1. TOP
  2. >
  3. ベビー・キッズ
  4. >
  5. マタニティ用品
  6. >
  7. 妊娠中にもおすすめのアロマオイル人気ランキング5選【つわりに効くの?】
  • 妊娠中にもおすすめのアロマオイル人気ランキング5選【つわりに効くの?】のアイキャッチ画像1枚目
  • 妊娠中にもおすすめのアロマオイル人気ランキング5選【つわりに効くの?】のアイキャッチ画像2枚目
  • 妊娠中にもおすすめのアロマオイル人気ランキング5選【つわりに効くの?】のアイキャッチ画像3枚目
  • 妊娠中にもおすすめのアロマオイル人気ランキング5選【つわりに効くの?】のアイキャッチ画像4枚目
  • 妊娠中にもおすすめのアロマオイル人気ランキング5選【つわりに効くの?】のアイキャッチ画像5枚目

妊娠中にもおすすめのアロマオイル人気ランキング5選【つわりに効くの?】

爽やかで優しい香りなど、臭いに敏感な妊娠中の方にも人気のアロマオイル。アロマオイルそのものにはつわりへの効果はありませんが、お気に入りの香りで気分転換をはかることができます。レモンやベルガモットなど製油の原料によって、さまざまな香りを楽しめますが、一方で妊娠中の使用に向かないものもあり、どれを選べばよいか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、妊娠中にもおすすめのアロマオイルの選び方とおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。通販サイトでも多く販売されているので、お好みのものを見つけてゆったりしましょう。

  • 最終更新日:2020年09月04日
  • 40,334  views
目次

妊娠中にもおすすめのアロマオイルの選び方

それではさっそく、妊娠中にも使えるアロマオイルの選び方をご紹介します。

100%天然の精油を使用したものを選ぶ

100%天然の精油を使用したものを選ぶ

アロマオイルを選ぶときは、精油(エッセンシャルオイル)を100%使用したものを選ぶようにしましょう。特に「AEAJ表示基準適合認定精油」と表示しているブランドのものがおすすめです。アロマテラピー関連で唯一の公益法人であるAEAJが設けた表示基準にクリアした証なので、生産地などの製品情報が気になる方にもぴったりですよ。

さっぱり系の香りがおすすめ!

アロマオイルに使用されている精油の種類によって、期待できる効果も変わります。ここでは妊娠中の使用に向いている精油を3つご紹介します。

親しみのあるレモンは爽やかさを求めるときにぴったり

親しみのあるレモンは爽やかさを求めるときにぴったり

料理のアクセントとして使用されることが多いレモン。香りが爽やかなので、気分転換したいときにもおすすめです。甘さとすっきり感のあるみずみずしい香りで、初めての方でも試しやすいですよ。

すっきりとした爽やかさが目立つベルガモット

すっきりとした爽やかさが目立つベルガモット

ベルガモットは紅茶などの香りづけにも使われる柑橘系の植物。すっきりとした爽やかさが目立ち、男女問わず好まれる香りです。ゆったりしたいときに取り入れてみましょう。

広い世代に人気のスイートオレンジ

広い世代に人気のスイートオレンジ

アマダイダイとも呼ばれるスイートオレンジは、広い世代に人気のフルーティーな香りで、リフレッシュしたいときにおすすめです。生活にうまく取り入れると、妊娠中も楽しく過ごせるでしょう。

避けた方がよい原料の種類も覚えておこう

避けた方がよい原料の種類も覚えておこう

アロマオイルの中には妊娠中の使用に向かないものも。誤って選ばないように、避けた方がよいものをしっかりおさえましょう。特にハーブ系の製品は、アロマに限らず妊娠中の使用に対する安全性が確認されていないものも多くあります。医薬品との相互作用を持つものも少なくないので、迷った場合はお医者さまへ相談することをおすすめします。


その中でもなるべく控えたいのは、体内への影響が懸念されるジャスミン・ラベンダー・カモミール・ローズマリー・フェンネル・セージ・ペパーミント・ゼラニウムなど。妊娠中のデリケートな身体に使用した場合、思わぬ不調を引き起こすことにもなりかねません。またカモミールはキク科の植物なので、アレルギーがある方も気を付けましょう。


お茶として親しまれているジャスミンも要注意です。妊娠中にかかわらず、精油が直接肌に炎症やかゆみを起こす可能性があるとも言われています。いつもより肌がデリケートになっている妊娠中は、特に注意しましょう。

つわりにおすすめのアロマオイル人気ランキング5選

それでは、つわりにおすすめのアロマオイルをランキング形式でご紹介します。今回は天然の精油(エッセンシャルオイル)に絞ってピックアップしました。


ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの人気ランキング(2020年5月29日時点)をもとにして、編集部独自で順位付けしています。


なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている内容・商品説明をご確認ください。

5位
原料グレープフルーツ・レモン・マンダリン
容量10ml
認証
4位
原料レモン・グレープフルーツ・ベルガモット
容量10ml
認証
3位
原料レモン
容量30ml
認証
2位
原料レモン
容量10ml
認証
1位
原料ベルガモット
容量10ml
認証

人気つわりにおすすめのアロマオイル比較一覧表

商品画像
1
つわり アロマオイル 香りと暮らす ベルガモット  1枚目

香りと暮らす

2
つわり アロマオイル 香りと暮らす レモンオイル 1枚目

香りと暮らす

3
つわり アロマオイル インセント レモン  1枚目

インセント

4
つわり アロマオイル ウォーターワールド マタニティリフレッシュ 1枚目

ウォーターワールド

5
つわり アロマオイル うたた寝屋 アロママ 妊婦用ブレンドアロマ 1枚目

うたた寝屋

商品名

ベルガモット

レモンオイル

レモン

マタニティリフレッシュ

アロママ 妊婦用ブレンドアロマ

特徴やさしいフルーティーな香りが人気のベルガモットシャープな香りでフレッシュな気分に◎フレッシュで馴染みある香り。初めて購入する方にも甘酸っぱい香りでスカッと!妊婦の方向けに開発されたアロマ爽やかな3つの柑橘系アロマで気分すっきり!
最安値
880
送料要確認
詳細を見る
440
送料要確認
詳細を見る
1,085
送料要確認
詳細を見る
1,698
送料別
詳細を見る
1,848
送料無料
詳細を見る
原料ベルガモットレモンレモンレモン・グレープフルーツ・ベルガモットグレープフルーツ・レモン・マンダリン
容量10ml10ml30ml10ml10ml
認証
商品リンク

アロマオイルを使う際の注意点

アロマオイルはその効果の高さゆえに、いくつかの注意点があります。必ず以下の事に気を付けて使用してくださいね。

原液のままなど、濃度の高い状態では使用しない

原液のままなど、濃度の高い状態では使用しない

アロマオイルは、自然界にある植物の香り成分を数百倍以上に濃縮したものです。原液そのままや濃いままで肌に使うことは避け、必ず薄めるか調節して使用しましょう。


ハンカチやティッシュにしみこませて芳香浴をする場合は1~2滴程度、沐浴の場合は全身浴で1〜5滴、半身浴や手足浴で1〜3滴を濃度の目安とし、よくかき混ぜてから楽しんでください。

使用前にパッチテストを行う

使用前にパッチテストを行う

肌が敏感になっている妊娠中の方やアレルギー体質の方は、使用前に必ずパッチテストを行いましょう。正しい使用濃度まで希釈したブレンドオイルを前腕部の内側などに少し塗り、1~2日ほど放置します。万が一反応が出てしまった場合には、大量の水でしっかりと洗い流してください。


ただしレモン・グレープフルーツ・ベルガモットなどは、日光に当たることでシミなどを起こす可能性もあります。塗布した部分を日光にあてないよう注意が必要です。

アロマディフューザーでお部屋全体良い香りに!

アロマオイルの香りをお部屋全体に広げてくれる、アロマディフューザー。有効活用して気分をリフレッシュしましょう!以下の記事でたくさんご紹介していますので、併せて参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は、香りに敏感な妊娠中にもおすすめのアロマオイルを人気ランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたか?


避けるべき種類には十分注意する必要がありますが、日常生活に簡単に取り入れられるアロマオイルは心強い味方。今回の記事を参考にお気に入りのアロマオイルを見つけて、快適なマタニティライフを過ごしてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す