の方向性をチェック!

メーカーごとの音の方向性をチェック!

出典:amazon.co.jp

プリアンプはベースアンプ専門のメーカーが作っているものや、エフェクター専門のメーカーが作っているものなど実にさまざま。Ampegの音とHartkeでは音の方向性が全く異なるように、ベースプリアンプもメーカーごとに音の方向性が全く異なります。


ベース用プリアンプは音の方向性を決める大切な役割を担っています。ですから、できれば試奏して購入するのがベストです。


とはいえ、ベース用のプリアンプを多数取り揃えている楽器店というのはなかなか少ないものですし、そこまで出かけられいという人も多いですよね。その場合は、せめて複数のプレイ動画などをチェックして、自分好みの音なのかをしっかりとチェックしておいてください。

歪み系エフェクターとして使う?使わない?

歪み系エフェクターとして使う?使わない?

出典:amazon.co.jp

ベースプリアンプには、歪み系エフェクターとして大活躍してくれるものも少なくありません。代表的なものは、TECH21 Sansamp Bass Driver DI。その大ヒットを受け、後発のプリアンプはこぞって歪み系エフェクターとしての機能を内蔵しました。


ブリブリとしたベースサウンドを響かせたいとお考えの人は、歪み機能がある方がやはり便利ですし、歪ませた時の音を基準としてプリアンプを選ぶというのもおすすめです。

どんな機能が欲しいかも見逃せない!

さて、ベース用プリアンプには、純粋にプリアンプとしての機能だけでなく、その他の機能がセットになっている機種も多くあります(プリアンプそのもの自体の意味があいまいになっている原因でもあるのですが…)。それらの機能が欲しいか否かも、プリアンプ選びの重要な要素です。

DIとして使えるものは、小規模ライブで大活躍!

DIとして使えるものは、小規模ライブで大活躍!

出典:amazon.co.jp

まずご紹介する機能は「DI(ダイレクトボックス)」として、PA卓に直接信号を送ることができる機能です。こちらはカフェなどで自分たちで機材をセッティングし、小規模のライブを行う際などに大活躍してくれます。


なお、この機能を持つプリアンプが多いのには理由があります。それは、プリアンプがこれほど世に出るきっかけを作ったTECH21  Sansamp Bass Driver DIという名器の存在です(さらにさかのぼるとTECH21 Sansamp(Classic)という存在があります)。


Bass Driver DIはその名前からも分かる通り、DI兼プリアンプという立ち位置でした。これがあまりにも大ヒットしたため、その後に続いた機種もDI兼プリアンプというタイプが多いのです。


なお通常のライブハウスでは、DIはそもそも設置されているので、それを使うことになります。その際はプリアンプのアウトプットとDIのインプットをシールドで繋げばOKですよ。

夜間の練習にうれしいヘッドホンアンプ機能

夜間の練習にうれしいヘッドホンアンプ機能

出典:amazon.co.jp

家での練習では、なかなかベースアンプにつないで行うというのは難しいですよね。その際にはヘッドホンを使ってということになりますが、プリアンプの中には、それ単体でヘッドホンアンプとなるものも存在しています。


練習に必要なのは、ベース・プリアンプ・ヘッドホンのみ。準備や片付け、そして必要なスペースといったことを考えると、かなり便利ですよ。

ベース用プリアンプの人気ランキング10選

続いては具体的に、人気のベース用プリアンプをご紹介していきます。それぞれについて特徴もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

10位
DI有り
歪み有り
ヘッドホン出力有り
9位
DI無し
歪み無し
ヘッドホン出力無し
8位
ベース
プリアンプ Darkglass Electronics Microtubes B7K Ultra V2
出典:amazon.co.jp

Darkglass ElectronicsMicrotubes B7K Ultra V2

48,430円 (税込)

DI有り
歪み有り
ヘッドホン出力有り
7位
DI有り
歪み無し
ヘッドホン出力無し
6位
DI有り
歪み有り
ヘッドホン出力有り
5位
DI有り
歪み無し
ヘッドホン出力有り
4位
DI有り
歪み有り
ヘッドホン出力無し
3位
DI有り
歪み有り
ヘッドホン出力有り
2位
DI有り
歪み有り
ヘッドホン出力無し
1位
DI有り
歪み有り
ヘッドホン出力無し

人気ベース用プリアンプの比較一覧表

商品画像
1
ベース
プリアンプ TECH21 Sansamp BASS DRIVER DI V2

TECH21

2
ベース
プリアンプ MXR M80 BASS D.I.+

MXR

3
ベース
プリアンプ ELECTRO-HARMONIX Battalion

ELECTRO-HARMONIX

4
ベース
プリアンプ Darkglass Electronics Alpha Omega

Darkglass Electronics

5
ベース
プリアンプ EDEN DI MODULE

EDEN

6
ベース
プリアンプ HOTONE B-STATION

HOTONE

7
ベース
プリアンプ EDEN WTDI

EDEN

8
ベース
プリアンプ Darkglass Electronics Microtubes B7K Ultra V2

Darkglass Electronics

9
ベース
プリアンプ HAO BL-1 BASS LINER BASS 5-BAND EQ PREAMP

HAO

10
ベース
プリアンプ AMPEG SCR-DI

AMPEG

商品名

Sansamp BASS DRIVER DI V2

M80 BASS D.I.+

Battalion

Alpha Omega

DI MODULE

B-STATION

WTDI

Microtubes B7K Ultra V2

BL-1 BASS LINER BASS 5-BAND EQ PREAMP

SCR-DI

特徴ベース用DI兼プリアンプというジャンルを切り開いた名器ドンシャリ気味の歪みに定評あり!多彩な音作りが楽しめる一台モダンでヘヴィなサウンドが自慢!名門ベースアンプメーカーの、プリアンプ部分をそのままに多弦ベーシストなら試してみたいプリアンプEDENならではのクリアで上品なサウンドベース用エフェクター専門メーカーの自信作ベース本来の音を活かしてくれるプリアンプ泣く子も黙るベースアンプの王者が作った逸品
価格31,103円(税込)16,900円(税込)17,480円(税込)38,820円(税込)25,239円(税込)14,904円(税込)13,120円(税込)48,430円(税込)23,112円(税込)24,975円(税込)
DI有り有り有り有り有り有り有り有り無し有り
歪み有り有り有り有り無し有り無し有り無し有り
ヘッドホン出力無し無し有り無し有り有り無し有り無し有り
商品リンク

プリアンプは宅録でも大活躍

プリアンプは宅録でも大活躍

出典:amazon.co.jp

ベースをお持ちの皆様は、デモ音源作成のために宅録をされている人も多いはず。その際ライン入力にベースをからの出力を直接挿すと、なんだか妙にペラペラの音になってしまいます。もっとブリブリしたベースを録音したいのに…なんてときにもプリアンプは大活躍。


プリアンプで自分好みの音質を創り上げ、それをライン入力に入れればあら不思議。ベースアンプを通したようなしっかりとしたサウンドが録音できるのです。ちなみにプリアンプから録音機材に直接入力という手法は、プロの現場でも当たり前のように行われています。

ベース用プリアンプの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、ベース用プリアンプのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ベースのサウンドを自分の足元で自由自在に操れるプリアンプ。ライブにレコーディングにと大活躍してくれるアイテムですから、ベーシストとして持っていて損はありません。お気に入りの一台を見つけて、ぜひトライしてみてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す