• 大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング11選【漢文・古文・現代文も】のアイキャッチ画像1枚目
  • 大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング11選【漢文・古文・現代文も】のアイキャッチ画像2枚目
  • 大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング11選【漢文・古文・現代文も】のアイキャッチ画像3枚目
  • 大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング11選【漢文・古文・現代文も】のアイキャッチ画像4枚目
  • 大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング11選【漢文・古文・現代文も】のアイキャッチ画像5枚目

大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング11選【漢文・古文・現代文も】

志望大学の受験が迫っている受験生も、来年・再来年の受験をにらんで対策を始めたい高校生も、気になるのは「最適な参考書はどれか?」ということではないでしょうか。特に国語については、現代文の他に古文・漢文が必要な場合もあるため、苦手な人には悩ましいところですよね。

今回は、そんな悩みがちな国語の勉強にぴったりの参考書を厳選して11冊、ご紹介します。大手予備校の河合塾・代々木ゼミナールなどの講師陣が教える解法テクニック本から、国語の勉強に必須の語彙力アップ参考書まで、幅広くランキングでご紹介!国語が苦手な人は基礎力を、得意な人は揺るぎない自信を手に入れて、万全な態勢で受験に臨みましょう!
  • 最終更新日:2019年06月06日
  • 22,714  views
目次

大学受験用国語参考書の選び方

今回はランキングで、大学受験用の国語参考書を「漢文」「古文」「現代文」と3つに分けてご紹介しています。これはそれぞれの科目の教材を選ぶ際に、チェックしたいポイントが異なるためです。このため、選び方についても、漢文・古文・現代文の3つに分けてお伝えしていきますよ。

漢文の参考書でチェックしたいのは「句法と頻出単語」!

受験用で漢文を勉強する人は、センター漢文の点数が取れるようになりたい!という人が多いでしょう。センター漢文は、現在思うように点が取れていなくても、ポイントを押さえて、必要なことを上手に覚えられれば、満点も夢ではない科目です。漢文の参考書を選ぶには、これからご紹介する2つのポイントが押さえられるかどうかをチェックしてください。

句法をおさえ・演習できることが重要!

句法をおさえ・演習できることが重要!
とにかく漢文の勉強で押さえておくべきなのは「句法」です。レ点や一二点などの返り点の使い方などの基本的な項目はもちろん、二重否定や全否定、部分否定や限定など、同じ漢字を使っていても順番が違うと意味合いが異なることを、わかりやすく解説してくれているというのは大切です。

また、漢文や古文の参考書については、説明や解説に合わせて、演習問題も多少はあった方が良いでしょう。解説を読み込んだ後に演習問題で定着度をチェックすることもできますので、解説と併せて演習も一緒に行えるタイプがおすすめですよ。

頻出の単語や熟語の情報は掲載されている?

頻出の単語や熟語の情報は掲載されている?
漢文や古文などの「古典」と言われる分野は、単語や熟語などが現代の言葉の意味とは全く異なるということも珍しくありません。漢文の場合は、頻出の単語や時代背景を知っておくことで、スムーズに問題が解ける場合も多くあります。センター試験の場合は、分かりにくい単語には注釈が付いていることもよくありますが、そうした注釈をいちいち確認しているだけで、時間をロスしてしまう場合も。

こうした不要な時間ロスなどをなくすためにも、漢文によく出てくる単語や言葉、例えば「左」「詩仙」「詩聖」「合従策」「縦横家」などの基本用語をしっかり掲載してくれている参考書が良いでしょう。なお、単語などは暗記だけではなかなか定着しにくいものです。単語について、コラムなどで取り上げられているもの参考書であれば、より頭にも残りやすくおすすめですよ。

古文の参考書では「単語力と文法力」アップを目指す!

古文で押さえておきたいのは、とにかく単語と文法です。特に古文は単語をどれだけ覚えているかが、センターの得点にそのまま関わってくるので、絶対に勉強すべきポイントでしょう。また、古文の基本として、助動詞の意味や使い方を押さえるのも大切。こうしたことをわかりやすく勉強できるような参考書を選ぶようにしましょう。

古文の基礎力を養う「単語力」を鍛える!

古文の基礎力を養う「単語力」を鍛える!
センター古文を制するには、何を置いても単語をしっかり覚えておくことが重要です。逆に言うと、センター古文であれば、その他のことを覚えられなかったとしても、とにかくボキャブラリーを増やしておけば、8割くらいの点数は取れるようになることも。

そのため、特にセンターでだけ古文を受験するという人は、単語重視の参考書を購入することをおすすめします。さらに何度も繰り返し学習ができるよう、赤い下敷きで単語の意味などを隠せるような工夫が施された参考書を選ぶのもポイントですよ。

文法をマスターすれば受験古文はこっちのもの!

文法をマスターすれば受験古文はこっちのもの!
センター古文で押さえておきたい文法のトップは、助動詞です。この助動詞は単語と同様に、意味を覚えることが勉強法のメインとなります。ただ、助動詞には複数の意味がありますし、また接続の方法にもさまざまな特長があるので、押さえておくのはなかなか大変です。そのため、こうした複雑な助動詞の使い方について詳しく解説されているかどうかを、参考書の目次や、内容紹介ページ等でまず確認しておきましょう。

他には、敬語(尊敬・謙譲・丁寧)の解説がわかりやすいこと、敬語の使い分けについてきちんと書かれていることもポイント。また、先にお伝えした助動詞を正しく理解するための必要な基礎知識に「古文動詞の活用」があります。この古文動詞の活用は、表紙裏などに表があれば使いやすいでしょう。この古文動詞の活用に加えて、形容詞・形容動詞の語幹も掲載されていると、1冊の参考書で隅々まで網羅できるので便利ですよ。

古文常識・古典作品の知識は網羅されている?

古文常識・古典作品の知識は網羅されている?
センター試験の国語では、とにかく短時間で正しい解答を導くのが大切です。国語で時短をするためには、やはり「文章を読む速さ」を短くするのがポイント。そのためには、古文常識を知っておくのがベストでしょう。例えば古文常識の1つである「物忌み」という単語について、知識があればその後の物語もスラスラ読めますが、知らなければいちいち注釈を読んだり考えたりしなければいけませんよね。

先の例で挙げた「物忌み」以外にも「方違え」や「十干十二支」などの古文常識について、意味や使われる場面をコラムでわかりやすく書かれていると頭に入りやすいですよ。ちなみにセンター古文は有名どころの古典作品であっても、マイナーな部分が取り上げれることが多いのが特長です。ただし、古典の有名作品(例:源氏物語など)は登場人物の会話にその名が出てくることがあるので、作品名・作者・執筆年代は一致させておくと安心ですね。

現代文の参考書は「言葉と文章の読解法」に注目!

センター試験で国語を受験する場合、現代国語が100点分・古文が50点分・漢文が50点分という配点が基本です。現代国語は、論説文と小説で50点ずつ、計100点で採点されます。現代国語については、論説と小説でやや勉強するポイントが異なるので、自分が力を入れたい分野に特化している参考書を購入するのが大切です。

ボキャブラリーと漢字は基本!

ボキャブラリーと漢字は基本!
先述した通り、現代国語を勉強する場合には、論説文・小説の2つで、自分がより勉強を必要とする分野に特化した参考書を購入する必要があります。しかし、それぞれの分野を勉強する前に、確認しておいた方が良いものが2つあります。それは自分の今の「語彙力」と「漢字力」のチェックです。

論説文では漢字の問題が出ますし、語彙力にいたっては論説文でも小説でも必要です。特に熟語などに関しては、小説で熟語やことわざなどの問題が出ることもあるので、必ず勉強しておくことをおすすめします。正直、現代文は読書量が問題読解力に反映される部分が大きいもの。しかし受験勉強で読書の時間が割けないのであれば、せめて用語辞典や、語彙力強化に特化した参考書を使って、少しでもボキャブラリーを増やしておくことが大切です。

論説文の読み方を学ぶには?

論説文の読み方を学ぶには?
論説文の勉強をしたい場合は、ある程度演習が付いている参考書を選ぶと、参考書に書かれていることを理解しやすくなるでしょう。よく言われる「問題文の接続詞に注目する」とか「問題文を読んでから解く」と言った具体的なコツやテクニックが書かれていることも必要です。ただ、論説文の場合は、とにかく読解力を身につけることが大切。ここを押えておけばセンター試験だけでなく、その後の二次試験や大学に入ってからの試験、果ては入社試験などでも役に立ちます。

そのため論説文対策に使う参考書を選ぶなら、ただ単にテクニックやコツが書かれているものよりより、一つ一つ根拠が詳しく述べられている教材がおすすめ。また、講義形式で解説が展開されている参考書もいいですね。要点が整理されていて分かりやすいと、こちらも大変人気ですよ。

小説を読み解くには?

小説を読み解くには?
現代文で、論説文よりも点を上げにくいと言われるのが「小説」分野です。特にセンター試験においては有名作家の著作であっても、マイナーな作品が選ばれたりしますし、問題文の長さの関係で、十分前後関係が理解できないまま、問題を解かなければならないことも…。

そんな小説対策のために選ぶ参考書としては、登場人物の「心情の機微の追い方」を明確に書いてくれているものがおすすめです。小説は、論説文ほど接続詞などの分かりやすい解答ポイントはないように思えるかもしれません。でも実際には、どんな小説が出題されても使えるスキルはあります。小説対策にこそ、論理的に内容を分析できる力が身に付く参考書を選ぶのが大切ですよ。

【漢文編】大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング3選

さあ、いよいよ参考書ランキングの発表です。まずは漢文の受験用参考書を特選で3つ、ご紹介していきますよ。ランキングでは次に古文、最後に現代文の参考書をご紹介していくので、楽しみにしてくださいね!
3位

学研漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)

1,080円 (税込)

監修三羽邦美(東進ハイスクール講師)
特長見返しに中国史・中国文学史・日本史・日本文学史の年表付き
おすすめポイントそれぞれの句法と、演習問題の1問1問に丁寧な解説がついて、出来ないをそのままにしないで済む。
2位

学研漢文早覚え速答法 パワーアップ版 (大学受験VBOOKS)

1,080円 (税込)

監修田中雄二(著者)
特長押さえるべきポイントがコンパクトにまとめられており、見やすい。
おすすめポイントシンプルですっきりとした解説なので、丸暗記が苦手で…という人や、漢文句法や漢字の最終チェックに使える参考書を探している人におすすめ。
1位
大学受験国語参考書 中経出版 原安宏の 漢文句形・単語が面白いほどわかるスペシャルレクチャー 1枚目
出典:amazon.co.jp

中経出版原安宏の 漢文句形・単語が面白いほどわかるスペシャルレクチャー

1,404円 (税込)

監修原 安宏(代々木ゼミナール講師)
特長対話形式で進むため、授業を受けているように頭に入ってきやすい。句法や単語が体系的に解説されているので、頭の中が整理されやすい。
おすすめポイントただ文章を読むのではなく、物事をストーリーでとらえたい人におすすめ。

おすすめ人気【漢文編】大学受験用国語参考書の比較一覧表

商品画像
1
大学受験国語参考書 中経出版 原安宏の 漢文句形・単語が面白いほどわかるスペシャルレクチャー 1枚目

中経出版

2
大学受験国語参考書 学研 漢文早覚え速答法 パワーアップ版 (大学受験VBOOKS) 1枚目

学研

3
大学受験国語参考書 学研 漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ) 1枚目

学研

商品名

原安宏の 漢文句形・単語が面白いほどわかるスペシャルレクチャー

漢文早覚え速答法 パワーアップ版 (大学受験VBOOKS)

漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)

特徴授業型?いえいえまるで個人レッスンのような漢文参考書!愛され続けて20年以上!漢文参考書の老舗的存在!受験漢文のための超ロングセラー参考書!
価格1,404円(税込)1,080円(税込)1,080円(税込)
監修原 安宏(代々木ゼミナール講師)田中雄二(著者)三羽邦美(東進ハイスクール講師)
特長対話形式で進むため、授業を受けているように頭に入ってきやすい。句法や単語が体系的に解説されているので、頭の中が整理されやすい。押さえるべきポイントがコンパクトにまとめられており、見やすい。見返しに中国史・中国文学史・日本史・日本文学史の年表付き
おすすめポイントただ文章を読むのではなく、物事をストーリーでとらえたい人におすすめ。シンプルですっきりとした解説なので、丸暗記が苦手で…という人や、漢文句法や漢字の最終チェックに使える参考書を探している人におすすめ。それぞれの句法と、演習問題の1問1問に丁寧な解説がついて、出来ないをそのままにしないで済む。
商品リンク

【古文編】大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング3選

漢文の参考書の次は、受験の古典分野でも苦手にする人が多い「古文」です。特に理系の学生から「苦手!」という声があがりやすい、古文の勉強に必ず使える厳選の3冊をご紹介します!
3位
大学受験国語参考書 スタディカンパニー 古文単語ゴロゴ 1枚目
出典:amazon.co.jp

スタディカンパニー古文単語ゴロゴ

972円 (税込)

監修板野博行(東進ハイスクール及びイエジュク講師)
特長覚えにくい古文単語を、頭に入りやすく印象的に覚えられるように、ユニークなゴロ合わせで覚えられる。
おすすめポイント再頻出の古文単語と、難関大までカバーできる古文単語など、レベルに合わせて選べるのがおすすめ。また電子書籍としてスマホでも使えるのもポイント。
2位

河合出版ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

756円 (税込)

監修井上摩梨・河内さやか・武田博幸・藤森祥吾・山崎瑛二・弓丘はづき・(いずれも河合塾講師)
特長勉強する人のレベルに合わせて「ポイント」「基本ドリル」「練習ドリル」と使い分けられる。
おすすめポイント自分のレベルに合ったものから学習を始めることができるため、無駄な時間を費やさなくて良いのがおすすめ!
1位
大学受験国語参考書 東進ブックス 富井の古典文法をはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験 名人の授業シリーズ) 1枚目
出典:amazon.co.jp

東進ブックス富井の古典文法をはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験 名人の授業シリーズ)

1,188円 (税込)

監修富井健二(東進ハイスクール。東進衛星予備校)講師
特長受験に必要な古文の知識を最大限にシンプル化し、最短の時間で受験古文を押さえられる。古文の勉強にたくさんの時間が割けなくても、きちんとベースが押さえられる。
おすすめポイント10年ぶりの改訂で、付属の音源が無料ダウンロード形式になったりと、高校生に寄り添い使いやすく考えられている。

おすすめ人気【古文編】大学受験用国語参考書の比較一覧表

商品画像
1
大学受験国語参考書 東進ブックス 富井の古典文法をはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験 名人の授業シリーズ) 1枚目

東進ブックス

2
大学受験国語参考書 河合出版 ステップアップノート30古典文法基礎ドリル  1枚目

河合出版

3
大学受験国語参考書 スタディカンパニー 古文単語ゴロゴ 1枚目

スタディカンパニー

商品名

富井の古典文法をはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験 名人の授業シリーズ)

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

古文単語ゴロゴ

特徴10年ぶりに改訂!授業よりわかりやすい受験古文用参考書...レベルに合わせて使い分け!効率よく古文の勉強が進められる♪スナイパーのように頻出単語に照準を当てよう!
価格1,188円(税込)756円(税込)972円(税込)
監修富井健二(東進ハイスクール。東進衛星予備校)講師井上摩梨・河内さやか・武田博幸・藤森祥吾・山崎瑛二・弓丘はづき・(いずれも河合塾講師)板野博行(東進ハイスクール及びイエジュク講師)
特長受験に必要な古文の知識を最大限にシンプル化し、最短の時間で受験古文を押さえられる。古文の勉強にたくさんの時間が割けなくても、きちんとベースが押さえられる。勉強する人のレベルに合わせて「ポイント」「基本ドリル」「練習ドリル」と使い分けられる。覚えにくい古文単語を、頭に入りやすく印象的に覚えられるように、ユニークなゴロ合わせで覚えられる。
おすすめポイント10年ぶりの改訂で、付属の音源が無料ダウンロード形式になったりと、高校生に寄り添い使いやすく考えられている。自分のレベルに合ったものから学習を始めることができるため、無駄な時間を費やさなくて良いのがおすすめ!再頻出の古文単語と、難関大までカバーできる古文単語など、レベルに合わせて選べるのがおすすめ。また電子書籍としてスマホでも使えるのもポイント。
商品リンク

【現代文編】大学受験用国語参考書のおすすめ人気ランキング5選

それでは最後に、一番点数をあげにくいとされる「現国」についての、おすすめの参考書について解説していきます!何度も反復して読んで、現国を得点源まで引き上げてみてくださいね!
5位

桐原書店頻出入試漢字コア2800―新版完全征服

788円 (税込)

監修桐原書店編集部
特長大学受験に頻出する漢字を体系的に勉強できる。入試頻出=社会に出ても必要な漢字ということなので、大学受験以降でも便利に使える。
おすすめポイント隙間時間にもしっかり勉強を進められるため、別教科の勉強をしている合間の息抜きとしても使えるのがおすすめ。
4位
大学受験国語参考書 河合出版 ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES) 1枚目
出典:amazon.co.jp

河合出版ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

886円 (税込)

監修牧野剛・吉田秀紀・前島良雄・三浦武・後藤禎典(河合塾講師)
特長受験頻出の語彙を、テーマ別に分けて掲載しているので、苦手分野の克服に役立つ。語彙力の強化で文章読解力をも上げられる1冊。
おすすめポイントテーマごとに言葉を身につけられるので、少しずつであっても確実に言葉を頭に入れることができる。
3位
大学受験国語参考書 河合出版 入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ) 1枚目
出典:amazon.co.jp

河合出版入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)

1,008円 (税込)

監修荒川久志・石川匠・立川芳雄・野島直子・晴山亨(全員河合塾講師)
特長センター試験で現代文を受験する際の基礎力の底上げに特化されている。
おすすめポイント苦手ではないが、現代文の得点が伸び悩んでいる人向け。どう読めば「ズレた解答」にならないかが分かりやすく、間違いやすかった「ズレ」の部分も客観的に理解できる。
2位
大学受験国語参考書 語学春秋社 出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ) 1枚目
出典:amazon.co.jp

語学春秋社出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

1,296円 (税込)

監修出口汪(東進ハイスクールおよびS.P.S.の現代文・小論文講師)
特長授業形式の現代文参考書。文章読解力を身につけるという点で、社会人にもファンが多いシリーズ。
おすすめポイント数ある現代文参考書の中でも、論理的な読解法を示している点が珍しい。現代文が苦手な理系志望者にはもちろん、文系志望でもっと「確実」な根拠をもって解答を導きたい人にもおすすめ。
1位
大学受験国語参考書 河合出版 現代文と格闘する (河合塾シリーズ) 1枚目
出典:amazon.co.jp

河合出版現代文と格闘する (河合塾シリーズ)

1,390円 (税込)

監修竹国友康・前中昭・牧野剛(全員河合塾講師)
特長論理的解法だけでなく、「文章を読み取るセンス」までも身につけられるような秀逸なコラムが多め。
おすすめポイントテクニックだけでなく、真の読解力を身につけていきたい受験生におすすめ。センター試験用の参考書を読破し、難関大試験用の対策を始めようとする人にも最適。

おすすめ人気【現代文編】大学受験用国語参考書の比較一覧表

商品画像
1
大学受験国語参考書 河合出版 現代文と格闘する (河合塾シリーズ) 1枚目

河合出版

2
大学受験国語参考書 語学春秋社 出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ) 1枚目

語学春秋社

3
大学受験国語参考書 河合出版 入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ) 1枚目

河合出版

4
大学受験国語参考書 河合出版 ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES) 1枚目

河合出版

5
大学受験国語参考書 桐原書店 頻出入試漢字コア2800―新版完全征服 1枚目

桐原書店

商品名

現代文と格闘する (河合塾シリーズ)

出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

頻出入試漢字コア2800―新版完全征服

特徴センター対策はもちろん難関大までばっちり対応!現代文は「論理的に解答を導ける」と断言する、ロングセラ...問題文・解答の仕方のポイントを押さえて丁寧に解説!大学進学時までに知っておきたい言葉が盛りだくさん!受験勉強の隙間時間は漢字の勉強に!これで社会人まで漢字...
価格1,390円(税込)1,296円(税込)1,008円(税込)886円(税込)788円(税込)
監修竹国友康・前中昭・牧野剛(全員河合塾講師)出口汪(東進ハイスクールおよびS.P.S.の現代文・小論文講師)荒川久志・石川匠・立川芳雄・野島直子・晴山亨(全員河合塾講師)牧野剛・吉田秀紀・前島良雄・三浦武・後藤禎典(河合塾講師)桐原書店編集部
特長論理的解法だけでなく、「文章を読み取るセンス」までも身につけられるような秀逸なコラムが多め。授業形式の現代文参考書。文章読解力を身につけるという点で、社会人にもファンが多いシリーズ。センター試験で現代文を受験する際の基礎力の底上げに特化されている。受験頻出の語彙を、テーマ別に分けて掲載しているので、苦手分野の克服に役立つ。語彙力の強化で文章読解力をも上げられる1冊。大学受験に頻出する漢字を体系的に勉強できる。入試頻出=社会に出ても必要な漢字ということなので、大学受験以降でも便利に使える。
おすすめポイントテクニックだけでなく、真の読解力を身につけていきたい受験生におすすめ。センター試験用の参考書を読破し、難関大試験用の対策を始めようとする人にも最適。数ある現代文参考書の中でも、論理的な読解法を示している点が珍しい。現代文が苦手な理系志望者にはもちろん、文系志望でもっと「確実」な根拠をもって解答を導きたい人にもおすすめ。苦手ではないが、現代文の得点が伸び悩んでいる人向け。どう読めば「ズレた解答」にならないかが分かりやすく、間違いやすかった「ズレ」の部分も客観的に理解できる。テーマごとに言葉を身につけられるので、少しずつであっても確実に言葉を頭に入れることができる。隙間時間にもしっかり勉強を進められるため、別教科の勉強をしている合間の息抜きとしても使えるのがおすすめ。
商品リンク

他の教科の対策も万全にしたいなら!

今回は、漢文・古文・現代文の対策に役立つ参考書をご紹介してきましたが、その他の教科の対策についても万全にしておきたいなら、以下の記事もおすすめ。受験勉強をサポートしてくれる教材をたくさんご紹介しておりますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

大学受験用国語参考書の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、現代文・古典の参考書・問題集のAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

さて、ここまでご紹介してきた大学受験用国語参考書ランキング11選はいかがでしたでしょうか。あなたの苦手を克服してくれそうな教材や、逆にあなたの得意をもっと伸ばしてくれるような参考書はみつかりましたか?国語はコツさえつかめれば、グンと点数を上げることも可能な教科です。どうかあなたにぴったりの参考書を見つけて、国語を得意科目にしてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す