• D7eb5f8fdfad80972f25895d62885f322fc91eed
  • 31d68ae3df580c8cf7dd25f04b610430bc85a0a8
  • 5dde9c272e7058020452f9977679b4f232abb5ef
  • D3b4a36766e16ff3522cfd921e05dfcffd9226ee
  • 06843d311e6419e2229b35e35f6e440f092d52d8

レジャーシートのおすすめ人気ランキング20選

キャンプ・海・ピクニック・運動会と、あらゆるシーンで活躍するレジャーシート。コールマン・ロゴス・ヨドバシ・コストコ・ケシュア・インディゴなどのメーカーからサイズも特徴もさまざまなシートが販売されています。しかし機能もデザインも豊富過ぎて、一体どれを選んだら良いか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レジャーシートの選び方のポイントと、Amazonや楽天などの通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。防水機能や飛ばない工夫がされているものなど特徴的な商品も登場するので、ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
最終更新日:2017年10月17日 | 16,717views

レジャーシートの選び方のポイント

使用シーンに適したレジャーシートを選べばアウトドアがもっと楽しく、食事もおいしく感じるようになりますよ。これから紹介するポイントをしっかりと確認し、あなたにぴったりのレジャーシートを選んでいきましょう。

使用人数に合ったサイズを選ぼう

Loading
レジャーシート選びにおいて、まず最初にチェックしておきたいのがサイズです。使用人数に対してサイズが小さすぎても窮屈で、大きすぎてもスペースを持て余してしまいます。

商品によって目安の人数が表記されているものもありますが、ゆったりと余裕を持って使用したいなら1人1畳(180cm×90cm)を目安に、2人用なら2畳サイズというように使用人数に合わせて選んでください。若干サイズが大きい程度であれば困ることもありませんので、荷物を置くことを考えてすこし大きめのサイズを選ぶとよいでしょう。

また遠足用など、小さなお子様1人用にレジャーシートを購入する場合には、60cm×90cmのコンパクトサイズを選ぶのもおすすめです。

耐水・防水性があるものを選ぼう

前日に雨が降っていて地面が濡れている。そんなときにも安心して使えるように、耐水や防水性に優れたものを選びましょう。雨や地面の汚れだけでなく、食べ物や飲み物をこぼしてしまったときにも、簡単に汚れをふき取ることができますよ。

クッション性の高いものを選ぼう

地面の凹凸が気にならず長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいものを選ぶためにも、クッション性の高い厚手のものを選ぶことが大切です。快適でリラックスできる座り心地を届けてくれるのはもちろん、そのまま寝てしまっても身体を優しく包み込んでくれるでしょう。内部にウレタンやEVA素材など、クッション性の高い素材が使われているものを選んでくださいね。

収納しやすいものを選ぼう

Loading

出典:matadorup.com

収納性の良いレジャーシートを選ぶと、より気軽にレジャーシートを使うことができますよ。ポケットに入るような商品を選べば、ちょっとお散歩に出かけたときや、途中でお天気が良くて芝生でゆっくりしたくなったときなどに便利です。

また、収納袋が付属しているものや、シートを折りたたむとバッグのように変形する商品も販売されています。このような商品を選べば専用の袋を用意する必要がなくなりますので、車や自転車から降ろしたあとの持ち運びや家でも保管がさらに楽になりますよ。

触り心地の良さも重要なポイント

直接肌に触れるレジャーシート。触り心地の良さにもこだわってみませんか。起毛素材を使用したものやフリースなどの柔らかくて暖かな素材が使用されている商品を選べば、いつまでも座っていたくなるほどゆったりと使用でき、小さなお子様も喜んで使ってくれること間違いなしです。

あると便利なプラスの機能

付いていると便利なプラスの機能にも注目。全ての機能が付いているものを選ぶ必要はありませんので、あなたの使用シーンに合った機能を選び、より快適にアウトドアを楽しみましょう。

ペグを付けて風対策

レジャーシートを使用中、強い風が吹いてきてシートがひるがえてしまった、なんて経験ありませんか?風が強い場所でも安心して使えるレジャーシートを選びたいのなら、ペグ付き商品を選びましょう。ペグを使えばレジャーシートを地面に固定することができますので、風にあおられることがなくなります。

また、ペグが付いていない商品でも、ペグ穴が付いている商品も販売されています。その場合には、お手持ちのペグを使用したり、別売りのペグを購入して風対策をしてみてくださいね。

砂対策機能で快適度アップ

砂浜でレジャーシートを使用したいと思っている方にぜひ選んでもらいたいのが、砂対策が施されている商品です。シートの端が少し高くなっていたり、砂がシートの下に落ちやすい仕組みになっていたり、砂がシートの上にのりにくい工夫がされています。砂の侵入を気にせず使用できるのはもちろん、使用後の後片付けも格段に楽になりますよ。

遮熱性が高いものを選んで冷え防止

冷えが気になる冬場の使用には、遮熱性の高いレジャーシートを選ぶことがおすすめです。裏面にアルミシートなどを貼ることで、地面から伝わる冷えがお尻に伝わるのを防ぎます。また、遮熱性が高い商品は、寒さだけでなく熱さも防いでくれますので、冬場はもちろん夏場の使用にも最適なレジャーシートと言えるでしょう。

洗濯可能ならお手入れも簡単

お手入れが簡単にできるレジャーシートを選びたいのなら、洗濯ができる商品を選びましょう。地面に直接置き、主に食事時に使用するレジャーシートはとっても汚れやすいものです。

防水加工が施されているビニール製の商品であれば簡単に汚れを落とすことができますが、フリース素材など触り心地の良さにこだわった商品はその場で汚れを落としきるのは難しいことが多いため、洗濯ができるか確認しておくことをおすすめします。

やっぱりお気に入りのデザインを選ぶことが1番

Loading
使用する面積が広いレジャーシートは、それだけ自然に目に入りやすいもの。アウトドア時の雰囲気をさらに良くするためにも、デザインにこだわって選ぶことが最も大切だと言っても過言ではありません。

特に、お子様用のレジャーシートを選ぶ際に重視したいポイントでもあります。お気に入りのデザインなら、学校行事やピクニックで気分が上がり、さらに楽しい時間を過ごせること間違いなし。

ディズニー・妖怪ウォッチ・ポケモン・トミカ・サンリオなど、人気のキャラクターが描かれたキッズ用としての商品もたくさん販売されていますので、使うのが楽しみになるようなデザインのレジャーシートを選んであげましょう。

プロの愛用するおすすめのレジャーシート

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのレジャーシートをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、屋外で快適に過ごせるレジャーシートを見つけてくださいね。

おしゃれなビーチタオルでSNS映えを狙う!

Winthome オリジナル タッセル マイクロファイバーラウンドビーチタオル
2,350円
愛用品のおすすめポイント
53dcccc44057837a252d71f43aaab742b1d4748b
テーブルウェアスタイリスト
竹之内 博子

ピクニックでのマストアイテムはレジャーシート。でもありきたりなものじゃ普通すぎておしゃれとは言えない気が…。やっぱりお洒落でSNS映えするものを選びたい!

厚手のパイル地で出来たラウンド型ビーチマットは色鮮やかな美しい柄が特徴。タッセルもかわいくて個性的!テーブルクロスとして使っても◎。SNS映え間違いなしです!

レジャーシートのおすすめ人気ランキング20選

いよいよここからは、ランキング形式で人気のおすすめ商品をご紹介します。用途やご自身の好みに合ったお気に入りのレジャーシートを見つけて、アウトドアで思いっきり活用しましょう♪

20位:ユキス レジャーシート

・サイズ:140×100cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:〇

レジャーシートがバッグに変身

本来のレジャーシートとして機能しつつ、カバンの役割も果たす2WAY商品です。カバンの状態でお弁当と水筒を入れてお出かけし、現地で広げればあら便利!最小限の荷物でお手軽にご近所ピクニックができちゃいます。

お値段は手頃ですが、機能性は良いと口コミでも高評価。しかし詰め込みすぎと、シートを広げる際に荷物を地べたに置くはめになってしまうため、注意が必要です。

19位:ザ フレンドリー スウェード ピクニックレジャーシート

The Friendly Swede ピクニックレジャーシート
1,799円(税込)

・サイズ:130×170cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:◎

北欧デザインでおしゃれに決める

こちらは、スウェーデンからやってきたレジャーシートです。大人感のある色味で、スタイリッシュな男性が持っても似合うでしょう。

撥水加工が施されており便利なのはもちろん、表面はフリースですので座り心地も快適。使わない期間は、車で腰にあてる枕代わりとして常備しておいても良いかもしれません。しかし、お手入れの大変さには注意が必要。フリース生地は汚れが落ちにくいため、食べ物をこぼしてしまった際は、使用後のお手入れに時間がかかる覚悟をしてくださいね。

18位:エーワン 昆虫レジャーシート

・サイズ:60×90cm
・耐水・防水:あり
・収納性:〇
・クッション性:△

遊びながら使える昆虫図鑑

昆虫大好きっ子にぜひおすすめしたいシートです。幼稚園や小学校の初めての遠足に持っていけば、人気者になれるかもしれませんね。

描かれているのはリアリティーある外国のかっこいい昆虫ですので、外出するきっかけにもなりそう。ただし、リアルさ満点ですので、お食事時に目に入る点が少々問題と言えるでしょう。

17位:スケーター レジャーシートS 魔女の宅急便 パン店

スケーター レジャーシート S 魔女の宅急便 パン店
378円(税込)

・サイズ:約60×90cm
・耐水・防水:あり
・収納性:〇
・クッション性:△

ジジと一緒に楽しくお出かけ

ジブリの人気者、黒猫のジジと一緒にお出かけしませんか?お子様の遠足の際や、お母さんと2人でにちょこっと公園へ遊びに行くときなど使用にぴったりなサイズのレジャーシートです。

サイズが小さいゆえ、収納もコンパクトサイズで、お子様のリュックサックにも楽々入ります。機能性よりも楽しくなるシートの方を好む方であれば、このシートをおすすめ。レジャーシートと一緒に沢山の思い出を作りましょう。

16位:ロゴス ピクニックサーモマット

ロゴス ピクニック サーモマット 73833264
4,536円(税込)

・サイズ:230×155cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:◎

温かみのあるカラーと肌触り

温かみのあるサーモンピンクと、起毛素材の気持ちの良い肌触りで、お出かけ時に癒されること請け合いのレジャーシートです。裏面にあるアルミシートにより断熱効果が期待できるため、夏場は外の熱い地面に置いても平気ですよ。

手洗い&コインランドリーでの乾燥OKですので、冬場には夏場の汚れを落としてから絨毯代わりに室内に敷くのもおすすめ。お値段は少し張りますが、使い心地の良い商品です。今回ご紹介しているサイズは6人用ですが、2人用・4人用も販売されています。

15位:スケーター レジャーシート

・サイズ:60×90cm
・耐水・防水:あり
・収納性:〇
・クッション性:△

かわいいキャラクターデザインがいっぱい

1人用サイズにキュートなディズニーデザインで、お子様用のレジャーシートに最適な商品です。クッション性はありませんが、昔ながらのシンプルなシートで、持ち運びの苦になることはありません。

今回ご紹介しているトイストーリーのほかに、ミッキー・しまじろう・ポケモン・トミカなど、お子様に大人気のデザインが続々登場しています。手頃なお値段で気軽に購入できますので、喜んで使えるようなとっておきのお子様用レジャーシートを手に入れてみてはいかがですか。

14位:Cloudy Outdoor 高弾力EVAパイプ エアー入れ不要ビーチマット

Cloudy Outdoor 高弾力EVAパイプ エアー入れ不要ビーチマット
1,480円(税込)

・サイズ:164×60×1.5cm
・耐水・防水:あり
・収納性:〇
・クッション性:◎

ポイントはパイプ状のEVA素材

座り心地・寝心地の良さにこだわった、高いクッション性を誇るのがこちらのレジャーシートです。シート全体にEVA素材を張り巡らすことで、外に居ながらもまるで家のソファのような居心地の良さを再現しました。

重量は298gなうえストラップ付きで収納性も高く、枕は空気の入れ具合で高さを調節可能。このお値段ながら、驚きの機能性を持った商品と言えるでしょう。

13位:セアリナ レジャーマット

・サイズ:190×57cm
・耐水・防水:-
・収納性:〇
・クッション性:◎

厚さ約2cmのフカフカシート

ぶ厚いのに軽いためレジャーだけでなく、災害時にすぐ持ち出せるマットとしてなど、色々な用途で使えそうな商品です。折りたたむと57cm×15.5cmx13cmサイズになりますので、ベンチ代わりとしても使用可能。フェスなどで使用すれば、長時間座っても疲れにくくなりますよ。

広げると190cmの長さになるため、長身の方も安心して選んでいただけます。ザ・マットという感じの見た目ではありますが、利便性や快適さにこだわる方にぜひおすすめしたいマットです。

12位:ブルーノ レジャーシート

・サイズ:約140×220cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:◎

ユニークデザインで差を付けよう!

一見すると色鮮やかで敬遠しがちなデザインですが、実際使用してみると落ち着いた色味だと口コミでも高評価を得ている商品です。個性的なジグザク柄も相まって、遠くからでもすぐ発見できます。人とは違うレジャーシートを選びたいという方にもおすすめしたい一品です。

厚めの素材を使用し、裏には滑りにくく保温性のある生地を採用しているため、気温変化のある季節にお花見や紅葉狩りなどを行っても安心です。また、ペグホールも付属していますので、風の強い日でも飛ばされることなく使えます。

11位:ラク 折りたたみ レジャーシート

・サイズ:150×180cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:△

リーズナブルなのに水場もOK

このお値段ながらも、しっかりとした頑丈な作りだと評判のレジャーシートです。さらに防水加工されているため、海や川など水辺でも使用可能。お食事時にうっかり飲み物を倒してしまったときや、カレーなどベタついた物をこぼしたりしてもサッと拭けば綺麗になるので使い勝手の良さも抜群です。

収納時のロゴのアピール力がやや強めですが、使用時の面はチェック柄Onlyでとても可愛らしいデザインですよ。

10位:エックスパス タッセル ラウンド

・サイズ:直径150cm
・耐水・防水:なし
・収納性:〇
・クッション性:△

レアラウンド型でおしゃれ度アップ

ラウンド型は珍しく模様もとても素敵ですので、ほかのシートに比べてグッと差が付くこと間違いなし。おしゃれ度が抜群に高いため、写真映えにも期待できる商品です。

レジャーマットとしても活躍するのはもちろんのこと、ほかにもラグ・タオルなどさまざまな用途にも対応し、レジャーで使わないときにはインテリア用ラグとして使うのもおすすめです。また丸洗いも可能ですので、アウトドアで汚れても綺麗な状態を保つことができますよ。

9位:丸和貿易 ピクニックル

・サイズ:約130×150cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:◎

肩掛けカバン収納で両手は自由

可愛く肩掛けカバンのように持ち運びできるため、レジャーで荷物が多いときなどにとても便利。こちらのチェック柄を含めて、全6デザインが展開されていますので、お気に入りの色を見つけて色んな場所にお出かけしてみてはいかがですか。

広げると適度な厚みで座り心地が良く、汚れも軽い力で拭き取れる素材を採用。お手入れしやすく、小さなお子様が居るご家庭にもおすすめのレジャーシートです。

8位:ビスク ガーデンパーティーレジャー リバーシブルシート

ガーデンパーティー レジャー リバーシブルシート
2,160円(税込)

・サイズ:180×140cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:△

1枚で2つのデザインを楽しめる

表面はシンプルな赤色のジグザク模様、そして裏面は青色で可愛いロゴ柄のリバーシブル仕様が特徴のリバーシブル商品です。いつものメンバーでよく行くレジャーでも使用する面を変えることで、毎回気持ちを変えてお出かけできます。

カラーは2色展開となっており、もう1つは青色メインのジグザグデザインです。どちらもキュートですので、選べず悩んでしまうかも。持ち運びするための大きめなビニールバックも付いており、汚れや水が付きやすい夏の海辺へのお出かけ時の使用にも最適です。

7位:ベルメゾン 向かい合って座れる組み合わせ自由なレジャーシート

ベルメゾン 向かい合って座れる組み合わせ自由なレジャーシート
4,536円(税込)

・サイズ:約140×47cm(1枚)
・耐水・防水:あり
・収納性:〇
・クッション性:◎

あなただけの使い方がきっと見つかる

今までになかった4枚に分かれるレジャーシートです。自由に組み合わせることができるので、向かい合って座ったり横に長く並べられたりと、場所を選ばず多種多様な使い方ができます。1人に1枚ずつ配り、自由に好きな場所で過ごすのも良いでしょう。

撥水加工が施されているため、外だけでなく家の中の水場回りなどの使用にもおすすめ。繋げるとき用のテープも付属しているため、勝手に離れる心配もありませんよ。しかしながらお値段が張るため、この順位のランクインとなりました。

6位:イーズベーシック レジャーシート

・サイズ:136×178cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:◎

モデルさんも愛用!Allチェック柄

折りたたんだ時の見た目がとにかくオシャレでかわいいと、口コミでも人気の商品です。シートを折りたたむことで取っ手の付いたバッグのように収納でき、ベビーカーに掛けて持ち運ぶなど、お子様のピクニックデビューにもおすすめですよ。

暑い日はさらっと、涼しい日は保温のできる素材で、どんな季節でも快適な座り心地を届けます。モデルのモリキミさんも愛用しており、レジャー先では周囲から可愛いさに注目が集まる予感がしますね。今回ご紹介している4人用サイズのほかに2人用も展開されており、デザインも全8種類から選ぶことが可能です。

5位:レック クッションレジャーシートチェック

レック クッション レジャーシート チェック
1,500円(税込)

・サイズ:180×270cm
・耐水・防水:あり
・収納性:〇
・クッション性:△

この価格で驚きの機能性

裏面がアルミになっているため、雨が降った次の日など、地面が濡れているかもしれないなという日でも、全く問題なく使えます。また、お手頃な値段なのにベグ付きですので、風の強い日でも飛ばされることなく安心して使用可能です。

さらに、表のポリプロピレン・中のクッション素材・裏のアルミの3層構造なため、ちょっとやそっとでは傷まないのも魅力的。このお値段と機能性から、天気があやしいとき用のシートとしてもおあつらえ向きの商品と言えるでしょう。

4位:プラテック 天の川 3畳ストライプ

プラテック 天の川 3畳ストライプ PS-30
1,880円(税込)

・サイズ:約240×180cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:◎

3畳サイズで広々使える

こちらは2人一緒に並んで寝転がることができるほど、広々としたサイズの商品です。3畳もありますので、背が高めの方でも足が出ることなくゆったりとくつろげます。海水浴などの砂浜でも思いっきりリラックスできることでしょう。

また、デザインがシンプルなストライプ柄ですので、時と場所を選ばないもの高評価につながったポイントです。コンパクトに折りたためるうえにカラフルな手提げ袋付きのため、いつでもどこでも広げられるよう車に常備しておくのもおすすめですよ。

3位:アサヒ興洋 アンパンマン ふんわりレジャーシート

アサヒ興洋 アンパンマン ふんわりレジャーシート
1,309円(税込)

・サイズ:約180×180cm
・耐水・防水:あり
・収納性:〇
・クッション性:◎

お子様用はコレで決まり!

小さなお子様はウキウキ大喜びすること間違いなし。楽しくなるような明るい色ベースに、アンパンマンのキャラクターが沢山描かれた、お子様用に最適な商品です。

機能的にも非常に優秀で、クッション性もあるためシートの上でお子様が動き回っても痛くなく、安心して使えます。2畳サイズですので、大人2人+お子様2人くらいでも十分座れるほどのサイズです。これがあれば、いつものレジャーがもっと楽しく快適になる、そんな家族みんなが満足できるシートですよ。

アンパンマンのほかにも、きかんしゃトーマス・ハローキティ・スヌーピー・リラックマデザインが販売されていますので、気になる方はそちらもぜひチェックしてみてくださいね。

2位:スパイス バカンスマット ネイティブスカイ

バカンスマット ネイティブスカイ
2,484円(税込)

・サイズ:130×170cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:◎

防水性良し・クッション性良し・収納性良し

こちらの商品は、防水仕様にも関わらず、フワっとした優しい感触のレジャーシート。泳いで少しひんやりした身体で寝転べば、ずっとゴロゴロしたくなるような心地良さです。裏面は断熱効果がありますので、砂浜の熱さも通さず、ビーチで大活躍してくれることでしょう。

また、サイズは130cm×170cmと、4~6人ほどが座れる大きめサイズですので、少人数でも大人数にも最適。絵になる柄と色味でとっても可愛いため、使うたびにウキウキ度もアップしますよ。

折りたためば手提げバッグのようにコンパクトになり、見た目もなお可愛いらしくなりますので、デザインにこだわりたいという方にも満足していただける一品です。

1位:コールマン レジャーシート

・サイズ:約200×170cm
・耐水・防水:あり
・収納性:◎
・クッション性:◎

文句なしのベストオブレジャーシート

外でこんなに気持ち良く寝転がれるなんて!と思える程のフワフワな心地良い肌触りで圧倒的な人気のある商品です。クッション素材と起毛素材のW使いにより、こんなにもリラックスできるレジャーシートとなりました。口コミでの満足度もとても高く、機能・値段・デザイン、どれをとっても文句の付け所がありません。

もちろん収納性も高く、小さくクルッとまとめればバッグのように持ち運びができ、クッションとして車に常備しておくことも可能ですよ。

ドライブ途中に「あ、良い景色!」という時にサッと取り出して、気持ちも心もフワフワのんびりした素敵な時間を過ごすこともできるでしょう。便利なペグ付きなので、風が強い場所でも飛ばされることがなく安心して使えるのもうれしいポイント。まさにレジャーシートの理想が詰まった、ダントツでおすすめしたいベストオブレジャーシートです。

レジャーシートと一緒に選びたい便利なグッズ

風でレジャーシートが飛ばされないようにするためのペグや、食事がもっと快適になる折りたたみのミニテーブルなど、レジャーシートと一緒に購入すると便利なグッズはたくさん。以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね!

レジャーシートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、レジャーシートのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

たくさんのレジャーシートを取り上げましたが、いかがでしたか?価格と性能に優れているものや、1つの項目に特化しているものなど、ありとあらゆる商品を揃えましたので、あなたにぴったりな商品が見つかればうれしいです。

お気に入りのレジャーシートを見つけて、アウトドアでの時間を快適かつ楽しく過ごしてくださいね!

関連記事

人気の記事