• 胎教に良い絵本のおすすめ人気ランキング10選【読み聞かせ向きのものを厳選】のアイキャッチ画像1枚目
  • 胎教に良い絵本のおすすめ人気ランキング10選【読み聞かせ向きのものを厳選】のアイキャッチ画像2枚目
  • 胎教に良い絵本のおすすめ人気ランキング10選【読み聞かせ向きのものを厳選】のアイキャッチ画像3枚目
  • 胎教に良い絵本のおすすめ人気ランキング10選【読み聞かせ向きのものを厳選】のアイキャッチ画像4枚目
  • 胎教に良い絵本のおすすめ人気ランキング10選【読み聞かせ向きのものを厳選】のアイキャッチ画像5枚目

胎教に良い絵本のおすすめ人気ランキング10選【読み聞かせ向きのものを厳選】

おなかの中の赤ちゃんに優しく語りかけることができ、ママの心もあたたかくしてくれる「胎教に良い絵本」。産婦人科の先生から勧められたり、お祝いに人からプレゼントされたりすることもあると思いますが、やっぱり自分が本当に気に入る絵本を見つけて、お腹の子どもに読んであげたいですよね。

そこで今回は胎教に良いおすすめの絵本を、ランキング形式でご紹介したいと思います。たくさんある絵本の中から、赤ちゃんへの愛情がより深まりやすいものを選びました。あなたなら、どれを選びますか?ご一緒に見ていきましょう!
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 19,778  views
目次

なぜ胎教にいいの?絵本読み聞かせの効果

なぜ胎教にいいの?絵本読み聞かせの効果
音楽を聴かせることや挨拶をする・お腹をなでる・キックゲームをするなど胎教にはいろいろな方法がありますが、絵本の読み聞かせもそのひとつ。読み聞かせを行うと、ママの精神状態が落ち着く・親としての愛情や自覚が生まれる・おなかの赤ちゃんの脳や感受性の発達を促すといった効果があると言われています。

母子ともにリラックスした状態を保つことで、ママの産後うつのリスクが減り、お子さんの夜泣きや人見知りも少なくなるそうです。

キーワードは「リラックス」。そのために、穏やかな気持ちで読み進められる本、不安を感じたときに勇気をもらえてあたたかい気持ちに戻れる本を見つけてみましょう。何度も繰り返して読んでいるうちに、親子の絆も深まっていきそうですね。

胎教に良い絵本の選び方のポイント

胎教に良い絵本は、どうやって見つければいいのでしょうか?「胎教」と聞くと、赤ちゃんの才能を伸ばすために「できるだけ良いものを選ばなければ!」と構えてしまうママも多いと思いますが、そんなに難しく考えることはありません。上手に選ぶポイントをいくつかまとめてみましたので参考にしてみてください。

ママが興味を持ち、好きになれる内容がベスト

ママが興味を持ち、好きになれる内容がベスト
まずはママ自身が興味を引かれた絵本を選ぶようにしましょう。おなかの赤ちゃんに良いと評判の本と言われれば、ついついその本を手に取ってしまうこともあるでしょうが、一番胎教に良いのはママが求めていることが書かれていて、ママ自身が好きになれる本です。

書店や図書館に出かけるのは大変かもしれませんが、産婦人科などで試し読みできる機会も多くありますので、まずは自分が興味を持てる内容かどうか確認してみましょう。オンライン書店でも、何ページかをお試しで読める場合もあります。楽しく読み進められる内容であれば何度だって読み返したくなりますし、自然と赤ちゃんへ愛情をそそげる余裕も生まれますよ。

刺激が少なくリラックスできるストーリーを

刺激が少なくリラックスできるストーリーを
胎教には、ママが赤ちゃんに対する愛情を深めるためのコミュニケーションのひとつとして行う側面があります。ママが実際に目にしたもの・耳にしたものが赤ちゃんに伝わると言われていますし、ママが優しい気持ちになれば赤ちゃんも嬉しくなったり、ママがイライラしていれば赤ちゃんは悲しくなってしまったりと、精神面での影響も大きく伝わりやすいとも言われています。

胎教用の本とひとくちに言っても、愛の言葉だけをつづった本もあれば、親としての自覚を促すためにあえて厳しいリアルについて触れているものもあります。状況によっては後者のような本が救いになることもあるかもしれませんが、基本としてはできるだけ穏やかな気持ちで読めるものを選ぶようにしてみましょう。

挿絵がカラフルなものも◎

挿絵がカラフルなものも◎
胎教用の絵本にはやわらかいタッチの挿絵が多く描かれています。さきほども少し触れましたが、ママが目で見ている情報は赤ちゃんの脳の形成にも影響を与えると言われています。豊かな視覚を育てるためには、できるだけカラフルな色で描かれているイラストがあるものを選びましょう。

また妊娠中に読んでいた絵本を生まれた後にも読み聞かせてあげたいとお考えの場合は、お子さんが好きになれるような動物やキャラクターが登場する絵本もおすすめです。

絵本のボリュームやサイズはライトなものがおすすめ

絵本のボリュームやサイズはライトなものがおすすめ
妊娠中はゆったりとした時間を多く過ごしたいものですが、家事や仕事があったり普段とは違う体調の変化があったりと、なかなか思うように読書の時間が取れないこともありますよね。そんな時でも気持ちや時間の余裕が持てるほどライトに読みきれるボリュームの絵本を選びましょう。

文字数やページ数が少なくシンプルな言葉でつづられている絵本は妊娠中に重宝します。また本のサイズがコンパクトなものなら持ち運びにも便利です。好きな景色の場所へお出かけして、気持ちの良い環境の中でお気に入りの本を読むのもおすすめですよ。

胎教に良い絵本のおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの胎教に良い絵本をランキング形式でご紹介していきます。ママ自身が楽しく読める絵本・赤ちゃんに優しく語りかける絵本・胎教の心得がわかる絵本・赤ちゃん目線からママへのメッセージを伝える絵本などさまざまな絵本が登場しますよ。お楽しみに!

10位:主婦の友社 わたしがあなたを選びました

主婦の友社 わたしがあなたを選びました
出典:amazon.co.jp
主婦の友社 わたしがあなたを選びました

912円 (税込)

詳細情報
・出版:主婦の友社
・頁数:48p
・サイズ:17.5×14×1.5cm

妊婦生活がツライと感じた時に読んでもらいたい1冊

出産の大切さをママに伝えるために、産婦人科のお医者さんが書いた胎教に良い絵本です。慣れない妊婦生活でからだの不調を感じたり、将来に不安を感じてしまったりと、からだや心のバランスを保つのが大変なママも多いことでしょう。そんな時にぜひ手に取ってもらいたい1冊です。

この本にはママの不安をまるごと受けとめ励ましてくれる、赤ちゃん目線からの心に響く言葉がたくさん詰まっています。赤ちゃんはパパとママの愛情からできた結晶であり、決してひとりの力だけでは生まれることも育つこともできないのだと教えてくれます。出産にまつわる厳しい現実についても触れているため、軽めに読みたい方にはあまり向いていないかもしれません。

9位:こぐま社 かみさまからのおくりもの

こぐま社 かみさまからのおくりもの
出典:amazon.co.jp
こぐま社 かみさまからのおくりもの

1,296円 (税込)

詳細情報
・出版:こぐま社
・頁数:28p
・サイズ:24.2×19×0.8cm

ひとりひとりの赤ちゃんが宝物だと思える絵本

これから生まれてくる赤ちゃんがどんな風に育つのか楽しみになる優しい絵本です。お話の中で赤ちゃんは天使が運んでくる「おくりもの」とされており、誕生したお子さんそれぞれの特徴にあった「個性」を神様がプレゼントしてくれるという内容です。

絵本の中にはよく笑う子・歌が大好きな子など、いろいろな個性をプレゼントしてもらえたお子さんがたくさん登場します。ちぎり絵タッチのかわいい挿絵が入っているため、ページをパラパラとめくっているだけでも心がほんわかする1冊です。ひとりひとりの存在が大切だと思えるので、生まれた後のお子さんにも何度だって読み聞かせてあげたくなりますよ。

8位:主婦の友社 ちいさなあなたへ

主婦の友社 ちいさなあなたへ
出典:amazon.co.jp
主婦の友社 ちいさなあなたへ

1,080円 (税込)

詳細情報
・出版:主婦の友社
・頁数:40p
・サイズ:19.3×21.1×1cm

これから一生を見守っていく親目線で描かれたストーリー

これから生まれて大きくなっていく赤ちゃんの一生を描いた心あたたまる絵本。自分が生まれてきてからママになるまでの間に、「わたしの親もこんなことを考えていたのかな」と考えさせられる1冊です。赤ちゃんに向けて読み聞かせるというよりは、ママが読んで、お子さんへの愛情の準備ができる内容となっています。

文字のフォントもイラストも優しいタッチで描かれており、見開き1ページに1文ずつといったペースで読めるため、文章のひとつひとつがストレートに心に届きます。イラストではお子さん=女の子で描かれているため、女の子を授かったママには特におすすめしたい1冊です。

7位:文化出版局 うまれる

文化出版局 うまれる
出典:amazon.co.jp
文化出版局 うまれる

1,512円 (税込)

詳細情報
・出版:文化出版局
・頁数:31p
・サイズ:22.6×21.6×1.2cm

わかりやすい言葉ですぐに読みきれる手軽さが魅力

おなかの赤ちゃんとママとのコミュニケーションをテーマとし、優しく赤ちゃんに語りかけられるフレーズがたくさんつまった1冊。とてもシンプルな言葉でつづられているので、内容がスッと頭に入ってきやすく読みやすいのが特徴です。

絵のタッチもやわらかく、愛情たっぷりのストーリーもあいまって、読み進めるごとにとても心があたたかくなります。お話があまり長くなく短時間でも読めるため、はじめての出産を迎えるママにおすすめしたい1品です。これならパパに読み聞かせをお願いしても喜んで引き受けてもらえそうですね。

6位:評論社 どんなにきみがすきだかあててごらん

評論社 どんなにきみがすきだかあててごらん
出典:amazon.co.jp
評論社 どんなにきみがすきだかあててごらん

1,404円 (税込)

詳細情報
・出版:評論社
・頁数:32p
・サイズ:24.6×22.2×1.4cm

2匹のうさぎのかわいらしいジェスチャーに癒される

物語の中に登場するのは、とっても仲良しのちいさなうさぎとデカうさぎ。お互い相手のことがどれだけ好きなのかについて、からだ全体を使って表現しながら、愛情の大きさの比べっこをするといったストーリーで、愛情を伝え合うことの大切さ、ほほえましさが感じられる絵本です。

決してケンカをするわけではなく一生懸命に、そして純粋に自分の気持ちを伝えようとする姿がとてもほのぼのとしており、思わずクスッと笑みがこぼれてしまいます。最後まで愛にあふれた内容なので、読み終わった後は心がほんわか幸せな気持ちに。かわいい2匹に癒されながら、ママの愛情もひとまわり大きくなれる1冊です。

5位:ほるぷ出版 みんなであなたをまっていた

ほるぷ出版 みんなであなたをまっていた
出典:amazon.co.jp
ほるぷ出版 みんなであなたをまっていた

1,404円 (税込)

詳細情報
・出版:ほるぷ出版
・頁数:26p
・サイズ:23×22.8×1cm

赤ちゃんを心待ちにしている家族みんなで読みたくなる

うさぎの一家をモチーフにしたストーリーで、赤ちゃんが生まれる日が待ち遠しくなる絵本です。生まれてくる赤ちゃんを楽しみに待っているのはパパやママだけでなく、おじいちゃん・おばあちゃん・兄弟・親戚、それにお人形やおもちゃ。みんながお部屋の準備をしながらとても清らかな心で待っている様子をお話にして、赤ちゃんが誕生するまでを描いています。

水彩画のようなやわらかいタッチの挿絵で、赤ちゃんを見つめるうさぎ一家のとても優しい視線がほほえましいです。赤ちゃんが生まれるというということは、本当に喜ばしく幸せなことなのだと素直に感じられる内容です。妊婦さんひとりで読むのにももちろんおすすめですが、ぜひご家族全員で読んでみて下さいね。

4位:サンマーク出版 おなかの赤ちゃんとお話ししようよ

サンマーク出版 おなかの赤ちゃんとお話ししようよ
出典:amazon.co.jp
サンマーク出版 おなかの赤ちゃんとお話ししようよ

1,620円 (税込)

詳細情報
・出版:サンマーク出版
・頁数:48p
・サイズ:23.2×18.2×1cm

胎教の大切さについて知りたいママのための絵本

これを読めば、おなかの中にいる赤ちゃんの視点から、胎教の大切さを教えてもらえます。読み進めていくうちに、ママが見たもの・聞いたもの・感じたものがダイレクトに赤ちゃんにも伝わっているんだという実感が感じられます。親になるんだという自覚が持て、出産に対していろいろ不安なことがあっても大丈夫だという勇気がもらえる1冊です。

前編きれいな色で抽象的なイラストが描かれているので、自然とストーリーに集中できます。ある種のセラピー効果を感じられるような奥深い語りかけをたくさんしてもらえます。赤ちゃんに読み聞かせるというよりも、ママ側が胎教の心得を学び、赤ちゃんを授かることの喜びを再確認できるような内容となっています。

3位:ポプラ社 あなたがだいすき

ポプラ社 あなたがだいすき
出典:amazon.co.jp
ポプラ社 あなたがだいすき

820円 (税込)

詳細情報
・出版:ポプラ社
・頁数:32p
・サイズ:15.8×14.4×1cm

愛にあふれた言葉をストレートに伝えられる

「だいすきだよ」の一言を伝えるのがなんだか恥ずかしいと感じてしまうママや兄弟に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。お子さんへの愛情をとてもストレートな言葉で表現してありますので、普段の生活の中でこういった言葉をなかなか発する機会がない方は、この絵本を使ってぜひおなかの中の赤ちゃんや生まれてきたお子さんにあたたかいメッセージを送ってあげてください。

タイトルにもあるようにお子さんに語りかける対象を「あなた」と表現してありますが、名前が決まった後はここをお子さんの名前に置きかえて読んでいるママも多いそうです。本のサイズ自体が小さめなので、好きな場所へ持っていって読むのにも便利。愛情を持ったことばの大切さがよくわかる1冊です。

2位:童心社 うまれてきてくれてありがとう

童心社 うまれてきてくれてありがとう
出典:amazon.co.jp
童心社 うまれてきてくれてありがとう

1,404円 (税込)

詳細情報
・出版:童心社
・頁数:32p
・サイズ:26.6×19.1×1cm

赤ちゃんを授かったことが素直に感謝できる

作者自信が難産だった経験を通じて、「うまれてきてくれて、ありがとう」という感謝や喜びの気持ちをメッセージに乗せています。これを読めば、これから誕生する赤ちゃんの命が世界でたったひとつ、かけがえのない命だということが再認識できるはず。扉絵でもわかるように、赤ちゃんが天使のように思える1冊です。

イラストや色合いがとても優しく、絵を眺めているだけでも癒されます。赤ちゃんがママを探して一生懸命に旅をする姿が描かれており、最初の1ページ目から最後のページまで読んでいる間に思わず涙がこぼれたという妊婦さんが多いです。つわりがひどい時などは体調のつらさばかりに意識が向いてしまうこともあるかもしれませんが、そういう時にこそ手にして欲しい作品です。

1位:BL出版 おへそのあな

BL出版 おへそのあな
出典:amazon.co.jp
BL出版 おへそのあな

1,404円 (税込)

詳細情報
・出版:BL出版
・頁数:32p
・サイズ:26.2×21.4×1.2cm

生まれてくる日が待ち遠しく感じられる愛情たっぷりの作品

おなかの中の赤ちゃんの存在を、おへそのあなを通して感じられるという、まさに胎教に最適な絵本です。表紙のイラストのからもわかるように、赤ちゃんが上下逆さまの目線から、おなかの外の世界をのぞいているという設定がとてもユニーク。これからお兄ちゃんお姉ちゃんになる兄弟に読み聞かせるのにもおすすめです。

おなかの外では家族みんなが、赤ちゃんが生まれてくる日を今か今かと心待ちにしながら、新しい家族を迎える準備をしています。自分が生まれる前、家族はこんな気持ちで待ってくれていたんだなと感じられる内容なので、生まれてからもぜひお子さんに読み聞かせてあげて欲しいと思います。

最後のページに書かれている赤ちゃんからの一言にとても感動したという声が多いので、ぜひ手にとって確かめてみてくださいね!

効果的な絵本読み聞かせの仕方とは?

いかがでしたか?ランキングの中から気になる絵本は見つかりましたか?はじめて読み聞かせにチャレンジする方は、いつ頃からどんな風に読み聞かせてあげると良いのかわからない場合も多いと思いますので、ここで効果的な読み聞かせの方法について少し触れておきます。

読み聞かせはいつから始めるべき?

読み聞かせはいつから始めるべき?
おなかの赤ちゃんの聴覚は5ヶ月たった頃から形成されていくと言われていますので、この頃から読み聞かせをしてあげると良いでしょう。

またそれよりもっと早い時期からでも効果があるという説もありますので、ママの体調面に余裕があれば5ヶ月以前から少しずつ読み聞かせを始めてみるのもおすすめです。ママにとっても良いリラックス効果が生まれ、健やかな気持ちで出産を迎えやすくなります。

胎教に効果的な読み方とは?

胎教に効果的な読み方とは?
おなかの赤ちゃんの脳を刺激し、安心させてあげるためにはママの声で音読してあげることが大切です。しっかりママの声が届くように、できるだけゆっくり聞き取りやすく発音できるとなお良いでしょう。気に入った本があったら何度も読み聞かせてあげてくださいね。

好きな飲み物でよりリラックス!

読み聞かせは、生まれてくる赤ちゃんだけでなく妊婦さんの心の安定のためにも効果的。そんな時、好きな飲み物があれば、よりリラックスできますよ。以下の記事では、妊婦さんも安心して飲めるコーヒーやお茶をご紹介しています。

まとめ

今回は赤ちゃんへの愛情が高まり、心があたたかくなるような胎教に良い絵本をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

妊娠中のママが今求めたい内容やご家庭の状況などは人によって違いますので、どの本が自分に合っているのかを考えながら、ぜひお気に入りの1冊を見つけてみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す