• ベース用コンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【ALBIT・BOSS・EBSも】のアイキャッチ画像1枚目
  • ベース用コンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【ALBIT・BOSS・EBSも】のアイキャッチ画像2枚目
  • ベース用コンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【ALBIT・BOSS・EBSも】のアイキャッチ画像3枚目
  • ベース用コンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【ALBIT・BOSS・EBSも】のアイキャッチ画像4枚目
  • ベース用コンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【ALBIT・BOSS・EBSも】のアイキャッチ画像5枚目

ベース用コンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【ALBIT・BOSS・EBSも】

ベース音の粒を揃えて、演奏を安定させてくれるコンプレッサー。歪み系エフェクターなどと比較すると地味な印象もありますが、一度使うと絶対に手放せなくなるアイテムです。


そんなコンプレッサーですがその効果が分かりにくいため、どうやって選べば良いのか、特に初めて選ぶ際には頭を悩ませてしまうもの。今回はそんなお悩みを解決すべく、コンプレッサー選びのポイントから、人気の10台まで一挙にご紹介してまいります。初心者の方は特に必見ですよ。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 12,759  views
目次

ベース用コンプレッサーの選び方

歪み系エフェクターなどと違い、その効果が分かりにくいため、選ぶのが難しいベース用コンプレッサーですが、そこには明確なポイントがあります。まずはそれをチェックしていきましょう。

「どんな役割を求めるのか」がコンプレッサー選びのカギ!

最初に押さえておきたいのは、「コンプレッサーにどんなことを求めているのか」ということ。それを明確にすることこそが、ベース用コンプレッサー選びの第一歩です。

まずは「どれだけの効き」かをチェック

まずは「どれだけの効き」かをチェック

出典:amazon.co.jp

コンプレッサーの本来的な役割は、音の粒を揃えるというところにあります。大きすぎる音は小さく、小さすぎる音は大きく、コンプレッサーを通したベース音は一定のレベルで出力されるため、演奏が安定して聴こえるというメリットがあります。


全てのコンプレッサーにこの機能は備わっていますが、どれだけ効くのかはメーカーによって大きく異なる部分です。効けば効くほど良いワケではなく、自分が求める程度に補正できるのかが重要なポイント。あまりにコンプを利かせすぎますと、グルーヴ感が失われてしまいます。

バンド全体の音を考えるなら、「アタック感を調整」できるものを

バンド全体の音を考えるなら、「アタック感を調整」できるものを

出典:amazon.co.jp

ベースのアタック感が強すぎると、ギターの音と混じってしまい、バンド全体として聴いた場合にグシャッとなってしまうことも。そういった場合には、あえてアタック感を削りやすいコンプを選んであげれば、全体として音の通りが良くなります。


バンドサウンドを重視する際にはこのようなタイプを選んでおけば、ライブにレコーディングにと大活躍してくれます。ベースソロを弾く場合にはコンプレッサーをオフにして、大胆に暴れてくださいね。

艶っぽいベースを弾くには、サスティーンが稼げるものを

艶っぽいベースを弾くには、サスティーンが稼げるものを

出典:amazon.co.jp

コンプレッサーをかけたベースはアタック感が削られるため、「サスティーン(音の伸び)」が強調されて聞こえます。それによってベースが艶っぽく聴こえるという効果もあるので、こうした効果を望むなら、口コミや参考動画などでサスティーンが稼げそうかについてもチェックしておきましょう。


こちらも、コンプレッサーの見逃せないポイントです。

どこまで微調整するかによって、必要なコントロールは違ってくる

どこまで微調整するかによって、必要なコントロールは違ってくる

出典:amazon.co.jp

エフェクターには基本的に、音を調節するためのコントロール(つまみやスイッチ)がついています。自分好みの音を創り上げるという意味では、コントロールが多ければ多いほど良い気もするのですが、必ずしもそうとは言い切れません。


コンプレッサーでコントロールを微調整して理想の音を創り上げるというのは結構大変なのです。歪み系エフェクターなどと違い、効いているのかいないのか、ON・OFFをしてもいまいちピンとこないのがコンプレッサー。客観的に自分の音を意識できないと、どこが理想が分からなくなってしまいます。


コンプレッサーのコントロールは多いもので、「スレッショルド」「レシオ」「アタックタイム」「リリースタイム」「ゲイン」と5種類ほど。名前だけを見ていますと、どれをどうすればどんな音になるのか、なかなか分かりづらい部分でしょう。


初めてのコンプレッサーであればよほどのこだわりがない限り、コントロールが少なめのものを選んでおいたほうが、音の迷子にならずに済みます。もちろん、迷子になるのもある種楽しいものなので、それはそれでおすすめです。

ベース用コンプレッサーの人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のベース用コンプレッサーをご紹介していきます。それぞれについて種類や特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

10位
コントロール6
9位
コントロール3+1スイッチ
8位
コントロール4+2スイッチ
7位
コントロール2+1スイッチ
6位
コントロール1+スマホ等でのセッティング
5位
コントロール4
4位
コントロール5
3位
コントロール4
2位
コントロール2+1スイッチ
1位
コントロール4

人気ベース用コンプレッサーの比較一覧表

商品画像
1
ベース
コンプレッサー AGUILAR TLC COMPRESSOR

AGUILAR

2
ベース
コンプレッサー EBS MULTICOMP

EBS

3
ベース
コンプレッサー BOSS BC-1X

BOSS

4
ベース
コンプレッサー MXR M87 BASS COMPRESSOR

MXR

5
ベース
コンプレッサー BEHRINGER BASS LIMITER ENHANCER BLE400

BEHRINGER

6
ベース
コンプレッサー TC Electronic SpectraComp BassComp

TC Electronic

7
ベース
コンプレッサー ELECTRO-HARMONIX Bass Preacher

ELECTRO-HARMONIX

8
ベース
コンプレッサー ALBIT GC-1 MARK II GREAT COMPRESSOR

ALBIT

9
ベース
コンプレッサー MAD PROFESSER New Forest Green Compressor

MAD PROFESSER

10
ベース
コンプレッサー Markbass MAK-COM

Markbass

商品名

TLC COMPRESSOR

MULTICOMP

BC-1X

M87 BASS COMPRESSOR

BASS LIMITER ENHANCER BLE400

SpectraComp BassComp

Bass Preacher

GC-1 MARK II GREAT COMPRESSOR

New Forest Green Compressor

MAK-COM

特徴TLC回路による圧倒的な音の良さ!ベース用コンプレッサーの超定番日本が世界に誇るベース用コンプレッサー名門MXRのベース用コンプレッサーお手軽にコンプ的なものを試してみたければコレ現場では繋ぐだけの潔さ2コントロールの使いやすい1台国産名作コンプといえばコレ!フィンランドからやってきた高級コンプレッサーなんと真空管入り!こだわりの1台
価格21,600円(税込)33,732円(税込)21,600円(税込)24,192円(税込)4,850円(税込)10,800円(税込)11,695円(税込)24,970円(税込)23,544円(税込)44,029円(税込)
コントロール42+1スイッチ4541+スマホ等でのセッティング2+1スイッチ4+2スイッチ3+1スイッチ6
商品リンク

コンプレッサーを使うと上達しない?

コンプレッサーを使うと上達しない?

出典:amazon.co.jp

コンプレッサーには肯定派と否定派が存在しています。否定派の意見としては「コンプに頼ってたらいつまでたっても自分で音の粒が揃えられないし、それでは上達しない!」というもの。確かにそれも一理あります。


一方で、上手く聴こえるからベースの演奏が楽しくなって、結果としてベースが上手くなるということもあります。コンプレッサーを使ったからといって、別にベースが下手になるワケではありません。必要であれば使うという柔軟な姿勢が一番です。


スタジオに入るときにはコンプレッサーを使ってみたり、OFFにしてみたり、色々と試して、自分にとって理想的な状況を作り上げてください。

コンプレッサーの設定は一日にして成らず!

コンプレッサーの設定は一日にして成らず!

出典:amazon.co.jp

いくつかの場所でも触れましたが、コンプレッサーの効果はなかなか分かりづらいものです。歪み系エフェクターであれば「ジャーン」とひと弾きでそのイメージはつかめますが、コンプレッサーは長時間演奏してみて「もうちょっとアタックを削ろう」なんてことに気づきます。


さらに、ベーシストにとってちょうど良いコンプ感と、バンド全体で見たときに求められるコンプ感はまたちょっと違うもの。それを客観的に判断するためには、スタジオでの練習を録音し、後で聴きなおしたり、ギターやドラムの意見を聞くことも重要です。


コレだというセッティングができたとしても、そこからさらに色々と試してみると新たな発見があるのがベース用コンプレッサーの面白さ。様々な設定に挑戦してみてください。

ベース用コンプレッサーの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、ベース用コンプレッサーのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ベース用コンプレッサーについて、その選び方やおすすめの機種などご紹介してきましたが、気になる一台は見つかりましたか?


歪み系エフェクターなどと比較しますと、ちょっと地味な印象のエフェクターではありますが、あると無いとでは大違い。お気に入りの一台を手に入れて、音の粒を揃えましょう。それだけでバンドサウンドがグッと良くなりますよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す