• ルーフキャリアのおすすめ人気ランキング10選【イノー・スーリー・テルッツォも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ルーフキャリアのおすすめ人気ランキング10選【イノー・スーリー・テルッツォも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ルーフキャリアのおすすめ人気ランキング10選【イノー・スーリー・テルッツォも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ルーフキャリアのおすすめ人気ランキング10選【イノー・スーリー・テルッツォも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ルーフキャリアのおすすめ人気ランキング10選【イノー・スーリー・テルッツォも!】のアイキャッチ画像5枚目

ルーフキャリアのおすすめ人気ランキング10選【イノー・スーリー・テルッツォも!】

車の屋根に取り付けて、様々な荷物を運ぶためのルーフキャリア。車内を広々と快適に使うためにも便利なアイテムですよね。ところが、スーリーやイノー・テルッツォなど、様々なメーカーがルーフキャリアを販売していて、取り付け方式も多様です。ルーフキャリアを選ぶ基準が難しいと感じている方もいらっしゃると思います。


そこで今回はルーフキャリアを選ぶときにチェックしておきたいポイントを詳しく解説するのとともに、ネット通販で購入できる人気のルーフキャリアをベースキャリア、アタッチメントに分けてランキング形式でご紹介していきます。ぜひ、あなたの目的と愛車にぴったりのルーフキャリア選びの参考になさってくださいね。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 3,642  views
目次

ルーフキャリアとは?

ルーフキャリアとは?

出典:innoracks.com

それでは、まずルーフキャリアの構造を詳しく解説していきましょう。ルーフキャリアは大きく分けると「ベースキャリア」「アタッチメント」という2つの部分からできています。

まず「ベースキャリア」は様々なアタッチメントを固定するための土台で、一部のキャリアを除き必ず必要になります。アタッチメントを取り付ける「バー」、バーの土台となる「フット」、必要に応じてフットを車に固定する取付金具の3つのパーツで構成されています。


次に「アタッチメント」ですが、こちらは用途に合わせて様々な種類があり、シーズンや用途に合わせて取り換えることが可能です。ルーフボックス・ルーフラック・サーフボード用やスキー、サイクリング用など、多種多様なアタッチメントが用意されていますよ。


目的に合わせてアタッチメントを変えれば、車内も広々と快適に使えるようになるばかりか、ドライブ先での楽しみもどんどん広がりますね。

ルーフキャリアの選び方

それでは、どんな点に注目してルーフキャリアを選べば良いのでしょうか?ルーフキャリアを選ぶときにぜひ注目していただきたいポイントを解説していきましょう。

まずは3大メーカーに注目!

ルーフキャリアの3大メーカー、イノー・スーリー・テルッツォをまずチェック。各メーカーの注目ポイントもご紹介していきます。

世界的にも有名なルーフキャリアメーカー「スーリー」

世界的にも有名なルーフキャリアメーカー「スーリー」

出典:amazon.co.jp

「スーリー(Thule)」はスウェーデンにある世界最大のカーキャリアメーカーです。サイズ・デザインも豊富で、輸入車に適合するルーフキャリアが最も多く、輸入車オーナーに人気です。もちろん様々な日本車にも対応していますが、海外メーカーなので日本専売の車や軽自動車用には対応していない場合もあります。また輸入品のため、イノーやテルッツォに比べると価格が高い傾向です。


スウェーデンのメーカーらしく、ヨーロッパで盛んなサイクルスポーツやウォータースポーツのための専用アタッチメントの種類が豊富なのも注目のポイントです。

「イノー」はリーズナブル価格も魅力の国内メーカー

「イノー」はリーズナブル価格も魅力の国内メーカー

出典:amazon.co.jp

「イノー(inno)」はカー用品メーカー大手のカーメイトが展開するカーキャリアブランドです。アタッチメントやオプション類が最も豊富に揃っています。国産車や主要輸入車にほぼ対応しています。


イノーのカーキャリアは良い意味で一般的でリーズナブルさが魅力です。スーリーのスクエアバーとサイズが同じで、スーリーの後発品をリーズナブルな価格で提供するスタイル。言ってみればスーリーのジェネリックといった印象です。


取り付けるときに困ったときでもコールセンターが充実していて、日本語でメーカーに直接問い合わせできるので心強いですよ。

「テルッツォ」はルーフボックスが人気

車用のスポーツパーツやバルブ等で有名な日本のメーカーPIAAが展開するカーキャリアブランドが「TERZO(テルッツォ)」です。日本車を中心にコンパクトカーからワンボックスカーまで、様々な車種をカバーしていて、軽自動車対応のベースキャリアも販売しています。

ベースキャリアのバーのサイズがスーリー・イノーとは異なるので、テルッツォのベースキャリアを使用する場合はアタッチメントもテルッツォで統一することをおすすめします。

車の屋根に合わせた取付方式を確認しよう

車の屋根の形状によって取り付け方も変わってきます。取り付ける車の車種、年式から適合するベースキャリアや取り付け方もしっかり確認しましょう。

フラットな屋根に取り付けるルーフオンタイプ

フラットな屋根に取り付けるルーフオンタイプ

出典:amazon.co.jp

ルーフオンタイプは、フラットでルーフレールやレインガーター(雨どい)が無い屋根に取り付ける方式です。取付金具を使用し、荷物を載せるバー、バーを支えるフットを取り付けます。

ルーフオンタイプでも純正の取付ポイントを使用して取付フックを取り付けられる車と、車体の屋根合板とゴムパッキンのすきまを利用して取付フックを取り付ける車の2タイプがあるので、車種に対応する取り付け方式をしっかり確認すると良いでしょう。

フットとバーで取り付けられるルーフレールタイプとレインガータータイプ

フットとバーで取り付けられるルーフレールタイプとレインガータータイプ

出典:amazon.co.jp

純正のルーフレールやダイレクトルーフレールがある車なら、バーとバーを支えるフットがベースキャリアとなります。また、車体の雨どい(レインガーター)を利用して取り付けるのも同様にフットとバーのみを取り付けます。ルーフレールとレインガーターに取り付ける場合は、取付金具が不要なのでパーツも少なく簡単に取り付けられますよ。

ベースキャリアのバー形状や機能も要チェック

ベースキャリアのバー形状や機能も要チェック

出典:amazon.co.jp

ベースキャリアのバーには断面がスクエアのものや楕円に近い流線形などの形や、また荷物の積載機能をより向上させたバーもあります。好みのベースキャリアのバー形状もしっかり選びましょう。

断面が流線形のバーなら低い位置に設置できるので車高をできるだけ抑えたい方におすすめです。また、風の抵抗を抑えて風切り音も静かで気になりません。


断面がスクエアのバーは従来から親しまれているポピュラーなタイプ。価格も抑えられている商品が多く、リーズナブルにベースキャリアを付けたい方におすすめですよ。

目的や用途に合わせたアタッチメントを!

ルーフキャリアには様々なアタッチメントがあります。目的や用途にあった使いやすいアタッチメントをチョイスしてくださいね。

ルーフボックスなら大容量で雨でもOK

ルーフボックスなら大容量で雨でもOK

出典:amazon.co.jp

たくさんの荷物を収納したいならルーフボックスがおすすめ。屋根の上に取り付けるボックスタイプなので、雨が降っても中の荷物が濡れないので天候を気にせずお出かけできます。


キャンプやBBQ、旅行など荷物が多いときにとても便利です。車中泊など車内を広く使いたいときにもルーフボックスに荷物を入れてしまえば車内を広々と使えますよ。

多目的に使えるルーフラック

ルーフボックスだと大きすぎて車高が気になるという方にはルーフラックがおすすめです。ルーフラックは、荷物をネットやベルトで固定するキャリアです。


色々と多目的に使えるので、日帰りでアウトドアのレジャーを楽しみたいときにはルーフラックで十分に荷物を運べます。また汚れ物やゴミの運搬にも便利ですよ。

サイクルキャリアで旅先でもサイクリングを楽しもう

サイクルキャリアで旅先でもサイクリングを楽しもう

出典:amazon.co.jp

旅先や目的地で自転車に乗るなら、サイクルキャリアアタッチメントがぴったり。車内にはなかなか載せられない自転車ですが、サイクルアタッチメントで屋根の上にしっかり固定すれば簡単に運べます。レジャー目的はもちろん、子供のお迎えのときもサイクルキャリアがあれば便利ですよ。

スキーやスノボをスマートに運べるスキー・スノボキャリア

スキーやスノボをスマートに運べるスキー・スノボキャリア

出典:amazon.co.jp

ウインタースポーツを思いきり楽しみたいならスキー・スノボキャリアアタッチメントがおすすめです。クリップ型のアタッチメントでスキーなら6セットまで、スノーボードなら4枚まで挟んで固定できます。


帰りの車内に雪にまみれたスキーやスノーボードを積むのは、汚れや水濡れが気になりますよね。スキー・スノボアタッチメントなら屋根の上に積載できるので、汚れや水濡れの心配もなく車内も快適ですよ。

サーフボードキャリアなら、砂や海水で汚れたボードもOK!

サーフボードキャリアなら、砂や海水で汚れたボードもOK!

出典:amazon.co.jp

サーファーにおすすめしたいのがサーフボードキャリアアタッチメントです。ロングボードなどを車内に乗せるとかなりのスペースが必要になりますが、ルーフキャリアを使えば車内も広々使えます。


またサーフボードが砂や海水で汚れてしまっても、屋根の上なら気にならず、ささっと載せて波の良いポイントにすぐに移動できますよ。

カヤックキャリアで大きなカヤックもラクラク運べる

カヤックキャリアで大きなカヤックもラクラク運べる

出典:innoracks.com

スポーツでカヤックを楽しむ方にはもちろん、釣りを楽しむ方にもおすすめなのがカヤックを運ぶカヤックキャリアアタッチメントです。カヤックキャリアアタッチメントがあれば、コンパクトカーの全長よりも長い大きなカヤックも、手軽に安全に運べますよ。

「ベースキャリア」「アタッチメント」は同じメーカーがベスト!

「ベースキャリア」「アタッチメント」は同じメーカーがベスト!

出典:innoracks.com

ベースキャリアとアタッチメントは同じメーカーのものを選ぶことをおすすめします。同じメーカー同士の製品なら、製品のテストやマッチングテストなどがしっかり行われているので、とても安全です。


異なるメーカー同士だと、取り付けられないことや、しっかりと固定できない場合もあります。保証を受けることもできないので、その点は十分に気を付けましょう。

ベースキャリア不要の専用キャリアも!

ベースキャリア不要の専用キャリアも!

出典:piaa.co.jp

スキーやスノーボードを運べれば十分で、価格を抑えたいという方におすすめなのが、ベースキャリア不要のスキー・スノボ用キャリアです。ベースキャリアなしで取り付け可能なのでコストを抑えられますよ。

不要な時には折りたためるルーフキャリアバッグも!

不要な時には折りたためるルーフキャリアバッグも!

出典:amazon.co.jp

使わないときには取り外したい方におすすめなのが、防水・防風加工が施された布で作られたルーフキャリアバッグがおすすめです。なんでも積み込める大容量で、使わないときには折りたたんでしまっておける優れものです。柔らかい素材でできていて流線形の形なので走行中の風の抵抗も気になりませんよ。


ベースキャリアがあれば簡単に装着できますが、ベースキャリアを付けていなくてもベルトで簡単に固定できるので大変便利です。

ルーフキャリア(ベースキャリア)の人気ランキング5選

ここからは通販サイトで人気のルーフキャリアをランキング形式でお伝えします。まずはベースキャリアを5選ご紹介します。この後、アタッチメントのランキングもお伝えしますので、そちらもご期待くださいね。

5位

innoエアロベースステー スムースルーフ用

XS201

15,900円 (税込)

セット内容フット部分(4個1組)
取付タイプルーフオンタイプ(スムースルーフ)
最大積載量75㎏
サイズ108㎜(ステー高)
バー形状エアロバー対応
カラーブラック
適合車種トヨタプリウス(年式H15.9~H23.12型式NHW20系・H21.5~型式ZVW30系・年式H27.12~型式ZVW50系)ホンダNbox(年式H23.12~型式JF1/JF2)他
4位

motorpowerルーフキャリア ベースキャリア 軽ハイルーフ専用 取付けキット

6,500円 (税込)

セット内容バー・フット・エンドキャップ
取付タイプレインガータータイプ(ハイルーフ)
最大積載量40㎏
サイズバー:1350㎜・フット:250㎜(ステー高)×
バー形状スクエア
カラーブラック
適応車種汎用軽ハイルーフ車(スズキエヴリィ・ダイハツハイゼットカーゴ/アトレーワゴン・ホンダバモス/バモスホビオ・日産NV100クリッパー/リオ・マツダスクラムバン/スクラムワゴンなど)
3位
セット内容フット部分(4個1組)
取付タイプオンルーフタイプ
最大積載量
サイズ高さ:88㎜(バー下)
バー形状スクエアバーに対応
カラーブラック
適合車種
2位
セット内容バー(VB6)・フット(FFA2)・取付金具(TC1)
取付タイプオンルーフタイプ
最大積載量
サイズバー長:1250㎜・フット高:135mm
バー形状スクエア
カラーブラック
適合車種プリウス
1位
セット内容バー2本
取付タイプ
最大積載量
サイズ長さ:1270mm×幅:32mm×縦:23mm
バー形状スクエア
カラーブラック
適合車種

人気ルーフキャリア(ベースキャリア)の比較一覧表

商品画像
1
ルーフキャリア inno ベーシックバー

inno

2
ルーフキャリア TUFREQ システムキャリア

TUFREQ

3
ルーフキャリア TERZO ルーフオン用フット

TERZO

4
ルーフキャリア motorpower ルーフキャリア ベースキャリア 軽ハイルーフ専用 取付けキット

motorpower

5
ルーフキャリア inno エアロベースステー スムースルーフ用

inno

商品名

ベーシックバー

システムキャリア

ルーフオン用フット

ルーフキャリア ベースキャリア 軽ハイルーフ専用 取付けキット

エアロベースステー スムースルーフ用

特徴軽くて丈夫なベースキャリア用バーコスパの高いベースキャリアセットコンパクトさと世界最軽量を実現軽のハイルーフ車に対応する汎用ベースキャリアバーの突出がなく車との一体感を実現
価格4,210円(税込)16,740円(税込)6,659円(税込)6,500円(税込)15,900円(税込)
セット内容バー2本バー(VB6)・フット(FFA2)・取付金具(TC1)フット部分(4個1組)バー・フット・エンドキャップフット部分(4個1組)
取付タイプオンルーフタイプオンルーフタイプレインガータータイプ(ハイルーフ)ルーフオンタイプ(スムースルーフ)
最大積載量40㎏75㎏
サイズ長さ:1270mm×幅:32mm×縦:23mmバー長:1250㎜・フット高:135mm高さ:88㎜(バー下)バー:1350㎜・フット:250㎜(ステー高)×108㎜(ステー高)
バー形状スクエアスクエアスクエアバーに対応スクエアエアロバー対応
カラーブラックブラックブラックブラックブラック
適合車種プリウス汎用軽ハイルーフ車(スズキエヴリィ・ダイハツハイゼットカーゴ/アトレーワゴン・ホンダバモス/バモスホビオ・日産NV100クリッパー/リオ・マツダスクラムバン/スクラムワゴンなど)トヨタプリウス(年式H15.9~H23.12型式NHW20系・H21.5~型式ZVW30系・年式H27.12~型式ZVW50系)ホンダNbox(年式H23.12~型式JF1/JF2)他
商品リンク

ルーフキャリア(アタッチメント)の人気ランキング5選

続いてはアタッチメントの人気ランキングです。多目的に使えるラックやボックスがランクインしています。便利に使えるアタッチメントを見つけてくださいね。
5位
アタッチメントの種類ルーフラック
最大積載量
サイズ160cmx100cmx18cm
カラー
適合車種
4位
アタッチメントの種類ルーフラック
最大積載量68㎏
サイズ105cm×95cm×15cm
カラーブラック
適合車種クロスバー(ルーフバー)付車両
3位
アタッチメントの種類ルーフラック
最大積載量
サイズワイドロング外寸:長さ:150cm×幅:50cm×高さ:8.6cm/内寸:長さ:137cm×幅:41cm×高さ:6.0ccm
カラー
適応車種ワイドロング:ミニバン・ワンボックス
2位
アタッチメントの種類ルーフボックス
最大積載量50kg・220L
サイズ全長:140cm×幅:70cm×全高:34cm・ 装着高さ:310cm・内寸長:128cm
カラーブラック・ホワイト
適合車種コンパクトカー・軽自動車
1位
アタッチメントの種類ルーフキャリアバッグ
最大積載量425L
サイズ110cm×86cm×43cm
カラー
適合車種ルーフレール付車両

人気ルーフキャリア(アタッチメント)の比較一覧表

商品画像
1
ルーフキャリア suaoki カーゴバッグ

suaoki

2
ルーフキャリア inno リッジトランク240

inno

3
ルーフキャリア TERZO ルーフラック

TERZO

4
ルーフキャリア CURT ルーフマウントカーゴラック

CURT

5
ルーフキャリア THULE ルーフラックトレイル

THULE

商品名

カーゴバッグ

リッジトランク240

ルーフラック

ルーフマウントカーゴラック

ルーフラックトレイル

特徴使わないときはコンパクトに収納できるサブトランク代わりにできるコンパクトなルーフボックス精悍なルックスのスポーツタイプルーフラック各メーカーのベースキャリアや純正ルーフレールに取り付け可能!THULEアクセサリー装着可能!使い方が広がるバスケット
価格7,900円(税込)38,524円(税込)22,530円(税込)26,700円(税込)77,855円(税込)
アタッチメントの種類ルーフキャリアバッグルーフボックスルーフラックルーフラックルーフラック
最大積載量425L50kg・220L68㎏
サイズ110cm×86cm×43cm全長:140cm×幅:70cm×全高:34cm・ 装着高さ:310cm・内寸長:128cmワイドロング外寸:長さ:150cm×幅:50cm×高さ:8.6cm/内寸:長さ:137cm×幅:41cm×高さ:6.0ccm105cm×95cm×15cm160cmx100cmx18cm
カラーブラック・ホワイトブラック
適合車種ルーフレール付車両コンパクトカー・軽自動車ワイドロング:ミニバン・ワンボックスクロスバー(ルーフバー)付車両
商品リンク

ルーフキャリア設置の際の注意ポイントは?

ルーフキャリア設置の際の注意ポイントは?

出典:piaa.co.jp

ルーフキャリアは指定部品なので、いくつかの規則を守れば、車に取り付けていても車検を通すことができます。「鋭い突起がないこと」「リベット・溶接による取付はせず、蝶ネジ等での簡易的取付か、ボルト・ナット等による固定的取付で取付する」「荷物を積んだ時に車体長の1割かつ車体幅以内、高さは地上から3.8mを超えないこと」以上の条件を守って車検を通しましょう。


なお、ルーフキャリアを取り付けたときの高さが規則や法律ではOKでも、立体駐車場や屋内駐車場、高さの低い高架などを通る時にはぶつからないように十分注意が必要です。


他にも、風の強い日などは風の影響を受けやすくなるので運転には十分注意しましょう。また、洗車マシンを使う場合、ルーフキャリアは取り外して行なってくださいね。

ルーフキャリアの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ルーフキャリアのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

様々なタイプのベースキャリアとアタッチメントがありましたね。あなたの目的に合ったルーフキャリアは見つかったでしょうか?

屋根につけるルーフキャリアは自分の車の目印にもなるので、広い駐車場で車を止めた場所を忘れてしまった場合にも見つけやすくて便利なアイテム。ぜひルーフキャリアを活用して、車内で広々くつろぎながら、旅先での楽しみを広げてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す