• ベース用コンパクトエフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MXR・EBSも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ベース用コンパクトエフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MXR・EBSも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ベース用コンパクトエフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MXR・EBSも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ベース用コンパクトエフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MXR・EBSも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ベース用コンパクトエフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MXR・EBSも!】のアイキャッチ画像5枚目

ベース用コンパクトエフェクターのおすすめ人気ランキング10選【BOSS・MXR・EBSも!】

ベースにエフェクターは必要なのか?悩ましい問題ですが、あえて言いましょう。「ベースにだってエフェクターは必要である」と。確かにベーシストにとって、エフェクターの役割はギターほど大きくはありません。けれど、単純にあると歪みのある音などを楽しめますし、プレイの幅も広がるもの。

ライブで使う使わないは別として、持っておいて損はありません。今回はベース用エフェクターの購入を検討されている皆様に向け、その種類や選び方、そして人気アイテムをご紹介していきます。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 4,959  views
目次

ベース用コンパクトエフェクターの選び方

はじめてベース用エフェクターを購入する場合、何かと疑問が浮かぶものですが、まずはそんな疑問に答えるべく、「選ぶ基準」について説明していきます。

まずは種類について知っておこう

一口にエフェクターといっても、その種類は様々です。まずはベースで使われることの多いエフェクターについて、その種類をご紹介していきたいと思います。

歪み系のサウンドなら、オーバードライブ・ディストーション・ファズを!

歪み系のサウンドなら、オーバードライブ・ディストーション・ファズを!

出典:amazon.co.jp

ロックの影響のもとでベースを始めた場合に、一度はあこがれるのが歪み(ひずみ)系のエフェクターですよね。ベースを始めて手に取って、思い出せないほどの年月が過ぎ去った筆者も最初に手に入れたのは歪み系のエフェクターでした。

一概に歪系といっても、その効き具合によっていくつかに分類されます。ベースにおいて何かと使いやすいのは「オーバードライブ」。とりあえずベースを歪ませてみたいという場合には、オーバードライブを試してみましょう。

さらにベースサウンドを歪ませたい場合には「ディストーション」や「ファズ」を使うことになるのですが、初心者にはあまりおすすめできません。というのもこれらを使うと、音がぼやける傾向にあるからです。

ギターソロなどであればそのぼやけた輪郭が良い味になりますが、ベースとなると話は別。なんだか音がはっきりしない…という事になりがちで、うまく使いこなすのは至難の業となってきます。過ぎたるは及ばざるがごとし。もともとの音が太いベースですから、少しの歪みでもかなりのインパクトとなることをお忘れなく!!

グラフィックイコライザーで音をしっかりと作りこむ

グラフィックイコライザーで音をしっかりと作りこむ

出典:amazon.co.jp

一見地味ですが、ベーシストにとって最も使い勝手の良いエフェクターともいえるのが「グラフィックイコライザー」です。一部アンプにも内臓されていますが、常に同じアンプを使えないベーシストにとっては、一台持っておいて損はありません。

言わずもがなですが、ベースはバンドサウンドの中で低音を担当します。ギターやドラムの音に負けないベースがあってこそバンドサウンドには厚みが出ますし、ベーシストの存在意義がはっきりするもの。

周波数ごとに音を細かく調整できるグラフィックイコライザーを使えば、どの周波数帯の音がどう鳴るのかということを直感的に理解することが可能です。そしてそれをしっかりと理解してこそ、バンドの中で埋もれない音作りができるようになります。

かつてプロのベーシストに「必須のエフェクターはなんですか」と伺ったところ、グラフィックイコライザーだという答えが返ってきたことがあります。当時としては「ふーん、そんなもんか」と思ったのですが、今となっては貴重なコメントだったことを実感しています。

音の粒を揃えてくれる、コンプレッサー・リミッター

音の粒を揃えてくれる、コンプレッサー・リミッター

出典:amazon.co.jp

ドラマーと共に、バンドサウンドの屋台骨を支えるベーシスト。そこに共通していえるのは、音の粒が揃っていないと、演奏が下手に聞こえてしまうということ。せっかくであれば演奏がうまいと思われたいですよね。そこで役に立ってくれるのが「コンプレッサー」と「リミッター」です。

コンプレッサーは小さい音は大きく、大きな音は小さく再生して、音の粒を揃える働きをします。音の粒が揃うので初心者にとってはかなり使い勝手の良いものですが、注意も必要となってきます。

その一つ目は音の粒があまりに揃うため、プレイに抑揚をつけにくいということ。イントロはベースを目立たせず、展開する瞬間にバスドラと共にドンと鳴らしたいといった時には使えません。そして二つ目の問題は、頼りすぎると上達の妨げにもなるということです。自力で音の粒を揃え、そのサポートをコンプレッサーがするというのが本来のありよう。スタジオで練習する際にはほどほどに使いましょう。

一方のリミッターは閾値以上の大きな音のみに働き、その音を抑えてくれます。これが活きるのがスラップを多用するベーシスト。アグレッシブに弦をはじき、思わぬ大きな音が出てしまいそうなときに無茶な音が出ないようにしてくれるのです。転ばぬ先の杖的なエフェクターですね。

ここぞという時に使いたい、飛び道具系のオートワウ・ベースシンセなど

ここぞという時に使いたい、飛び道具系のオートワウ・ベースシンセなど

出典:amazon.co.jp

いつもは縁の下の力持ち的なベーシストも、時には無茶な音を奏でたくなるもの。そんな時に役立つのがいわゆる飛び道具的なエフェクターです。ブゥゥミューン・ブゥゥミューンという不気味な音を出す「オートワウ」に、もはやベースではない音を出す「ベースシンセ」、シュゴーゥウウといった音を出す「フランジャー」などなど、挙げればきりがありません。

ベースの向こう側といったサウンドを追及したい場合には、ぜひトライしてみてください。

出したい音を明確にしておこう

出したい音を明確にしておこう

出典:amazon.co.jp

エフェクターを選ぶ際、最も重要なのはどんな音を出したいのか明確にするということです。そこが曖昧ですと、なかなか理想の1台にはたどり着けません。まずは「誰々みたいな音」ということでも構わないので、理想の音をしっかりとイメージしておきましょう。

ベースにしてもギターにしても、特に理由はないけれどエフェクターが欲しいという思いがムクムクと浮かび上がってくる瞬間があります。もちろんそれが悪いというわけではありませんし、その勢いでエフェクターを購入するのもよくある話です。

けれど、「エフェクターが欲しい」という理由で買われたエフェクター達は結局あまり使われず、最終的に手放されてしまうという光景もよく見られます。そうならないため、やはり出したい音を明確にしてから求めるべきエフェクターを購入する方がベターです。

ギター用エフェクターだって(物によっては)使ってOK

ギター用エフェクターだって(物によっては)使ってOK

出典:amazon.co.jp

ベース用エフェクターを探している時に一度はよぎる、「ギター用エフェクターは使えないの?」という疑問。答えとしては、使ってもOKです。ベースをつないだから壊れるといったことはありません。

ただし、使えるということと、使って素敵な音が作れるのかというのは別問題。そもそもギターとベースでは主な周波数帯が異なるため、ギター用エフェクターはギターをつないで良い音がするよう、ベース用エフェクターはベースをつないで良い音がするように設計されています。

ですからギター用のエフェクターを通した際、その音が妙に薄っぺらになってしまうというのは良くある話です。けれど、その薄っぺらい音をあえて使いたいならアリでしょう。

結局は求める音が出せるか否か。エフェクターの組み合わせに絶対はありません。いろいろと試していると思わぬ発見があるものです。ちなみに筆者はGibbonのThunderbirdに、BossのBD-2を使うことがあります。セッティングによっては、妙にブリッとした音になってくれますよ。

ベース用コンパクトエフェクターの人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のベース用コンパクトエフェクターをご紹介していきます。それぞれについて種類や特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
10位
種類リミッター
9位
種類ベースシンセ
8位
種類オーバードライブ/プリアンプ
7位
種類ディストーション/オートワウ
6位
種類ベースシンセ
5位
種類ディストーション/DI
4位
種類オーバードライブ
3位
種類イコライザー
2位
種類コンプレッサー
1位
種類オーバードライブ/DI

人気ベース用コンパクトエフェクターの比較一覧表

商品画像
1
ベース
コンパクトエフェクター TECH21 Sansamp BASS DRIVER DI V2

TECH21

2
ベース
コンパクトエフェクター EBS MultiComp Studio Edition

EBS

3
ベース
コンパクトエフェクター BOSS Bass Equalizer

BOSS

4
ベース
コンパクトエフェクター BOSS Bass OverDrive

BOSS

5
ベース
コンパクトエフェクター MXR M80 BASS D.I.+

MXR

6
ベース
コンパクトエフェクター BANANANA effects MATRYOSHKA

BANANANA effects

7
ベース
コンパクトエフェクター Electro-Harmonix Bassballs

Electro-Harmonix

8
ベース
コンパクトエフェクター Darkglass Electronics Vintage Ultra (V2)

Darkglass Electronics

9
ベース
コンパクトエフェクター Electro-Harmonix Bass Micro Synth

Electro-Harmonix

10
ベース
コンパクトエフェクター BOSS Bass Limiter Enhancer

BOSS

商品名

Sansamp BASS DRIVER DI V2

MultiComp Studio Edition

Bass Equalizer

Bass OverDrive

M80 BASS D.I.+

MATRYOSHKA

Bassballs

Vintage Ultra (V2)

Bass Micro Synth

Bass Limiter Enhancer

特徴ベース業界に革命をもたらした1台プロも愛用するコンプの定番周波数帯ごとの音を操ってこそ一人前定番メーカーならではの安定サウンドしっかりとした歪みがほしければコレ究極の飛び道具か!?効きの強烈なベースシンセこのエフェクターでしか得られない独特のサウンド!次世代の定番になり得るか!?ベースの音を、もはやベースの音でなくしてしまう!20年以上愛されるリミッターの定番商品
最安値
29,000
送料別
詳細を見る
21,780
送料要確認
詳細を見る
10,880
送料無料
詳細を見る
10,799
送料無料
詳細を見る
16,900
送料無料
詳細を見る
20,350
送料別
詳細を見る
9,146
送料別
詳細を見る
50,543
送料無料
詳細を見る
32,980
送料別
詳細を見る
11,000
送料無料
詳細を見る
種類オーバードライブ/DIコンプレッサーイコライザーオーバードライブディストーション/DIベースシンセディストーション/オートワウオーバードライブ/プリアンプベースシンセリミッター
商品リンク

ベース用コンパクトエフェクターは必要最小限で!!

ベース用コンパクトエフェクターは必要最小限で!!

出典:amazon.co.jp

色々な音を出せるため、ついつい増やしてしまいがちなベース用コンパクトエフェクターですが、スタジオでの練習やライブなどでは、繋ぐエフェクターを必要最小限に留めておきましょう。

そもそもバンドにおけるベースの役割は太い低音を響かせて、サウンドに厚みをつけるというもの。一方、エフェクターは繋げば繋ぐほど、基本的に音ヤセという現象が起きて、本来の迫力あるサウンドが失われてしまいます。

あまりに音がヤセてしまいますと、ドラムとギターの音にかき消され、そもそもの存在意義すら失ってしまいます。バンドでプレイする際、とりあえず必要ないエフェクターは外しておくのが吉ですよ。

コンパクトエフェクター型の専用チューナーが便利!

コンパクトエフェクター型の専用チューナーが便利!

出典:amazon.co.jp

今やスマホアプリでもチューニングできる時代になりましたが、本気でベースと向き合うのであれば、専用のチューナーも用意しておいた方がベター。というのも、内蔵マイクを使ってチューニングを行うスマホアプリですと、さまざまな音が飛び交う練習スタジオやライブ会場できちんと調律するのは至難の業となるためです。

きちんとチューニングされていないベースで演奏をしますと、どんなにきちんとプレイしたつもりでも最低のバンドサウンドとして客席側に届くことになります。

専用のチューナーにはいくつかの種類がありますが、押さえておきたいポイントは、「チューニング中に音をカットできるもの」であるということ。ライブ途中のチューニングで「ブミューン」と音がするのは、あまりカッコいいものではありませんよね。

ベース用コンパクトエフェクターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベース用コンパクトエフェクターのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

様々な音が出せるようになるベースエフェクター。人気の商品をご紹介してきましたが、何か気になるアイテムは見つかりましたか?無くてもバンドサウンドとしては成り立つベース用エフェクターですが、プレイの幅を広げたり、何よりベースの楽しみを広げてくれるものです。ぜひ一度トライしてみてください!!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す