• バイク用インカムのおすすめ人気ランキング10選【仲間とのツーリングに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • バイク用インカムのおすすめ人気ランキング10選【仲間とのツーリングに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • バイク用インカムのおすすめ人気ランキング10選【仲間とのツーリングに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • バイク用インカムのおすすめ人気ランキング10選【仲間とのツーリングに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • バイク用インカムのおすすめ人気ランキング10選【仲間とのツーリングに!】のアイキャッチ画像5枚目

バイク用インカムのおすすめ人気ランキング10選【仲間とのツーリングに!】

仲間と会話を楽しみながら、ツーリングを楽しみたいときに便利な「バイク用インカム」。最近ではインカムの性能も上がり、4riders・6riders対応のものや、長距離でも会話ができるものが増えてきました。しかし、ヘルメット取り付け型のものや、Bluetooth搭載のものなど種類もたくさん。そのうえ、デイトナやサインハウスのビーカムなど人気商品もたくさんあるため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、バイク用インカムの選ぶ時のポイントをピックアップ!さらに、通販で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。早速、便利なバイク用インカムを手に入れて、仲間と一緒にツーリングを楽しみましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 129,137  views
目次

バイク用インカムの選び方

バイク用インカムの選び方は、主に自分のツーリングスタイルによって大きく異なります。大切なポイントを5つピックアップしましたので、次から順に見ていきましょう!

ツーリング仲間は何人?同時通話人数をチェック

まず絞っていきたいのが、普段バイクを利用する時の人数です。ツーリング時は何台か連なって走行することも多いもの。可能なら全員と接続して会話できる、快適な環境を得られるようにしましょう。

ソロやタンデムなら2人同時通話対応で十分

ソロやタンデムなら2人同時通話対応で十分
タンデムは2人乗りでのツーリングスタイルの事で、後ろに乗っている人との会話のためにインカムを利用します。ツーリングに行く時は多くても2人という人は、コストを抑えた2人同時通話対応の製品で十分対応可能です。

また、タンデムでよくツーリングに行く人は、無線式ではなく2人専用の有線式を選択肢に入れるのもありでしょう。ソロツーリング専門の人は、特に同時通話人数を気にする必要はないため、この記事で紹介する別の選び方を優先して商品を選んでいきましょう。

複数なら4人以上対応インカムを選ぶと便利

複数なら4人以上対応インカムを選ぶと便利
数人でツーリングをする場合、コストはかかりますが同時通話可能人数が4人以上の製品がおすすめです。コストを抑えた商品でもペアリングする事は可能ですが、同時通話はボタンを押して切り替えたりする必要があるため、バイク用手袋をしていると操作が困難になることも。

その点、高性能のインカムなら、切り替えることなく4人以上と会話が可能。バイクの走行音や風の音を少なくできる機能も搭載しているため、ツーリング中もよりクリアな音質で会話を楽しむことができます。

主なメーカーとしては「SENA」や「SYGN HOUSE」などのメーカーが人気も高く、性能も安定しているのでおすすめです。この記事でも商品を紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

通信可能距離をチェックしておこう

ツーリングはタンデムでない限り、バイク同士が並んで走行することになります。走行中に一定の距離が開いてしまうこともあるため、通信可能距離もチェックしておきましょう。

街乗りの最低ラインは200m

街乗りの最低ラインは200m
街中を一緒に走行する場合、スペック上の通信可能距離が最低でも200mあるものがおすすめです。街中の場合、そこまで距離が開いてしまうことは少ないですが、他の車が間に入ったりすると、電波がスムーズに届きにくくなることも。

場合によっては、スペック上の通信可能距離が半分程に落ちてしまうこともあります。通信可能距離200m程の製品を選んでおけば、約100m程離れても会話ができて実用的ですよ。

高速道路を利用するなら1km以上を目安に

高速道路を利用するなら1km以上を目安に
さらに距離が必要なのが、高速道路を走行する時です。時速100キロ以上出ている状態で、近距離を並んで走行するのはおすすめできませんので、ある程度の車間距離を保てる通信可能距離に対応した商品を選びましょう。

スペック上1km以上あれば、山などで通信障害があっても安心。また、高速道路を複数台で利用する場合は、先頭のバイクと距離が離れるので、その分通信可能距離が長めの商品を選ぶのがポイントです。高性能のインカムでない限り、離れすぎてペアリング設定が切れてしまうと、ペアリングの再設定をしなければいけない製品も多いので注意して下さいね。

連続使用時間は8時間以上あると安心

連続使用時間は8時間以上あると安心

出典:amazon.co.jp

必要とする連続使用時間は、一日のうちでバイクに乗っている時間と合わせて計算しましょう。目安として8時間ほどあれば十分対応できます。一日にどれだけ長い移動をするにしても、バイクに乗っている時間は12時間以下のはず。だいたい、4~5時間乗ればかなり遠くまで行けます。

バッテリーの駆動時間は、同時接続をしているインカムの数や電波感度によっても異なり、Bluetooth接続で音楽を聞いていたりすると短くなります。長持ちさせるためにも、降りた時に電源をOFFにするように注意すれば、8時間程の連続使用時間でも対応できるでしょう。

JISの防水規格をクリアしているものが◎

JISの防水規格をクリアしているものが◎
バイクツーリングにつきものの雨。急に降ってきて焦らないためにも、しっかりと防水性能の高い製品を選びましょう。生活防水程度の製品も多いですが、より高い防水性能を求めるなら、JISの防水規格をクリアしている製品がおすすめです。

JIS規格をクリアしている商品は、スペック表にIPX5やIP67などの表記がされています。IPX6程度までは生活防水程度。7や8になると水に濡れても耐えられる完全防水に対応しています。

中国製のインカムは、コストが抑えられますが防水性能が低く、生活防水程度のものがほとんど。多少の雨なら大丈夫ですが、濡れた場合は乾かすなどの対処が必要な点は覚えておきましょう。

ソロツーリングにはラジオ機能付きがおすすめ

ソロツーリングにはラジオ機能付きがおすすめ
ソロツーリングの時は、誰かと会話をするわけではないため、音楽やラジオを聞いている人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、インカム自体にFM機能が搭載されている商品です。

スマホアプリの「radiko」を利用すれば、Bluetooth接続し、インカムでラジオを聞くことはできますが、スマホの充電まで減ってしまうため、あまりおすすめできません。やはり長時間ツーリング中にラジオも聴きながらバイクに乗りたいなら、単独でFM機能を搭載した商品を選びましょう。

バイク用インカムの人気ランキング10選

では、ここまで見てきたバイク用インカムの選び方を踏まえて、実際に販売されている商品を見ていきましょう。コスト重視の中華製品からバイクインカムの大手人気メーカーまでピックアップしましたので参考にして下さい。
10位
同時通話人数2
通信可能距離0(ソロ・タンデム専用)
連続使用時間単四電池式
ラジオ機能×
防水機能×
9位
同時通話人数2人
通信可能距離800m
連続使用時間8~10時間
ラジオ機能
防水機能
8位
バイク
インカム SYGN HOUSE B+COM SB6X Bluetooth インカム
出典:amazon.co.jp

SYGN HOUSEB+COM SB6X Bluetooth インカム

00080215

37,584円 (税込)

同時通話人数4人
通信可能距離1400m
連続使用時間携帯・音楽約18時間、インカム約16時間
ラジオ機能×
防水機能IP67相当(本体のみ)
7位
バイク
インカム NikoMaku 薄型バイクヘルメット用インカム
出典:amazon.co.jp

NikoMaku薄型バイクヘルメット用インカム

3,090円 (税込)

同時通話人数ー(スマホ通話利用)
通信可能距離ー(スマホ電波次第)
連続使用時間6時間
ラジオ機能×
防水機能×
6位
同時通話人数2人
通信可能距離200m
連続使用時間12時間
ラジオ機能×
防水機能○(IP67)
5位
同時通話人数2
通信可能距離1200m
連続使用時間6時間
ラジオ機能×
防水機能○IP65
4位
同時通話人数2人
通信可能距離800m
連続使用時間8時間
ラジオ機能×
防水機能
3位
同時通話人数4人
通信可能距離1200m
連続使用時間8時間
ラジオ機能
防水機能○IPX5
2位
同時通話人数4人
通信可能距離最大約1.4km
連続使用時間携帯・音楽約18時間、インカム約16時間
ラジオ機能×
防水機能IP67相当(本体のみ)
1位
同時通話人数2人
通信可能距離1000m
連続使用時間8~10時間
ラジオ機能×
防水機能

人気バイク用インカムの比較一覧表

商品画像
1
バイク
インカム LEXIN LX-R6

LEXIN

2
バイク
インカム SYGN HOUSE B+COM SB4X Lite

SYGN HOUSE

3
バイク
インカム Mihono 4Riders Interphone V4

Mihono

4
バイク
インカム Freedconn バイク用インカム 3Riders

Freedconn

5
バイク
インカム EJEAS バイク インターコム

EJEAS

6
バイク
インカム Daytona COOLROBO EasyTalk3

Daytona

7
バイク
インカム NikoMaku 薄型バイクヘルメット用インカム

NikoMaku

8
バイク
インカム SYGN HOUSE B+COM SB6X Bluetooth インカム

SYGN HOUSE

9
バイク
インカム OZONE バイクインカム

OZONE

10
バイク
インカム コムショット MI-TANTON

コムショット

商品名

LX-R6

B+COM SB4X Lite

4Riders Interphone V4

バイク用インカム 3Riders

バイク インターコム

COOLROBO EasyTalk3

薄型バイクヘルメット用インカム

B+COM SB6X Bluetooth インカム

バイクインカム

MI-TANTON

特徴最大6人までOK!Amazonベストセラーの人気インカム高品質で耐久性も抜群!最大18時間の長時間利用もOK4人まで同時通話OK!高速でも使えるコスパ抜群の1台操作状態がわかりやすいLCDスクリーン付きで便利高速でもクリアな会話を楽しめる機能満載2人での利用におすすめ!音楽も同時に楽しめるヘルメット取り付け型のコンパクトなインカム高品質でクリアな会話を楽しみたいならこれ!3人ほどの少人数ツーリングにおすすめのインカム大型バイクでも利用できる有線式インカム
価格5,500円(税込)25,920円(税込)9,800円(税込)6,280円(税込)6,000円(税込)18,622円(税込)3,090円(税込)37,584円(税込)5,900円(税込)1,280円(税込)
同時通話人数2人4人4人2人22人ー(スマホ通話利用)4人2人2
通信可能距離1000m最大約1.4km1200m800m1200m200mー(スマホ電波次第)1400m800m0(ソロ・タンデム専用)
連続使用時間8~10時間携帯・音楽約18時間、インカム約16時間8時間8時間6時間12時間6時間携帯・音楽約18時間、インカム約16時間8~10時間単四電池式
ラジオ機能××××××××
防水機能IP67相当(本体のみ)○IPX5○IP65○(IP67)×IP67相当(本体のみ)×
商品リンク

長距離ツーリングにはバイク用ナビが便利!

遠くへツーリングに行くときは、バイク用ナビがあると便利です。数人の仲間でツーリングに行くときでも、インカムを使えば、スムーズに行き先を連絡することもできますよね。以下の記事も参考に、使い勝手の良い1台を探してみましょう!

バイク用インカムの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、バイク用インカムのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回は、バイク用インカムを選ぶ時の大切なポイントや販売されている商品の中でも人気のあるインカムをランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたか?

ツーリングにでかける事があるならインカムの有る無しでかなり快適性が変わってきます。ソロツーリングの人でも複数でのツーリングでもインカムがあれば、もっとツーリングが楽しくなるでしょう。ぜひ、この記事を参考に商品を比較し、自分にピッタリのインカムを見つけて下さい。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す