• 車載用サイクルキャリアのおすすめ人気ランキング10選【ルーフ・車内・リアに楽々設置!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 車載用サイクルキャリアのおすすめ人気ランキング10選【ルーフ・車内・リアに楽々設置!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 車載用サイクルキャリアのおすすめ人気ランキング10選【ルーフ・車内・リアに楽々設置!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 車載用サイクルキャリアのおすすめ人気ランキング10選【ルーフ・車内・リアに楽々設置!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 車載用サイクルキャリアのおすすめ人気ランキング10選【ルーフ・車内・リアに楽々設置!】のアイキャッチ画像5枚目

車載用サイクルキャリアのおすすめ人気ランキング10選【ルーフ・車内・リアに楽々設置!】

ロードバイク・クロスバイクの運搬に欠かせない「車載用サイクルキャリア」。荷台にそのまま積むと自転車同士がぶつかって傷ついてしまいますが、キャリアを使えば目的地まで安全に運べます。しかし、車内で固定するタイプから、ルーフや背面に設置するものなど種類は豊富。どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、車載用サイクルキャリアの選び方のポイントと、通販でも購入できるおすすめの商品を、人気ランキング形式でご紹介します。コンパクトに折り畳みできて、工具不要でリアにつけるだけの、手軽な商品もありますよ。ぴったりのキャリアを選んで、お気に入りの場所でサイクリングを楽しみましょう!
  • 最終更新日:2018年06月27日
  • 4,697  views
目次

車載用サイクルキャリアの選び方

まずは、車載用サイクルキャリアの選び方をご紹介していきます。車種や、前もって取りつけられているカーアクセサリによって、最適なキャリアは異なります。選び方を参考にピッタリなものを見つけてくださいね。

積み込み方のタイプを選ぶ

車載用サイクルキャリアは、車のどこに積み込むかによって4種類に分けられます。どれもメリット・デメリットがありますので、特徴をよく知って使いやすいものを選びましょう。

対応車種が豊富!ベースキャリアのある方には『ルーフマウントタイプ』が◎

スキーなどのために、すでに車にベースキャリアを装着している、という方には「ルーフマウントタイプ」がぴったりです。車の屋根に積み込むので、持ち上げるのが大変ですが、盗難にあいにくく、対応車種が多いのが魅力です。ただし、高架下を通る際や立体駐車場を使用する際には、車体の高さにご注意を。また、自転車がほこり・雨・虫などで汚れやすいといった面もあります。

ちなみに、このタイプには、自転車をそのまま積み込んでフレームのダウンチューブや前輪・後輪を固定するものと、積み込む際に前輪を取り外して固定する「フォークダウン」があります。そのまま積み込む方が取り付けは簡単ですが、フォークダウンのほうが重心は安定しますよ。

けん引装置があるなら『トウバーマウントタイプ』で積み込み簡単!

自転車の積み込みを簡単に行いたい方には、「トウバーマウントタイプ」のキャリアがおすすめ。ルーフマウントタイプと比べると低い位置に設置されているため、自転車を高い位置まで持ち上げる必要はなく、ほこりや雨などの汚れがつきにくいのが特徴です。積み込み可能な自転車の種類が多いのもメリットの一つ。自転車を頻繁に移動させたい方にもピッタリですね。

ただし「トウバーマウントタイプ」は名前の通り、「トウバー」や「ヒッチメンバー」といった「けん引装置」が取り付けに必要になってきます。そのため、サイクルキャリアの中では、一番設置費用がかかる傾向があります。また、手の届きやすい所に自転車を置くことになるので、盗難対策は必須です。

『リヤマウントタイプ』ならベースキャリアやけん引装置なしでも使える!

「ルーフキャリア」や「トウバー」などを購入せずに済ませたい方は、「リアマウントタイプ」が便利です。車のリヤゲートやバックドア部分に取り付けるだけでなので、サイクルキャリアのみで積みこみ可能。キャリアの位置が低いので自転車を積み込みやすく、後部にあるので移動によって自転車が汚れにくいといったメリットもあります。

ただし、車のリアガラスを塞ぐ形になるので、後部の視界が遮られてしまい、自動車の運転には細心の注意が必要です。対応車種が少ないのも、気になるところ。リヤスポイラーを装着していると使用できず、リヤゲートの強度がない車にも装着できません。また、リアゲートを開けることもできなくなるので注意しましょう。盗難対策も必要になってきます。

自転車を汚したくないなら車内設置の『カーゴタイプ』が安心

自転車を汚さずに持ち運びたいなら、車の中に設置する「カーゴタイプ」が最適です。荷物スペースにそのまま自転車を積み込むと、移動中に自転車が動いて傷ついてしまいますが、カーゴタイプのキャリアがあれば、自転車をしっかり固定できます。雨や虫などで自転車が汚れることもなく、設置が簡単です。

ただし、カーゴタイプは自転車を車内に入れるので、車内に積める荷物の量や、乗車できる人数が減ってしまいます。また、対応車種が少ないといった難点も。自転車を積み込むときにはフロントホイールを取り外さなければならないため、面倒に感じる方も多いようです。

対応車種をチェックして購入しよう

購入する際には、必ず、取り付ける車と積み込む自転車に対応したものを選びましょう。対応車種でないとサイクルキャリアを上手く固定できず、車に傷がついてしまうこともあります。また、自転車に合ったものでない場合、しっかりと固定できずグラついてしまったり、積み込み自体できない場合もあるのでご注意を。

適応車種・積み込める自転車の大きさ・積載可能台数などは、メーカーのサイトにある適応表などで確認ようにしましょう。

安全運転を妨げないか、確認を!

最後に最も重要な確認ポイントは、サイクルキャリアを取り付けることによって、安全運転の妨げにならないか?ということです。もし、車高が高い車にルーフマウントタイプを取り付ければ、高さ制限に引っかかりやすくなってしまいます。また、ナンバープレートが、キャリアによって隠れたり、ブレーキランプやウインカーが見えにくい場合も、取り付けるのはやめましょう。

自転車を積み込んだ際に、車の全幅を超えてしまうのもNGです。サイクルキャリアを取り付け、自転車を積み込んだときの車の状態を考えて、最適なサイクルキャリアを選んでください。運転中は速度に注意して安全運転を心がけ、休憩の際には自転車がしっかり固定されているかを確認しましょう。

車載用サイクルキャリアの人気ランキング10選

それでは、車載用サイクルキャリアの人気商品をご紹介します。車種によってふさわしいサイクルキャリアは異なるので、よく確認してから購入しましょう。(※なお、商品項目に適応車種は記載していますが、購入の際には各メーカーの適応表を必ず確認してください。)
10位

SARIS CYCLING GROUP(サリスサイクリンググループ)サイクルラック ソロ

SR102

8,800円 (税込)

タイプリアマウント対応車種セダン・SUV・ハッチバックなど
対応自転車15kg以下搭載自転車数1台
9位

PIAA株式会社PIAA TERZO 車内積載用サイクルキャリア 2台積み

EC23

12,000円 (税込)

タイプカーゴ対応車種ワゴン・ミニバン・ワンボックスなど
対応自転車フロントフォークの幅が100mm以内の自転車(フルカーボン製フロントフォーク車は取り付けられません)搭載自転車数2台
8位

Thule(スーリー)トウバーマウントサイクルキャリア VeloCompact 933

TH925

129,600円 (税込)

タイプトウバーマウント対応車種
対応自転車適合フレーム 22~80mm搭載自転車数2台
7位

THULEエクスプレス トウバーマウント型サイクルラック

TH970

14,580円 (税込)

タイプトウバーマウント対応車種
対応自転車20インチ・ジュニアサイクル以上のサイズ搭載自転車数2台
6位

YAKIMA(ヤキマ)ドクタートレー 2台積載 トランクヒッチ用バイクラック

56,900円 (税込)

タイプトウバーマウント対応車種ヒッチメンバー付車両
対応自転車26~29インチのタイヤ・タイヤ幅4.5インチ搭載自転車数2台
5位

THULEプロライド シルバー サイクルキャリア

TH598

19,380円 (税込)

タイプルーフマウント対応車種
対応自転車円形フレーム 22~80mm搭載自転車数1台
4位
タイプリアマウント(背面スペアタイヤ)対応車種背面スペアタイヤ装着車両(タイヤ幅 285mm以下)
対応自転車1台16kgまで・2台合計32kgまで搭載自転車数2台
3位

ALLEN SPORTS(アレンスポーツ)トランクキャリア デラックス2バイク

7,538円 (税込)

タイプリアマウント対応車種セダン・ハッチバック・ミニバン・SUV
対応自転車1台の重さ15kg以下・2台の重さ30kg以下搭載自転車数2台
2位

CARMATE(カーメイト)サイクルキャリア inno フォークロック

INA391JP

10,900円 (税込)

タイプルーフマウント対応車種車種別対適合表をご確認ください。
対応自転車9mmクイックリリース車専用・29インチタイヤ対応搭載自転車数1台
1位

PIAA株式会社PIAA TERZO SARIS リアサイクルキャリア 2台積み

EC16BK

12,882円 (税込)

タイプリアマウント対応車種セダン・ワゴン・ミニバンなど
対応自転車トップフレーム・シートフレームの直径が65mm以下搭載自転車数2台

人気車載用サイクルキャリアの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格タイプ対応車種対応自転車搭載自転車数商品リンク
1
PIAA TERZO SARIS リアサイクルキャリア 2台積み

PIAA株式会社

PIAA TERZO SARIS リアサイクルキャリア 2台積み

6本のベルトとフックでしっかり固定!強...12,882円(税込)リアマウントセダン・ワゴン・ミニバンなどトップフレーム・シートフレームの直径が65mm以下2台詳細を見る
2
サイクルキャリア inno フォークロック

CARMATE(カーメイト)

サイクルキャリア inno フォークロック

工具を使わずに取り付けでき、ECE基準...10,900円(税込)ルーフマウント車種別対適合表をご確認ください。9mmクイックリリース車専用・29インチタイヤ対応1台詳細を見る
3
トランクキャリア デラックス2バイク

ALLEN SPORTS(アレンスポーツ)

トランクキャリア デラックス2バイク

特許を取得した保持システムを採用7,538円(税込)リアマウントセダン・ハッチバック・ミニバン・SUV1台の重さ15kg以下・2台の重さ30kg以下2台詳細を見る
4
スペアライド 2台積載

YAKIMA

スペアライド 2台積載

スペアタイヤを装着している車にはコレ!39,800円(税込)リアマウント(背面スペアタイヤ)背面スペアタイヤ装着車両(タイヤ幅 285mm以下)1台16kgまで・2台合計32kgまで2台詳細を見る
5
プロライド シルバー サイクルキャリア

THULE

プロライド シルバー サイクルキャリア

ホルダーとトレイが自動的に自転車を配置...19,380円(税込)ルーフマウント円形フレーム 22~80mm1台詳細を見る
6
ドクタートレー 2台積載 トランクヒッチ用バイクラック

YAKIMA(ヤキマ)

ドクタートレー 2台積載 トランクヒッチ用バイクラック

強靭なアームでしっかり固定56,900円(税込)トウバーマウントヒッチメンバー付車両26~29インチのタイヤ・タイヤ幅4.5インチ2台詳細を見る
7
エクスプレス トウバーマウント型サイクルラック

THULE

エクスプレス トウバーマウント型サイクルラック

ラバー製ストラップで自転車をラックに固定14,580円(税込)トウバーマウント20インチ・ジュニアサイクル以上のサイズ2台詳細を見る
8
トウバーマウントサイクルキャリア VeloCompact 933

Thule(スーリー)

トウバーマウントサイクルキャリア VeloCompact 933

自転車を積載していてもトランクを使用可能129,600円(税込)トウバーマウント適合フレーム 22~80mm2台詳細を見る
9
PIAA TERZO 車内積載用サイクルキャリア 2台積み

PIAA株式会社

PIAA TERZO 車内積載用サイクルキャリア 2台積み

高さや汚れを気にせず車内にスッキリ収納12,000円(税込)カーゴワゴン・ミニバン・ワンボックスなどフロントフォークの幅が100mm以内の自転車(フルカーボン製フロントフォーク車は取り付けられません)2台詳細を見る
10
サイクルラック ソロ

SARIS CYCLING GROUP(サリスサイクリンググループ)

サイクルラック ソロ

リサイクル素材を100%した1人用サイ...8,800円(税込)リアマウントセダン・SUV・ハッチバックなど15kg以下1台詳細を見る

ロードバイク・クロスバイク用ロックで盗難対策を!

車外に自転車を取り付けるサイクルキャリアは、盗難対策が必須!ホームセンターでも自転車用の鍵は売られていますが、安価なものだとワイヤーを切られたり、鍵ごと壊されてしまう危険性もありますよ。ロードバイク・クロスバイク用ロックで、大切な自転車を盗難から守りましょう!

まとめ

車載用サイクルキャリアについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。自転車の積み込みやすさや汚れにくさも大切ですが、一番重要なポイントは安全運転を行えるかという点です。ご自宅の車種と自転車の種類を確認して、安全なサイクルキャリアを選びましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す