• 【ストレス解消に!】アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【ストレス解消に!】アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【ストレス解消に!】アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【ストレス解消に!】アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【ストレス解消に!】アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【ストレス解消に!】アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選

数え切れないほどの種類があるアロマオイルは、日常に上手く取り入れることで生活を豊かにしてくれる存在です。疲労回復・眠気覚まし・鎮痛・殺菌など効果は様々ですが、中でもストレス解消は需要が高い効果。精油の力と良い香りでストレスを緩和できたら、忙しい現代人にとっては嬉しいことですよね。

そこで今回は、市販されているアロマオイルの中から、ストレス解消におすすめのアロマオイルをランキング形式でご紹介します。自分に合ったアロマオイルを見つけて、生活の中にちょっとしたリラックス・タイムを作ってくださいね。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 16,979  views
目次

アロマオイルの選び方

アロマオイルの数は多く、選ぶときの指針となる要素もさまざま。ですが、体に取り入れるものなので、選ぶときは慎重にならなければいけません。自分に合わない香りや質の悪いものを選んでしまっては、せっかくのストレス解消効果も台無しです。

自分に合った上質なアロマオイルを選ぶために、以下で主な選び方についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

香りの種類で選ぶ

香りの種類で選ぶ
アロマオイルにはいくつか香りの種類があります。香りはダイレクトに体に作用するものなので、アロマオイルを使うときは効果だけでなく香りの好みも重要です。自分の好きな香りの種類を選ぶことでストレス解消効果もグッと上がるでしょう。

基本的な香りの種類は7つ。それぞれ好き嫌いがあるので、自分の好きな種類を見つけられれば、選ぶときに間違いが少なくなります。以下に基本的な種類を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フローラル系

フローラル系
主に花から抽出される種類。香りの特徴は多種多様ですが、甘く柔らかな香りや、華やかな香りのものが多いです。よほど特徴的な香りの花でない限り、万人受けするものが多いのも特徴です。優しい香りが多いので、ディフューザーなどで部屋に拡散させる使い方もおすすめ。

【フローラル系の主なアロマオイル】ラベンダー、ローズ、ゼラニウム、ネロリ 他

樹木系(ウッディ系)

樹木系(ウッディ系)
樹皮・葉・枝などから抽出される種類。森林浴をしているような、爽やかで清々しい香りが特徴です。アロマオイルをお風呂に1~2滴垂らしてアロマバスにすれば、木でできたお風呂に入っているような気分が味わえます。

【ウッディ系の主なアロマオイル】ティートゥリー・ユーカリ・サイプレス・ローズウッド 他

樹脂系

樹脂系
樹木の樹脂から抽出される種類。重厚感と甘さのある香り。また液体の粘度が他のものより高いです。粘度が高いだけあって香りの持続力が高いものが多いので、慣れていない方は少量をハンカチなどに垂らす使い方から始めてみましょう。

【樹脂系の主なアロマオイル】フランキンセンス・ベインゾン・ミルラ・ガルバナム 他

ハーブ系

ハーブ系
ハーブの葉や種などから抽出される種類。やや苦味のある、清涼感の強い香り。殺菌効果を持つものもあります。鼻にスッと抜けるような爽やかな香りが多いので、仕事中や勉強中にもおすすめです。ハンカチに1~2滴垂らしてバッグに入れておけば、勤務先や学校でも気軽にリフレッシュできるでしょう。

【ハーブ系の主なアロマオイル】ペパーミント・マジョラム・クラリセージ・タイム 他

柑橘系

柑橘系
柑橘系の果実から抽出される種類。爽やかでフレッシュな香りが特徴です。香りの持続力が低いものが多いので、あまり気負わず気軽に使用できます。果皮から抽出するものが多いので、果実そのものの香りのイメージに近く、試香しなくてもイメージが沸きやすいという特徴もあります。

また、柑橘系のアロマオイルは他の種類のものより酸化しやすいので、開封後半年以内に使い切ったほうがいいでしょう。

【柑橘系の主なアロマオイル】スイートオレンジ・マンダリン・ベルガモット・ユズ 他

オリエンタル系

オリエンタル系
東南アジアや中東を思わせるエキゾチックな香りの種類。重く甘い香りが特徴。この種類ではイランイランやサンダルウッドなどが有名です。

香りが強く、持続性の高いものが多いので、使用する量には注意が必要。反面、少量でも香りが長持ちするので、コストパフォーマンスがいいとも言えるでしょう。最初はティッシュに垂らして使うなど、拡散しすぎない方法から始めるのがおすすめ。

【オリエンタル系の主なアロマオイル】イランイラン・ベチバー・サンダルウッド・パチュリ 他

スパイス系

スパイス系
スパイス類から抽出される種類。少々ピリッとした香りが特徴。スパイス類は料理にも使いますが、そういったものよりも少し香りが柔らかくなっています。スパイシーさがあるので好みが分かれます。最初はティッシュに垂らしてみるなど、少量づつ拡散させず使う方法がおすすめです。

【スパイス系の主なアロマオイル】カルダモン・クローブ・ジンジャー・クミン 他

効果で選ぶ

効果で選ぶ
一口にストレス解消効果と言っても、のんびりとした穏やかな気持ちにさせてくれるものもあれば、心をスッキリさせて活動的にさせてくれるものもあります。

ストレスをどう解消したいかは人によってさまざま。例えばストレスでイライラしているときは心を落ち着かせてくれるアロマオイルを、逆に無気力になってしまっているときはスッキリするアロマオイルを遣うなど、自分は今どんな気持ちなのかを把握して、それに合った効果のものを選びましょう。余裕があれば複数ストックしておき、気分に合わせて使ってもいいかもしれません。

ノートで選ぶ

ノートで選ぶ
ノートとは揮発速度、つまり香りの持続時間のこと。早い(トップノート)・普通(ミドルノート)・遅い(ベースノート)の3種類で、一般的にトップノートは30分~2時間ほど、ミドルノートは2時間~6時間ほど、ラストノートは6時間以上で中には数日間持続するものもあるとされています。

単体で使う分にはあまり意識しなくてもいいかもしれませんが、複数のアロマオイルをブレンドして使いたい場合はノートの組み合わせが関わってくるので、そこもチェックしたほうがいいでしょう。

また、持続力が高いと体や室内に長時間香りが残ってしまいますので、アロマオイルを初めて使う方は、最初はトップノートのアロマオイルから始めたほうがいいかもしれません。

信頼性で選ぶ

信頼性で選ぶ
体と心の健康に寄与してくれるアロマオイルですが、市販されているものの中には品質の粗悪なものや、合成香料を使用しているものもあります。粗悪なアロマオイルを購入してしまうのを防ぐのに一番いいのは、信頼できるブランドのものを購入すること。100%天然のアロマオイルを長年取り扱っている、実績のあるブランドを選ぶようにしましょう。

また、日本アロマ環境協会という公益社団法人が、各ブランドに対し表示基準の認定をしています。日本アロマ環境協会の公式ホームページで認定したブランドの一覧をチェックできますので、品質表示の信頼度を確かめたい場合はそちらも確認してみてください。

ストレス解消に効くアロマオイルおすすめ人気ランキング10選

ここからはストレス解消におすすめのアロマオイルのランキングを見ていきましょう。

アロマオイルは1本だけの使用でも充分リラックス効果がありますが、中には複数を組み合わせて使うことで更に良い香りになったり効果が高まったりするものもあります。気になったものがあればいくつか試してみてもいいかもしれません。
10位
オーガニックエッセンシャルオイル カルダモン
出典:amazon.co.jp

easeオーガニックエッセンシャルオイル カルダモン

1,000円 (税込)

ノートミドルノート系統スパイス系
抽出部位乾燥した果実原産地パプアニューギニア
9位
エッセンシャルオイル マジョラム
出典:amazon.co.jp

GAIAエッセンシャルオイル マジョラム

900円 (税込)

ノートミドルノート系統ハーブ系
抽出部位花・葉原産地ハンガリー
8位

生活の木アロマオイル グレープフルーツ

1,200円 (税込)

ノート柑橘系系統トップノート
抽出部位果皮原産地アルゼンチン
7位
ゼラニウム アロマオイル
出典:amazon.co.jp
ノートミドルノート系統フローラル系
抽出部位原産地エジプト
6位
エッセンシャルオイル フランキンセンス
出典:amazon.co.jp

easeエッセンシャルオイル フランキンセンス

981円 (税込)

ノートベースノート系統樹脂系
抽出部位樹脂原産地ソマリア
5位
エッセンシャルオイル ペパーミント
出典:amazon.co.jp

GAIAエッセンシャルオイル ペパーミント

960円 (税込)

ノートトップノート系統ハーブ系
抽出部位花・葉原産地アメリカ
4位
ティートゥリー アロマオイル
出典:amazon.co.jp

NAGOMI AROMAティートゥリー アロマオイル

454円 (税込)

ノートトップノート系統樹木系
抽出部位葉・枝原産地オーストラリア
3位
エッセンシャルオイル イランイラン・エクストラ
出典:amazon.co.jp

GAIAエッセンシャルオイル イランイラン・エクストラ

799円 (税込)

ノートミドル~ベースノート系統オリエンタル系
抽出部位原産地コモロ諸島
2位
スイート オレンジ エッセンシャルオイル
出典:amazon.co.jp

生活の木スイート オレンジ エッセンシャルオイル

1,348円 (税込)

ノートトップノート系統柑橘系
抽出部位果皮原産地アメリカ
1位
エッセンシャルオイル ラベンダー・トゥルー
出典:amazon.co.jp

GAIAエッセンシャルオイル ラベンダー・トゥルー

618円 (税込)

ノートトップノート系統フローラル系
抽出部位花・葉原産地フランス

おすすめ人気 ストレス解消に効くアロマオイルの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格ノート系統抽出部位原産地商品リンク
1
エッセンシャルオイル ラベンダー・トゥルー

GAIA

エッセンシャルオイル ラベンダー・トゥルー

ヒーリング効果No.1! あらゆるストレスを解消618円(税込)トップノートフローラル系花・葉フランス詳細を見る
2
スイート オレンジ エッセンシャルオイル

生活の木

スイート オレンジ エッセンシャルオイル

オレンジを切ったばかりのような、果実そのものの香り1,348円(税込)トップノート柑橘系果皮アメリカ詳細を見る
3
エッセンシャルオイル イランイラン・エクストラ

GAIA

エッセンシャルオイル イランイラン・エクストラ

「花の中の花」とも呼ばれる甘く濃厚な香り799円(税込)ミドル~ベースノートオリエンタル系コモロ諸島詳細を見る
4
ティートゥリー アロマオイル

NAGOMI AROMA

ティートゥリー アロマオイル

慢性的な疲れ・ストレス・モヤモヤに効果的454円(税込)トップノート樹木系葉・枝オーストラリア詳細を見る
5
エッセンシャルオイル ペパーミント

GAIA

エッセンシャルオイル ペパーミント

クリアな香りで心身共にスッキリ爽快!960円(税込)トップノートハーブ系花・葉アメリカ詳細を見る
6
エッセンシャルオイル フランキンセンス

ease

エッセンシャルオイル フランキンセンス

瞑想やヨガにもおすすめ! 心を静めてくれるアロマオイル981円(税込)ベースノート樹脂系樹脂ソマリア詳細を見る
7
ゼラニウム アロマオイル

NAGOMI AROMA

ゼラニウム アロマオイル

ローズに似た優しい香りでリラックス648円(税込)ミドルノートフローラル系エジプト詳細を見る
8
アロマオイル グレープフルーツ

生活の木

アロマオイル グレープフルーツ

爽快感No.1! フレッシュな香りでストレス解消1,200円(税込)柑橘系トップノート果皮アルゼンチン詳細を見る
9
エッセンシャルオイル マジョラム

GAIA

エッセンシャルオイル マジョラム

安眠効果抜群! ストレス由来の不眠にもおすすめ900円(税込)ミドルノートハーブ系花・葉ハンガリー詳細を見る
10
オーガニックエッセンシャルオイル カルダモン

ease

オーガニックエッセンシャルオイル カルダモン

体が温まるような、優しくもスパイシーな香り1,000円(税込)ミドルノートスパイス系乾燥した果実パプアニューギニア詳細を見る

アロマオイルを使うときの注意点

アロマオイルを使うときの注意点
心身の不調を優しく整えてくれるアロマオイルですが、医薬品ではありません。あくまでも心身の健康を「サポートしてくれる」ものであり、「治療してくれる」ものではないので、ストレスによる心身の不調があまりにもひどいときは、まず医療機関を頼るようにしてください。

その上でサポートとしてアロマオイルを使うのであれば、素敵な香りと自然の力で、明るい気持ちを取り戻す手助けになるでしょう。自分の体の状態と相談して、上手く使用してくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

アロマオイルはリラックス効果のあるものが多いので、ストレス解消にはもってこいです。また様々な香りがあるので、自分の好みに合ったアロマオイルを選べば、リラックス効果は更に高まるでしょう。使い方も様々なので、時間をたっぷり取って使うときや、ちょっと気軽に使いたいときなど、状況にあわせて上手く使いこなしてください。

自分にぴったりのアロマオイルを見つけて、日常生活や仕事のストレスを和らげ、楽しい毎日を送りましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す