• グレープブランデーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • グレープブランデーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • グレープブランデーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • グレープブランデーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • グレープブランデーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

グレープブランデーのおすすめ人気ランキング10選

ぶどうを主原料としているお酒「グレープブランデー」。コニャック・アルマニャック・フレンチブランデー・オードヴィードヴァンなど種類も豊富で、V.S.O.P・V.Oなどクラスの違いもあるのでどれを購入していいか迷うこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できるグレープブランデーのおすすめ人気ランキングをご紹介します。オトナなお酒のイメージを持つブランデーのお気に入りを見つけてみませんか?
  • 最終更新日:2019年04月25日
  • 2,130  views
目次

グレープブランデーとは?

グレープブランデーとは?
ブランデーとは、果物または果物と水を原材料として発酵させたものや、果実酒を蒸留したもののことを言います。果物はさまざまなものが使われますが、中でもぶどう(特に白ぶどう)を利用して作ったブランデーを「グレープブランデー」と呼ぶのです。

通常、「ブランデー」と呼ぶ場合は、このグレープブランデーを指します。また、グレープブランデーの中でも、フランスの南西部にあるコニャック市を中心とした6地域で生産されるものが、「コニャック」です。

グレープブランデーの生産地としては、コニャックが作られているフランスがもっとも有名ですが、ワインを生産しているイタリアやアメリカ、日本など、広い国と地域で生産されています。

グレープブランデーの選び方

グレープブランデーとは何かがわかったところで、どのように選んだらよいのかを説明していきましょう。

生産地をチェックする

生産地をチェックする
グレープブランデーを選ぶときにチェックしておきたいのが、生産地。先ほども説明したように、グレープブランデーはさまざまな国や地域で生産され、その土地によってぶどうの質や蒸留方法が違ったりするので、できあがるブランデーの味も変わります。

フランス地方のコニャックのほか、同じくフランスのアルマニャックも有名。コニャックの方がやや柔らかく、アルマニャックの方がパンチがある味わいになっています。

また、イタリアのグラッパや、フランスのアルザス地方にあるマールという土地は、ワインを作ったあとのぶどうから出たカスを使って作ることで知られています。こちらは、ほかのブランデーと比べて、ぶどうの香りを味わいやすいのが特徴です。

ブランデーの有名な生産地としてカルヴァドスを聞いたことがあるかもしれませんが、こちらはりんごを使ったフルーツブランデーなので、グレープブランデーではありません。

ブランデーのランクをチェックする

ブランデーを選ぶ際にチェックしておきたい、もうひとつのポイントが、ブランデーのランクです。グレープブランデーの中でも、コニャックとアルマニャックは、熟成年数によってクラス分けがされています。

クラス名は、以下のようになっています。

・スリースター
・V.S. (Very Superio)
・V.O. (Very Old)
・V.S.O.P. (Very Superior Old Pale)
・ナポレオン
・X.O. (Extra Old)
・Hors d'âge(オール・ダージュ)

このクラス名は、下のものほど熟成年数が高いことを示しています。クラス分けの基準は、コニャックとアルマニャックで若干差がありますが、ランクの違いがあることがわかれば選ぶ基準になるので、知っておくと良いでしょう。

ブランデーは、作られてからの年数が短いほどアルコール度数が高く、熟成が進むにつれて、味が変化していきます。ランクが上がるほど熟成が進み、味もまろやかになるので、同じメーカーで飲み比べてみてもいいかもしれませんね。

ただし、コニャックとアルマニャック以外には、このクラス分けは基本的に当てはまりません。記載されていても、基準とは異なるかもしれませんので、注意してください。

ブランデーの飲み方で選ぶ

ブランデーの飲み方で選ぶ
グレープブランデーを選ぶときは、基本的に上の2つを見れば大丈夫です。しかし、よりこだわりたいのであれば、好きな飲み方に合わせたブランデーを選ぶというのも良いでしょう。ブランデーには、いくつか飲み方があります。たとえば、氷も何も入れずに飲むストレートや水割り・ソーダ割り・ロックなど。

ブランデー独特の変わった飲み方でいうと、ニコラシカというものがあります。これは、ブランデーの上に砂糖をまぶしたレモンの輪切りを乗せ、そのレモンを2つ折りにしてかじりながら飲むというものです。ほかにもグレープブランデーを楽しむ飲み方がいろいろあります。商品やお店によっては、おすすめの飲み方を表示していることもありますので、それを参考に選んでみるというのもいいでしょう。

自分自身でいろいろ試しながら、どのブランデーがどの飲み方に合うのかを研究してみるのも、楽しいかもしれませんね。

グレープブランデーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのグレープブランデーをランキング形式でご紹介していきましょう。先ほど紹介したポイントも参考にしながら、ご自身の好みにあったグレープブランデーを探してみてくださいね。
10位
生産地コニャック
クラスV.O
9位
生産地コニャック
クラスなし
8位
生産地グラッパ
クラスなし
7位
生産地日本
クラスV.O
6位

サントリーブランデー シャボー ナポレオン

3,761円 (税込)

生産地アルマニャック
クラスナポレオン
5位
生産地コニャック
クラスVSOP
4位
生産地コニャック
クラスV.S
3位
生産地コニャック
クラスVSOP
2位
生産地コニャック
クラスVSOP
1位
生産地日本
クラスV.O

おすすめ人気グレープブランデーの比較一覧表

商品画像
1
グレープブランデー サントリー ブランデーV.O 1枚目

サントリー

2
グレープブランデー クルボアジェ VSOP 1枚目

クルボアジェ

3
グレープブランデー レミーマルタン VSOP 1枚目

レミーマルタン

4
グレープブランデー ヘネシー V.S 1枚目

ヘネシー

5
グレープブランデー カミュ VSOPエレガンス 1枚目

カミュ

6
グレープブランデー サントリー ブランデー シャボー ナポレオン 1枚目

サントリー

7
グレープブランデー 林農園 五一ブランデー VO 1枚目

林農園

8
グレープブランデー ベルタ ニビオ 1枚目

ベルタ

9
グレープブランデー ポールジロー トラディション 1枚目

ポールジロー

10
グレープブランデー マーテル コルドンブルー 1枚目

マーテル

商品名

ブランデーV.O

VSOP

VSOP

V.S

VSOPエレガンス

ブランデー シャボー ナポレオン

五一ブランデー VO

ニビオ

トラディション

コルドンブルー

特徴手頃に楽しめる国産ブランデー皇室御用達コニャックメーカー希少なフィーヌ・シャンパーニュ・コニャック世界最大30万樽の原酒貯蔵量を誇る有名メーカー「5大コニャック」のひとつ長期熟成させた原酒をブレンド長野のワイナリーで生産するブランデーイタリアの老舗グラッパメーカーコニャック地方で400年続く歴史最古の歴史を誇るコニャック・メゾン
価格1,705円(税込)3,640円(税込)3,339円(税込)3,472円(税込)3,337円(税込)3,761円(税込)3,240円(税込)3,752円(税込)5,691円(税込)12,960円(税込)
生産地日本コニャックコニャックコニャックコニャックアルマニャック日本グラッパコニャックコニャック
クラスV.OVSOPVSOPV.SVSOPナポレオンV.OなしなしV.O
商品リンク

女性でも飲みやすい!ブランデー梅酒もおすすめ

ブランデー梅酒は、女性でも飲みやすいと人気なお酒です。グレープブランデーとあわせて以下の記事もチェックしてみてくださいね。

グレープブランデーの売れ筋ランキングもチェック!

グレープブランデーのAmazon・楽天・価格.comの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

生産地や熟成の度合いなどで、さまざまな種類があるグレープブランデー。同じ種類でも、飲み方を変えるだけで違った味わいを楽しむことができます。

今回ご紹介した情報もぜひ参考にしながら、ご自身の好みにあった1本を探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す