• ウクレレ用アンプのおすすめ人気ランキング10選【弾き語りに最適なモデルも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ウクレレ用アンプのおすすめ人気ランキング10選【弾き語りに最適なモデルも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ウクレレ用アンプのおすすめ人気ランキング10選【弾き語りに最適なモデルも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ウクレレ用アンプのおすすめ人気ランキング10選【弾き語りに最適なモデルも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ウクレレ用アンプのおすすめ人気ランキング10選【弾き語りに最適なモデルも!】のアイキャッチ画像5枚目

ウクレレ用アンプのおすすめ人気ランキング10選【弾き語りに最適なモデルも!】

ウクレレを大音量で響かせたい、そんな時にはアンプが必要になってきます。とはいえ専用品はもちろん、ウクレレ用にアンプを探しても、なかなかコレだというのが見つからないもの。

そんな皆様に向けて、今回はウクレレ用にぴったりのアンプをご紹介していきます。特に初心者の方に向けて、機材を選ぶ際のポイントについてもしっかり解説していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,018  views
目次

ウクレレ用アンプの選び方

まずは、ウクレレ用アンプの選び方について解説していきたいと思います。ポイントをしっかりと押さえれば、自分にぴったりの一台が見つかるはずです。

基本はアコースティックギター用のアンプをチョイス

基本はアコースティックギター用のアンプをチョイス

出典:amazon.co.jp

ウクレレ用にアンプを購入しようとする場合、まず悩むのが「ウクレレ専用のアンプ」というのが見当たらないということです。ギター用のアンプはいくらでも見つけられるのに…。

これは当然といえば当然の話でして、アコースティックギター用のアンプはウクレレはじめ、様々な楽器に使うことが可能です。ですからあえて、「ウクレレ専用」というアンプは販売されていないんですね。

ウクレレ用のアンプが欲しい場合には、アコースティックギター用のアンプを探せば基本的にはOKということになります。

注目すべきポイントはココ!

ウクレレ用アンプを選ぶ際、ここだけはチェックしておきたいというポイントがあります。ここでは、それぞれについて詳しくお伝えしていきますよ。

大きければ良いというワケではない!用途に合った出力ワット数で

大きければ良いというワケではない!用途に合った出力ワット数で

出典:amazon.co.jp

アンプのスペックを見ていくと、「ワット数」という数字が目に付くはず。この数字を見れば、そのアンプの出力について知ることができます。ざっくりと言えば、この数字が大きいほど、音は大きいということになります(ただし、一概には言えない部分もあります)。

なお、ワット数が大きいアンプほど価格が上がる傾向にあるため「大きければ大きいほど良い」と思いがちですが、決してそうではありません。

アンプはしかるべきボリュームで演奏してこそ、その本領を発揮するもの。例えばカフェなどの小さなスペースであれば、大出力のものでも結局音量を絞らざるを得ず、本来の音とは程遠くなってしまいます。逆もまた然りで、それなりの規模でバンドと共に演奏するシーンなどでは、それに応じたワット数のアンプでないとその他の音にかき消され、ウクレレの音が聞こえません。

そのため、自宅やカフェで単独で演奏するのであれば20W以下で十分。バンドと一緒に演奏する場合などには、30~60Wほどを目安としてください。なお、大規模なホールなどでの演奏になりますとPAさんという専門業者の方がいるため、その人にお任せすることになりますよ。

路上弾き語りなら、電池駆動可能かつマイクインがあるモデルで!

路上弾き語りなら、電池駆動可能かつマイクインがあるモデルで!

出典:amazon.co.jp

ウクレレを路上で弾き語りたいといった場合には、アコースティックギターアンプの中でも電池駆動するもの、そしてマイクインがあるものを選択しましょう。

電池駆動の理由は言わずもがなですよね。電源がないとアンプは動きません。一方のマイクインですが、弾き語りをする際にウクレレの音だけをアンプで増幅し、ボーカルは生歌というワケにはゆきません。当然のようにバランスが悪くなってしまいます。

マイクインがあるモデルですと、そのアンプ一台でウクレレの音とボーカルの両方の音が出せるため、それ一台で完結できます。

エレキギター用アンプも使えないことはない

エレキギター用アンプも使えないことはない

出典:amazon.co.jp

楽器屋さんを訪れるとわかるのですが、そこで売られているアンプのほとんどがエレキギター用です。そしてわずかにエレキベース用のアンプがあって、アコースティックギター用はあっても数台…。

そこで思うのが「エレキギター用アンプは使えないの?」という疑問です。その答えなのですが、使うことはできます。また、ご使用のウクレレとアンプの相性によっては非常に良い音で鳴ることもしばしばです。

ただし、一般的にエレキギター用のアンプは音が歪(ひず)む傾向にあります。これはエレキギターを演奏する人の多くがロックっぽいサウンドを求めるため。

そういったアンプにウクレレをつなぎますと、せっかくの爽やかなサウンドがうまく再現できないことも少なくありません。もちろんあえてそのサウンド目指すというのもありですが、一般的には好まれにくいでしょう。

音の雰囲気は動画でチェック!

音の雰囲気は動画でチェック!

出典:amazon.co.jp

一口にアコースティックギター用アンプといっても、メーカーごと、機種ごとにその音のキャラクターは大きく異なります。

理想的には試奏して、気に入ったものを購入することですが、アコースティックギター用のアンプを揃えて販売しているお店も多くはないため、現実的ではありません。

そこで役立つのが各種アンプの演奏動画。気になったアンプのメーカーと機種名を入れれば多くの動画が見つかるはずです。ウクレレを弾いているものは見当たらないかもしれませんが、アコースティックギターの動画でも、そのキャラクターをつかむには十分役立ちます。

ウクレレ用アンプの人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のウクレレ用アンプをご紹介していきますよ。それぞれについて種類や特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
10位
ワット数(W)15
電池駆動不可
マイクイン有り
9位
ワット数(W)60
電池駆動不可
マイクイン有り
8位
ワット数(W)50
電池駆動
マイクイン有り
7位
ウクレレ
アンプ AROMA アコースティックギターアンプ
出典:amazon.co.jp

AROMAアコースティックギターアンプ

9,680円 (税込)

ワット数(W)10
電池駆動
マイクイン有り
6位
ワット数(W)5
電池駆動
マイクイン有り
5位
ワット数(W)60
電池駆動不可
マイクイン有り
4位
ワット数(W)60
電池駆動不可
マイクイン有り
3位
ワット数(W)40
電池駆動不可
マイクイン有り
2位
ワット数(W)50
電池駆動不可
マイクイン有り
1位
ワット数(W)10
電池駆動
マイクイン無し

人気ウクレレ用アンプの比較一覧表

商品画像
1
ウクレレ
アンプ YAMAHA THR5A

YAMAHA

2
ウクレレ
アンプ VOX VX50-AG

VOX

3
ウクレレ
アンプ Roland AC-40

Roland

4
ウクレレ
アンプ FISHMAN Loudbox Mini

FISHMAN

5
ウクレレ
アンプ Roland AC-60

Roland

6
ウクレレ
アンプ Roland MOBILE AC

Roland

7
ウクレレ
アンプ AROMA アコースティックギターアンプ

AROMA

8
ウクレレ
アンプ Roland CUBE STREET EX

Roland

9
ウクレレ
アンプ AER Compact 60/3

AER

10
ウクレレ
アンプ BEHRINGER AT108

BEHRINGER

商品名

THR5A

VX50-AG

AC-40

Loudbox Mini

AC-60

MOBILE AC

アコースティックギターアンプ

CUBE STREET EX

Compact 60/3

AT108

特徴アコースティック楽器用の超定番!!イギリスの名門メーカーが放つアコースティック用アンプ日本が世界に誇るアコースティック楽器用アンプやたら良い音がすると話題になった1台素直な音はRolandならでは時々ちょっと大きな音で鳴らしたい…そんな方に入門用にぴったりの1台路上での弾き語りにピッタリな一台とにかく音にこだわるならコレ独自技術で真空管をエミュレート
価格20,364円(税込)22,800円(税込)42,120円(税込)35,800円(税込)60,480円(税込)18,380円(税込)9,680円(税込)54,000円(税込)107,784円(税込)16,799円(税込)
ワット数(W)1050406060510506015
電池駆動不可不可不可不可不可不可
マイクイン無し有り有り有り有り有り有り有り有り有り
商品リンク

接続用のシールドにもこだわりを!

接続用のシールドにもこだわりを!

出典:amazon.co.jp

ウクレレとアンプをつなぐためには「シールド(いわゆるケーブルをこう呼びます)」が必要です。つながればどれも同じでしょ?と思いがちなパーツではありますが、なかなかどうして、シールドによっても音の雰囲気は変わってくるものです。

シールドは頻繁に買い替えるものでもないので、アンプを購入する際に、それなりのものを購入しておくことをおすすめします。BELDENの8412などが有名なシールド。素直な音を届けてくれるため、ウクレレにもおすすめです。

ウクレレ用アンプの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ウクレレ用アンプのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ウクレレ用のアンプについてご紹介してまいりましたが、気になるアイテムは見つかりましたか?どのアンプもしっかりと作られており、素敵な音を響かせてくれます。生音では再現しきれない素敵な世界が広がること間違いなしですから、この機会にぜひお気に入りの一台を手に入れてみてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す