• 柑橘系アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選【ベルガモットやレモンでリフレッシュ!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 柑橘系アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選【ベルガモットやレモンでリフレッシュ!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 柑橘系アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選【ベルガモットやレモンでリフレッシュ!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 柑橘系アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選【ベルガモットやレモンでリフレッシュ!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 柑橘系アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選【ベルガモットやレモンでリフレッシュ!】のアイキャッチ画像5枚目

柑橘系アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選【ベルガモットやレモンでリフレッシュ!】

アロマオイルは気持ちを落ち着けたり、心身の不調を緩和させたりと、さまざまな効果を期待することができます。普段の生活に取り入れると、より豊かな毎日を過ごすことができそうですよね。アロマオイルにはたくさんの種類がありますが、純度が高いものはエッセンシャルオイルと呼ばれ、とりわけ柑橘系のものはみずみずしくさわやかな香りが特徴。香りがイメージしやすいことから、アロマオイル初心者にも高い人気があります。

種類はレモンにオレンジ・スイート、ベルガモットにシトロネラ…とさまざま。それぞれリラックス効果があったり身体を温める効果に長けていたり、なかには虫除け効果を持つものもありますので、自分に合ったものを選びたいところですね。またアロマオイルを選ぶ際には、信用できるメーカーのものを選ぶということも大切になります。今回は柑橘系アロマエッセンシャルオイルの選び方やそれぞれのアロマオイルが有している効果・効能、そして特におすすめの柑橘系アロマオイルをランキング形式でご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2018年11月15日
  • 7,514  views
目次

柑橘系アロマオイルの特徴

柑橘系アロマオイルの特徴
アロマオイルは香りの特徴から柑橘系・ウッディ系・ハーブ系・フローラル系・オリエンタル系・スパイス系・樹脂系の7つのグループに分類することができます。その中の柑橘系のアロマオイルは、柑橘系のフルーツや、レモンなどの柑橘類に似た香りを持つ植物から抽出されたものを指します。さわやかで清涼感のある、フレッシュ&スイートな香りが特徴的です。

柑橘系アロマオイルの選び方のポイント

それでは柑橘系アロマオイルの選び方のポイントを、ご紹介していきたいと思います。アロマオイルを選ぶ際には香りの好みで選ぶほか、アロマオイルの持つ効果で選択する方法もあります。また品質のよいものを選ぶことも大切です。ぜひ、アロマオイル選びの参考にしてみてくださいね。

香りの好みで選ぶ

香りの好みで選ぶ
アロマオイルにはさまざまな効果が期待できますが、まずは香りの好みで選ぶのがよいでしょう。リラックスやリフレッシュにアロマオイルを使うのならなおさら、好きな香りを使った方が効果がアップしますよ。

柑橘系のアロマオイルはさっぱりとしていてフレッシュな香りのものが多いため、どれを選んでも香りのイメージから大きく外れることはないでしょう。とはいえ、気分や体調に“しっくりくる”一本を選ぶには、やはり嗅覚が頼り。アロマオイルの種類やメーカーによっても香りの雰囲気は異なります。店頭で購入する場合にはテスターで香りを確認することをおすすめします。

アロマオイルの効能で選ぶ

アロマオイルは、それぞれの成分ごとに期待できる効能や効果が違います。「リフレッシュしたい」や「ゆったりとリラックスしたい」のように気分に合わせて選ぶこともできますし、風邪や食欲不振など、身体に不調があるときはそれを緩和させてくれるものも。数種類のアロマオイルを用意して、心や体の声を聞きながら使い分けるのがおすすめですよ。

リフレッシュしたいとき

リフレッシュしたいとき
柑橘系アロマオイルの多くは、気分をリフレッシュしたいときにぴったりです。さっぱりとしたフレッシュな香りは、まさに気分転換に打ってつけ!

感情のバランスを整えて元気や活気を取り戻したいときには、メリッサやベルガモット・グレープフルーツなどが適しています。また頭を切り替えたり気分をしゃっきりさせたいときには、ライムやレモン・レモングラスなどを使うとよいでしょう。

気持ちを落ち着けてリラックスしたいとき

気持ちを落ち着けてリラックスしたいとき
オレンジスイートやマンダリン・柚子は、気持ちを落ち着けたいときや、力を抜いてほっとリラックスしたいときに効果が期待できるアロマオイルです。特にオレンジスイートには、優れた安眠効果も。穏やかで落ち着いた気持ちに導いてくれるので、就寝前のリラックスタイムに使うのに向いていますよ。

身体をあたためたいとき

身体をあたためたいとき
柚子のアロマオイルは血行を促進し、身体を温めてくれる効果があります。冷え性の方にもおすすめです。アロマバスなどにするのにも向いていますよ。

身体の不調に合わせて効果を選ぶ

身体の不調に合わせて効果を選ぶ
身体に何かしらの不調を感じるとき、症状に合わせて選ぶという方法もあります。風邪を引いてしまったときや予防がしたいときには、解熱作用と抗ウイルス作用のあるライム、免疫を高める柚子がおすすめです。メリッサやマンダリン・ベルガモットはストレス性の食欲不振や体調不良などに効果が期待できます。また胃腸の不調には、オレンジスイートやレモングラスが効果的と言われています。

アロマオイルは身体の不調に効果が期待できるものですが、医薬品ではありません。薬の代わりにはなりませんので、ひどく体調が悪いときには速やかに医師の診断を受けるようにしてくださいね。

信頼できるメーカーのものを購入しましょう

信頼できるメーカーのものを購入しましょう
アロマオイルを購入する場合に確認したいのは、信用できるメーカーのものかどうかいうことです。一口にアロマオイルと言っても品質はさまざま。中には合成香料が使われているタイプのものもあります。

せっかくアロマオイルを使うのなら、品質のよいものを選びたいですよね。できれば100%天然のものが望ましいです。品質のよいアロマオイルの一つの指標として「公益社団法人日本アロマ環境協会の表示基準適合認定」を受けているか、チェックするのとよいでしょう。認定されているメーカーは日本アロマ環境協会の公式ホームページで確認できるので、購入前の際には確認してみることをおすすめします。

柑橘系アロマオイルのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめの柑橘系アロマオイルをランキング形式でご紹介していきたいと思います!どんな場面で使うのが効果的か、おすすめシーンもご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

10位:生活の木 メリッサ エッセンシャルオイル

生活の木 メリッサ エッセンシャルオイル
出典:amazon.co.jp
生活の木 メリッサ エッセンシャルオイル

3,050円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リフレッシュ・鎮痛
・原産地:フランス

レモンに似た爽やかで清涼感のある香りが特徴

メリッサは、レモンに似た爽やかで清涼感のある香りのアロマオイル。シソ科のハーブですが、アロマオイルでは香りの特徴から柑橘系に分類されます。香りがレモンに似ていることから、レモンバームと呼ばれることも。メリッサは感情のバランスを整えて、活気を取り戻したいときにおすすめのアロマオイルです。鬱々とした気分のときや落ち込みがちなときに使うとよいでしょう。また鎮痛作用や抗アレルギー作用も期待できます。

今回ご紹介したアロマオイルは、ハーブとアロマの専門店である「生活の木」のもの。世界中のパートナーファームから直輸入した品質の高い精油を扱っているブランドです。「公益社団法人日本アロマ環境協会の表示基準適合認定(AEAJ表示基準適合認定)」を受けているので安心して使えますね。

9位:GAIA エッセンシャルオイル ライム

GAIA エッセンシャルオイル ライム
出典:amazon.co.jp
GAIA エッセンシャルオイル ライム

850円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リフレッシュ・風邪予防
・原産地:ハイチ

苦味と酸味が強くリフレッシュしたいときにおすすめ

ライムはやや苦味を感じさせる、爽快感あふれる香りのアロマオイルです。レモンに似ていますが、レモンよりも苦味と酸味が強いところに特徴があります。気分をリフレッシュしたりすっきりさせたいときにおすすめです。気分転換にはぴったりのアロマオイルといえるでしょう。解熱作用と抗ウイルス作用もあり、風邪の時にも活躍してくれます。

こちらはハーブとアロマの専門メーカー・GAIAが販売する、100%天然のエッセンシャルオイルです。もちろんAEAJ表示基準適合認定を受けており、品質はお墨付きですよ。

8位:ease エッセンシャルオイル マンダリン

ease エッセンシャルオイル マンダリン
出典:amazon.co.jp
ease エッセンシャルオイル マンダリン

481円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リラックス・ストレス性の不調改善
・原産地:アルゼンチン

オレンジよりも強めの甘くフレッシュな香り

マンダリンはオレンジよりも甘さの強い、フレッシュかつフルーティな香りのアロマオイルです。柑橘系の中では作用が比較的穏やかなので、子どもにも向いています。誰にでも好まれる香りで、リラックス効果が高く、気持ちを落ち着かせる効果に優れています。ストレス性の身体の不調にもおすすめですよ。

今回ご紹介したアロマオイルはeaseのものです。海外から直輸入した精油を安価で提供していることで知られていますね。こちらもAEAJ表示基準適合認定を受けている信頼のブランドです。

7位:ease エッセンシャルオイル シトロネラ

ease エッセンシャルオイル シトロネラ
出典:amazon.co.jp
ease エッセンシャルオイル シトロネラ

441円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リフレッシュ・虫よけ
・原産地:中国

さっぱりとした香りで防虫効果が期待できる

シトロネラはイネ科の植物ですが、レモンに似たさっぱりとした香りがすることから、柑橘系に分類されるアロマオイルです。シトロネラの香りは虫が嫌うため、防虫効果が期待できますよ。特に蚊に対しての効果が高いので、夏に大活躍のおすすめアロマオイルです。

6位:GAIA エッセンシャルオイル ユズ

GAIA エッセンシャルオイル ユズ
出典:amazon.co.jp
GAIA エッセンシャルオイル ユズ

995円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リラックス・冷え性改善
・原産地:高知

冷え性の方におすすめのアロマオイル

柚子は和を感じさせるフレッシュな香りが特徴的なアロマオイルです。冬至にお風呂に入れる柚子湯のイメージがあると思いますが、柚子の精油もアロマバスにおすすめです。身体を温めてくれる効果があるため、冷え性の方は重宝することでしょう。またリラックス効果も高く、穏やかで落ち着いた気持ちに導いてくれる働きがあります。

5位:GAIA エッセンシャルオイル ベルガモット

GAIA エッセンシャルオイル ベルガモット
出典:amazon.co.jp
GAIA エッセンシャルオイル ベルガモット

850円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:精神安定
・原産地:イタリア

アールグレイに使われる甘さと苦味の両方を感じさせる香り

ベルガモットは紅茶のアールグレイに使われていることで有名ですね。甘味と苦味の両方を感じさせる、少し大人な雰囲気の香りです。

精神のバランスを整えるのに優れた効果を持っているので、気分が落ち込みがちなときや情緒不安定なときには、大いに役立ってくれことでしょう。このアロマオイルは光毒性が強いため、ちょっと注意が必要です。お肌に塗布した場合、その後5~6時間は日光に当たらないよう気をつけてくださいね。

4位:GAIA エッセンシャルオイル レモン

GAIA エッセンシャルオイル レモン
出典:amazon.co.jp
GAIA エッセンシャルオイル レモン

710円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リフレッシュ・風邪予防
・原産地:イタリア

レモンそのままのみずみずしい香りが特徴

みずみずしく酸味の強いレモンそのもののフレッシュな香りのアロマオイルです。レモンは抗菌作用に優れているため、風邪の予防などに効果的です。また気分をリフレッシュさせてくれる効果も高く、頭をシャキッとさせたいときや、集中力を高めたいときに使うのもおすすめですよ。

3位:ease エッセンシャルオイル レモングラス

ease エッセンシャルオイル レモングラス
出典:amazon.co.jp
ease エッセンシャルオイル レモングラス

441円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リフレッシュ・殺菌効果
・原産地:インド

清涼感たっぷりで気分をリフレッシュ

レモングラスはレモンとグリーンの中間のような清涼感あふれる香りのアロマオイルです。デオドラント効果と殺菌効果に優れています。また爽やかな香りなので、気分をリフレッシュさせたいときにも向いていると言えます。ストレスやいらいらなどを軽減してくれる効果が期待できますよ。

エタノール・精製水とブレンドしてアロマスプレーを作っておくと、お部屋の空気をさっぱりさせたいときなどに気軽に使うことができて便利です。アロマテラピーの本などを参考に、注意事項などをしっかり読み込んだ上で作成・ご使用されることをおすすめします。

2位:生活の木 Cグレープ フルーツ エッセンシャルオイル

生活の木 Cグレープ フルーツ エッセンシャルオイル
出典:amazon.co.jp
生活の木 Cグレープ フルーツ エッセンシャルオイル

1,200円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リフレッシュ・ダイエット
・原産地:アルゼンチン

フレッシュなグレープフルーツのアロマで気分を前向きに

グレープフルーツはみずみずしくて甘酸っぱい、グレープフルーツの果肉そのままの香りのアロマオイルです。食欲を調節してくれる効果があるので、ダイエット中の方やストレスでついつい食べ過ぎてしまうという方におすすめです。またリフレッシュ効果と気持ちをほぐしてくれる効果が期待でき、鬱々とした気分のときや気持ちを前向きにしたいときにも役立ってくれるでしょう。

ディフューザーなどがなくても、コットンに数滴落としてあげるだけでさわやかな香りを楽しむことができます。ハンカチに染み込ませ、持ち歩いてもよさそうですね。

1位:GAIA エッセンシャルオイル オレンジ・スイート

GAIA エッセンシャルオイル オレンジ・スイート
出典:amazon.co.jp
GAIA エッセンシャルオイル オレンジ・スイート

710円 (税込)

詳細情報
・おすすめシーン:リラックス・安眠
・原産地:ブラジル

オレンジそのままの馴染みやすい香りでリラックス

柑橘系アロマオイルおすすめ人気ランキング第1位は、オレンジ・スイートのアロマオイルです。オレンジの果実そのもののようなスイートでフレッシュな香りが特徴です。香りが馴染みやすいことと、価格がそこまで高くないこととで、柑橘系に限らずアロマオイル全般の中でも高い人気があります。アロマオイルを使い慣れていない方にもおすすめです。

緊張や不安感があるときに使うと、ほっとリラックスさせてくれる効果が期待できます。また安眠に導いてくれる効果もあるため、就寝時に使うのもよいでしょう。アロマディフューザーやアロマライトを使った芳香浴が手軽でおすすめです。

柑橘系アロマオイルを使う上で気を付けたいこと

柑橘系アロマオイルを使う上で気を付けたいこと
今回ご紹介した柑橘系に限らず、アロマオイルは安全に使うために、いくつか気を付けたいポイントがあります。使用する前には注意点をチェックしておきましょう。

いちばん大切なのは、それぞれのアロマオイルがどのような特徴を持っており、どのようなことに気を付けて使うべきなのかをしっかり調べることです。特に皮膚に塗布したりする場合、原液は刺激が強いのでNGです。

また妊娠中や授乳中、薬を服用しているときなどにも注意が必要です。身体の状態によっては使用できないものもあるので、事前にしっかり調べておきましょう。不安なときはアロマオイルの使用は避けた方がよいでしょう。どうしてもという場合には、医師に相談するようにしてください。またアロマオイルを使用していて心身に不調を覚えた場合にも、速やかに医師の診断を受けましょう。

柑橘系のアロマオイルの中には、ベルガモットのように光毒性のあるものもあります。このよううなアロマオイルをお肌に塗布したりして使う場合には、使用してから5~6時間は日光に当たらないように注意してください。

※アロマオイルは医薬品ではありません。使用の際は取扱説明書や注意事項をしっかり確認した上で正しく使用するようにしてください。またアロマオイルの効果や効能は全ての方に当てはまるものではありません。

まとめ

今回は柑橘系アロマオイルを選ぶときのポイントと、おすすめの柑橘系アロマオイルをランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?選び方のポイントやおすすめランキングを参考に、自分に合ったアロマオイルを手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す