1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. 健康食品・サプリメント
  6. >
  7. 【徹底比較】おすすめの栄養ドリンク12選【2020年最新版】
【徹底比較】おすすめの栄養ドリンク12選【2020年最新版】

【徹底比較】おすすめの栄養ドリンク12選【2020年最新版】

手軽に素早く栄養補給ができる「栄養ドリンク」は、忙しい現代人の強い味方。なかなか疲れが取れないときにぴったりなのですが、配合成分や味がそれぞれ違うので、どれを選んでいいものか迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の栄養ドリンク12商品を比較して、最もおすすめの栄養ドリンクを決定したいと思います。


比較検証は以下の2点について行いました。

  1. 成分評価
  2. 飲みやすさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか? 栄養ドリンクの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。なお、商品情報の1本あたりの価格は、2020年3月時点での実勢価格を記載してあります。

  • 2020年09月10日更新
  • 1,335,864 views

検証のポイント

売れ筋の栄養ドリンク12商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 成分評価

    検証① 成分評価

    まずは、成分評価の検証です。各商品持ち点を3点とし、栄養ドリンクによく含まれる、タウリン・ビタミンB群・リバオール(ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン)・アミノ酸・ニコチン酸・カフェインとイノシトール(セットで加点)・カルニチン塩化物・ローヤルゼリー・生薬の配合ごとに加点していきました。

  • 飲みやすさ

    検証② 飲みやすさ

    次に、飲みやすさの検証です。編集部でモニターを10人集め、「匂い・味・後味」の3点に注目して、5点満点で評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    エナジードリンクと違う?栄養ドリンクとは

    エナジードリンクと違う?栄養ドリンクとは

    ⼀般に栄養ドリンクと認められているものは、「医薬品」「医薬部外品」に区別されています。「レッドブル」や「モンスターエナジー」といったエナジードリンクは「清涼飲料⽔」に区分されるため、そもそも栄養ドリンクとは別カテゴリーです


    「医薬品」として販売されている栄養ドリンクは、医薬品として効果の認められた成分を配合することができ、薬機法に基づいて作られています。症状の緩和や治療に効果的で、配合されている成分も詳細に表⽰されているのが特徴。さらに、薬剤師または登録販売者のいないコンビニでは購⼊できません。


    一方で、「医薬部外品」として販売されている栄養ドリンクは、医薬品とは違い作⽤が緩やか。⼊っている成分や分量、効果などをもとに、厚⽣労働省より「指定医薬部外品」と認められています。


    以下、効果効能の表示はできないものの、コンビニやスーパーなどで購入できるエナジードリンクも紹介していますので、参考にしてみてください。

    栄養ドリンクの選び方

    栄養ドリンクの選び方

    比較検証に入る前に、まずは栄養ドリンクを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「2つのポイント」をご紹介します。今回の記事では、医学博士・工学博士である松永政司さんから、栄養ドリンクの選び方についてアドバイスを得ました。


    <昭和大学医学博士・京都大学工学博士 松永 政司さん>

    全国食品産業協議会連合会前副会長であり、北海道食品産業協議会前会長。NPO法人遺伝子栄養学研究所理事長、北海道文教大学客員教授、北海道大学FMI推進本部運営委員とマルチに活躍。遺伝子栄養学の立場で食品素材としての核酸(鮭白子DNA、ビール酵母RNA)の研究開発・普及に努める。日本病態栄養学会、国際DNA・ゲノム会議、国際ガン学会、国際ビタミン学会、アジア栄養学会などで核酸の栄養医学に関する研究成果を発表。鮭白子DNAを化粧品、育毛剤、創傷治癒剤、環境汚染物質除去フィルターとして利用する研究及び事業化を行っている。管理栄養士である深野 真季子さんとともに、『どれ飲む?いつ飲む?エナジードリンク・栄養ドリンクのすべて』(扶桑社)を出版。(現在は、Amazonや楽天ではダウンロード版を入手することが可能)


    ※なお、ランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキング付けしたものです。また、下記の選び方で記載する効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている内容・商品説明をご確認ください。

    ① 生活のパターンに応じて、必要な成分が入っているかチェック

    ひとくちに栄養ドリンクといっても、商品によって配合されている成分はバラバラです。自分にはどんな成分が必要なのかをチェックして、最適な栄養ドリンクを選びましょう。

    「疲労回復」にはビタミンB群が最適

    「疲労回復」にはビタミンB群が最適

    身体がだるくて疲れがなかなか取れないというときは、ビタミンB群・ニコチン酸アミドが配合されているものを選びましょう。ビタミンB群やニコチン酸アミドは、人が活動するためのエネルギーを作るのに重要な働きをします。


    また、食生活の乱れやアルコールの飲み過ぎなどによる疲れが気になる方は、肝機能の働きをサポートするタウリンが入っているものをチェックしてみてくださいね。

    「スポーツ疲労」にはアミノ酸がおすすめ

    「スポーツ疲労」にはアミノ酸がおすすめ

    スポーツ後の栄養補給や疲労回復のためなら、アミノ酸やビタミンB群が配合されたものを選びましょう。これらはエネルギーを作る手伝いをしたり、エネルギー源になったりします。栄養ドリンクに含まれるアミノ酸の一例は以下のとおりです。


    • グリシン
    • L-アルギニン塩酸塩
    • L-リジン塩酸塩
    • L-アスパラギン酸Na
    • L-アスパラギン酸Mg

    また、アミノ酸のなかでも人体で生成できないものを必須アミノ酸といい、特に運動時のエネルギー源となるバリン・ロイシン・イソロシンは「BCAA」と呼ばれます。BCAAは筋肉のエネルギー源になる大切な栄養素ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

    松永政司
    京都大学工学博士/昭和大学医学博士
    松永政司さんのコメント

    「体内で生成できない」という理由で、必須アミノ酸のみが注目されがちです。しかし、非必須アミノ酸に関しても、体内でエネルギーを使って生成するよりも吸収効率がよいため、必要に応じて飲み物や食べ物などから摂取するのがおすすめです。

    風邪のときには「生薬」配合のものを

    風邪のときには「生薬」配合のものを

    風邪をひいて食欲や体力が落ちてしまったときには、ビタミンB群・ビタミンC・ジオウ・ニンジンなどの生薬が配合されているものがおすすめ。これらの成分は栄養補給や疲労回復を手助けしてくれます。


    ただし、風邪薬を服用している場合はカフェイン入りの栄養ドリンクを飲むのは避けてください。風邪薬にもカフェインが含まれていることが多いので過剰摂取となり、不眠や頭痛を引き起こすことがあります。

    ② カフェイン含有量を忘れずにチェック

    カフェイン含有量を忘れずにチェック
    栄養ドリンクにはカフェインが含まれているものも多くありますが、摂取量には注意が必要です。過剰摂取すると急性中毒になってしまったり、最悪の場合は命の危険に繋がることさえあります。

    大体の目安として、栄養ドリンクに含まれるカフェインの平均数値は50mg。アメリカやカナダでは、健康な成人の1日あたりのカフェイン摂取限度量は400mg程度としています。


    コーヒーやお茶を飲むことで1日の摂取量を超えることがあるので、必ずカフェイン含有量を確認して、1日に飲む栄養ドリンクの本数にも気をつけましょう。

    松永政司
    京都大学工学博士/昭和大学医学博士
    松永政司さんのコメント
    カフェインが入っている栄養ドリンクであれば、「イノシトール(ビタミンB群の一種)」が配合されているかもチェックしてみてください。イノシトールは健康を維持するための大切な成分ですが、カフェインを摂ると同時に失われていくため、より効率的に栄養成分を摂取したいのであれば、カフェインとイノシトールが一緒に入っているものがおすすめです。

    ③ 1本飲みきれる味のものを

    1本飲みきれる味のものを

    栄養ドリンクは商品によって、甘いもの・苦いもの・酸味があるもの、なかにはフルーツ風味のものなど、味の種類が豊富です。


    しっかりと栄養成分を摂りたいのであれば1本飲みきらなければいけませんので、欲しい成分が入っていて飲みやすく、ストレスにならないものを選ぶのがポイント。飲みやすさに関しては、今回の検証の結果も参考にしてみてくださいね。

    松永政司
    京都大学工学博士/昭和大学医学博士
    松永政司さんのコメント

    栄養ドリンクは、一度飲んで味がよければそれを常飲する方が多いと思います。しかし、仕事による疲れ、睡眠不足からくる疲れ、スポーツをしたあとの疲れなど、疲労の種類はさまざま


    また、性別・年齢などもそれぞれ違いますから、個人によって摂取すべき成分や量は同一ではありません。栄養ドリンクを選ぶ際は、生活の状況に合わせて、「入っている成分が何であるか」を判断基準にされることをおすすめします。そのうえで、ご自身の気に入った風味のものを選ぶとよいでしょう。

    売れ筋の人気栄養ドリンク全12商品を徹底比較!

    栄養ドリンクの検証

    今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋ランキング上位の栄養ドリンク全12商品をすべて購入し、どれがもっともおすすめの栄養ドリンクなのかを検証しました。


    検証項目は以下の2項目としました。

    検証①:成分評価

    検証②:飲みやすさ


    なお、今回の検証商品は医薬品を除外しています

    今回検証した商品

    1. エーザイ|エーザイ チョコラBB ライト2
    2. エーザイ|エーザイ チョコラBB ハイパー
    3. エーザイ|エーザイ チョコラBB ゴールドリッチ
    4. 大同薬品工業|栄養ドリンク リオパミン3000
    5. 大正製薬|リポビタンD
    6. 大正製薬|リポビタンフィール
    7. 大正製薬|リポビタンZERO
    8. 大正製薬|ゼナF0攻力液
    9. 大正製薬|リポビタンDハイパー
    10. 大鵬薬品工業|チオビタ ドリンク
    11. 武田薬品工業|アリナミンVドリンク
    12. 興和|キューピーコーワゴールドドリンク

    検証① 成分評価

    成分評価

    まずは、成分評価の検証です。


    各商品持ち点を3点とし、栄養ドリンクによく含まれる、タウリン・ビタミンB群・リバオール(ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン)・アミノ酸・ニコチン酸・カフェインとイノシトール(セットで加点)・カルニチン塩化物・ローヤルゼリー・生薬の配合ごとに加点していきました。

    【検証結果ハイライト】すべての商品が4点以上を獲得!なかでも上位3商品は、カフェイン・イノシトールが一緒に摂れるもの

    【検証結果ハイライト】すべての商品が4点以上を獲得!なかでも上位3商品は、カフェイン・イノシトールが一緒に摂れるもの

    今回比較した商品のなかでは、どの商品も成分評価は4点以上を獲得。特に、ビタミンB群、ニコチン酸アミド(ビタミンの一種)はすべての商品に配合されていることがわかりました。


    成分評価に差がでたのは、カフェイン・イノシトールの有無や、アミノ酸が含まれているかどうかという点。なかでも、カフェインとイノシトールが同時に摂取できるのは、ノンカフェインの商品を抜いて、11商品中6商品でした。


    カフェインが含まれている栄養ドリンクを飲むことによって、イノシトール(ビタミンB群の一種)が失われてしまってはもったいないですよね。必要成分が同時にバランスよく摂れる商品が上位となりました。

    検証② 飲みやすさ

    飲みやすさ

    次に、飲みやすさの検証です。編集部でモニターを10人集め、「匂い・味・後味」の3点に注目して、5点満点で評価しました。

    【検証結果ハイライト】人工甘味料が使われていないものは後味よく飲みやすい!生薬を含む商品は、クセの強い味で飲みにくい傾向に

    【検証結果ハイライト】人工甘味料が使われていないものは後味よく飲みやすい!生薬を含む商品は、クセの強い味で飲みにくい傾向に

    検証の結果、大正製薬の「リポビタンD」が4.9点(5点満点中)を獲得し、申し分のない結果に。味調整には、人工甘味料ではなく白糖が使われており、自然な甘さとすっきりした後味が高評価につながりました。


    一方で、原材料に特別な生薬エキスが入っているかどうかで大きく味が変わることが判明。甘味料で味調整をしていても、生薬の臭みや苦味は隠しきれず、揃って評価が低くなる結果となりました。

    PR
    プロスポーツ選手も絶賛♪

    日本予防医薬イミダペプチド

    980円(税込)送料無料

    機能性と安全性を科学的に実証した「イミダペプチド」で、疲労感を根本から解決!

    何を試しても疲れがとれない…。その場しのぎの栄養ドリンクばかり飲むのは不安…とお悩みの方にぜひおすすめしたいのが、産官学の研究プロジェクトから誕生した元気ドリンク 「イミダペプチド」です。

    「元気の源」とイメージされる23種の食品成分の中で、最も高いパフォーマンスが認められた「イミダペプチド」。30歳をピークに減少するこの成分をドリンクから補充することで、疲労感の軽減をサポートできるんです♪その実力は、スタミナを消費するプロスポーツ選手も絶賛するほど!機能性と安全性も実証されているので、安心して飲み続けられるのも嬉しいポイント♪ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

    今なら2,980円相当が980円でお試しできる!

    イミダペプチド
    飲みやすい「はちみつりんご味」で愛用者も多数!10本入りのお試しセットが、初回ならなんと980円でゲットできます!もちろん送料も無料

    ぜひこの機会に、話題の「イミダペプチド」の凄さを実感してみてください♪
    No.1
    ベストバイ・栄養ドリンク
    飲みやすさNo.1

    大正製薬リポビタンD

    131円(税込)

    総合評価

    4.57
    • 飲みやすさ: 4.9
    • 成分評価: 4.2

    爽やかな口当たりで「美味しい」と高評価。成分配合バランスも良好

    大正製薬の「リポビタンD」には、タウリン1,000mgのほか、ビタミンB群・カフェイン・イノシトール・ニコチン酸アミドが配合されています。配合成分がシンプルではありますが、バランスよく配合されており栄養補給の強い味方となってくれるでしょう。

    また、カフェインとイノシトールが同時に摂取できる点も評価ポイント。添加物もほかの商品と比べて少ないのも魅力です。

    味わいは文句なしで「美味しい」と評価され、10人中9人のモニターが5点満点を付けました。栄養ドリンクによくある渋みがほとんどなく、後味もさっぱりしているのが特徴。多くの人が抵抗感なく飲める風味の栄養ドリンクです。

    特徴安い
    内容量100ml
    主成分タウリン、イノシトール、ニコチン酸アミド、ビタミンB1硝酸塩、ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6、無水カフェイン
    生薬配合-
    アミノ酸配合-
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格160円
    No.2
    クセのない風味

    大鵬薬品工業チオビタ ドリンク

    65円(税込)

    総合評価

    4.35
    • 飲みやすさ: 4.5
    • 成分評価: 4.2

    栄養成分が豊富で、口当たりもさっぱり。クセのない味が高ポイント

    「チオビタドリンク」には、タウリンが1,000mg配合されていて、ビタミンB群も豊富。カフェインとイノシトールが一緒に配合されているのも、高評価につながりました。

    飲みやすさの検証では、抵抗なく口に運べるような、やや弱めの香りが高評価を得ました。口にすると、程よい甘さと、さっぱりとした後味が好印象。

    「美味しい」とまではいきませんでしたが、グイッと栄養補給をしたいときにはちょうどよい風味でした。タウリンやビタミンB群を多めに摂りたい方にはオススメの栄養ドリンクといえます。

    特徴安い
    内容量100ml
    主成分タウリン、イノシトール、ニコチン酸アミド、チアミン硝化物(ビタミンB1)、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、カルニチン塩化物、無水カフェイン
    生薬配合-
    アミノ酸配合-
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格146円
    No.3
    タウリン高配合
    成分評価No.1

    大正製薬リポビタンDハイパー

    308円(税込)

    総合評価

    4.30
    • 飲みやすさ: 3.8
    • 成分評価: 4.8

    成分の配合バランスが取れている印象。ただ、甘みの強さは気になる

    大正製薬の「リポビタンDハイパー」は、比較した商品のなかでも、最高レベルのタウリン(3,000mg)を配合しています。また、ほかのドリンクには見られなかった「ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン」という、穀物由来の成分が入っているのも加点ポイント。


    味わいは目立って好き嫌いの分かれるような味ではなく、モニター10人が揃って3点以上を付けました。ただし、甘みの強さが気になってしまうのがネックに。


    とはいえ、タウリンの配合量のほか、ほかの栄養ドリンクにはなかった成分が配合されている点、カフェインと一緒にイノシトールが摂取できる点などが、全体の評価を上げました。
    特徴-
    内容量100ml
    主成分タウリン、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン、ローヤルゼリー、カルニチン塩化物、チアミン硝化物(ビタミンB1)、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、イノシトール 、ニコチン酸アミド、無水カフェイン
    生薬配合-
    アミノ酸配合-
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格385円
    No.4

    エーザイエーザイ チョコラBB ライト2

    148円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 飲みやすさ: 4.4
    • 成分評価: 4.0

    味わいがよく、成分評価も良好。タウリンの配合量が気になる点ではある

    チョコラBBシリーズのなかでも、カロリーの低さが特徴の「エーザイ チョコラBB ライト」。成分評価においては、ビタミンB群・アミノ酸の含有量が豊富で、5点満点中4点と高評価でした。

    また、フルーティで爽やかな香りが好印象。甘い香りではありますが、飲むとさっぱりした口当たりで、後味もすっきりしています。

    しかし、タウリンの含有量が500mgと少なかったのがネックとなり、上位には届きませんでした。

    特徴安い
    内容量100ml
    主成分ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6、ビタミンB1硝酸塩、ニコチン酸アミド、タウリン、グリシン、L-アルギニン塩酸塩、L-リジン塩酸塩、カフェイン水和物
    生薬配合-
    アミノ酸配合
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格161円
    No.5

    大正製薬リポビタンZERO

    140円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 飲みやすさ: 4.2
    • 成分評価: 4.2

    糖類ゼロは嬉しいが、人工甘味料の味が目立つ印象

    「リポビタン」シリーズでも、糖類ゼロを謳って販売されている「リポビタンZERO」。入っている成分は同シリーズの「リポビタンD」とそれほど変わらず、評価も同じ点数を獲得しました。

    香りがよく、躊躇なく一口目を口に運べるうえ、味わいもさっぱりとした甘さで悪くありません。しかし、糖類ゼロ系ドリンク特有の人工甘味料による後味がネックとなり、評価を落としました。


    糖類を摂りたくないという方なら、選択肢のひとつになる商品でしょう。
    特徴安い
    内容量100ml
    主成分タウリン、チアミン硝化物(ビタミンB1)、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ニコチン酸アミド、イノシトール、無水カフェイン
    生薬配合-
    アミノ酸配合-
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格160円
    No.6

    大正製薬リポビタンフィール

    140円(税込)

    総合評価

    4.18
    • 飲みやすさ: 4.3
    • 成分評価: 4.0

    ノンカフェインで寝る前の栄養補給に最適。風味は好みが分かれた

    大正製薬の「リポビタンフィール」は、タウリンをはじめとする7種類の栄養成分が配合されていますが、最大の特徴は、ノンカフェインというところです。


    味わいは商品の謳い文句どおり、「カシスグレープフルーツ」が再現されていて、甘さも強くなく、寝る前に飲むドリンクとしては好印象。ただ、個人よって好みは分かれる傾向にありました。


    寝る前に疲れを取り除きたいけれど、カフェインは摂りたくない方向けのドリンクです。
    特徴安い
    内容量100ml
    主成分タウリン、グリシン、チアミン硝化物(ビタミンB1)、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ニコチン酸アミド、イノシトール
    生薬配合-
    アミノ酸配合
    ノンカフェイン
    カフェイン含有量0mg
    1本あたりの価格160円
    No.7

    大同薬品工業栄養ドリンク リオパミン3000

    2,848円(税込)

    総合評価

    4.03
    • 飲みやすさ: 4.0
    • 成分評価: 4.0

    タウリン配合量が特徴的。香りと味にギャップあり

    Amazonブランド、SOLIMOの「リオパミン3000」は、タウリンが3000mgと高配合なうえ、ビタミンB群・アミノ酸も含有されています。

    成分評価は可もなく不可もなく、といった印象でしたが、飲みやすさは評価が分かれました。甘みを強く感じる香りとは反対に味はさっぱり

    タウリンを多く摂取したい方向けの栄養ドリンクといえます。
    特徴安い
    内容量100ml
    主成分チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩)、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ニコチン酸アミド、無水カフェイン、タウリン、L-アルギニン塩酸塩
    生薬配合-
    アミノ酸配合
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格60円
    No.8

    大正製薬ゼナF0攻力液

    378円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 飲みやすさ: 2.8
    • 成分評価: 4.3

    7種類の生薬を摂取できるが、飲みにくさは否めない

    「ゼナF0効力液」は、7種類もの生薬が配合されていて、風邪の初期症状の栄養補給に最適な栄養ドリンクです。これに加え、タウリン・ビタミンB群も含まれていて、成分評価では高得点を獲得。


    一方で、飲みやすさの検証では評価が伸びませんでした。薬独特のツンとした香り、一口目に感じるクセが低評価の原因に。生薬を多く含む分、口当たりは良好とはいえない結果となりました。
    特徴-
    内容量50ml
    主成分ニンジン(人参)エキス-P、ムイラプアマエキス-A、ニクジュヨウ(肉蓯蓉)エキス、シャクヤク(芍薬)エキス、カンゾウ(甘草)エキス、ケイヒ(桂皮)流エキス、生姜(ショウキョウ)流エキス、タウリン、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ニコチン酸アミド 、無水カフェイン
    生薬配合
    アミノ酸配合-
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格550円
    No.9

    エーザイエーザイ チョコラBB ゴールドリッチ

    598円(税込)

    総合評価

    3.35
    • 飲みやすさ: 2.0
    • 成分評価: 4.6

    成分評価は非常に高いが、香りと味がいまひとつ

    「エーザイ チョコラ ゴールドリッチ」は、タウリンをはじめ、ビタミンB群・アミノ酸・ローヤルゼリー・生薬などの栄養成分が豊富に含まれていて、成分評価は申し分なしの結果に。

    しかし、生薬が入っている分、どうしても薬のような苦味が目立ちます。少しある甘みも、味のバランスを崩す原因に。栄養成分を効率的に摂取したい、という方にはおすすめできる商品です。
    特徴-
    内容量50ml
    主成分ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6 、ビタミンB1硝酸塩、ローヤルゼリーチンキ、タウリン、グリシン、L-アルギニン塩酸塩、L-リシン塩酸塩、ニンジンエキス、トウキ流エキス、ショウキョウエキス、竜眼肉エキス、クコシ流エキス、ニコチン酸アミド、酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、無水カフェイン
    生薬配合
    アミノ酸配合
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格767円
    No.10

    エーザイエーザイ チョコラBB ハイパー

    340円(税込)

    総合評価

    3.10
    • 飲みやすさ: 2.0
    • 成分評価: 4.1

    栄養成分は豊富だが、独特のクセがある味に評価が分かれた

    50ml中に1,200mgと高配合のタウリンをはじめ、ビタミンB群・ニコチン酸アミド・ローヤルゼリー・生薬・カフェインが含まれた「エーザイ チョコラBB ハイパー」。成分評価は比較した商品のなかでも上位に入りました。

    しかし、生薬が配合されていることにより、薬っぽさのある苦味・ツンとした匂いが目立ちます。苦味が得意ではない方には飲みにくいドリンクでしょう。
    特徴-
    内容量50ml
    主成分ビタミンB2リン酸エステル、ビタミンB6、ビタミンB1硝酸塩、ローヤルゼリーチンキ、タウリン、グリシン、L-アルギニン塩酸塩、L-リシン塩酸塩、ガラナ流エキス、ニンジン乾燥エキス、ジョテイシエキス、ニコチン酸アミド、カフェイン水和物
    生薬配合
    アミノ酸配合
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格418円
    No.11

    武田薬品工業アリナミンVドリンク

    219円(税込)

    総合評価

    3.05
    • 飲みやすさ: 2.1
    • 成分評価: 4.0

    渋み・苦味が目立つ味わい。万人受けは期待できない

    「アリナミンVドリンク」にはタウリンが配合されていない分、タケダが開発したフルスルチアミンという、ビタミンB1誘導体を配合している点が魅力。


    ですが、味わいの評価が伸びませんでした。「ほどよい苦味に、甘みと酸味がプラス」と謳われていますが、実際に飲むと苦味・渋みが強い印象。そこにシロップのような甘さが加わり、万人が飲みやすいといえる味ではありませんでした。

    特徴-
    内容量50ml
    主成分塩酸フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)、ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、ニコチン酸アミド、L-アスパラギン酸ナトリウム、無水カフェイン
    生薬配合-
    アミノ酸配合
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格308円
    No.12

    興和キューピーコーワゴールドドリンク

    247円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 飲みやすさ: 0.5
    • 成分評価: 4.3

    生薬配合で成分評価は高いが、飲みにくさがネックに

    「キューピーコーワゴールドドリンク」には、タウリンが含まれていません。しかし、ビタミンB群やアミノ酸が多量に配合されていて高評価。

    評価を下げたのは、配合されている生薬による飲みにくさ。オキソアミヂンや人参乾燥エキスが、クセの強い香辛料のような香りの原因になっていました。
    特徴-
    内容量50ml
    主成分チアミン硝化物(ビタミンB1)、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(VビタミンB6)、ニコチン酸アミド、オキソアミヂン、ニンジン乾燥エキス、L-アルギニン塩酸塩、カフェイン水和物
    生薬配合
    アミノ酸配合
    ノンカフェイン-
    カフェイン含有量50mg
    1本あたりの価格220円

    人気栄養ドリンクの検証結果比較表

    栄養ドリンクの売れ筋ランキングもチェック!

    ご参考までに、栄養ドリンクのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

    文:小岩京夏、写真:稲垣佑季、和田咲子

    ランキング作成日:2020年3月30日

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す