• ペダルレンチのおすすめ人気ランキング10選【ペダル交換しやすいのは?】のアイキャッチ画像1枚目
  • ペダルレンチのおすすめ人気ランキング10選【ペダル交換しやすいのは?】のアイキャッチ画像2枚目
  • ペダルレンチのおすすめ人気ランキング10選【ペダル交換しやすいのは?】のアイキャッチ画像3枚目
  • ペダルレンチのおすすめ人気ランキング10選【ペダル交換しやすいのは?】のアイキャッチ画像4枚目
  • ペダルレンチのおすすめ人気ランキング10選【ペダル交換しやすいのは?】のアイキャッチ画像5枚目

ペダルレンチのおすすめ人気ランキング10選【ペダル交換しやすいのは?】

自転車好きの方や輪行をする方にとって必須の工具、ペダルレンチ。普通のレンチやモンキーレンチで代用できるかと思いきや、15mmという特殊なサイズと厚みの関係で、やはりペダル用のものが必要です。でも、携帯しやすいものや滑り止めつきのものなど、意外にも種類が豊富。口径部の傾き具合によっても使い勝手が変わるので、こだわって選びたいですね!


そこで今回は、ペダルレンチの選び方とともに、人気の商品をランキング形式でご紹介します。初心者の方にぴったりのものから、PWTやホーザンなどの上級者におすすめの商品まで幅広くランクイン!ペダル交換のポイントなども、必見です!

  • 最終更新日:2018年12月07日
  • 1,450  views
目次

ペダルレンチの選び方

らランキングの前に、まずはさっそくペダルレンチの選び方のポイントを見ていきましょう。

ヘッドの厚みは5㎜以内のものを

ヘッドの厚みは5㎜以内のものを

出典:amazon.co.jp

ペダルレンチを選ぶ時に注意しておきたいのが、ヘッド部分の厚み。ペダルとクランクの隙間のナットを外すためには、隙間にヘッドが入らないと意味がありません

ペダルレンチと呼ばれるものは、一般的なものよりも厚みをなくして作られているのが特徴ですが、ペダルレンチの中でも、さまざまな厚みのバリエーションがあります。


扱いやすいのは、厚みが5mm程度のもの。ある程度の強度も保ちつつ、隙間にも入れやすいですよ。また、輪行の時など携帯する場合は、2~3mmなどの薄いものも、持ち運びが楽になりおすすめです。

口径部の角度に注目

口径部の角度に注目

出典:amazon.co.jp

口径部(ナットを挟む部分)にも注目してみましょう。口径部の角度によって、ナットを挟む角度が変わり、レンチの可動域に差が出ます。一般的なのは、柄に対して角度15度の口径部が1つついたレンチ。裏返すと角度が30度になり、2種類の挟み方ができます。

角度に違いを持たせた2つの口径部がついているものも便利。2つの口径部それぞれを裏表で使い分ければ、合計4種類の挟み方が可能になり、より力を込めやすい位置からレンチを回すことができます。作業が、ぐっと進めやすくなりますよ。

グリップの長さは30cmをひとつの目安に

グリップの長さは30cmをひとつの目安に

グリップの長さにも、注目しましょう。30cmくらいの長さがあるとしっかりと力を入れやすく、硬く固定されたナットも回しやすくなります。据え置きの工具として使うなら、このくらいの長さのものがおすすめです。


携帯用には、20cm程度の短めのものが持ち運びやすくおすすめです。小型タイプも持っておくと、輪行の際やツーリング先でちょっとした不具合を直したいという時などに、重宝しますよ。

固着したナットには、握りやすい形状のものがベター

固着したナットには、握りやすい形状のものがベター

出典:amazon.co.jp

ペダルを取り外す際、ナットが錆びついていたりすると、最初のひと回しにかなり力が必要なことがあります。特に、何年も取り外していない場合などは要注意!固着しているかも?と思う場合は、グリップ部分が円柱状になっているものがおすすめです。手が痛くならずに、しっかりと力をいれることができますよ。

また、急にナットが緩んで手が滑ってしまうなど作業中の怪我を防ぐために、グリップ部に滑り止めがついていると安心。女性の方や力の弱い方も、握りやすいタイプをチェックしてみると良いですよ。

15㎜以外のナットに活用できるタイプも!

15㎜以外のナットに活用できるタイプも!

出典:amazon.co.jp

ペダルレンチの中には、口径部に段差がついていて、二面幅が2タイプになった形状のものがあります。基本的には、15mmのナットに対応していればペダルの取り外しはできますが、16mmや17mmなどのナットにも対応しているものを選ぶと多目的に使えます。


段差があることで使用中の安定感は少し下がりますが、1つで色々な用途に使えるのは便利。例えば、ハブベアリングの交換をはじめ、様々なメンテナンスに活用できます。携帯用として選ぶ場合も、荷物を減らすことができますよ。

ペダルレンチの人気ランキング10選

ここからは、実際に人気の商品をランキング形式で10選ご紹介します!

10位
厚み-
角度-
長さ29cm
グリップ平面・滑り止め〇
対応ナット16/15・17/15mm
9位
バズーカ ペダルボックスレンチ 1枚目
出典:amazon.co.jp

バズーカペダルボックスレンチ

B-307

918円 (税込)

厚み-
角度-
長さ-
グリップ平面・滑り止め〇
対応ナット15mm
8位
厚み4.5mm
角度-
長さ35cm
グリップ円柱・滑り止め〇
対応ナット15mm
7位
厚み-
長さ17cm
角度-
グリップ平面・滑り止め〇
対応ナット15mm
6位
厚み4.5mm
角度30度・60度
長さ32cm
グリップ平面・滑り止め✖
対応ナット15mm
5位

SOCOCOBIKEHAND ハイトルク ペダルレンチ

1,680円 (税込)

厚み-
角度-
長さ35cm
グリップ円柱・滑り止め○
対応ナット15mm
4位
バイクハンド バイクハンド ペダルレンチ 1枚目
出典:amazon.co.jp

バイクハンドバイクハンド ペダルレンチ

YC-156A

907円 (税込)

厚み-
角度-
長さ28.5cm
グリップ平面・滑り止め○
対応ナット16/15・17/15mm
3位
厚み4.5mm・7mm
角度-
長さ31cm
グリップ平面・滑り止め×
対応ナット15mm
2位

パークツールホームメカニックペダルレンチ

PW-5

1,371円 (税込)

厚み3.2mm
角度-
長さ29cm
グリップ平面・滑り止め○
対応ナット15mm
1位
厚み5mm
角度-
長さ35cm
グリップ平面・滑り止め○
対応ナット15mm

人気ペダルレンチの比較一覧表

商品画像
1
PWT ハイトルク ペダルレンチ 1枚目

PWT

2
パークツール ホームメカニックペダルレンチ 1枚目

パークツール

3
ホーザン ペダルレンチ 1枚目

ホーザン

4
バイクハンド バイクハンド ペダルレンチ 1枚目

バイクハンド

5
SOCOCO BIKEHAND ハイトルク ペダルレンチ 1枚目

SOCOCO

6
トネ ペダルレンチ 1枚目

トネ

7
バズーカ ミニペダルレンチ 1枚目

バズーカ

8
PWT ハイトルク ペダルレンチ 1枚目

PWT

9
バズーカ ペダルボックスレンチ 1枚目

バズーカ

10
CarAngels 自転車用ペダルレンチ 1枚目

CarAngels

商品名

ハイトルク ペダルレンチ

ホームメカニックペダルレンチ

ペダルレンチ

バイクハンド ペダルレンチ

BIKEHAND ハイトルク ペダルレンチ

ペダルレンチ

ミニペダルレンチ

ハイトルク ペダルレンチ

ペダルボックスレンチ

自転車用ペダルレンチ

特徴自宅工具として使うならコレ!パワフル&繊細に使える人気商品まずはこれから始めよう!初心者さんにおすすめの扱いやすさ上下のヘッドの薄さが違う!プロも納得の使い心地出先での使用頻度が高い方に!携帯性と強度のバランスが◎ロンググリップ&滑り止め付きで、しっかり回せる口径部の角度がポイント!作業性にこだわるならコレ携帯に便利なミニサイズ!ラバーの滑り止めつきで安心長いグリップは、固いナットを取り外すのにうってつけ!ボックスレンチ付きだから使い道広がる!3サイズのナットに対応!フレキシブルに使えて便利
価格1,180円(税込)1,371円(税込)1,847円(税込)907円(税込)1,680円(税込)2,103円(税込)540円(税込)1,578円(税込)918円(税込)888円(税込)
厚み5mm3.2mm4.5mm・7mm--4.5mm-4.5mm--
角度-----30度・60度17cm---
長さ35cm29cm31cm28.5cm35cm32cm-35cm-29cm
グリップ平面・滑り止め○平面・滑り止め○平面・滑り止め×平面・滑り止め○円柱・滑り止め○平面・滑り止め✖平面・滑り止め〇円柱・滑り止め〇平面・滑り止め〇平面・滑り止め〇
対応ナット15mm15mm15mm16/15・17/15mm15mm15mm15mm15mm15mm16/15・17/15mm
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コツが分かれば簡単!ペダルを取り外す時のポイントは?

コツが分かれば簡単!ペダルを取り外す時のポイントは?

スムーズにペダルを取り外すための、ポイントをご紹介します。まず、作業前には、軍手をつけ、ギアの部分にタオルなどをかけておきましょう。ナットが急に緩んだ時に、手を怪我するのを防ぐためです。


準備が出来たら、いよいよペダルを外しますが、ここで注意したいのがナットが緩む方向自転車の場合、右と左で緩む方向が異なります。走行中の緩みを防ぐため、自転車の進行方向に対して、ナットを逆に回すと緩みます。緩める際は、ペダルを漕ぐときに最も力を入れて踏み込む位置に移動させておきましょう(空回り防止のため)。


ペダルの位置を決めたら、リアブレーキを掛けながら、右ペダルの場合は左方向に、左ペダルの場合は右方向にペダルレンチを回します。最初のひと回しは力がいりますが、それさえクリアできたらもうOK!ペダルを取り付ける際には、進行方向に向けてレンチを回してくださいね!

ペダルレンチの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ペダルレンチのYahoo!ショッピングでの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認下さい。

まとめ

ペダルレンチのおすすめ商品を見てきましたが、使ってみたいペダルレンチは見つかりましたか?ロードバイクを趣味にしている方なら、必ず1つは持っておきたいアイテムですよね。それぞれペダルのサイズや種類によって使う工具が変わってくることもあるので、事前に確認してから購入するようにしてくださいね。使いやすいペダルレンチで、自転車ライフをもっと楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す